トップページに戻る
1999年作成
2000年10月09日改訂(以後随時追加)
2004年3月12日翻訳者名追記
2012年3月20日原題追記開始(随時)
2014年5月11日タイトル変更

今のところ雑誌掲載のみのモダンホラー短編リスト

※載せているのはいわゆるモダンホラー作家+αですが、主に私がもっている雑誌に限っているので漏れや短編集に収録されているものもあると思います。
 なお、その後単行本等に収録されたものについては削除せず白い文字で表示しています。

ベンジャミン・アダムズ (Benjamin Adams)
リッキー・ペレスの最後の誘惑 "The Last Temptation of Ricky Perez" (中村融 訳)SFマガジン2010/5〔特集・クトゥルー新世紀〕(早川書房)
チェット・ウィリアムスン (Chet Williamson)
葬儀屋の結婚 "The Undertaker's Wedding" (山本俊子 訳)ミステリマガジン1988/8月号(早川書房)
ロバート・エイクマン (Robertt Aickman)
一輪の花に如かず "No Stronger than Flowers" (若島正 訳)ミステリマガジン1990/8月号  → 改題:「花よりもはかなく」(西崎憲 訳)『英国短篇小説の愉しみ1』(筑摩書房)に収録

デニス・エチスン (Dennis Etchson)
びしょぬれの季節 "Wet Season" (伊藤典夫 訳)MEN'S CLUB1989/5月号(婦人画報社) コール666 "Call 666" (夏来健次 訳)ミステリマガジン1994/8月号
スコッチ・カースン (Scotch Carson)
ルイジアナの魔犬 "The Hellhounds of the Hogback" (田中一江 訳)ナイトランド Vol.1 2012/3
レイ・ガートン (Ray Garton)
お仕置き "Punishments" (大森望 訳)SFマガジン1990/5月号(早川書房)  → 『震える血』(祥伝社文庫)に収録

ラムジー・キャンベル (Ramsey Campbell)
身代わり "The Proxy" (井辻朱美 訳)HORROR MAGAZINE SFマガジン1987/7月臨時増刊号(早川書房) 夢で見た女 "The Other Woman" (大森望 訳)ミステリマガジン1994/12月号 コールド・プリント "Cold Print" (野村芳夫 訳)ナイトランド Vol.1 2012/3
スティーヴン・キング (Stephen King)
夜の虎 "The Night of the Tiger" (深町眞理子 訳)SFマガジン1981/4月号 ラプラタの水 "The End of the Whole Mess" (酒井昭伸 訳)日本版オムニ1987/3月号  → 改題:「争いが終わるとき」(永井淳 訳)『いかしたバンドのいる街で』(文藝春秋)に収録  "The Crate" (深町眞理子 訳)HORROR MAGAZINE SFマガジン1987/7月臨時増刊号 レイニー・シーズン "Rainy Season" (飛田茂雄 訳)マリ・クレール1991/6月号  → 改題:「雨季きたる」(永井淳 訳)『ヘッド・ダウン』(文藝春秋)に収録 開幕の前に "Before the Play" (鈴木晶 訳)GQJapan 1998/2月号(中央公論インターナショナル) ウィラ "Willa" (大森望 訳)PLAYBOY[日本版] 2007/3月号(集英社)  → 『夕暮れをすぎて』(文春文庫)に収録
チャールズ・L・グラント (Charles L. Grant)
ミューズの女神は…… "Something There Is" (曽田和子 訳)幻想文学14号(幻想文学会出版局) 秘密 "Secrets of the Heart" (高木国寿 訳)HORROR MAGAZINE SFマガジン1987/7月臨時増刊号
ティム・クーレン (Tim Curran)
沼地に潜むもの "The Slithering" (夏来健次 訳)ナイトランド Vol.1 2012/3
ディーン・R・クーンツ (Dean R. Koontz)
グレイヴヤード・ハイウェイ "Graveyard Highway" (風間賢二 訳)ブルータス1996/5/15号  → 改題:「墓地高速道路」『Complete DEAN KOONTZ』(芳賀書店) に収録 ピンキー "Pinkie" (白石朗 訳)ミステリーズ! vol.01 2003/6(東京創元社)
ニール・ゲイマン (Neil Gaiman)
恋するハーレクイン "Herlequin Valentine" (柳下毅一郎 訳)ミステリマガジン2001/8月号
ジェームズ・パトリック・ケリー (James Patrick Kelly)
勇気という名の恐怖 "The Fear that Men Call Courage" (仙波有理 訳)SFマガジン1981/8月号
キャシー・コージャ (Kathe Koja)
スキン・ディープ "Skin Deep" (黒田よし江 訳)ミステリマガジン1999/8月号
ナンシー・A・コリンズ (Nancy A. Collins)
わめく声 "Rant" (田中一江 訳)ミステリマガジン1994/8月号 よそ行きの顎 "The Sunday-Go-To-Meeting Jaw" (幹遙子 訳)ミステリマガジン1999/8月号
マックス・アラン・コリンズ (Max Allan Collins)
呪われた空き家 "Open House" (尾之上浩司 訳)ミステリマガジン2006/8月号
ロッド・サーリング&ウォルター・B・ギブスン (Rod Serling & Walter B. Gibson)
鏡像 "The Mirror Image" (尾之上浩司 訳)ミステリマガジン2005/8月号
マイクル・シェイ (Michael Shea)
検視 "The Autopsy" (宮脇孝雄 訳)SFマガジン1986/8月号
K・W・ジーター (Michael Shea)
真実の愛 "True Love" (猪俣美江子 訳)ミステリマガジン1993/8月号
ダン・シモンズ (Dan Simmons)
黄泉の川が逆流する "The River Styx Runs Upstream" (柿沼瑛子 訳)HORROR MAGAZINE SFマガジン1987/7月臨時増刊号  → 『夜更けのエントロピー』(河出書房新社)に収録 髭剃りと調髪、そして二噛み "Shave and a Haircut, Two Bites" (山岸真 訳)ミステリマガジン1995/8月号 最後のクラス写真 "This Year's Class Picture" (嶋田洋一 訳)SFマガジン1999/11月号  → 『夜更けのエントロピー』(河出書房新社)に収録
デイヴィッド・J・ショウ (David J. Schow)
赤い光 "Red Light" (猪俣美江子 訳)SFマガジン1990/5月号  → 『震える血』(祥伝社文庫)に収録 バーニーが言わなかったこと "Bunny Didn't Tell Us" (尾之上浩司 訳)ミステリマガジン2005/8月号
ジョン・スキップ&クレイグ・スペクター (John Skip & Craig Spector)
男になれ "Gentlemen" (竹生淑子 訳)SFマガジン1990/5月号
シオドア・スタージョン (Theodore Sturgeon)
禁断の谷 "One Foot and the Grave" (山本やよい 訳)ミステリマガジン1982/8月号  → 改題:「神々の相克」(村上実子 訳)『ウイッチクラフト・リーダー』(ソノラマ文庫)に収録

