トップに戻る

「ミステリマガジン」幻想と怪奇特集号 4

※このリストは早川書房「ミステリマガジン」における幻想と怪奇特集号の作品と記事のリストです。
 特集以外の作品・記事は除外してあります。


【凡例】
タイトル・作者・翻訳者・備考(〜として〜に所収,その他の特記事項)
『幻想と怪奇』はハヤカワ文庫,『怪奇と幻想』は角川文庫。
創=創元推理文庫,ハ=ハヤカワ文庫,角=角川文庫,扶=扶桑社ミステリー,他はその都度記す(省略もあり)。


1967〜19691970〜19791980〜19891990〜19992000〜20092010〜

【1990年8月号】 I〈作家特集 ロバート・R・マキャモン〉

夜襲部隊  ロバート・R・マキャモン  山田順子訳
Nightcrawlers
(『ナイト・ソウルズ』新潮文庫,小尾芙佐訳「ミミズ小隊」/『ブルー・ワールド』文春文庫)

“アレ”  ロバート・R・マキャモン  大森望訳
The Thang
(「魔羅」尾之上浩司訳/『震える血』祥伝社文庫)

〈評論〉
「マキャモン その人と作品」田中一江
ロバート・R・マキャモン著作リスト  ミステリマガジン編集部編

II〈恐怖対談〉
「現代のホラーとは何か」荒俣宏・宮部みゆき

III〈甦る幻想作家たち〉
世界を創った男  リチャード・マシスン  尾之上浩司訳
The Man Who Made the World

フェア・レディ  チャールズ・ボーモント  尾之上浩司訳
Fair Lady

一輪の花に如かず  ロバート・エイクマン  若島正訳
No Stronger than Flowers
(「花よりもはかなく」西崎憲訳『英国短篇小説の愉しみ1』筑摩書房)

