トップに戻る
2001.5.1-
2001.6.23: 「暗闇の悪魔 大頭人の襲来」に追記
2001.8.15: 「ザ・チャイルド」の備考にビデオ発売予定追加
2001.9.26: 「赤い影」に追記
2003.8.29: 「ハンガー」に追記
2005.1.30: DVD発売情報を新規追加.随時追加.

2007.5.22: データの見直し&若干の修正
2015.10.28: 若干の修正&DVD・ブルーレイ情報の追加
2015.10.29: 「ピラミッド」に追記

スクリーン臨時増刊『THE HORROR MOVIES』PART1〜PART5
スクリーン特編版『ホラー&ファンタスティック映画ビジュアルデータBOOK』

における未翻訳の原作のある映画(未完成&調査中)

『THE HORROR MOVIES』(昭和60(1985)年7月25日発行 1280円 近代映画社)
『THE HORROR MOVIES PART2』(昭和60年11月5日発行 1380円 近代映画社)
『THE HORROR MOVIES PART3』(昭和61年5月5日発行 1480円 近代映画社)
『THE HORROR MOVIES PART4』(昭和61年8月5日発行 1480円 近代映画社)
『THE HORROR MOVIES PART5』(昭和61年11月15日発行 1800円 近代映画社)
『ホラー&ファンタスティック映画』(平成2年10月25日発行 1942円 近代映画社)

※"原作"は必ずしも書物を示すものではない。
※括弧内の原作についての記述は『THE HORROR MOVIES』PART1〜PART5に基づく通り。
※備考欄のカギ括弧内の引用は『THE HORROR MOVIES』PART1〜PART5の解説本文から。
※備考欄の"DVD"はDVDが発売されていることを示す。
※備考欄の"V"は過去にビデオ化されていることを示す(廃盤も含む)。
※備考欄の"CF"は『CREATURE FEATURES: THE SCIENCE FICTION, FANTASY, AND HORROR MOVIE GUIDE』(by John Stanley/BOULEVARD BOOKS, NEW YORK, 1997)からの情報。
※備考欄の"HMM"は「ミステリマガジン」(早川書房)。
※備考欄の"SF"は『最新版SFガイドマップ〔作家名鑑編〕(上下)』(サンリオSF文庫)。
※備考欄の"allcinema ONLINE"(映画データベース&DVD情報総合サイト)はこちら。


『THE HORROR MOVIES』(PART1)

戻る
ザ・ビースト・ウィズィン
The Beast Within
米82年(日本劇場未公開)
監督フィリップ・モーラ/脚本トム・ホランド(エドワード・レビーの同名小説より)
備考:HDリマスター版 [Blu-ray] 2014/08/02発売
Edward Levy's novel was loosely adapted by Tom Holland.(CF)/The Beast Within (1981)
追記:劇場未公開ながらもTBSで「戦慄!呪われた夜」として放映されたことが判明。―2007/05/22(allcinema ONLINE)

スリラーゲーム人狼伝説
The Beast Must Die
英73年(日本劇場未公開)
監督ポール・アネット/脚本ミッチェル・ウィンダー(ジェームズ・ブリッシュの原作より)
備考:
James Blish's novelette "There Shall Be No Darkness."(CF)
ジェームズ・ブリッシュ―1950年代のSF作家。
邦訳:『暗黒大陸の怪異』『悪魔の星』(創元推理文庫)、〈スタートレック〉シリーズ(早川文庫SF)等。

悪魔のオペ
Possessed
米74年(日本劇場未公開)
監督/撮影チャールズ・ニゼット/脚本ウィリアム・グリアー(自身の原作より)
備考:

スカルプス
Scalps
米83年(日本劇場未公開)
監督/脚本フレッド・オーレン・レイ(T・L・ランクフォード、ジョン・レイ、フレッド・オーレン・レイの原作より)
備考:
Fred Olen Ray

