《雑多な情報と雑文/#2》(2001/03/13-2001/04/29)
トップに戻る
雑多な情報と雑文に戻る
バックナンバー目次に戻る

2001/04/24,追記04/29 お勧めビデオ(2)
『コールド・ルーム』 The Cold Room
1984年(英)日本公開1985年(ファンタスティック映画祭)
監督/脚本:ジェームズ・ディアデン
原作:ジェフリー・ケイン
出演:アマンダ・ペイズ、ジョージ・シーガル
 父親と離れて英国の寄宿学校で暮らす16歳のカーラは、休暇にベルリン空港で久しぶりに父親と再会、東ベルリンに旅行にいく。しかし絆の薄れかけた親子関係は父親が空港で大きな熊のぬいぐるみを娘に渡すシーンに象徴的。この場面は鋭い友人の指摘で気がついたのですが、確かに父親の渡したぬいぐるみが、空港のみやげもの屋のスタンドにぶら下がっているものであることがさりげなく示されていて巧みさを感じさせます。ベルリンの壁を無事通過――出発時に友人から餞別にもらったマリファナは見つからなかった――して古い安ホテルに宿泊するが、その晩カーラが夢に見たのは松明を掲げ行進するドイツ軍と声援を送る群衆の光景だった。そしてそのときからカーラは過去と現在の交錯する奇妙な事態に巻き込まれてゆく。壁の向こう側で物音がし、通りの向こうからは肉屋の主人が「クリスタ」と彼女に呼びかける。やがてカーラはホテルの部屋の洋服ダンスの後ろに隠し部屋を発見するが、そこはかつて肉屋の冷蔵室だったところであり、そこには衰弱したユダヤ人の青年エリックが潜んでいた。およそ40年の時を隔てて、カーラは肉屋の娘クリスタとエリックの悲恋を追体験する……。

 ベルリンの壁がまだあった時代の話で、東ベルリン市街の殺風景な景色が印象的。カーラが通りで幻視するナチス時代の光景は、『デッド・ゾーン』でジョニーがワイザック医師の過去を幻視したときの光景を思わせますが、渋さでいえば勝るとも劣りません。なにせ死体が出てこないという珍しいホラーで、虚仮威しによらない描写の巧みさによる幻想と現実の交錯感が見事です。後に深海ホラー映画『リヴァイアサン』や『X−ファイル』の1エピソードに出演したアマンダ・ペイズは、佐藤藍子のような眼のでかい女優で、この作品では当時二十代だったようですが、父親とギクシャクする娘と取り憑かれたような少女の役を好演しています。
 この作品にもThe Cold Roomという原作があるのですが、作者のジェフリー・ケイン(Jeffrey Caine)という作家については情報があまり得られていません。1944年生まれ、The Cold Roomの他には、キャンベル・ブラック(キャンベル・アームストロングでもありトマス・アルトマンでもある)との共作でThe Homing(1980)という作品があるようです。もう一人別人と思われるGeoffrey Caine(Robert W. Walkerのペンネーム)という名のホラー作家もいますがどっちも翻訳されることはなさそうです。ともかく『コールド・ルーム』は原作を読んでみたいと思わせる映画で、地味ではあるけど見ておいて絶対に損はないと思います。
中古ビデオとしての入手難易度★★☆☆☆

追記:「翻訳されることはなさそう」なんて言ったばかりですが、The Cold Roomの作者でない方のGeoffrey CaineことRobert W. Walkerの方にはすでに翻訳がありました。扶桑社ミステリーから出ている『女検死官ジェシカ・コラン』に始まる「FBI女検死官ジェシカ・コラン」シリーズが4作、「刑事ルーカス・ストーンコート」が2作。後者は新刊が出たばかりです。いずれも猟奇殺人鬼を題材にしたミステリーらしく、ホラーを書いていたのは90年代前半以前のことのようです。―2001/04/29

