戻る

霧(きり)
 原題:The Fog (1975年)
ジェームズ・ハーバート 著  関口幸男 訳
(サンケイ新聞出版局・1976年9月29日第1刷・880円)
 ハーバートのデビュー第2作目『霧(きり)』は、『鼠』の翌年、1975年に発表された。
 前作同様パニックものだが、質、量ともにレベルアップしている。文章量的には『鼠』の1.5倍以上アップで、翻訳本は2段組に変わっている。

 さて、イギリスで霧といえば首都ロンドンがすぐに思い浮かぶ。本書でも後半にロンドンが舞台となるが、ロンドンが「霧の都」とよく言われるのは、もともとイギリスでは土砂降りの雨は少なく(年間総雨量では日本の方が多い)、霧雨が多いことと、18世紀後半の産業革命以後顕著となった大気汚染(スモッグ)のせいもあったようだ(少し脱線するが、百科事典を見てみると、スモッグというのはスモークとフォッグの合成語なのだそうだ。さらに霧と雲の違いは、地面に接しているか空中に浮かんでいるかという便宜上の区別なのだそうだ)。
 しかし、そのスモッグも、1956年の空気清浄法(大気浄化法)の施行以来、5〜6年で鳴りをひそめたようだから、現在はイメージとして定着しているだけなのかもしれない。

 もう少し霧にこだわって中学生向けの英和辞典でfogを引いてみると、《霧、(mistよりも濃い)》とある。とすると、スティーヴン・キングの「霧」は、恐怖の主体が霧そのものではなく、霧の中から現れる見たこともない様々な怪物であるから、登場人物にそれを見せるために“Fog”よりも視界の効く“Mist”にしたのだろうかという推測もできる。英和大辞典を引っ張りだしてみると、fogには霧の意味の他に、《精神的混乱状態、当惑、混迷》というのがあった。
 実は本書『霧』で主眼としているのがまさにこの集団的精神混乱状態、つまりパニックによる地獄絵図なのである。

 本書はもちろんタイトル通り、霧が脅威となる話だが、人や町が霧に覆われることによって起こる物理的な障害または事故はほとんど描かれていない。問題はこの黄色味を帯びた霧が脳を冒す性質を持っていることなのである。

 この霧は冒頭、陸軍訓練場に隣接する村で起きた突然の大地震によってできた地割れから吹き出すように発生する。主人公のホルマンは、環境省の調査員で、この陸軍訓練場を調査中に地震に遭い、人命救助のさなかで霧にも遭遇する。
 やがてホルマン自身も救助されるが、その時は錯乱状態。あとの展開は霧によって脳を冒され、理性を失った人々の狂乱行為のオンパレードだ。牧師は会衆に向かって放尿し、密猟者は領主を斧で惨殺、農夫は牛に踏み殺される。
 ホルマンは一週間で錯乱から回復するが、ホルマンの上司が彼の目の前でいきなり窓から飛び下りたことで警察から疑われ、狂乱状態に陥った恋人のケーシーを縛り上げたところで逮捕されてしまう。
 霧はどこかへ移動し、霧のせいだと主張しても信じてもらえないホルマンは窮地に立たされるが、やがて続々と入ってくる異常事態の報告で容疑は晴れる。しかし時すでに遅く、本書で最大の惨事、ボーンマス海岸での付近住民の大量入水自殺が起きてしまう。
 このくだりは、キングの『死の舞踏』でも引用されているので、読んだ方も多いだろう。まことに凄まじいの一語に尽きるが、ハーバートの侮れないところは、このエピソードが霧の影響とは関係なくたった一人で自殺をしようと海岸に来たメイビスという女性の目を通して描かれていることである。彼女はすんでのところで自殺を思い止まるのだが、なんとも皮肉なことに押し寄せた住民に押し戻されて溺死してしまう。
 一挙に十数万人という大量死は、恐怖小説史上初ではないだろうか。しかもその原因が爆弾など誰でも思いつきそうなものではなく、入水自殺とは。『死の舞踏』では、ハーバートは「コンバット・ブーツをはいて読者を恐怖で打ちのめそうとするのだ。」(同書文庫版P.695)と評しているが、その譬えはまさに正鵠を得ていると言えるだろう。

