トップに戻る

アンソロジー

恐怖の心理サスペンス恐怖のハロウィーン戦慄のハロウィーン
マッド・サイエンティストサイコハードシェル
死霊たちの宴 02/09/23999 02/09/26


『恐怖の心理サスペンス ゾクッ!とする楽しみをあなたに Frights
カービー・マッコーリー 編  矢野浩三郎 訳編  ワニ文庫(KKベストセラーズ)
1987年8月5日初版発行  定価440円
 1977年に出た本の文庫化です。その不幸な成り立ちについては別冊幻想文学「モダンホラースペシャル」(アトリエOCTA 1500円)の矢野浩三郎氏の「ホラー小説に関わった四十年」に書かれていますが、要するにカービー・マッコーリー編の「Frights 」の完訳ではなく、元のものとは違うものになってしまったということです。それにしても出版社が「何が書いてあるのかわからんから書き直してくれ」とはあぜんとする言い草ですな(笑)。そうして作品を入れ替えたり省略したりしてできた本書ですが、各作品の作者名が後ろの解説の所でやっと判るという困った体裁で、小説の短編集というより怪奇ネタ風の読み物です。古い本ですが古本屋(特に最近はやりの新古本チェーン店)では今でもよく見かけます。

《収録作品》

  • 「戦慄の体験こそ一服の刺激剤だ 前書きにかえて――」 フリッツ・ライバー
  • 「嵐の夜」 マクナイト・マーマー
  • 「白い小猫」 ポール&カレン・アンダーソン
  • 「不気味な囁き」 ブライアン・ラムレイ
  • 「恐怖の遊園地」 ラムゼイ・キャンベル
  • 「真夜中のハイウェイ」 デニス・エチソン
  • 「スカラブの呪い」 ロバート・ブロック
  • 「死者からの電話」 ウィリアム・F・ノーラン
  • 「ヒトラーを撃った男」 ディヴィス・グラッブ
  • 「アーネス博士の遺書」 ゲイアン・ウィルソン
 そして原書の収録作は以下の通り。※青字は編訳本に収録されていないもの
  • 「There's a Long, Long Trail A-Winding」 Russell Kirk
  • 「The Whisperer」 Brian Lumley
  • 「Armaja Das」 Joe W. Haldeman
  • 「The Kitten」 Poul & Karen Anderson
  • 「Oh Tell Me Will It Freeze Tonight」 R. A. Lafferty
  • 「Dead Call」 William F. Nolan
  • 「The Idiots」 Davis Grubb
  • 「The Companion」 Ramsey Campbell
  • 「Firefight」 David Drake
  • 「It Only Comes Out at Night」 Dennis Etchison
  • 「Compulsory Games」 Robert Aickman
  • 「Sums」 John W. Jakes & Richard E. Peck
  • 「The Warm Farewell」 Robert Bloch
  • 「End Game」 Gahan Wilson

(原書の収録作の情報提供は:中島晶也氏)