2001/04/21  ふるほんのはなし4
 前回は暗い話になってしまったが、従来の古本屋は潰れてばかりいるかと思ったら、古本屋街などでは、おぼろげな印象ながら、より専門化した店が新しくオープンしたりする傾向もあるようである。SF、ミステリー、漫画、特撮、格闘技、サブカルチャー等々の品揃えに徹底した店だが、そうした店はちょっと外れた所か裏通りにできる場合が多いので、いつものコースしか巡回していないと見落としてしまう。先日もあるところでSF・ミステリーの専門古書店を見つけた。怪奇幻想的にはそんなに凄いものはなかったが、サンケイ出版のロバート・カルダー『犬』なんてのがあったりして、「ほう、久々に見たな」と思った。だが、調べ事の確認のために翌日再び訪れた時はもうなくなっていた。私は1000円は高いと思って見送ったのだが、やはりスキ者は虎視眈々と獲物を狙っているようである。やはりいつまでも昔の感覚でいると買い逃してしまうのかもしれない。それにそういう店だっていつまで続くか分からないし。うーん、やはり暗いか(笑)。

2001/04/19  ふるほんのはなし3
 どっちかと言えば古本屋の話になるが、デフレだと騒がれている現在、ハンバーガーや牛丼の値段が下がったりしても、古本の値段は別に下がったりしていない。本当に苦しい所は下げようがないというところか。それでも大々的にチェーン店を広げている新古本屋の100円コーナーの煽りでますます苦しくなったのか、同じように100円コーナーを設け始めた店もある。東京ではもうそういう所で怪奇幻想的に掘り出し物と言えそうな本が見つかることは滅多にないのだが、たまに見つかるとやはりうれしい。しかし、興味はないがまだ出たばかりでそれなりに価値のありそうな綺麗な本を見ると、こんな本をもう100円で売っていいのかと疑問に思うこともある。ときおり古くからある古本屋の店主が他の客と話をしているのを耳にすることがあるが、やはり大規模チェーン店の存在は脅威のようである。確かにこっちとしてもいい本を意識的に揃えてくれる古本屋がなくなると困る。
 こうした問題の根はどこにあるのだろうか。新刊書店にゴミみたいな本が溢れ返っていることだろうか。なぜゴミみたいな本ばかり作り、そしてまたそれが売れていくのだろうか。「おまえが読んでるようなのがゴミだろう」と言われたら返す言葉もないがそれは棚上げして、そういう状態と言うのは、戦後に大きく変遷を遂げた日本人の価値観と精神構造がどこかで歪んでしまった結果としか思えない。でもそれにしたって、もしかしたら歪ませることによってより悪い方向に向かうのを回避していた場合というのだってあったかもしれないのだ。原因を探っていくとどんどん深くそして広く拡散していくようでますますわからなくなる。一体これからどうなっていくのだろうか?

2001/04/10  お勧めビデオ(1)
 正確には「お勧めなのに廃版のビデオ」です。レンタル店に置いてあることも少ないかと思いますが、これから紹介しようとするビデオは、ほとんど中古ビデオ店で1500円以下で入手したものばかりなので、必ずしも入手不可能ではないでしょう。
『デビル・ナイト』 Nothing But the Night
1972年(英)日本未公開(TV放映題名「悪魔のチャイルド」)
監督ピーター・サスディ
 パッケージ裏には「クリストファー・リーとピーター・カッシングという2大怪奇スターの顔合わせ。」とありますが、ドラキュラとヴァン・ヘルシング教授のような敵対関係ではなく、捜査官と病理学者として事件解決に協力します。冒頭、次々と不審な死を遂げる資産家たち。なにやら他殺を思わせる意図的な映像が連続するのですが、このへんの演出は下手。死んだのはいずれもある財団の管財人で、一線を退いていたクリストファー・リー扮するビンガム捜査官が捜査に乗り出し、病理学者アシュレー(ピーター・カッシング)に協力を求める。一方その病院には、追突事故を起こした孤児院のバスに乗っていた少女メリーが入院していた。炎の悪夢にうなされるメリー。彼女の孤児院は死んだ資産家たちの財団によって運営されていた……。

 リーとカッシングの組み合わせならさぞや怪奇色濃厚のゴシックホラーに仕上がっているだろうと思わせるがさにあらず、まるで後にジョン・ソールが好んで取り上げるようなSF的ハイテク医学がテーマでした。原作はジョン・ブラックバーンの『Nothing But the Night』(1968)。なるほどさすが元祖モダンホラー。ブラックバーンは『小人たちがこわいので』しか読んでいないけどなんとなく納得。いかにもホラーというような血みどろの映像はないが、今では科学的な裏づけに乏しいような話を見ごたえあるものにしているのは、やはりリーとカッシングの渋い演技あってのことだと思います。他に見どころと言えば、殺人歴があり怪獣みたいな凶暴性を発揮するメリーの母親でしょう。このダイアナ・ドースという女優は、“イギリスのマリリン・モンロー”として売り出されたそうですが、どこでどう化けたか、ウチには来ないようなお歳暮のハムみたいな体型になっておりました。それからラストの場面は、唐突な感が否めないものの、十分ショッキングであり、それが音の消えた画面によって一層効果的なものとなっています。
中古ビデオとしての入手難易度★★★★☆