 このようにとにかく一切容赦ないハーバートだが、228ページには、
「狂っていようがいまいが、人の生命を故意に奪う恐怖にまさる恐怖はないのだ。」
 という一節があることも見逃せない点で、恐怖の本質の一端を確実に捉えているところが後続のナスティ・ホラー追随者たちと一線を画すところではないかと思う。

 物語の後半は、あらゆる検査、テストの結果、霧に対して免疫のあることが判明したホルマンが霧の正体解明と消滅に奮闘する様子が描かれるが、まるで意思があるかのように移動する霧に翻弄され、ついにはロンドンじゅうが大パニックに陥ってしまう。ホルマンが事件に巻き込まれてゆくのは、理由はともかく免疫ができたから、ということで『鼠』の場合よりもほんの少しだが説得力が増したように思う。この霧の正体についてはすでに様々な本や記事に書かれているが、ここでは、「本書を『鼠』と同じ動物パニックだと言うには無理があるけど、群体パニックであることは間違いない」と言うに止めておこう。それほどあっと驚くような正体でもないのでほとんど言ったも同然だが、明らかにしたところで読書の興趣を妨げるものではないことは確かである。


 霧の出てくる超自然小説は、『霧』以前にもたくさんあった。しかし、霧というのは本来は気象という自然現象であるから、単なる雰囲気づくりに必要な条件の一つで、現実世界から非現実の世界への移行、つまりお化けや幽霊を登場させるための道具立てとして利用されるだけだった。それをこの小説のように霧そのものが脅威となる小説は(SFではいざ知らず)、たぶん初めてだろう(厳密には「霧そのもの」ではないのだが)。
 動物を含めた自然や周りの物体が突然人間に反旗をひるがえすというパターンをこの作品が定着させたということも言えるかもしれない。

 また、霧の発生した理由、意志を持っているかのような移動、一度は姿を消すなどの経緯は、怪獣映画になぞらえることもできなくはないだろう。たとえば1954年の『ゴジラ』と較べてみるのも面白い。これは私見だが、もしもこの小説で霧の本体についてもっとファンタスティックに突き抜けた発想で書かれていたら、クーンツも『ファントム』の執筆を諦めていたのではないかという気がする。まあ、そこまでいかないのが良くも悪くもハーバートなのだが。
 他には、人々が殺人や自殺、路上での乱交など、狂乱の限りを尽くす中で、平然とバス停に並んでいたり、談笑しているなど、普段通りの行動をしている人達がいるところは、かえって残酷描写より恐ろしい場面もある。そのあたりなどはキングの『トミーノッカーズ』の一場面に影響を与えている……というよりはそこはキング一流の敬意の表し方と見たほうがいいだろう。

 ともかく本書では、襲ってくる相手は、狂ってはいるけれどもゾンビではなく生者であるというキツイ前提があるので、ダイナミックに主人公を動かすのはなかなか難しいところがあると思うが、なんとか乗り切っている。この辺が考えた末あえて非情に徹したのか、あるいは単に無頓着だったのか、実はよく分からない。ハーバートだから後者のような気がするが(苦笑)。
 最後の方では、霧の消滅方法や、市民の救済方法に多少の疑問も残るし、そのまま文庫化するには言葉遣い(訳語?)に問題のある部分もある。個人的にはその言葉自体に問題があるとは思わないのだが、なんでもかんでも判で押したように連発されたのではやはり「引いてしまう」ことがある。そういう部分さえ直せば復刊できる作品、いや復刊すべき作品だと思う。


戻る