戻る

殺戮のチェスゲーム
 原題:Carrion Comfort (1989年作品)
ダン・シモンズ 著  柿沼瑛子 訳
(ハヤカワ文庫・1994年11月30日発行・上中下各699円)
初出:「幻想文学」44号(1995年6月20日発行/アトリエOCTA)
殺戮のチェスゲームの書評
【あとがき】
『殺戮のチェスゲーム』なんていう邦題はどうなのかなあと思ったのですが、ただでさえ大長篇なので限られた字数の中ではそれに触れる余裕はありませんでした。
 もうひとつ、マリア・チャンについても書けなかったので少し補足。彼女はマインド・ヴァンパイアではなく、能力者の一人で下品な映画プロデューサーのハロッドの個人秘書で、マインド・ヴァンパイアの能力が効かない人間です。以前香港でモデルをしていた彼女が〈無効者〉なのになぜ下司な能力者のハロッドに仕えているのかは興味深いところです。

戻る