ピーター・ストラウブ (Peter Straub)
将軍の妻 "The General's Wife" (宮脇孝雄 訳)HORROR MAGAZINE SFマガジン1987/7月臨時増刊号 ゴースト・ヴィレッジ "The Ghost Village" (宮脇孝雄 訳)ミステリマガジン1994/8月号
リサ・タトル (Lisa Tattle)
虫の家 "Bug House" (室住信子 訳)SFマガジン1981/8月号
キム・ニューマン (Kim Newman)
テクニカラーのひずみ "Twitch Technicolor" (梶元靖子 訳)SFマガジン1997/11月号 ジャスト・ライク・エディ "Just Like Eddy" (梶元靖子 訳)ミステリマガジン2001/8月号
ノーマン・パートリッジ (Norman Partridge)
鮮血のレッドリバー・バレー "Do Not Haten to Bid Me Adieu" (伊藤典夫 訳)SFマガジン1997/11月号
グリン・バーラス&ロン・シフレット (Glynn Barrass & Ron Shiflet)
ウェストという男 "A Man Called West" (金子浩 訳)ナイトランド Vol.1 2012/3
クリストファー・ファウラー (Christopher Fowler)
麻酔 "On Edge" (鴻巣友季子 訳)ミステリマガジン1996/8月号 もどってきたスパンキイ "Spanky's Back in Town" (田中一江 訳)ミステリマガジン2001/8月号
エドワード・ブライアント (Edward Bryant)
ジャイ-アント "giANTS" (大野万紀 訳)SFマガジン1981/7月号
ポピー・Z・ブライト (Poppy Z. Brite)
彼の口はニガヨモギの味がする "His Mouth Will Taste of Wormwood" (柿沼瑛子 訳)ミステリマガジン1994/8月号 カルカッタ――生命の主 "Calcutta, Lord of Nerves" (柿沼瑛子 訳)ミステリマガジン1995/8月号 ニューヨークの歩き方 "How to Get Ahead in New York" (柿沼瑛子 訳)ミステリマガジン1999/8月号
サイモン・ブリークン (Simon Bleaken)
 "The Door" (田村美佐子 訳)ナイトランド Vol.1 2012/3
エリザベス・ベア (Elizabeth Bear)
ショゴス開花 "Shoggoths in Bloom" (中村融 訳)SFマガジン2010/5月号〔特集・クトゥルー新世紀〕
ナンシー・ホールダー (Nancy Holder)
食欲 "Appetite" (嵯峨静江 訳)ミステリマガジン1999/8月号
ロバート・R・マキャモン (Robert R. McCammon)
“アレ” "The Thang" (大森望 訳)ミステリマガジン1990/8月号   → 改題:「魔羅」(尾之上浩司 訳)『震える血』(祥伝社文庫)に収録 ミラクル・マイル "The Miracle Mile" (田中一江 訳)SFマガジン1997/11月号 ブラック・ブーツ  (尾之上浩司 訳)ミステリマガジン2004/2月号 ビューティ "Beauty" (田中一江 訳)ミステリーズ! vol.04 2004/3(東京創元社) ある美しい夏の日、彼は…… "On a Beautiful Summer's Day, He Was" (尾之上浩司 訳)ミステリマガジン2006/8月号
レイフ・マクレガー (Rafe McGregor)
ダイヤー神父の手紙 "The Letters of Reverend Dyer" (増田まもる 訳)ナイトランド Vol.1 2012/3
リチャード・マシスン (Richard Matheson)
生贄 "Prey" (小沢瑞穂 訳)ミステリマガジン1980/5月号  →(伊藤典夫 訳)「えじき」として Men's Club1989/9 にも掲載  → 「狙われた獲物」(仁賀克雄 訳)『不思議の森のアリス』(論創社)に収録 世界を創った男 "The Man Who Made the World" (尾之上浩司 訳)ミステリマガジン1990/8月号  → 『リアル・スティール』(ハヤカワ文庫)に収録 指名通話 "Person to Person" (伊藤典夫 訳)ミステリマガジン1996/8月号
F・グウィンプレイン・マッキンタイア (F. Gwynplain Macintyre)
イグザム修道院の冒険 "The Adventure of Exam Priory" (竹岡啓 訳)SFマガジン2010/5月号〔特集・クトゥルー新世紀〕
ジョージ・R・R・マーティン (George R. R. Martin)
針男 "The Needle Men" (冬川亘 訳)SFマガジン1983/8月号 モンキィ・トリートメント "The Monkey Treatment" (風見潤 訳)SFマガジン1985/2月号  → 「モンキー療法」(中村融 訳)『洋梨形の男』(河出書房新社)に収録 忘れえぬメロディ "Remembering Melody" (小尾芙佐 訳)SFマガジン1986/8月号  → 「思い出のメロディ」(中村融 訳)『洋梨形の男』(河出書房新社)に収録
デイヴィッド・マレル (David Morrell)
嵐 "The Storm" (猪俣美江子 訳)HORROR MAGAZINE SFマガジン1987/7月臨時増刊号  → (定木大介 訳)『苦悩のオレンジ、狂気のブルー』(柏艪社)に収録 背後に聞こえる声 "But at My Back I Always Hear" (戸根由紀恵 訳)ミステリマガジン2004/8月号  →「背後に絶えず聞こえるのは」(定木大介 訳)『苦悩のオレンジ、狂気のブルー』(柏艪社)に収録

