トップに戻る

プロフィール

悲張正太郎(かなしばりしょうたろう)


もう一人の正太郎と鉄人

この頃の記憶はないが、パジャマや茶碗も鉄人だったので相当好きだったのだろう。
しかし枕はなぜかオバQだった。黒い毛糸の毛が3本でペシャンコだった。


他人の家の前で

当時、隣近所に二、三匹の犬がいたが、怖くて馴染めなかった。
オバQ枕なんかしてたからだろう。今は特に怖くはないがあまり犬とは馴染みがない。
でも途方に暮れて土手を歩いていた二十代のある日、三匹の野良犬
(母犬と子供が二匹)と出会った時のことは忘れ難い。


幼稚園にも保育園にも行っていない

後で聞いたのだが、本人の意思で行かなかったという。
小学校に上がったときに皆と同じようにできればいいのだろう、と言ったそうな。
確かに読み書きはできたが、予想外のことはいくらでもあるもので、
実際にはかなり苦労した。集団行動ができない。歌が歌えない等々。
そういうことがいまだに尾を引いている。

トップに戻る