追記:2004年1月30日にDVDで発売されました。―2004/09/01

2001/04/10  『死の舞踏』からの物体X(3.5)
 ホラーかどうか不明だったバートン・ルーシェの『人喰い猫』だが、オークションで偶然手に入れたという中島晶也さんによるご紹介で、立派なホラーであることが判明した。詳細は以下、季刊「幻想文学」誌の公認サイト「牛込櫻会館」の「幻想的掲示板2」でご覧下さい。
「牛込櫻会館」http://www.asahi-net.or.jp/~gg9k-skri/
「幻想的掲示板2」 http://ushigome.bird.to/bbs/gensou0024.html#gensou20010408200333

2001/04/04  『死の舞踏』からの物体X(3)
 前回の補足、というより情報の追加。
『ラヴァーズ・リヴィング、ラヴァーズ・デッド』のリチャード・ラッツだが、Amazon.comで調べてみると本当はRichard Lortzというらしい。『死の舞踏』のPBではRichard Lutzとなっているので、改名したかAmazon.comが間違っているのでなければキングの記憶違いだろう。カタカナで記すとリチャード・ローツだろうか。1917年生まれで1980年に没している。『ラヴァーズ』の評価は載っていなかったが、他にはChildren of the Night (1974),Bereavements (1980),The Valdepenas(1980),Dracula's Children(1981)という作品がある。
『人喰い猫』のバートン・ルーシェは「ミステリマガジン」1970年5月号に「ジャージーの豚」という短編が訳されている。
 前回取り上げなかったが、『死の舞踏』706ページに『アンダーソンヴィル』というタイトルのみ挙げられているマッキンレイ・カンターという作家も、「ミステリマガジン」に多数掲載されているがおそらくミステリーだろう。しかしThe Moon Caller (1944)という怪奇小説があるらしい。

※追記 2012/3/20
 マッキンレイ・カンターのThe Moon Caller (1944)は、オーガスト・ダーレス編のアンソロジーThe Night Side (1947)に収録されている短篇だった。他に収録されている作家はラヴクラフト、ウェイクフィールド、ダンセイニ、マッケン、ブロック、ブラッドベリ、カットナー、コッパード等。1966年刊のものは数編削られている。
2001/03/29  『死の舞踏』からの物体X(2)
 不明物件シリーズ(?)の第2回。
 456ページのジェフ・ライス『コルチャック・テープ』。これは『事件記者コルチャック』の原作だが作者については今も不明。私はまだ「コルチャック」は見たことがない。
 511ページ、リチャード・ラッツ『ラヴァーズ・リヴィング、ラヴァーズ・デッド』。これも一切不明。同書によれば〈内なる悪〉と〈外なる悪〉の境界線を不明瞭にして効果を狙ったが支離滅裂に終わったらしい。
 577ページ、C・テリー・クライン『ダモン』。これは「"ユーモアのかけらもない深い落とし穴"一派の手になる小説」としてウィリアム・ピーター・ブラッティ『エクソシスト』と並べて挙げられているのでかなり気になるが、1976年の作品であること、他に80年代後半にかけて8作ほどの著作があること以外詳細は不明である。
 666ページ、バートン・ルーシェ『人喰い猫』。これはリチャード・マシスンの『縮みゆく人間』を、初めて読む人がうらやましくてしかたがない本とし、「そういう本として」ロバート・ブロックの『スカーフ』、トールキンの『ホビットの冒険』と並べられている。まったく未チェックだったのだが、実はこの本には邦訳があった。角川文庫から1978年に出ていたらしい。しかし手近な資料にあたってみたが、何も得られなかったところをみると、怪奇幻想系ではないのかもしれない。それにしてもタイトルはいかにもという感じだ。ちなみにブロックの『スカーフ』も未訳。処女長編だったが、成功しなかったらしい。長編のヒットは『サイコ』までお預けだったようだ。
 711ページ、ポール・フェアマン『苦悶に眠りて』。キングによれば「セクシーなパルプ・スタイルのホラー」だそうだ。ポール・W・フェアマンという作家と同一人物なら、『最新版SFガイドマップ〔作家名鑑編〕』では、「主として一九六〇年代に才能は感じられるが、つまらない作品(いくつかはノヴェライゼーション)を発表している。」という評価である。1968年に創元推理文庫から『シービュー号と海底都市』という本が出ていたようだ。スタージョンの『原子力潜水艦シービュー号』のシリーズ続編らしい。
 以上、隠れた傑作があるのかどうかは判明しなかったが、調査はぼちぼちと続行していきたいと思う。

