こじつけ絵本紹介
トップに戻る

2001/02/05  デイヴィッド・ウィーズナー(1)
 とかくモダンホラーは分厚い本が多い(もちろん好きな作家なら苦にならないんだけど)。そこでたまには薄い絵本で目を休めるってのはどうでしょうか? 薄いとはいえ中身は充実しています。というわけで、モダンホラーに無理やりこじつけつつご紹介(笑)。

『フリーフォール』 FREE FALL
(ブックローン出版 1994年11月25日第1刷発行 1400円)
『かようびのよる』 TUESDAY
(当麻ゆか 訳 ベネッセ 1992年5月20日第2刷発行 1400円)
『1999年6月29日』 June 29, 1999
(江國香織 訳 ブックローン出版 1993年8月29日第1刷発行 1400円)

 作者は3作ともデイヴィッド・ウィーズナー(David Wiesner)。
 デイヴィッド・ウィーズナーはニュージャージー州生まれの絵本作家。1988年発表の最初のオリジナル作品『フリーフォール』が89年のコールデコット賞オナーブックに選ばれた後、『かようびのよる』で91年のコールデコット賞を受賞しています。詳しくは知らないのですが、コールデコットというのは人の名前で映画のアカデミー賞にあたるほどの権威あるものだそうです。

『フリーフォール』は文字がなく、最初の頁と最後の頁を除いて見開きで絵が横につながっている構成の絵本です。ベッドで寝ている少年が掛けている毛布の格子柄が広大な畑(か田んぼのようなもの)に連なり、その畑がチェスのボードに、チェスボードから城郭、城壁の模様とてっぺんのギザギザがドラゴンへ、ドラゴンの森の木が本へ――、というふうに少年の見ている夢の流れが切れ目なくビジュアル化されています。この作画の見事さはもう実際に見てもらうより他にないでしょう。毛布が世界につながってゆくというのは、なにやら絨毯に織りこまれた不思議な世界を描いたクライヴ・バーカーの『ウィーヴ・ワールド』を連想させるものがあります。

 一方『かようびのよる』は、日時を告げる文字が入っていて、火曜日の夜八時ごろ、なぜか無数のカエルが睡蓮の葉っぱに乗って宙を飛び始めるという、ぐっとユーモラスな内容になっています。スティーヴン・キングの短編に、七年に一度ヒキガエルの土砂降りがある村を描いた「レイニー・シーズン」(“Rainy Season” Nightmares & Dreamscapes  ,1993 所収/邦訳 :「マリ・クレール」1991・6 掲載。後に『ヘッド・ダウン』に「雨季きたる」として収録)というのがありますが、それをずっと上品でファンタスティックにした感じで、マンガチックですっとぼけたカエルの顔が見ていてとても楽しい絵本です。絵の描き込みが凄いです。

 そして『1999年6月29日』は、少女が野菜の苗木を空に打ち上げる実験を行うがその結果(!?)、あとになって空から超巨大な野菜がアメリカ中にふわりと降ってきて大騒動になるというものです。しかし、その巨大な野菜の中には、少女が実験に加えていないものがあった……。なんとも奇想天外な話ですが、空をおおい尽くす無数の巨大キャベツや裏庭に着陸した巨大ブロッコリーなどの絵の巨大感とディテールがとにかく素晴らしい。また人々がそれらの野菜をどう利用したかという説明も面白い。内容はまるで違いますが私にはこれがどうも若き天才の発明が起こす騒動という意味で、これまたキングの「ラプラタの水」(“The End of the Whole Mess”前掲書所収/邦訳:「オムニ」1987・3 掲載。後に『いかしたバンドのいる街で』に「争いが終わるとき」として収録)という短編を思い出させるものがあるのです。

 どの本も実際に見たら大人でも思わず欲しくなってしまうようなすぐれた絵本ですから、絵本の売場に行ったらちょっと探して見てみてはいかがでしょうか。大きい書店ならあると思います。ちなみに三冊とも版型は横長タイプです。



2001/02/06  デイヴィッド・ウィーズナー(2)
 またもやデイヴィッド・ウィーズナーの絵本をモダンホラーとこじつけつつご紹介します。

『大あらし』 Hurricane
(江國香織 訳 ブックローン出版 1995年8月20日第1刷発行 1500円)
『夜がくるまでは』 NIGHT OF THE GARGOYLES
(作:イヴ・バンティング EVE BUNTING 絵:デイヴィッド・ウィーズナー 江國香織 訳 ブックローン出版 1996年3月20日第1刷発行 1300円 写真右は洋書版)

 まずは『大あらし』ですが、この絵本は、平均的なアメリカ家庭の兄弟が、大嵐が過ぎ去った翌日、倒れた庭のにれの木を、子供ならではの強い想像力でいろいろなものに見立てて遊ぶ様子を描いています。にれの巨木は、ジャングルや荒海を航海する船やロケットになったりして、彼らの飽くなき想像力が見開きのワイド画面で展開されます。まるでアメリカン・モダンホラーの日常場面の一つのエピソードをビジュアル化したかのようです。私が連想したのはキングの「霧」とかマキャモンの『少年時代』などです。もし、この本を見る機会があったら、影の主役ともいえるペットの猫(ハンニバル!)にご注目。なかなかいい味出してます。猫には猫なりの視点があって、あくまでも自分の興味にしたがって物事を見ている様子がさりげなく描かれています。特に表情の描きかたがうまいと思います。画面の中で猫がどこにいて何を見ているか(しているか)というのが結構おたのしみです。そういう猫の視点から三つの話を描いた「キャッツアイ」という映画がありましたよね。うーん、こじつけも今回はちょっと苦しいか(笑)。

 さてもう一冊の『夜がくるまでは』は、文章は別の人が書いて、ウィーズナーは作画に徹しています。鉛筆画かパステル画かよく分かりませんが、今までとは打って変わってモノクロでダークな雰囲気を出しています。ゴシック風の建築物の上の方に付いているガーゴイルがテーマです。内容は、昼間はおとなしく建物におさまっている彼らが、夜になると動きだして自由を満喫するというものですが、これがキングがエッセイを書いた『中空の夢魔』というガーゴイルの写真集と見事に呼応しているように見えます。人はガーゴイルなんて見ようとしないけど、彼らの方はこちらを見ているというような見方も一致しています。ウィーズナーの絵は、石の質感をよく出していて、『中空の夢魔』の写真とよく似ていますが、さすがに絵本の動き出したガーゴイルの方が表情豊かでユーモラスな作品に仕上がっています。
 ちなみに、私は『中空の夢魔』でキングが言及している「ガーゴイル」という映画はむかしむかしテレビ東京の2時のロードショー(だったかな?)で見ました。主人公の声の吹き替えを柳生博がやっていたのを覚えていますが細かいことは忘れてしまいましたね。蝙蝠男の映画よりはマシだったと思いますが(笑)。


トップに戻る