戻る

 原題:Burnt Offerings (1973年作品)
ロバート・マラスコ 著  小倉多加志 訳
(ハヤカワ文庫・1987年12月15日発行・500円)
 ベンとマリアンは結婚9年目を迎える三十代の夫婦。ニューヨークのクイーンズ区の古くて騒々しいアパートに8歳の息子デイヴィッドと三人で暮している。マリアンは息子を遊びに送り出し、高校の教師をしているベンが帰宅するのを部屋の掃除をして待つというだけの単調な暮しに疲れていた。そして夏の暑さと階下のピアノ練習にうんざりしていたある日、彼女は〈タイムズ〉紙の不動産案内欄に、浜辺が近く敷地にプールもあるという貸別荘を見つける。その広大な古い屋敷を所有する老兄妹は、旅行に出かける2ヶ月半の間、家の面倒を見てほしいという。金銭的条件は格安だった。だが条件はもう一つあった。二人の85歳の老母に日に三度の食事を運ぶこと。しかし二人はその姿を見かけることはないだろうと言う。
 ベンの反対を押しきって一家とベンのおばの四人で越してきたマリアン。彼女は老母の部屋に行くが寝室のドアからはブーンという音が聞こえるだけで返事も何もなかった。こうして屋敷での生活が始まったが、マリアンは次第に屋敷の手入れに取りつかれたようになり、ベンも息子に暴力的な振る舞いをするなどの異常な心理状態を経験する。しかし、異変はそれだけにとどまらず、屋敷そのものにも現れてくるのであった……。

 本書は分類すれば邦題が指し示す通り、幽霊屋敷テーマのモダンホラーということになるのだが、先行する『山荘綺談』(1959)や『地獄の家』(1971)とは共通する要素ももちろんあるものの、さまざまな怪異現象の源が、幽霊や異常心理とは違った何とも得体が知れないものであるところが恐怖のツボである。ベンには見えていて音も聞こえるのにマリアンにはわからない屋根の落下物や、生気を取り戻す温室の植物群、くり返し描写されるブーンという謎の振動音などの不気味さは特筆に価する。キング以前のモダンホラーの中ではとりわけ地味な印象があるが、こうした怪異現象のアイディアには斬新性があり、生活に疲れた現代人というテーマや、住居を移転してから変化する登場人物の心理状態――仕事に熱中したり、子供への暴力に自ら慄いたりというような――と超自然現象の発現とが相互に呼び合うという点などは、現代小説としても怪奇小説としても『シャイニング』(1977)に与えた影響は少なくないだろう。


戻る