※追記 2011/4/4
 C・テリー・クラインの『ダモン』は、1976年に翻訳出版されていた。(テリー・クライン・Jr『ダモン』勁文社/富島健夫 訳)
 ロバート・ブロックの『スカーフ』は、その後翻訳され、『ザ・スカーフ』として新樹社より2005年10月に出版された。(ロバート・ブロック『ザ・スカーフ』新樹社/村上能成 訳)
2001/03/28  『死の舞踏』からの物体X(1)
『死の舞踏』に出てくる怪奇幻想系の本については、未訳のものも含めて、内容はともかく作者名と作品名くらいはだいたい把握しているつもりだが、それでもいくつかは不明のものもある。『死の舞踏』で取り上げられた以外に情報がない(と思っていた)からだが、それらは実際どんな話でどんな出来なのかいまだに気になる。たとえば文庫版73ページに
「一九三九年に始まったホラー小説の失墜は、約二五年間続くことになる。まあ、その間も思い出したようにリチャード・マシスンの『縮みゆく人間』だとかウィリアム・スローンの『流れゆく水際』といった逸品が登場して、ホラーというジャンルの存在を主張してはいた」
と書いてある。『縮みゆく人間』と並べられるぐらいだから『流れゆく水際』というのはいい作品なんだろうと思わせるが、他では聞いたことがない。気になったわりにはずっと放っておいたのでこの機会に手持ちの資料で調べてみた。サンリオSF文庫の『最新版SFガイドマップ〔作家名鑑編〕』では、
スローン、ウィリアム・M(ミリガン)(一九〇六―七四)SLOANE, WILLIAM M(illigan)
 アメリカの作家。すばらしく巧みな方法で、SFと恐怖小説のテクニックをブレンドした二つの恐怖小説を書いた。『夜間歩行』To Walk the Night (1937)では、連れ合いを失くしたエイリアンによる憑依を描いている。もう一つの作品『流れゆく水際』The Edge of Running Water (1939)は、SFスペクトルの一端であるオカルト/超自然現象にいっそう深入りしており、死者と交信のできる機械について語っている。
 とある。『流れゆく水際』が出たのは、奇しくもホラー小説の失墜が始まったとキングが言う1939年だ。失墜が始まったというのは、もちろん第二次世界大戦が勃発したからだろうが、他に1939年といえば、ラヴクラフトの死去後2年、アーカム・ハウス創立の前年である。怪奇幻想小説の専門雑誌『ウィアード・テイルズ』が創刊されてからは16年が経っている。『アンノウン』等のSF雑誌が創刊された頃でもある。『死の舞踏』にもあるが、以後、大戦を挟んで怪奇幻想作家がSFに流れていくというのが大雑把な理解だろう。怪奇幻想とSFとは明確に分離していたわけではないし、スローンの作品は他には脚本やアンソロジーがあるくらいだから、おそらくスローンは元々SFホラーに位置付けられる作家だったのだろう。
 ちなみにジョン・カーペンター監督の『遊星からの物体X』の原作でSFホラーの傑作(文体は少し読みづらかったが、思った以上に映画が原作に忠実であったことがわかった)ジョン・W・キャンベル・ジュニアの『影が行く』が発表されたのは1938年である。

2001/03/24  『死の舞踏』よりの物体X(2)
 P.267に、タイムズ・スクエアを四二丁目ぞいに歩けば必ずお目にかかれる映画の題名として、
《The Bloody Mutilators》《悪魔の入浴、死霊の行水》《The Ghastly Ones》 と3つ題名が並んでいます。なんなんでしょうか真ん中の《悪魔の入浴、死霊の行水》(笑)。マルV印が付いているので劇場未公開でビデオ発売されていることになりますがそんなビデオは見たことがない……。でもあったんでしょうね。で、これも一応ペーパーバックで原題を調べてみると、
The Female Butcher
だそうです(笑)。なるほど、もうええ。見なくても判るわ。キングも「《The Ghastly Ones》の監督はカメラを持ったただのうすらばか」と書いてますからあとの二つも推して知るべしでしょう。それでもちゃんと見てるのね(笑)。『死霊の盆踊り』系のバカホラーなのかな? それにしてもいまさらながらこのカバー範囲の広さは本当に凄い!!

