トップに戻る

「ミステリマガジン」幻想と怪奇特集号 2

※このリストは早川書房「ミステリマガジン」における幻想と怪奇特集号の作品と記事のリストです。
 特集以外の作品・記事は除外してあります。


【凡例】
タイトル・作者・翻訳者・備考(〜として〜に所収,その他の特記事項)
『幻想と怪奇』はハヤカワ文庫,『怪奇と幻想』は角川文庫。
創=創元推理文庫,ハ=ハヤカワ文庫,角=角川文庫,扶=扶桑社ミステリー,他はその都度記す(省略もあり)。


1967〜19691970〜19791980〜19891990〜19992000〜20092010〜

【1970年8月号】

弔花  ロバート・ブロック  村社伸訳(『怪奇と幻想3』)
Floral Tribute

メリイ・クリスマス  L・P・ハートリイ  大井良純訳
Someone in the Lift
(『世界ショートショート傑作選1』講談社文庫,「エレベーターの人影」栗本和巳訳/『幻想と怪奇1』)

水槽  カール・ジャコビ  中村能三訳
The Aquarium
(『幻想と怪奇1』,『怪奇と幻想2』,『幻想小説大全 鳥獣虫魚』北宋社)

マイヌーク  ナイジェル・ニール  仁賀克雄訳
Minuke

植民地  フィリップ・K・ディック  遠山勝夫訳(仁賀克雄訳/『幻想と怪奇1』)
The Colony

子守唄  チャールズ・ボーモント  小倉多加志訳(『幻想と怪奇3』)
Nursery Rhyme

アムンゼンの天幕  ジョン・マーティン・リーイ  小尾芙佐訳(『幻想と怪奇1』)
In Amundsen's Tent

父子像  都筑道夫

エッセイ
「悪夢を見よう――ゴシック・ロマンのすすめ」片岡義男

新連載評論 1
「恐怖小説の系譜」H・P・ラヴクラフト  秋津宏之 訳・構成
(「文学と超自然的恐怖」植松靖夫訳/『定本ラヴクラフト全集7−I』国書刊行会)

