戻る

死霊たちの宴
 原題:Book of the Dead (1989年発表)
J・スキップ&C・スペクター 編  夏来健次 訳
(創元推理文庫・1998年8月14日発行・本体上下各640円)
初出:「幻想文学」54号(1999年2月20日発行/アトリエOCTA)
「死霊たちの宴」書評

 注:上の文章では初出時に字数の関係で省略した人名をいくつか補足してあります。

《収録作品》

上巻
  • 「序」 ジョージ・A・ロメロ
  • 「編者序文」 ジョン・スキップ&クレイグ・スペクター
  • 「花盛り」 チャン・マコンネル
  • 「森のレストラン」 リチャード・レイモン
  • 「唄え、されば救われん」 ラムジー・キャンベル
  • 「ホーム・デリヴァリー」 スティーヴン・キング
  • 「始末屋」 フィリップ・ナットマン
  • 「地獄のレストランにて、悲しき最後の逢瀬」 エドワード・ブライアント
  • 「胴体と頭」 スティーヴ・ラスニック・テム
  • 「選択」 グレン・ヴェイジー
  • 「おいしいところ」 レス・ダニエルズ
下巻
  • 「レス・ザン・ゾンビ」 ダグラス・E・ウィンター
  • 「パブロフの犬のように」 スティーヴン・R・ボイエット
  • 「がっちり食べまショー」 ブライアン・ホッジ
  • 「キャデラック砂漠の奥地にて、死者たちと戯るの記」 ジョー・R・ランズデール
  • 「サクソフォン」 ニコラス・ロイル
  • 「聖ジェリー教団VSウォームボーイ」 デイヴィッド・J・ショウ
  • 「わたしを食べて」 ロバート・R・マキャモン

戻る
トップに戻る