戻る

(1)『999−妖女たち−』 (2)『999−聖金曜日−』 (3)『999−狂犬の夏−』
 原題:999 :The Last Book of Supernatural Horror and Suspense (1999年発表)
アル・サラントニオ 編
(1)白石朗・梶元靖子 他訳 (2)金子浩・渡辺庸子 他訳 (3)田中一江・夏来健次 他訳
(創元推理文庫・(1)2000年1月28日(2)2000年2月25日(3)2000年3月17日発行
・本体(1)(2)各780円(3)840円)
初出:「幻想文学」58号(2000年6月30日発行/アトリエOCTA)
「999」書評
「999」書評

《収録作品》

999−妖女たち−
  • 「序文」 アル・サラントニオ
  • 「モスクワのモルグにおける死せるアメリクァ人」 キム・ニューマン
  • 「コントラカールの廃墟」 ジョイス・キャロル・オーツ
  • 「フクロウと子猫ちゃん」 トマス・M・ディッシュ
  • 「道路ウイルスは北に向かう」 スティーヴン・キング
  • 「形見と宝:ある愛の歌」 ニール・ゲイマン
  • 「増殖」 T・E・D・クライン
  • 「《新十二宮クラブ》議事録とヘンリー・ワトスン・フェアファクスの日記よりの抜粋」 チェット・ウィリアムスン
  • 「ロープ・モンスター」 アル・サラントニオ
  • 「遍歴」 ティム・パワーズ
  • 「劇場」 ベントリー・リトル
  • 「妖女たち」 エリック・ヴァン・ラストベーダー
999−聖金曜日−
  • 「聖金曜日」 F・ポール・ウィルスン
  • 「ナマズ娘のブルース」 ナンシー・A・コリンズ
  • 「ザ・エンターテインメント」 ラムジー・キャンベル
  • 「ICU」 エドワード・リー
  • 「墓」 P・D・カセック
  • 「ノックの音」 リック・ホータラ
  • 「紛う方なき愚行」 ピーター・シュナイダー
  • 「アンジー」 エド・ゴーマン
  • 「木は我が帽子」 ジーン・ウルフ
  • 「愛につぶされて」 エドワード・ブライアント
  • 「無理数《イラショナル・ナンバー》の話」 マイケル・マーシャル・スミス
  • 「リオ・グランデ・ゴシック」 デイヴィッド・マレル
999−狂犬の夏−
  • 「狂犬の夏」 ジョー・R・ランズデール
  • 「影と闇」 トマス・リゴッティ
  • 「ヘモファージ」 スティーヴン・スプライル
  • 「リハーサル」 トマス・F・モンテルオーニ
  • 「闇」 デニス・L・マッカーナン
  • 「別天地館《エルスウエア》」 ウィリアム・ピーター・ブラッティ

戻る
トップに戻る