暗闇の悪魔 大頭人の襲来
Invasion of The Saucerman
米57年(日本劇場未公開)
監督エドワード・L・カーン/脚本ロバート・ガーニー・ジュニア、アル・マーティン(ポール・W・フェアマンの原作による)
備考:V; DVD2011/09/21発売
from a Paul Fairman story,"The Cosmic Frame"(CF)
ポール・W・フェアマン―1960年代のミステリー,SF作家。
邦訳:『シービュー号と海底都市』(創元推理文庫),「海亀レース」HMM1960.3,「慧眼のウォーリイ」HMM1961.10,「ウォーリイと同窓会」HMM1962.5,「どこまでも紳士」HMM1965.2,「ウォーリイと田舎のいとこ」HMM1966.3
追記:この映画は94年初夏に「SF・特撮・モンスター/シネマ秘蔵版大全」と題した特集上映で劇場公開されていたことが判明した。―2001/06/23(木村秀章氏のご教示による/『映画秘宝 あなたの知らない怪獣(秘)大百科』洋泉社MООK より)

魔獣大陸
The Lost Continent
英68年(日本公開68年)
製作/監督マイケル・カレラス/脚本マイケル・ナッシュ(デニス・ホイートリー作の小説『海図にない海』より)
備考:DVD 2003/02/07発売
デニス・ホイートリー Dennis Wheatley Uncharted Seas (1938)
邦訳:『娘を悪魔に』(国書刊行会)To the Devil―a Daughter (1953)→「悪魔の性キャサリン」英=西独1976(日本劇場未公開)

『THE HORROR MOVIES PART2』

戻る
キャット・ピープル
Cat People
米81年(日本公開82年)
監督ポール・シュレーダー/脚本アラン・オームスビー(デヴィッド・ボデーンの原作より)
備考:V; DVD
ジャック・ターナー監督の1942年のオリジナル版「キャット・ピープル」の脚本がデヴィッド・ボデーンなので、この場合の原作というのは1942年版の脚本をさすものと思われる。

チャド
CHUD
米84年(日本劇場未公開)
監督ダグラス・チーク/脚本パーネル・ホール(シェパード・アボットの原作より)
備考:V; DVD 2001/5/25発売

ザ・チャイルド
Who Can Kill A Child ?
スペイン76年(日本公開77年)
監督ナルシソ・イバネ・セッラドール/脚本ルイス・ペナフィエル、マリア・ルイサ・アリマス、マリサ・ポルセル(ファン・ホセ・プランの原作より)
備考:V; DVD 2001/8/18発売

何がジェーンに起ったか?
What Ever Happened to Baby Jane ?
米62年(日本公開63年)
監督ロバート・オルドリッチ/脚本ルーカス・ヘラー(ヘンリー・ファレルの原作より)
備考:V; DVD
―the horrors are psychotic ones implied by screenwriter Lukas Heller, taking off from a novel by Henry Farrell.(CF)
追記:原作には『何がジェインに起つたか?』(早川書房1963・岩田迪子訳)の邦訳があることが判明。―2001/05/31

誰が私を殺したか?
Dead Ringer
米64年(日本公開64年)
監督ポール・ヘンリード/脚本アルバート・ベーチ、オスカー・ミラード(ライアン・ジェームズの原作より)
備考:

霧の夜の戦慄
Jack The Ripper
英60年(日本公開63年)
製作/監督/撮影ロバート・S・ベーカー、モンティー・バーマン/脚本ジミー・サングスター(ピーター・ハモンド、コーリン・クレーグの原作より)
備考:
同名邦題の「霧の夜の戦慄」THE UPTURNED GLASS (1947) があるが内容は別。

顔のない殺人鬼
La Vergine di Norimberga
伊63年(日本公開64年)
監督アンソニー・ドースン(アントニオ・マルゲリティ)/脚本アンソニー・ドースン、エドモン・グレビル、ガスター・グリーン(フランク・ボガートの原作より)
備考:DVD 2006/6/24発売(「映画はおそろしい アントニオ・マルゲリーティ篇DVD-BOX」に「幽霊屋敷の蛇淫」と同録)

顔のない眼
Les yeux sans visage
仏60年(日本公開60年)
監督ジョルジュ・フランジュ/脚本ピエール・ボワロー、トーマ・ナルスジャック、ジャン・ルドン、クロード・ソテー(ジャン・ルドンの原作より)
備考:CFによると58年; DVD 2003/7/25発売; ブルーレイ 2011/10/29発売
英語タイトルはThe Horror Chamber of Dr. Fausts 。別題はHouse of Dr. Rasanoff(ビデオタイトルはEyes Without a Face)。

