戻る

黒い風
 原題:Black Wind (1988年作品)
F・ポール・ウィルスン 著  大瀧啓裕 訳
(扶桑社ミステリー・1992年11月30日第1刷・上602円・下621円)
初出:「幻想文学」38号(1993年6月15日発行/幻想文学出版局)
黒い風の書評

黒い風の書評

【あとがき】
 終わりの方で「出版前には――」と書きましたが、この『黒い風』が出版された後の書評でも、「国辱」という言葉はよく見かけました。本当にそう思っているのならいいのですが、よく考えもせずに陳腐な常套句を使ってしまうのは自分でもありがちなので気をつけないと。
 ところでこの『黒い風』の原書には、日本語がたくさん出てきたりするのですが、読むのも訳すのもかえって大変だったろうなあと思います。ペーパーバックをパラパラ見てると、「Kakureta Kao」とかそのまま出てくるし、ほかにも「sensei」「Oba-san」「fundoshi」なんてのまである。「shi no on」「chu」「on」とかアルファベットで言われたって咄嗟には「はあ?」って感じだと思うんですけど(笑)。中には「Shikatoganai」なんてのまであったりして、にわか仕込みの日本語ではそれこそまあ仕方がないですけど、ある人物の名前が「Nakanaori」だったというのには驚きました。さすがに翻訳ではそのまま出せないのでうまく代えていますが、かなり苦慮したのではないかという気がします。

戻る