チャイナ・ミエヴィル (China Mieville)
細部に宿るもの "Details" (日暮雅通 訳)SFマガジン2010/5月号〔特集・クトゥルー新世紀〕
アン・ライス (Anne Rice)
不死者の間奏曲 "Interlude with the Undead" (柿沼瑛子 訳)SFマガジン1997/11月号
フリッツ・ライバー (Fritz Leiber)
死んでいる男 "The Dead Man" (田村義進 訳)ミステリマガジン1978/8月号  → (仁賀克雄 訳)『フランケンシュタインのライヴァルたち』(ハヤカワ文庫)に収録 ベルゼン急行 "Belsen Express" (金子浩 訳)SFマガジン1999/11月号
ジョー・R・ランズデール (Joe R. Lansdale)
ミッドナイト・ホラー・ショウ "Night They Missed the Horror Show" (公手成幸 訳)SFマガジン1990/5月号  → 改題:「ナイト・オブ・ザ・ホラー・ショウ」(高山真由美 訳)『厭な物語』(文春文庫)に収録

タニス・リー (Tanith Lee)
勿咬草、あるいは炎の花 "Bite-Me-Not, or Fleur de Feu" (木村由利子 訳)SFマガジン1997/11月号
リチャード・レイモン (Richard Laymon)
バスタブ "The Tub" (大森望 訳)ミステリマガジン1993/8月号    バスタブ → 「浴槽」『喘ぐ血』(祥伝社文庫)に収録 秘密基地の夜 "A Good, Secret Place" (大森望 訳)ホラーウェイヴ02 1999/3月発行(ぶんか社)
ニコラス・ロイル (Nicholas Royle)
金魚のフン "Kingyo No Fun" (上條ひろみ 訳)ミステリマガジン2001/8月号

このページの先頭に戻る
トップページに戻る