【1991年8月号】 〈夢と小宇宙のファンタジー〉 陽羨鵝籠  呉均  井波律子訳   H・G・ウエルズ  若島正訳 The Moth モフタールと死の夢  ポール・ボウルズ  越川芳明訳(『ポール・ボウルズ作品集1 遠い木霊』白水社) A Thousands Day for Mokhtar 金色の嘴の鳥  ドナルド・コーリイ  山崎淳訳 The Bird with a Golden Beak 琥珀  H・H・エーヴェルス  前川道介訳(『独逸怪奇小説集成』国書刊行会) Bernstein im Blutgericht 死の刻  アベル・ユーゴー  高野優訳 L' Heure de la mort 月光眼球天体説  武宮閣之
【1992年8月号】 〈新しい日本の恐怖小説〉 裂け目  村田基(『夢魔の通り道』角川ホラー文庫) 水色の煙  皆川博子(『結ぶ』文藝春秋,『冥界プリズン――日本ベストミステリー選集』光文社文庫) 音のかたち  山口雅也(『ミステリーズ 完全版』講談社文庫) 山吹鉄砲  都筑道夫   小池真理子(『薔薇船』早川書房) 十七番目の羅漢  武宮閣之
【1993年8月号】 〈エロティックな恐怖,狂気の愛〉 真実の愛  K・W・ジーター  猪俣美江子訳 True Love 少女軽業師の恋  宣鼎  井波律子訳 秦二官 バスタブ  リチャード・レイモン  大森望訳(「浴槽」/『喘ぐ血』祥伝社文庫) The Tub 女歌手  モーリス・ルナール  高野優訳 La cantarice 子守り  ルース・レンデル  小尾芙佐訳 Mother's Help 受け皿いっぱいの秘密  武宮閣之 パパ  アール・ゴドウィン  夏来健次訳 Daddy 映画&ブック・ガイド 「変格ホラーの現在」友成純一 「愛と官能のホラー&サスペンス必読30選」編集部=編
【1994年8月号】 〈頭蓋のなかの恐怖――サイコに染まりゆくモダンホラー〉 ゴースト・ヴィレッジ  ピーター・ストラウブ  宮脇孝雄訳 The Ghost Village 彼の口はニガヨモギの味がする  ポピー・Z・ブライト  柿沼瑛子訳 His Mouth Will Taste of Wormwood コール666  デニス・エチスン  夏来健次訳 Call 666 わめく声  ナンシー・A・コリンズ  田中一江訳 Rant 連載エッセイ 〈殺しの時間〉43 「ストラウブの新作『喉』を読む」若島正 ブックガイド 「サイコ・ホラー推薦作ベスト50を読んでみよう」編集部=編
【1995年8月号】 〈ニュー・ホラーの夜明け〉 〈解説〉 「21世紀に向けてのニュー・ホラー」風間賢二 髭剃りと調髪、そしてニ噛み  ダン・シモンズ  山岸真訳 Shave and a Haircut, Two Bites 解説−ダン・シモンズ 「現代の恐怖を求めて」山岸真 カルカッタ――生命の主  ポピー・Z・ブライト  柿沼瑛子訳 Calcutta, Lord of Nerves 解説−ポピー・Z・ブライト 「ダイヤモンドのような文体」柿沼瑛子 ポーク・パイ・ハット  ピーター・ストラウブ  宮脇孝雄訳 Pork Pie Hat (後藤由季子訳/『現代ミステリーの収穫III ロスト・コースト』扶) 〈ピーター・ストラウブ・インタビュー〉 「昔からチャンドラーが好きだった」聞き手/アダム・マイヤー 宮脇裕子訳
【1996年8月号】 〈目覚めない悪夢〜世界の恐怖短篇〉 指名通話  リチャード・マシスン  伊藤典夫訳 Person to Person 怪物の屋形  ヘルムート・M・バックハウス  前川道介訳 Messer Zaran 麻酔  クリストファー・ファウラー  鴻巣友季子訳 On Edge ベビー・ブーム  ジャン・ヴォートラン  高野優訳 Baby Boom
【1997年8月号】 〈恐怖の新しい色彩〉 デング熱  ポール・セルー  若島正訳 Dengué Fever 人形  ジョイス・キャロル・オーツ  小尾芙佐訳 The Doll 暗い土  ニコルソン・ベイカー  岸本佐知子訳 Subsoil 北ロンドン死者名簿  ウィル・セルフ  渡辺佐智江訳 The North London Book of the Dead
【1998年8月号】 〈アメリカン・ゴシックの系譜〉 千通りの死  ジャック・ロンドン  酒井武志訳 A Thousand Death 館の秘密  ルイーザ・メイ・オールコット  興津礼訳 The Skeleton in the Closet 白い肩の乙女  ジュリアン・ホーソン  風間賢二訳 The Grave of Ethelind Fionguala 白い雄鶏  ウィリアム・ゴイエン  樋口真理訳 The White Rooster エッセイ 「アメリカン・ゴシックの系譜」風間賢二 「小説家たちが、私には英雄だった」ディーン・クーンツ
【1999年8月号】 〈女流ホラーの旗手たち〉 よそ行きの顎  ナンシー・A・コリンズ  幹遙子訳 The Sunday-Go-To-Meeting Jaw スキン・ディープ  キャシー・コージャ  黒田よし江訳 Skin Deep 食欲  ナンシー・ホールダー  嵯峨静江訳 Appetite ニューヨークの歩き方  ポピー・Z・ブライト  柿沼瑛子訳 How to Get Ahead in New York インタヴュー 「ささやかなる黙示――ナンシー・A・コリンズ語る」幹遙子訳 「ジョイス・キャロル・オーツ――またの名をロザモンド・スミス」匝瑳玲子訳 〈幻の吸血鬼短篇発掘〉 悪魔を侮るな  マンリイ・ウエイド・ウェルマン  仁賀克雄訳 The Devil Is Not Mocked 「悪魔を侮るな」解説 「秀逸なアイデアのドラキュラ短篇」仁賀克雄

トップに戻る