 ロバート・エイクマンは削ってほしくなかったなあ。
 マクナイト・マーマーなんて全然別の所から引っ張ってきたみたいだし。
 さて、簡略化された文庫の方なんですが、最初の二つはなんじゃいこれという感じ。「嵐の夜」はつまらない心理サスペンスで、「白い小猫」は呪いだか転生だか知らないが長い割に中途半端。
 ブライアン・ラムレイ「不気味な囁き」は通勤電車の中で奇妙な小男に出会った男の悲劇で、取り替えっ子の一種みたいな話。『新訂クトゥルー神話事典』を見るとラムレイは他に「大いなる帰還」という作品でも取り替えっ子の伝説を扱っているらしい。取り替えっ子ていうのはイギリスの妖怪(というか妖精?)らしいから頷ける話ですが。
 ラムジー・キャンベルの「恐怖の遊園地」はカーニバルのお化け列車に乗り込んだ男の遭遇した恐怖。最後の一行でゾッとさせられました。できれば完訳で読みたい。
 デニス・エチスンの「真夜中のハイウェイ」は砂漠地帯のハイウェイを妻を乗せて走っていた男が突如現れたパーキングエリアに乗り入れると……という話。キングの『デスペレーション』かクーンツの『ファントム』のような話のプロローグを連想したが、長編化してしまうと良さは失われてしまうような気がする。
「スカラブの呪い」の挿絵に描かれているのは日本のカブトムシ! んなアホな!! スカラブ(スカラベ)はコガネムシ科の甲虫(こうちゅう)――要するにフンコロガシの一種――であって、甲虫(かぶとむし)ではない。ましてや日本のカブトムシは違うだろう(笑)。
 ところでこの作品のタイトル下に記された原題は"CURSE OF SCARAB"となっていて、原書収録のタイトルと違っているので作品自体が差し替えられているようです。しかし今のところ、ロバート・ブロックの短編で"CURSE OF SCARAB"が確かに存在するかどうかは確認していません。実は内容的にはほぼ同じものが、1938年12月号のウィアード・テールズ誌に「The Beetles」のタイトルで発表され、日本では「かぶと虫」の題で「ヒッチコック・マガジン」の1962年11月号に掲載、のちに『切り裂きジャックはあなたの友』(ハヤカワ文庫 仁賀克雄編・訳)に収録されています。ストーリーは同じなのですが、「かぶと虫」が一人称なのに対し、「スカラブの呪い」は三人称。前者の語り手は“私”で名前がないのですが、後者では同じ役にバーソロミューという名前がついています。訳編者がそこまでするか疑問なので、どちらが先かわかりませんがロバート・ブロックが語り直したのでしょうか? 興味のある方は読み比べてみるのもいいかと……って私はやってませんが(笑)。ちなみに数字で比較すると、「かぶと虫」が400字詰めで約34枚なのに対し、「スカラブ」の方は約19枚まで縮められていました。
「ヒトラーを撃った男」は思わぬ拾いもの。世界認識がたった八つの郡から成り立っているというおじいちゃんがヒトラーをやっつけにいくと言って車で出かけてしまう話。九十八年も生きているとそんなことも出来ちゃうんでしょうか(笑)。面白かったです。
「アーネス博士の遺書」は、一言で要約しちゃうと"「まだ生きている!」テーマ"の秀作で割と怖かったです。

追記:マクナイト・マーマー「嵐の夜」は、マクナイト・モールマー「闇のパニック」として関口義二訳で「推理界」1969年10月号に掲載されていたことが判りました。古本屋でたまたま手に取ったら載ってました。当然、買ってませんけどね(笑)。――2001/4/15