 さて、しかしこれで終わったんじゃあ物足りない。そこでさらに『CREATURE FEATURES』というSF、ファンタジー、ホラー映画のガイドブックで調べてみました。すると《The Female Butcher》は《The Legend of Blood Castle》を見よ、とあります。あったあった、1972年の作品だったんですね。評価は"★1/2"(笑)。やっぱりね。あと他に3つも別の題名があるらしいです。内容はちょっとびっくり、エリザベス・バートリを題材にしたものでした。エリザベス・バートリといえば思い出すフレーズは「血の伯爵夫人」。なるほど、それであの邦題になるわけか。やっと納得(するか〜?)。
『吸血鬼――蘇る悪魔の戦慄』(桐生操 著/にちぶん文庫)という本によるとエリザベス・バートリは、村の娘を城に連れてきちゃあ切り刻んだり、内側にトゲトゲのついた檻に入れたりして血を絞り取って、若さと美貌を保つためにその血を浴びたり浴槽で浸かったりした16世紀ハンガリーの伯爵夫人だということです。そのあまりの残虐ぶりに悪魔でさえ「そんなんしたらあかーん。やり過ぎやで自分」と忠告しに来たと言う……というのは嘘だけど(なんで関西弁やねん? しかもエセの)。しかしまあ、自分が悪魔だったらやっぱり注意しますね(怒られるでー)。本当かどうか知らないけど、一人のために犠牲者600人なんて、『オフシーズン』の元ネタになった喰人一家(これも上記の『吸血鬼』に出ている)より酷いじゃないですか。しかもソーニー・ビーン一家はちゃんと喰ってるしね。ってそーゆーオチかいっ(笑)。

2001/03/23  『死の舞踏』よりの物体X(1)
 何気なく読みすごしてしまった部分でも、何度か目を通しているうちに「ナヌ!?」となって改めて気がつくことがありますよね。先日、『死の舞踏』をぱらぱらと見返していたときに気づいたのが、P.223の、
「フンゴジバッテンダカ?」
 一体なんなんでしょうか(笑)。これはキングが11歳の頃、おじいさんとラジオを聞いているときに突然聞かれたりする言葉です。歯がないので意味不明、それを理解できるのはキングの母だけだったといいます。キングはそのわけわからん質問に対し、自分が何に同意しているのかわからないまま「そうだね、おじいちゃん」と答えていたといいます(笑)。なごむなあ、なんか。ってなんでやねん(笑)。
 で、それまで疑問に思わなかったのが、「これ原語ではどうなってるの?」ということ。そういえば昔々、原書に挑戦したときはそんな所までたどり着かなかった(笑)。早速ペーパーバックを見てみると……
"Gizzen-groppen fuzzwah grupp?"
 やっぱりわかりませーん(笑)。つーか全然ちゃうやん。え?、すると「フンゴジバッテンダカ?」っつーのはどっから出てきたんでしょう? なんか知らんけどうまい訳(?)だなあと思います。私は好きですね。「ずびずばあー!!」なんてのもいいかな。あ、疑問になってないや。(笑)。それにパクリやし。あと「ボソギデジャス、ギブグギギ」とかね。ってそりゃグロンギ語じゃーん(笑)。おじいちゃんがいきなりグロンギ語しゃべったら怖いわ!!

2001/03/22  追想日記(3)今月の収穫
 収穫といっても激貧状態が続いているのでめぼしいものは二つだけ。一つはキングのインタビューが載った今年の「月刊プレイボーイ」2月号。これは書店で立ち読みしたのだが、読み終えてふと値段を見たら買えなくなってしまったもの(笑)。これを早稲田の古書街で200円でゲット。あとで別の店でも見つけたが300円だった。やったあ! まあ最初に800円出して買った方が結果的には財布から出て行く金は少なくて済んだと思うんだけど、古本漁りの楽しみはそれでは得られないのである。
 もう一つは「ミステリマガジン」1997年11月号。これは創刊500号記念特大号で、「保存版1〜500号掲載作品総目録」が圧巻。なんといっても資料的価値が高いし、幻想と怪奇特集以外で書籍に未収録の作品も何か見つかるかもしれない。題名と作者名だけでは怪奇幻想系かどうかは判断しづらいが見ているだけでも面白い。サンシャインシティの古本市で、定価1800円が500円だからお買い得だった。当時買えずにいてすっかり忘れていたのを、「幻想文学」60号でこれを「私のベスト3」に挙げている方がいて思い出したのだが、すぐに見つかったのはやはりラッキーだった。でもこんなことは本当に滅多にないのです。

