戻る

ドリームキャッチャー
 原題:Dreamcatcher (2001年作品)
スティーヴン・キング 著  白石朗 訳
(新潮文庫 1・2巻2004年2月1日,3・4巻2004年3月1日発行
 本体 1・2巻590円/3巻667円/4巻629円)
初出:「幻想文学」67号(2003年7月7日発行/アトリエOCTA)
「ドリームキャッチャー」書評

【あとがき】
 幸いなことにSARSはその後一応沈静化(WHOが2003年7月に世界規模の制圧宣言)しましたが、アジアで猛威を振るっていた鳥インフルエンザのニワトリへの感染が国内の養鶏場でも発生し、多数のニワトリが死亡・処分されました。ベトナムやタイでは人に感染して死亡したケースも確認されています。
 また、人間には感染しないものの、コイヘルペスによって国内各地でトン単位のコイが死に、焼却処分されています。さらにアメリカで初のBSE感染牛が発見されたことによって米国産牛肉が輸入禁止になり、2004年6月現在(期間限定で復活するなどの動きもありましたが)多くの牛丼屋では牛丼の販売を中止しています。
 エイズもまだ克服されていない現在、「感染の恐怖」にはまったく終わりが見えない状態です。エイリアンにお出まし願うまでもなく、人類滅亡の導火線にいつ火がついてもおかしくないと言っていいのではないでしょうか。作品のテーマからはズレた話になってしまいましたけれども。「幻想文学」はこの号で終刊、最後の投稿です。

戻る