『恐怖のハロウィーン』
アイザック・アシモフ 編  仁賀克雄 訳  徳間文庫
1986年10月15日初版発行  定価440円

《収録作品》

  • 「序文 邪悪の力」 アイザック・アシモフ
  • 「ハロウィーン」 アイザック・アシモフ
  • 「いまわしい異種交配」 ウィリアム・バンキア
  • 「ハロウィーンの殺人」 アンソニー・バウチャー
  • 「十月のゲーム」 レイ・ブラッドベリ
  • 「ハロウィーン・ガール」 ロバート・グラント
  • 「吸血鬼の日」 エドワード・D・ホック
  • 「小鬼の夜」 タルミジ・パウエル
  • 「死んだネコの事件」 エラリイ・クイーン
  • 「パンプキン・ヘッド」 アル・サラントニオ
  • 「輪廻」 リュイス・シャイナー
  • 「万霊節前夜」 イーディス・ウォートン
  • 「昨日の魔女」 ゲイアン・ウィルスン
  • 「今年の生贄」 ロバート・F・ヤング
 原題も「13 Horror of Halloween」なんですが、純粋なホラー作家と言えるような人は少なく、アシモフ、バウチャー、クイーンの作品はどうみても普通のミステリー。
「十月のゲーム」は「SF宝石」1979年10月号のインタビューでブラッドベリが自作の中できらいな作品として挙げていたもので、確かにかなりgruesomeな感じです。特に最後の一行が効いてます。
 現役モダンホラー作家サラントニオの「パンプキン・ヘッド」は、教室内でのハロウィーン・パーティーで子供たちが始めた一節ずつの怪談話で、最後に残った新入生のおとなしい女の子が語りはじめた自作のお話とは……というもので、これも最後の一頁は「イヤーッ、やめてー!」って感じでかなり良いです。
「万霊節前夜」は作者はヘンリー・ジェイムズと親交があったというだけあって、第三者による語りの英国幽霊譚風の出だしで、古い屋敷に暮らす未亡人が体験する不可解な出来事を描いていますが、最後に語り手がなんとか推測して解釈しようとしているのがアメリカ作家らしいところなのかな?
「今年の生贄」は魔女たちの生贄に選ばれた運のない男が機転をきかせて逆転する話でなかなか良いです。
 しかしなんといっても一番のお勧めは「ハロウィーン・ガール」。ロバート・グラントはチャールズ・L・グラントとは関係ない詳細不明の作家ですが、ハロウィーンの日を楽しみにしていた男の子と女の子の話で、なんともリリカルなジェントル・ゴースト・ストーリーに仕上がっています。二人の気が合ったきっかけがポオやビアス、ラヴクラフトの怪奇小説だというのが嬉しいところで、この作品のためだけでも手に入れる価値があると思います。

『戦慄のハロウィーン』
アラン・ライアン 編  仁賀克雄 訳  徳間文庫
1987年10月15日初版発行  定価440円

《収録作品》

  • 「序詩 ハロウィーンの夜」 アラン・ライアン
  • 「ドアにノックの音が……」 ロバート・R・マッキャモン
  • 「眼」 チャールズ・L・グラント
  • 「ニクソンの仮面」 ホイットリー・ストリーバー
  • 「アイリッシュ・ハロウィーン」 ピーター・トレメイン
  • 「トリックスター」 スティーヴ・レイズニック・テム
  • 「ミス・マック」 マイケル・マクドウェル
  • 「うつろな眼」 ガイ・N・スミス
  • 「ハロウィーン・ハウス」 アラン・ライアン
  • 「夜の三つの顔」 クレイグ・ショウ・ガードナー
  • 「カボチャ」 ビル・プロンジーニ
  • 「ハロウィーンの恋人」 フランク・ベルナップ・ロング
  • 「リンゴ」 ラムジー・キャンベル
  • 「いたずら」 ロバート・ブロック
 同じ徳間文庫の『恐怖のハロウィーン』と違って本書は全員がモダンホラー作家といっても過言ではありません。ミステリー作家のプロンジーニも長編『マスク』が一冊邦訳されていますし(結局買わないうちに絶版になってしまいましたが)。
 マキャモンはこの作品で本邦初紹介となりました。ハロウィーンの夜に貢物を拒否した家のドアをノックしたのは……。この作品からは後に続々と翻訳されることになる長編の作風は当時まったく想像できませんでした。いま読むとシェイプチェンジャーを扱ってるのは分かりますが。
「ニクソンの仮面」は昔読んだときも何が何だかよく判らなかったけど……やっぱり判らん(笑)。ストリーバーの短編はいつも難解だけど、これもやはり例の(宇宙からの?)お客様と関係あるんでしょうか。
 本書ではマキャモンだけでなく、トレメイン、テム、マクダウェル、スミス、ライアン、ガードナーが本書で初紹介です。トレメインとスミスの作品はベタな長編作品のタイトルからはちょっと意外なほど生真面目な作風で、チャールズ・L・グラントと似ている感じがします。トレメインはPeter Berresford Ellis名義でケルトや歴史の著作がたくさんあるので長編も翻訳されてみたら案外知的だったりするのかもしれません。ガイ・N・スミスだってBats Out of Hellとか、Killer Crabsとかいう分かりやすいタイトルの本を、キングの登場とほぼ同じ頃から90年代末までドカドカと量産していますが……どうなんでしょう。ガッカリしてもいいから読みたいなあ、殺人蟹シリーズ(笑)。そういえばこの人のファンクラブってたしかFAN CRABっていう綴りだったと思うけど(笑)。スミスは今のところこれが唯一の邦訳です。
 アラン・ライアンも小説では本書が唯一の邦訳です。一種の人喰い屋敷の話ですが、やはりこれだけでは喰い足りない気がします。長編Cast a Cold Eye がいいという文章を幾度か目にしたことがありますが、どういいのかとかどういう内容なのかというところまで紹介しているのは見たことがありません。おかげでわたしは「Cast a Cold Eye」というのはタイトルの意味からしてマンハッタンあたりが舞台のサイコロジカル・ホラーかと思い込んでいましたが、実は違うんですよねこれ(といっても読んだわけじゃないですが)。数年前にボロっちいペーパーバックを手に入れたんですが、「Cast a Cold Eye」というのは巻頭に掲げられたイェイツの詩の一部だったんですね。内容もどうやらアイルランドの土俗的な気配が漂っているような……。アメリカでも絶版らしいですがどこかで翻訳されないかなあ。
 もっと翻訳が欲しいのはマクダウェルもキャンベルも同じですが、本書はこういった80年代にピークを迎えたモダンホラーを支えた作家たちが一堂に会した重要なアンソロジーといってもいいかもしれません。