2001/03/15  消滅寸前の文庫
 正式な情報があったかどうか忘れましたが、もう随分前にベネッセは文庫から撤退したようで、新刊も出ないし、大書店でさえいまや消滅寸前。おそらく店頭在庫分しかないので、福武文庫で買い逃しのある方は見かけたらすぐゲットした方がいいでしょう。もちろん古書店でも。ホラー関係ではキングの『死の舞踏』、『ブラック・マライア』byジェイ・R・ボナンジンガ、『ミステリー・ウォーク』byロバート・R・マキャモン、『スワン・ソング』byロバート・R・マキャモンが重要です。上記の書名に関してはキングは単行本、他は新書(ミステリペーパーバックス)で先に出ていますが絶版です。あとはよく知らないけど日本もののアンソロジーとジュヴナイルもあったかな。新書には確かブラッドベリ『黄泉からの旅人』があったはず。ホラーから遠そうだったので買わなかったけどどうなんだろう。うーむ。まあなんにせよこういう本が入手困難になるというのは憂慮すべき状況だと思うのですが。
 ちなみに文庫の『死の舞踏』の初版では、巻末の索引がほとんど役に立たないんですよね。索引の数字が、実際にその作品や人名の載っているページとズレているのです。第2刷ではちゃんと直っていますがただ読む分には支障ないでしょう。単行本との差は作品名に若干の訂正があります。

※追記 2011/4/4
 その後『死の舞踏』は、2004年4月にバジリコより再び単行本サイズで全面改訳新版として復刊された。(スティーヴン・キング『死の舞踏 ホラー・キングの恐怖読本』バジリコ株式会社/安野玲 訳)
 『ミステリー・ウォーク』は、2003年10月に創元推理文庫で復刊された。(ロバート・R・マキャモン『ミステリー・ウォーク』東京創元社/山田和子 訳)
 『黄泉からの旅人』は、2005年11月に文藝春秋より復刊された。(レイ・ブラッドベリ『黄泉からの旅人』文藝春秋/日暮雅通 訳)

2001/03/13  幻想文学60号発売中
 特集は「幻想ベストブック1993−2000」。
 アンケート〈私のベスト3〉では、上記の期間に日本で刊行された幻想文学関連の書籍から、執筆者、読者が最も印象に残った3点を選んでコメントしたものです。国書刊行会の『幻想文学大事典』が堂々の2位。やっぱりこれはでかかったなあ(何とか手に入れんとなあ)。ともかく範囲も期間も広いのでどの人も選ぶのに苦労しているようです。そんな中で海外ホラー関連では、キングの『死の舞踏』、ストラウブの『ゴースト・ストーリー』、マキャモンの『少年時代』が2票ずつ獲得しています。部門で分けていたらもっといろいろ出てくるのでしょうが、やはりいい本は出てきますね。おお、1位にケッチャム『隣の家の少女』を選んでいる人もいるなあ。好きとも嫌いとも書いてないし、なんか衝撃だけで1位にしちゃったって感じが窺えます。きっとこの人ももだえ苦しんだのでしょう。誰やコイツ……って俺やないかいっ!!(う〜寒(笑))。ちなみに通常記事の書評では『ザ・スタンド』を取り上げてます。
 他には分野別の展望、座談会・対談、日本作家のインタビューと巻末に41号から60号までの総目次。もっと詳しい内容は版元のアトリエOCTAのホームページで見られます。
http://www.d2.dion.ne.jp/~octa
 とにかく自分の興味あるものばかりでなく、よく知らない分野の動向や注目書などが分かるようになっているので、役に立ちそうな1冊です。

※追記 2011/4/4
 季刊『幻想文学』は、2003年7月7日発行の67号「特集 東方幻想 異国への憧憬と恐怖」をもって終刊となった。


雑多な情報と雑文に戻る
トップに戻る