ハンガー
The Hunger
英83年(日本公開84年)
監督トニー・スコット/脚本アイバン・デービス、マイケル・トーマス(ホイットリー・ストリーバーの原作より)
備考:V; DVD 2005/09/02発売
原作:Whitley Strieber The Hunger (1981)
追記:邦訳『薔薇の渇き』(新潮文庫/山田順子訳)2003年8月発売。―2003/08/29

ピラミッド
The Awakening
米80年(日本公開81年)
監督マイク・ニューエル/脚本アラン・スコット、クリス・プライアント、クライブ・エクストン(ブラム・ストーカーの原作より)
備考:V; DVD 2000/03/10発売
原作:Bram Stoker (1847-1912) Jewel of Seven Stars (1903)
追記:邦訳『七つ星の宝石』《ナイトランド叢書》(アトリエサード/森沢くみ子訳)2015年9月発売。―2015/10/29

エンティティー 霊体
The Entity
米82年(日本公開82年)
監督シドニー・J・フューリー/脚本フランク・デ・フェリータ(自身の原作より)
備考:DVD
原作:Frank de Felitta The Entity (1978)

悪魔の棲む家PART2
Amityville II : The Possession
米82年(日本劇場未公開)
監督ダミアノ・ダミアニ/脚本トミー・リー・ウォーリス(ハンス・ホルザーの原作による)
備考:V; DVD 2002/08/23発売
These events were documented in Hans Holzer's book, Murder in Amityville.(CF)

フロム・ザ・ダークサイド3〔最後の一服〕〔ティア・コレクター〕〔アニバーサリー・ディナー〕
Tales from the Darkside Volume 3
米84年
〔ティア・コレクター〕監督ジョン・ドリマー/脚本ジョン・ドリマー、ジェフリー・ロフタス(ドナルド・オルスンの短編小説より)
〔アニバーサリー・ディナー〕監督ジョン・F・ストライシク/脚本ジェームズ・ヒュートン(D・J・パスの短編小説より)
備考:V(TVドラマ)
ドナルド・オルスン――「さけびと谺」HMM1975.10,「感謝のしるし」HMM1983.1,「一歩お先に」HMM1983.7,「新米掃除婦」HMM1984.1,「ペギーはどこにいる?」HMM1986.6,「犯罪と勝利」HMM1987.4,「薔薇の唇」HMM1988.1

フロム・ザ・ダークサイド ザ・ニュー・マン
Tales from the Darkside : The New Man
米83年
監督フランク・デパルマ/脚本マーク・デュランド(バーバラ・オーウェンズの短編小説より)
備考:V(TVドラマ)

『THE HORROR MOVIES PART3』

戻る
地獄の貴婦人
Le Trio Infernal
仏=伊=西独74年(日本公開75年)
監督フランシス・ジロ/脚本フランシス・ジロ、ジャック・ルーフィオ(ソランジュ・ファスケルの原作より)
備考:V; DVD 2005/1/26発売
「1930年代初頭のフランスで実際にあった“サラ事件”の映画化」

レイザーバック
Razorback
豪84年(日本公開85年)
監督ラッセル・マルケー/脚本イベレット・デロッシュ(ピーター・ブレナンの原作より)
備考:
85年度アボリアッツ国際ファンタスティック映画祭出品作品
ピーター・ブレナン Peter Brennan/邦訳:『サドンデス』(青山保訳・サンケイ出版1981)

コールド・ルーム
The Cold Room
英84年(日本公開85年/ファンタスティック映画祭)
監督/脚本ジェームズ・ディアデン(ジェフリー・ケーンの原作より)
備考:
85年度アボリアッツ国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞
原作:Jeffrey Caine The Cold Room (1984) 参照:「雑多な情報と雑文」お勧めビデオ(2)

聖し血の夜
Silent Night, Bloody Night (Deathouse)
米72年(日本劇場未公開)
監督テッド・ガーシュニー/脚本テッド・ガーシュニー、ジェフリー・コンビッツ、エーミー・アーツィー(ジェフリー・コンビッツ、アイラ・テーラーの原作より)
備考:V; DVD 2005/12/22発売(「サンタが殺しにやってくる」とのセット販売)
ジェフリー・コンヴィッツ (1944-) Jeffrey Konvitz/邦訳『悪魔の見張り』(ハヤカワ文庫) The Sentinel (1974)

