トップに戻る

「ミステリマガジン」幻想と怪奇特集号 1

※このリストは早川書房「ミステリマガジン」における幻想と怪奇特集号の作品と記事のリストです。
 特集以外の作品・記事は除外してあります。


【凡例】
タイトル・作者・翻訳者・備考(〜として〜に所収,その他の特記事項)
『幻想と怪奇』はハヤカワ文庫,『怪奇と幻想』は角川文庫。
創=創元推理文庫,ハ=ハヤカワ文庫,角=角川文庫,扶=扶桑社ミステリー,他はその都度記す(省略もあり)。


1967〜19691970〜19791980〜19891990〜19992000〜20092010〜

【1967年8月号】

ハリー  ローズマリイ・ティンパリイ  小菅正夫訳
Harry
(『幻想と怪奇2』,由良君美訳/『イギリス怪談集』河出文庫,乾信一郎訳/『ロアルド・ダールの幽霊物語』ハ)

ねずみ狩り  ヘンリイ・カットナー  高梨正伸訳
The Graveyard Rats
(「墓地の鼠」植木和美訳/『ホラー&ファンタシイ傑作選1』青心社)

死人は憶えている  ロバート・ハワード  山本俊子訳
The Dead Remember

淋しい場所  オーガスト・ダーレス  永井淳訳(『幻想と怪奇1』,『怪奇と幻想3』)
Lonsome Place
(森広雅子訳/『淋しい場所〈アーカム・ハウス叢書〉』国書刊行会)

ノーク博士の島  ロバート・ブロック  伊藤典夫訳
The Strange Island of Dr.Nork
(「ノーク博士の謎の島」大瀧啓裕訳/『マッド・サイエンティスト』創)

待っている  クリストファー・イシャーウッド  浅倉久志訳
I Am Waiting

墓碑銘  ブラッドリイ・ストリックランド  千野宣夫訳(『幻想と怪奇3』)
The Third Grave

墓を愛した少年  フィッツ=ジェイムズ・オブライエン  長沢節訳(『怪奇と幻想3』)
The Child That Loved a Grave

分裂症の神  クラーク・A・スミス  宇野輝雄訳(『怪奇と幻想1』)
Schizoid Creator

コラム
「幽霊をはねつけた文学者」南山宏
「安普請の幽霊屋敷」南山宏
「鏡の中の殺人」南山宏

エッセイ
「怪奇小説の条件」ダシェル・ハメット  矢野浩三郎 訳
「なぜ幽霊譚を書くか」ラッセル・ウェイクフィールド  小鷹信光 訳
(「怪奇小説を書く理由」鈴木克昌訳/『赤い館』国書刊行会)
「復帰妖怪変化夏 文学史に見るヴァンパイアの系譜」矢野浩三郎

私の好きなベスト5
「体温のさがる短篇」星新一

【1968年8月号】 悪魔の契約  ロード・ダンセイニ  吉田誠一訳 A Deal with the Devil 牝猫ミナ  ジャック・ヨネ  北村良三訳(『幻想と怪奇3』) ダーク・ボーイ  オーガスト・ダーレス  山本俊子訳(「黒い髪の少年」森広雅子訳/『淋しい場所』国書) Dark Boy 水際  ロバート・ブロック  青木秀夫訳(「湖畔」吉田誠一訳/『自由への一撃』扶) Waterfront 義眼  ジョン・K・クロス  村社伸訳(『怪奇と幻想2』) The Glass Eye 海への悲しい道  ジョラルド・カーシュ  三田村裕訳(『幻想と怪奇3』) Sad Road to the Sea エッセイ 「恐怖の構造」矢野浩三郎
【1969年8月号】 葦毛に乗った女  ジョン・コリア  山本光伸訳(『怪奇と幻想1』) The Lady on the Grey ドラキュラの客人  ブラム・ストーカー  町田美奈子訳(「ドラキュラの客」桂千穂訳/『ドラキュラの客』国書) Dracula's Guest 大きな,広い,素晴しい世界  チャールズ・E・フリッチ  山中誠人訳 Big, Wide, Wonderful World 血は命の水だから  マリオン・クロフォード  深町真理子訳(『怪奇と幻想1』) For the Blood is the Life エスターはどこ?  エイヴラム・デイヴィッドスン  高梨正伸訳(「エステルはどこ?」/『幻想と怪奇3』) Where Do You Live, Queen Esther?   レイ・ブラッドベリ  伊藤典夫訳 The Women (『幻想と怪奇1』,『キリマンジャロ・マシーン』ハ,訳者不詳「MEN'S CLUB」1977/7 ) ヘンショーの吸血鬼  ヘンリイ・カットナー  浅倉久志訳(『怪奇と幻想1』) Masquerade 死の半途に  ベン・ヘクト  吉田誠一訳(『怪奇と幻想2』) In the Midst of Death エッセイ 「枯尾花奇談」矢野浩三郎

トップに戻る