『マッド・サイエンティスト』
スチュアート・D・シフ 編  荒俣宏 他訳  創元推理文庫
1982年4月30日初版発行 1999年3月26日二版発行  定価660円(二版)

《収録作品》

  • 「サルドニクス」 レイ・ラッセル
  • 「自分を探して」 ラムジー・キャンベル
  • 「エリート」 カール・E・ワグナー
  • 「スティルクロフト街の家」 ジョゼフ・P・ブレナン
  • 「ノーク博士の謎の島」 ロバート・ブロック
  • 「あるインタビュー」 リチャード・C・マシスン
  • 「粘土」 カール・H・トンプソン
  • 「冷気」 H・P・ラヴクラフト
  • 「ビッグ・ゲーム・ハント」 アーサー・C・クラーク
  • 「ハルリドンヒル博士の英雄的行為」 ヴィリエ・ド・リラダン
  • 「シルヴェスターの復讐」 ヴァンス・アーンダール
  • 「箱」 リー・ワインシュタイン
  • 「アーニス博士の手記」 ゲイアン・ウィルスン
  • 「ティンダロスの猟犬」 フランク・B・ロング
  • 「最後の一線」 デニス・エチスン
  • 「庭の窪みで」 デーヴィッド・キャンプトン
  • 「サルサパリラのにおい」 レイ・ブラッドベリ
「サルドニクス」は『吸血鬼ドラキュラ』風の展開で怪奇色濃厚な作品。
「自分を探して」はタイトルの意味がどういうことか分かった瞬間にちょっとギョッとしました。
「ノーク博士の謎の島」はロバート・ブロックがこういうマンガみたいな話(実際コミック・ブックに関係がある)を書いていたとは意外でした。
「粘土」はダーク・ハーフなテーマの思わぬ拾い物。
「アーニス博士の手記」は『恐怖の心理サスペンス』収録の「アーネス博士の遺書」と同じ。
「ティンダロスの猟犬」は「ラヴクラフト以外の者が記したはじめてのクトゥルフ神話作品」とありますが、『新訂クトゥルー神話事典』によると前年1928年の「喰らうものども」(フランク・ベルナップ・ロング)がそれにあたるようです。後で判ったことかもしれませんが。
「庭の窪みで」は不器用で頭も悪い母親がとんでもない料理を作る話……かと思っていたらそうでなくて、最後はメチャクチャ怖くなっていてびっくり! ぜひ読んでみてください。
 マッド・サイエンティストといえばどうしてもSF的な話を連想しますが、本書はまさしくホラー・アンソロジー。数年前に復刊されているので探せばまだ見つかるでしょう。お勧めの1冊です。