ホワイト・ドッグ 魔犬
White Dog
米81年(日本劇場未公開)
監督サミュエル・フラー/脚本サミュエル・フラー、カーティス・フラー(ロマン・ギャリーの原作より)
備考:V; DVD 2015/6/10発売
「原作は『ペルーの鳥』で知られるフランスの作家・外交官のロマン・ギャリーで、この作品はギャリーに捧げられている」
追記:原作には『白い犬』(角川文庫1975・大友徳明訳)の邦訳があることが判明。―2001/05/30

夜の悪魔
Son of Dracula
米43年(日本公開50年)
監督ロバート・シオドマク/脚本エリック・テーラー(カーティス・シオドマクの原作より)
備考:DVD(「魔人ドラキュラ レガシー BOX」及び「モンスター レガシー コレクターズ BOX <2000セット初回限定生産>」に含まれる); 2014/07/26発売10枚組DVD「ドラキュラ vs ミイラ男」に含まれる.
カート・シオドマク――ドイツ生まれのアメリカの作家、映画監督。(SF)/邦訳『ドノヴァンの脳髄』『ハウザーの記憶』(ハヤカワSFシリーズ)/原作は小説としては出版されていない可能性あり。

45回転の殺人
Meurte en 45 toures
仏60年(日本公開62年)
監督エチエンヌ・ペリエ/脚本ドミニック・ファーブル、エチエンヌ・ペリエ、アルベルト・パランタン(ピエール・ボワロー、トーマ・ナルスジャックの原作より)
備考:

妖婆の家
The Nanny
英65年(日本公開65年)
製作/脚本ジミー・サングスター(イブリン・パイパーの原作より)/監督セス・ホルト
備考:DVD 2006/10/13発売
主演はベティー・デービスだがパメラ・フランクリンの名も

ギロチンの二人
Two on a Guillotine
米65年(日本公開65年)
製作/監督ウィリアム・コンラッド/脚本ヘンリー・スレッサー、ジョン・ニューボール(スレッサーの原作より)
備考:

私は誘拐されたい
The Night of the Follwing Day
英68年(日本公開69年)
製作/監督ヒューバート・コーンフィールド、ロバート・フィッペニー(ライオネル・ホワイトの原作より)
備考:
主演マーロン・ブランド、パメラ・フランクリンも出演
ライオネル・ホワイト/邦訳:『ある死刑囚のファイル』(青木日出夫訳・角川文庫1970),『逃走と死と』(佐倉潤吾訳・早川書房1961)

らせん階段
The Spiral Staircase
英74年(日本公開75年)
監督ピーター・コリンスン/脚本アンドルー・メレディス(エセル・リナ・ホワイトの原作『サム・マスト・ウォッチ』より)
備考:1945年のロバート・シオドマク(モノクロ)作品のリメイク。そちらはDVD有り。2007/04/25発売

ヘルター・スケルター
Helter Skelter
米77年(日本公開77年)
監督トム・グリース/脚本J・P・ミラー(ビンセント・ブリオシ、カート・ジェントリーの原作より)
備考:V
「これは、犯人のマンスン・ファミリーと対決した検察官ブリオシの書いた原作をもとにした作品である。」

恐るべき訪問者
Venom
米=英81年(日本公開81年)
監督ピアース・ハガード/脚本ロバート・キャリントン(アラン・スコールフィールドの原作より)
備考:V(タイトル「ヴェノム/イートン街の殺人」)

赤い影
Don't Look Now
英=伊73年(日本公開83年)
監督ニコラス・ローグ/脚本アラン・スコット、クリス・ブライアン(ダフネ・デュ・モーリアの原作より)
備考:V;DVD2005年3月4日発売;ブルーレイ2015年03月4日発売
追記:原作は短篇集Not After Midnight (別題:Don't Look Now)『真夜中すぎでなく』(三笠書房・中山直子訳)の表題作か?。―2001/05/30原作は『真夜中すぎでなく』(三笠書房・デュ=モーリア全集1巻)収録の「いま見てはだめ」であることが判明。(ミステリマガジン1986年8月号/瀬戸川猛資「ビデオと愉しむ人気薄5篇」による)―2001/09/26


