戻る

遙か南へ
 原題:Gone South (1992年作品)
ロバート・R・マキャモン 著  二宮磬 訳
(文藝春秋・1995年9月1日発行・2816円)
初出:「幻想文学」46号(1996年2月20日発行/アトリエOCTA)
「遙か南へ」書評

【あとがき】
 早いもので本書が発表されてからもう10年が経つわけですが、『少年時代』の文庫版の後書きで触れられていた新作Speaks the Nightbird はついに発表されないまま、マキャモンは公式に引退を宣言してしまいました。いったいどうしてなのか、本人の言葉はなかったのでしょうか? そこらへんの事情を説明してくれる人がいないのは残念です。
 個人的には作家が引退を宣言する必要なんてまったくないと思うんですけどね。特にマキャモンはまだまだ若いのだし。私にはまだいつか彼が復活するのではないかという気がしています。まあ希望的観測に過ぎませんが。
 とにかく本書はいい作品です。そして滅法面白い。

追記:Speaks the Nightbird は2002年9月に発売されることがわかりました。しかし、これで引退の撤回とはならないようで、今後の出版の予定は現時点ではないようです。2002/5/29

戻る