戻る

ブレイン・チャイルド
 原題:Brain Child (1985年作品)
ジョン・ソール 著  田中一江 訳
(扶桑社ミステリー・1989年8月25日第1刷・本体641円)
 百数十年前、スペイン系入植者の十六歳の少年が目の前で白人(グリンゴ)の騎兵隊に家族を虐殺される。一人隠れていた少年の耳に届いた母の最後の言葉――「息子は必ずおまえたちを見つけ出して殺すだろう。あたしたちは、永遠にこの土地を離れない」。
 そして現代。シリコン・バレーのコンピュータ関係者たちの進出が著しいカリフォルニアの小さな町ラ・パロマ。町のメディカルセンターの院長の息子アレックスは、プロム帰りの学生たちのパーティーでガールフレンドのリサとケンカし、帰ってしまったリサを車で追いかける途中、彼女を轢きそうになって崖から転落する。瀕死の状態に陥ったアレックスだが、彼を死の淵から救ったのは父のマーシュではなく、ラ・パロマ出身の脳医学研究者レイモンド・トーレスだった。コンピュータを駆使した最先端の手術で奇跡的に回復したアレックス。しかし彼は人間的な感情のすべてを失っていた。家族を惨殺された少年の血をひく天才脳外科医とその母がアレックスに仕掛けたそれぞれの罠が、誰もが想像していなかった惨劇を引き起こす。
 本書は1985年発表の八作目。従来の、過去の因縁と異常心理の症例という表裏一体構造の物語に『ゴッド・プロジェクト』で試みられたハイテク医学サスペンスが融合されているが、本書で起きる殺人事件は、ホラー的には工夫のないものであり、超自然的な怨霊の復讐と精神医学的な症例との絡め方も、初めての試みという点を考慮しても最上の成果を上げているとは言いがたい。しかし、魂が失われたアレックスに対する彼の両親やガールフレンドの感情は、魂と肉体についてのアメリカ人の考え方を表しているようで考えさせるテーマを含んでいることと、人格憑依された感情のないアレックスの脳内で復讐の殺人プログラムが発動するとき、失われたアレックス本人の悲しみが逆に浮き彫りになる点は明記しておきたい。

戻る