『THE HORROR MOVIES PART4』

戻る
ザ・ドクター・アンド・ザ・デビルズ
The Doctor and the Devils
英84年(日本劇場未公開)
監督フレディー・フランシス/脚本ロナルド・ハーウッド(ディラン・トーマスの原作より)
備考:V(タイトル「贖われた7ポンドの死体」)
製作総指揮メル・ブルックス
Dylan Thomas's script, resurrecting the Burke and Hare case of old Edinburgh, was first written in 1945, but considered too Grand Guignol for a movie until producer Mel Brooks and director Freddie Francis turned it into a morality drama.(CF)
ピーター・カッシングが人体解剖学の先駆者役を演じた「死体解剖記」The Flesh and the Fiends(英59年/日本公開63年)のリメイクと思われる。「ザ・ドクター」ではティモシー・ダルトンが解剖医役。

13日の金曜日 地獄のフライデー
The Orphan (Friday the 13th: The Orphan)
米77年(日本劇場未公開)
監督/脚本ジョン・バラード(アイリーン・ロットマンの原作より)
備考:(CF)によると79年。V(TVムービー)
John Ballard wrote-directed; allegedly inspired by Saki's short story "Sredni Vashtar." (CF)
「スレドニ・ヴァシュタール」(創元推理文庫『怪奇小説傑作集2』所収)

マッドハウス
Madhouse
米74年(日本劇場未公開)
監督ジム・クラーク/脚本グレッグ・モリスン、ケン・レビスン(アンガス・ホールの原作より)
備考:(CF)によると72年。V
written by Greg Morrison from Angus Hall's novel Devilday (CF)

囁く砂
Something to Hide
英72年(日本劇場未公開)
監督/脚本アラステア・リード(ニコラス・モンサラットの原作より)
備考:
ニコラス・モンサラット――『海の勇者たち』(徳間文庫)他『怒りの海』『非情の海』『ダンケルクの海』海洋小説家?

バンパイアの惑星
Terrore nello Spazio (Terror in Space / Planet of the Vampires)
伊=スペイン65年(日本劇場未公開)
監督マリオ・バーバ/脚本イブ・メルキオール、ルイス・M・ヘーワード(レナート・ペストリニエロの原作を基にイブ・メルキオールの原案より)
備考:

スペースインベーダー
Invaders from Mars
米86年(日本公開86年)
監督トビー・フーパー/脚本ダン・オバノン、ドンジャコビー(リチャード・ブレークの原作より)
備考:V; DVD
「惑星アドベンチャー スペース・モンスター襲来!」Invaders from Mars(米53年(日本公開79年))のリメイク。前作の脚本にリチャード・ブレークの名があるので、この場合の原作とは前作の脚本をさすものと思われる。
なお、ノヴェライゼーションにレイ・ガートン『スペースインベーダー』(1986)(講談社X文庫/文 岡山徹)がある。

宇宙水爆戦
This Island Earth
米54年(日本公開55年)
監督ジョセフ・ニューマン/脚本フランクリン・コーエン、エドワード・G・オキャラハン(レーモンド・F・ジョーンズの原作より)
備考:DVD 2011/11/2発売
「レーモンド・F・ジョーンズが52年に発表したSF小説の映画化。」
レイモンド・F・ジョーンズ/邦訳:『超人集団』(矢野徹訳・久保書店1967),『合成怪物』(半田検一訳・岩崎書店),『月面基地SOS!』(久保田幸子訳・角川文庫1977)

世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す
Earth vs. the Flying Saucers
米56年(日本公開56年)
監督フレッド・F・シアーズ/脚本ジョージ・ウォーシング・イェーツ、レーモンド・T・マーカス(ドナルド・E・キーホーの原作より、カート・シオドマクの原案を基に)
備考:DVD 2003/12/19発売; モノクロ&カラーライズ版[DVD]2010/08/25発売; ブルーレイ2011/10/05発売
「ドナルド・E・キーホーの小説『大気圏外からの飛行物体』をもとに、カート・シオドマクが映画用の原案を書き、B級アクション西部劇専門のフレッド・F・シアーズが監督した。」