【1971年8月号】 死の扉  ロバート・マクニア  山本光伸訳 Death's Door ひめやかに甲虫は歩む  ジョン・コリア  浅倉久志訳(『怪奇と幻想3』) Softly Walks the Beetle 家のなかに何かが  シリア・フレムリン  矢野浩三郎訳 Something Evil in the House 静かに! 夢を見ているから  ローラン・トポール  榊原晃三訳(『怪奇と幻想2』) Silence, On Rêve 新連載 1 「山荘綺談」  シャーリイ・ジャクスン  小倉多加志訳(『山荘綺談』ハ/『たたり』創,渡辺庸子訳) The Hounting of Hill House エッセイ 「狼狂系図概観――リュカオーンの子孫たち」矢野浩三郎(『怪奇と幻想2』解説) 「私の好きな漫画」都筑道夫 ショート・ショート 「タローとハナコのパパ」村山庄三
【1972年8月号】 愛のヴァリエーション  ジョン・コリア  木村幸子訳 Not Far Away, Not Long Ago 思い出  デイヴィッド・H・ケラー  秋津宏之訳 In Memoriam 情事  メイ・シンクレア  風見潤訳 The Nature of the Evidence 赤い脳髄  ドナルド・ウォンドレイ  深町真理子訳(『怪奇と幻想2』) The Red Brain ロバータ  チャールズ・ボーモント  各務三郎訳(『怪奇と幻想3』) Miss Gentilbelle 幻の乗合馬車  E・M・フォースター  山本光伸訳(『怪奇と幻想3』) The Celestial Omnibus 巻末附録 「幻想と怪奇小説名作リスト」仁賀克雄・編 「海外・幻想と怪奇作家辞典」仁賀克雄・編
【1973年8月号】 ウルサルの猫  H・P・ラヴクラフト  仁賀克雄訳(『猫に関する恐怖小説』徳間文庫) The Cat of Ulthar かたつむり  パトリシア・ハイスミス  小倉多加志訳(『幻想と怪奇2』) The Quest for Blank Clavering 柱時計  ローラン・トポール  榊原晃三訳 Le Pendule 猫の子  ヘンリイ・スレッサー  野村光由訳(「僕の父は猫」仁賀克雄訳/『猫に関する恐怖小説』徳) My Father, the Cat 三つの願いごと  ヘンリイ・スレッサー  小沢みづほ訳 The Wishgiver 二年目の蜜月  リチャード・マシスン  小鷹信光訳(『幻想と怪奇1』) First Anniversary 壜詰パーティ  ジョン・コリア  矢野浩三郎訳 The Bottle Party (「瓶の中のパーティ」中西秀男訳/『ザ・ベスト・オブ・ジョン・コリア』筑摩書房) 連載 2 アーカムハウスの住人「H・P・ラヴクラフト」仁賀克雄
【1974年7月号】〈オカルト探偵特集〉 幽霊馬  ウィリアム・ホープ・ホジスン  山田辰夫訳(「見えざる馬」今岡清訳/『幽霊狩人カーナッキ』角) The Horse of Invisible 死者の村  エドワード・D・ホック  木村二郎訳(『ホックと13人の仲間たち』早川書房) The Village of the Dead 月の光  シーベリイ・クイン  村社伸訳 La Claire de Lune アーリー叔父さん  ロン・グーラート  沢ゆり子訳 Uncle Arley その眼は見た  ランドル・ギャレット  風見潤訳 The Eyes Have It エッセイ 「エクソシストたち」矢野浩三郎
【1975年8月号】 ナツメグの味  ジョン・コリア  矢野浩三郎訳 The Touch of Nutmeg Make It (『冷えたギムレットのように 美酒ミステリ傑作集』大和書房,『美酒ミステリー傑作選』河出文庫) 悪魔に憑かれた女  ジョン・コリア  矢野浩三郎訳 Possession of Angela Bradshaw ついに出た!実説フランケンシュタイン  ハリイ・ハリスン  浅倉久志訳 At Last, The True Story of Frankenstein (「これぞ、真説フランケンシュタイン」仁賀克雄訳/『モンスター伝説』ソノラマ文庫) さすらいのゴーレム  エイブラム・デヴィッドスン  竹中芳訳 The Golem (「ゴーレム」竹上昭訳/『怪奇幻想の文学V』新人物往来社) 吸血機伝説  ロジャー・ゼラズニイ  加藤正美訳(中村融訳/『ホラーSF傑作選 影が行く』創) The Stainless Steel Leach 悪魔株式会社  シオドア・R・コグスウェル  大井良純訳 Threesie 悪魔は病んでいた  ブルース・エリオット  宮脇孝雄訳 The Devil was Sick 八番目のスイッチ  ロイ・ヴィカーズ  小倉多加志訳 Eighth Button 地図にない町  フィリップ・K・ディック  仁賀克雄訳(『地図にない町』ハ) The Commuter
【1976年9月号】   ジョイス・マーシュ  小倉多加志訳 The Tree 深夜の急行列車  アルフレッド・ノイス  石田善彦訳 Midnight Express (「深夜特急」高見沢芳男訳/『世界ショートショート傑作選1』講談社文庫) ローラ・シルヴァー・ベル  J・S・レファニュ  吉野美恵子訳 Laura Silver Bell 鏡の友  ジョルジュ・ロダンバック  荒川浩充訳 L'ami, l'ami des miroires 見知らぬ首吊り人  P・K・ディック  仁賀克雄訳 Hanging Stranger (「ハンギング・ストレンジャー」/『ウォー・ゲーム』ソノラマ文庫,『人間狩り』ちくま文庫) バッガム荘の怪  スティーヴン・リーコック  浅倉久志訳 Buggam Grange
【1977年8月号】 M街七番地の事件  ジョン・スタインベック  深町真理子訳 The Affair at 7Rue de M- がらあき  グレアム・グリーン  吉田誠一訳 All But Empty メリーゴーランド  ジャン・レイ  岡村孝一訳 Merry-go-round 愛のセメント  ローラン・トポール  榊原晃三訳 L'amour fou 四本の杭  ヴィクター・ローマン  風見潤訳 Four Wooden Stakes 一杯の水  リチャード・マシスン  矢代信吾訳 A Drink of Water (仁賀克雄訳/『とっておきの特別料理 美食ミステリー傑作集』大和書房,  仁賀克雄訳/『美食ミステリー傑作選』河出文庫,訳者不詳「MEN'S CLUB」1978/1 ) 獣か人か  アンガス・ウィルスン  丸本聰明訳 Animals or Human Beings 灰色人間  J・B・プリーストリー  小倉多加志訳 The Grey Ones さくらんぼ  ロレンス・ダレル  村上博基訳 The Cherries お菓子の骸骨  レイ・ブラッドベリ  仁賀克雄訳(『悪夢のカーニバル』徳間文庫) The Candy Skull
【1978年8月号】 さらば吸血鬼  E・エヴェレット・エヴァンス  吉野美恵子訳 The Undead Die (「生ける亡者の死」小倉多加志訳/『ドラキュラのライヴァルたち』ハ) 花と怪獣  ヘンリイ・カットナー  風見潤訳(宇佐川晶子訳/『キング・コングのライヴァルたち』ハ) Beauty and the Beast 死んでいる男  フリッツ・ライバー  田村義進訳(仁賀克雄訳/『フランケンシュタインのライヴァルたち』ハ) The Dead Man 血の兄弟  チャールズ・ボーモント  宮脇孝雄訳(小倉多加志訳/『ドラキュラのライヴァルたち』ハ) Blood Brother 狼は泣かない  ブルース・エリオット  田口俊樹訳 Wolves Don't Cry
【1979年9月号】 悪魔は時代おくれ  E・C・タブ  浅羽莢子訳 Return Visit 呪文の効用  アーサー・ポージス  島田三蔵訳 The Other Side 優雅な泥棒たち  クルト・クーゼンベルク  前川道介訳(『壜の中の世界』国書) Meine Diebe 312号室  G・L・タッソーネ  水野谷とおる訳 Room 312 エッセイ 「殺人光線、悪魔、知られざる虫類」ロバート・E・ブリーニイ  吉野美恵子訳

トップに戻る