『サイコ ホラー・アンソロジー』
ロバート・ブロック 編  白石朗 他訳  祥伝社文庫
1998年12月20日初版発行  定価857円

《収録作品》

  • 「第四解剖室」 スティーヴン・キング
  • 「とり憑かれて」 チャールズ・グラント
  • 「闇に潜む狂気」 エド・ゴーマン
  • 「助けてくれ」 リチャード・クリスチャン・マシスン
  • 「大きな悪、小さな悪」 デニース・M・ブラックマン
  • 「交点」 ドミニク・カンシラ
  • 「医師と弁護士とフットボールの英雄」 ブレント・モナハン
  • 「祖父の記念品」 ローレンス・ワット=エヴァンズ
  • 「誘惑」 エスター・M・フリーズナー
  • 「死体に火をつけて」 デル・ストーン・ジュニア
  • 「残響」 シンディ・ゲッデズ
  • 「生命線」 イヴォンヌ・ナヴァロ
  • 「非難の余地なし」 デイヴィッド・ニール・ウィルソン
  • 「地の底」 クラーク・ペリー
  • 「死体屋」 リチャード・パークス
  • 「じゃあ、きみは殺し屋になりたいんだね」 ゲイリー・ジョウナス
  • 「敷物」 エド・ヴァン・ベルコム
  • 「サイコ・インタビュー」 ビリー・スー・モウザーマン
  • 「氷壁」 ウィリアム・D・ギャグリアーニ
  • 「南部の夜」 ジェイン・ヨーレン
  • 「許されし者」 スティーヴン・M・レイニー
  • 「生存者」 ゲイリー・A・ブラウンベック
 原題は「ROBERT BLOCH'S PSYCHOS」。確かにロバート・ブロック編なのですが、ブロック本人は本が完成する前に他界してしまいました。序文が書けずに無念だったことでしょう。
 その名のとおりのテーマですが、中には超自然テーマのアンソロジーに入っていてもおかしくないものもあります。魔女VS切り裂きジャックの「大きな悪、小さな悪」とか死体を処分して(食って?)くれる「敷物」とか結構面白かったですが、逆にストレートなサイコ物はイマイチでした。
「闇に潜む狂気」「残響」「生存者」はシリアスで結構重いものがあります。
 イヴォンヌ・ナヴァロの「生命線」は世代交代(あるいは世代の確執)テーマが映画「スピーシーズ」(小説版は未読ですがイヴォンヌ・ナヴァロ作です)に通ずるところがあるような気もします。
「氷壁」は一言で言えば物体Xの物体なしのやつ>ってどないやねん(笑)。
 キングの「第四解剖室」は意識がありながら解剖台に乗っけられた人の恐怖をたっぷり味わわせてくれます。皮肉でアホな結末付で。
 全体的にはサイコ物ということを忘れて読んだほうが楽しめるかも? 収録数が多いので電車の中とかでポツリポツリと読むには適していると思います。

『ハードシェル』
ディーン・R・クーンツ エドワード・ブライアント ロバート・R・マキャモン
大久保寛 他訳  ハヤカワ文庫NV
1990年3月31日初版発行  定価621円
初出「ブックガイド・マガジンBGM」創刊号(1990年8月1日発行/幻想文学出版局)

《収録作品》

  • 「序文」 クライヴ・バーカー
  • 「フン族のアッチラ女王」 ディーン・R・クーンツ
  • 「ハードシェル」 ディーン・R・クーンツ
  • 「黎明」 ディーン・R・クーンツ
  • 「捕食者」 エドワード・ブライアント
  • 「バク」 エドワード・ブライアント
  • 「フラット・ラット・バッシュ」 エドワード・ブライアント
  • 「亡霊」 エドワード・ブライアント
  • 「荷物」 エドワード・ブライアント
  • 「コルファックス・アヴェニュー」 エドワード・ブライアント
  • 「水の底」 ロバート・R・マキャモン
  • 「五番街の奇跡」 ロバート・R・マキャモン
  • 「ベスト・フレンズ」 ロバート・R・マキャモン

このページの先頭に戻る
トップに戻る