サタンバグ
The Satan Bug
米65年(日本公開65年)
製作/監督ジョン・スタージェス/脚本ジェームズ・クラベル、エドワード・アンハルト(アリステア・マクリーンの変名イーアン・スチュアートの原作より)
備考:
追記:原作には『悪魔の兵器』(ハヤカワ文庫1989・平井イサク訳)の邦訳があることが判明。―2001/05/30

呪われた森
The Watcher in the Woods
米80年(日本公開82年)
監督ジョン・ハフ/脚本ブライアン・クレメンズ、ハリー・スパルディング、ローズマリー・アン・シスン(フローレンス・エンゲル・ランドルの原作より)
備考:
Disney attempted to escape formulaic kiddie movies with this adaptation of a Florence E. Randall novel, but the results are too silly to make it an adult movie and not silly enough to make it a kiddie treat. (CF)

ニューヨークの怪人
The Colossus of New York
米58年(日本公開59年)
監督ユージン・ローリー/脚本セルマ・シニー(ウィリス・ゴールドベックの原作より)
備考:

残虐療法
Shock Treatment
米64年(日本公開64年)
監督デニス・サンダーズ/脚本シドニー・ボーム(ウィンフレッド・バン・アタの原作より)
備考:

顔のない悪魔
Fiend without a Face
米58年(日本公開59年)
監督アーサー・クラブトゥリー/脚本ハーバート・J・レダー(アメリア・レーノルズ・ロングの原作より)
備考:DVD 2009/4/28発売
「アメリア・レーノルズ・ロングの短篇小説が原作となっており、タイトルは『ザ・ソート・モンスター』、つまり、“思考怪物”である。」
Amelia Reynolds Long's "The Thought Monster"(CF)

タイガーシャーク
Tintoreral
英77年(日本公開78年)
監督/脚本ルネ・カルドナ・ジュニア(ラモン・ブラボの原作より)
備考:
Cardona cowrote the script with underwater photographer Ramon Bravo, on whose novel this anomaly is based. (CF)


『THE HORROR MOVIES PART5』

戻る
バンパイア・キラーの謎
Scream and Scream Again
英70年(日本劇場未公開/TV放映題名「吸血鬼・恐怖のメス」)
監督ゴードン・ヘスラー/脚本クリストファー・ウィッキング(ピーター・サクスンの原作より)
備考:
ビンセント・プライス、クリストファー・リー、ピーター・カッシング共演
Based on a Peter Saxon novel, The Disoriented Man. (CF)
Peter Saxon (1921-1983) 英国の作家。60年代半ば〜70年代半ばにかけて非ホラーも含めて30冊以上の作品を執筆。The Disoriented Man は1966年の作品。米国では翌年にScream and Scream Againとして出版。

デビル・ナイト
Nothing but the Night
英72年(日本劇場未公開/TV放映題名「悪魔のチャイルド」)
監督ピーター・サスディー/脚本ブライアン・ヘーレス(ジョン・ブラックバーンの原作より)
備考:V;DVD 2004/1/30発売
原作:John Blackburn Nothing But the Night (1968) 参照:「雑多な情報と雑文」お勧めビデオ(1)

ミッドナイト
Midnight
米80年(日本劇場未公開)
監督/脚本ジョン・ルッソ(自らの原作より)
備考:V;LD「悪魔の棲み家」
John Russo (1939−) は「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」の脚本をジョージ・A・ロメロと執筆。後に小説化している。Midnight は1980年の作品。

悪魔の虚像 ドッペルゲンガー
The Man Who Haunted Himself
英70年(日本劇場未公開/TV放映題名「悪魔の虚像」)
監督ベージル・ディアデン/脚本ベージル・ディアデン、マイケル・ラルフ(アンソニー・アームストロングの原作より)
備考:V;DVD 2007/8/9発売
主演:ロジャー・ムーア
アンソニー・アームストロング――「一方通行」(久保一作訳・『世界ベスト・ミステリー50選 上』エレノア・サリヴァン編・光文社文庫)

