トップに戻る

「ミステリマガジン」幻想と怪奇特集号 3

※このリストは早川書房「ミステリマガジン」における幻想と怪奇特集号の作品と記事のリストです。
 特集以外の作品・記事は除外してあります。


【凡例】
タイトル・作者・翻訳者・備考(〜として〜に所収,その他の特記事項)
『幻想と怪奇』はハヤカワ文庫,『怪奇と幻想』は角川文庫。
創=創元推理文庫,ハ=ハヤカワ文庫,角=角川文庫,扶=扶桑社ミステリー,他はその都度記す(省略もあり)。


1967〜19691970〜19791980〜19891990〜19992000〜20092010〜

【1980年8月号】 〈ヒッチコックのお気に入り〉

海中の監視者  レイ・ブラッドベリ  仁賀克雄訳(『火星の笛吹き』ちくま文庫)
Undersea Guardians

オールド・マン  ダフネ・デュ・モーリア  渡辺亜木訳
The Old Man

スタニスラフスキー・システムの殺人  ロバート・ブロック  沢川進訳
Method for Murder
(『殺人心理学 下 アメリカ探偵作家クラブ傑作選5』ハ)

松露狩シーズンの終わりに  パトリシア・ハイスミス  吉野美恵子訳(『動物好きに捧げる殺人読本』創)
In the End of Truff Season

【1981年8月号】 〈恐怖をどうぞ!〉 狂信者  アーサー・ポージス  沢川進訳 The Fanatic 首と足  C・S・フォレスター  高永徳子訳 The Head and the Feet ベティの楽しみ  トマシーナ・ウィーバー  山本俊子訳 The Game 吸血鬼狩り  アルフレッド・クービン  前川道介訳(『独逸怪奇小説集成』国書刊行会) Die jagd auf den Vampire あなたの愛の味わい  エディ・C・バーティン  青田勝訳 The Taste of Your Love タブー  ジェフリー・ハウスホールド  島田三蔵訳(松宮三知子訳/『魔の創造者』ソノラマ文庫) Taboo エッセイ 「このごろの吸血鬼」矢野浩三郎
【1982年8月号】 〈モダン・ホラー〉 闇の天使  エドワード・ブライアント  真野明裕訳(『闇の展覧会(1)』ハ) Dark Angel 精神一到……  リチャード・マシスン&リチャード・クリスチャン・マシスン  広瀬順弘訳 Where There's a Will (『闇の展覧会(2)』ハ) いつもの時間、いつもの場所で  マーヴィン・ピーク  栗山康子訳 Same Time, Same Place (「同じ時間に、この場所で」高木国寿訳/『死の舞踏』創) 禁断の谷  シオドア・スタージョン  山本やよい訳 One Foot and the Grave (「神々の相克」村上実子訳/『ウィッチクラフト・リーダー』ソノラマ文庫)
【1983年8月号】 〈何かが見ている〉 悪魔と呼ぼう  ヘンリイ・カットナー  加藤弘一訳(「その名は悪魔」伊藤哲訳/『幻想と怪奇2』) Call Him a Demon ジェーン  ジェーン・ガスケル  嵯峨静江訳 Jane 地球からの帰還  ジョー・L・ヘンズリー  島田三蔵訳 And Not Quite Human 墓場から出て  ロバート・トゥーイ  中野富士夫訳 Bottomed Out
【1984年8月号】 〈夜の恐怖〉 猿(モンキー)  スティーヴン・キング  深町眞理子訳(「猿とシンバル」/『神々のワードプロセッサ』扶) The Monkey 人体浮揚  ジョゼフ・ペイン・ブレナン  望月和彦訳 Levitation 海底の教会の鐘が……  レイ・ブラッドベリ  吉野美恵子訳 Dead Men Never Rise Up (「死者は甦らず」仁賀克雄訳/『悪夢のカーニバル』徳間文庫) 月は笑う  レーオ・ペルッツ  前川道介訳(『独逸怪奇小説集成』国書刊行会) Der Mond lacht アブサンの壜の向うに  W・C・モロー  山本やよい訳 Over an Absinthe Bottle 死の谷  ラルフ・アダムズ・クラム  関桂子訳 The Dead Valley