モスキート 血に飢えた死体マニア
Mosquito:Der Schänder Blood Lust
西独76年(日本劇場未公開)
監督/脚本マリアン・ファイダ(マリオ・ダルカラの原作より)
備考:


『ホラー&ファンタスティック映画』

戻る
デッドリー・フレンド
Deadly Friend
米86年(日本公開87年)
監督ウェス・クレーヴン/脚本ブルース・ジョエル・ルービン(ダイアナ・ヘンステルの原作より)
備考:
Diana Henstell (1936−) Deadly Friend (1985) ; formary published as Friend
邦訳/『鏡の中の悪魔』The Other Side (1984)『悪魔が町にやってきた』New Morning Dragon (1987)
参照:「早川、角川以外の出版社の絶版モダンホラー本リスト」

ゾンビ伝説
The Serpent and the Rainbow
米88年(日本公開88年)
監督ウェス・クレーヴン/脚本リチャード・マクスウェル、A・R・シムーン(ウェード・デーヴィスの原作より)
備考:V;DVD
「原作者ウェード・デーヴィスは、この原作で博士号を得たというから、すべてがフィクションではないのだろう。公開時もそこがウリになったアカデミックなホラーだ。」
追記:邦訳に『ゾンビ伝説〜ハイチのゾンビの謎に挑む〜』(ウェイド・デイヴィス/樋口幸子訳 第三書館 1998.7)があることが判明。――2001/05/?

ゼイリブ
They Live
米88年(日本公開89年)
監督ジョン・カーペンター/脚本フランク・アーミージ(レイ・ネルスンの原作より)
備考:V;DVD 2003/02/21発売; ブルーレイ 2014/9/3発売
Ray Faraday Nelson's famous short story "Eight O'Clock in the Morning" (CF)

ザ・ネスト
The Nest
米87年(日本公開88年)
監督テレンス・H・ウィンクレス/脚本ロバート・キング(イーライ・カンターの原作より)
備考:V;DVD 2000/12/21発売
There's the flavor of a '50s "creatures on a rampage" flick to this adaptation of Eli Cantor's novel about an island community being attacked by a swarm of genetically jazzed cockroaches. (CF)

白蛇伝説
The Lair of the White Worm
英88年(日本公開89年)
製作/監督/脚本ケン・ラッセル(ブラム・ストーカーの原作より)
備考:V;DVD 2006/05/26発売
The Lair of the White Worm (1911) はブラム・ストーカーの最後の長篇。

飛龍伝説オメガクエスト
The Legend of Wisely/衛斯理傳奇
香港86年(日本劇場未公開)
監督テディー・ロビン/脚本ジェラード・リュー(イー・クワンの原作より)
備考:V;DVD 2000/08/25発売

魔獣伝説ザ・セラー
The Cellar
米89年(日本公開89年)
監督ケヴィン・S・テニー/脚本ジョン・ウッドワード(デーヴィッド・ヘンリー・ケラーの原作による)
備考:
原作はD・H・ケラーの短篇「地下室になにが」"The Thing in the Cellar" (1932)(『ホラー&ファンタシイ傑作選・3』所収/青心社)か?(未確認)

禁断の不倫殺人鬼 虐殺仮面
Truth or Dare
米86年(日本劇場未公開)
製作/監督イール・ウィルスン/脚本ディム・リッター(自らの原作による)
備考:

悪魔のバージン
The Virgin Witch / Lesbian Twins
英73年(日本劇場未公開)
監督レイ・オースティン/脚本(自らの原作による)
備考:

キャメロン
Cameron's Closet
英87年(日本劇場未公開)
製作/脚本ルイジ・ジンゴラーニ/監督アーマンド・マストロヤンニ
備考:CFによると89年。/V
本文に記載はないが原作はゲイリー・ブランドナー (1933) Gary Brandner の Cameron's Closet (1987) (英題:Cameron's Terror ,1988)。ブランドナーは「ハウリング」1〜3までの原作者で「キャットピープル」のノヴェライゼーションも書いている。

ザ・ドリーミング
The Dreaming
豪87年(日本劇場未公開)
監督マリオ・アッドレアッチオ/脚本ライッフ(自らの原作による)
備考:

このページの先頭に戻る
トップに戻る