【1985年8月号】 I〈ロアルド・ダールの編んだ幽霊物語〉 解説 「ロアルド・ダールの編んだ幽霊物語」 遊び相手  A・M・バレイジ  山本俊子訳(『ロアルド・ダールの幽霊物語』ハ) Playmates エリアスとドゥラウグ  ジョナス・リー  長野きよみ訳 Elias and the Draug (「エリアスとドラウグ」/『ロアルド・ダールの幽霊物語』ハ, 「猟師とドラウグ」中野善夫訳/『猟師とドラウグ』国書刊行会) 鳴りひびく鐘の町  ロバート・エイクマン  乾信一郎訳 Ringing the Changes (『ロアルド・ダールの幽霊物語』ハ,「死者を呼ぶ鐘」小島恭子訳/『魔の誕生日』ソノラマ文庫) 落葉を掃く人  Ex・プライベート・X  秋津知子訳(『ロアルド・ダールの幽霊物語』ハ) The Sweeper 連載 II マーダレス・インク  ディリス・ウィン編 第8章 スティーヴンとタビサ 「女性を死ぬほど怯えさせる方法」スティーヴン・キング  佐宗鈴夫訳 「お化け男と暮して」タビサ・キング  久住登茂訳 III 真夜中のビデオ・ルーム 第2回 恐怖対談 ホラー映画のニュー・ウェーブをめぐって 「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」を解剖しよう  宮脇孝雄+友成純一 「スプラッタ・ムービーをどう読むか」山口雅也 コラム 「アメリカの眼」板坂幾久子 「通のためのスプラッタ映画ガイド」山下泰彦
【1986年8月号】 〈女流作家のゴースト・ストーリー〉 あずまや  E・ネズビット  佐藤ひろみ訳 The Pavilion 壁の上の影  メアリ・E・ウィルキンズ=フリーマン  猪俣美江子訳 The Hall Bedroom ケルフォールの犬  イーディス・ウォートン  長野きよみ訳 Kerfol 4時15分発急行列車  アメリア・B・エドワーズ  泉川紘雄訳 The Four-Fifteen Express エッセイ テーマ別‘幻想と怪奇’ベスト5 「こわい家」日影丈吉 「都市の戦慄」荒俣宏 「ビデオと愉しむ人気薄5篇」瀬戸川猛資 「幽霊を見た作家」山崎淳 「50年代の恐怖短篇集」仁賀克雄 「幽霊屋敷に棲みたい」紀田順一郎 「ドイツ怪奇小説」前川道介 「ハイテク・ホラー」宮脇孝雄 「黄昏のヴァンパイア」矢野浩三郎
【1987年8月号】 I〈日本作家競作集〉 墓碣市民  日影丈吉(『鳩』早川書房) 隣室  中井英夫(『黄泉戸喫』東京創元社) 跫音  竹本健治(『閉じ箱』角川ホラー文庫) 赤い月が沈む  都筑道夫(『袋小路』徳間文庫) 忘れ傘  山田正紀 II〈モダン・ホラー・ベスト30〉 序論 「ポスト・モダン化した恐怖」荒俣宏 「モダン・ホラー採点表」 ベスト30と解説
【1988年8月号】 〈スティーヴン・キング特集〉 ポプシー  スティーヴン・キング  山田順子訳 Popsy (『ナイト・ソウルズ』新潮文庫,『いかしたバンドのいる街で』文藝春秋) 〈評論〉 「恐怖の旅路で命を落とさないために」クライヴ・バーカー 〈エッセイ・研究〉 「S・キングと私」吉本ばなな 「作家としてのタビサ・キング」深町眞理子 「カウンター・カルチャーの王様」山口雅也 「スティーヴン・キング邦訳書ガイド」東雅夫 「キング小伝」白鳥麗 〈モダン・ホラー傑作選〉 闇へ降りゆく  ディーン・R・クーンツ  大久保寛訳(『闇へ降りゆく ストレンジ・ハイウェイズ2』扶) Down in the Darkness 鏡のなかの吸血鬼  エリオット・ケイポン  柿沼瑛子訳 Upon Reflection 葬儀屋の結婚  チェット・ウィリアムスン  山本俊子訳 The Undertaker's Wedding 道沿いの家  ジャネット・オダニエル  冴木淳訳 House by the Road
【1989年7月号】 I〈D・R・クーンツ,ポスト・キングの旗手〉 ハードシェル刑事  ディーン・R・クーンツ  大久保寛訳 Hardshell (「ハードシェル」/『ハードシェル』ハ,『嵐の夜 ストレンジ・ハイウェイズ 3』扶) 「何で読まないの?――エンターテインメントの巨匠ディーン・R・クーンツ」尾之上浩司 「現代のナイト・ヴィジョン」白鳥麗 II〈街の恐怖〉 避雷針のある町  村田基(『愛の衝撃』ハ) 冥府の犬  日影丈吉(『鳩』早川書房) III〈文芸ホラー〉 川の音  ジーン・リース  秋津知子訳 The Sound of the River 恩寵の状態  マルセル・エイメ  高野優訳 The State of Grace 有名詩人の家  ミュリエル・スパーク  深町眞理子訳 The House of the Famous Poet 占領された家  フリオ・コルタサル  山崎淳訳 House Taken Over (「占拠された屋敷」木村榮一訳/『悪魔の涎・追い求める男』岩波文庫)

トップに戻る