戻る

狩人の夜
 原題:The Night of the Hunter (1953年作品)
デイヴィス・グラッブ 著  宮脇裕子 訳
(トパーズプレス・1996年9月25日発行・1262円)
初出:「幻想文学」49号(1997年3月1日発行/アトリエOCTA)
「狩人の夜」書評

【あとがき】
 スティーヴン・キングの『人狼の四季』(学研M文庫)はデイヴィス・グラッブに捧げられています。また『アトランティスのこころ』(新潮文庫)でも不思議な老人テッドがボビー少年に残していった4冊のペーパーバックの中にこの『狩人の夜』が含まれています。
 グラッブの作品は他に『幻想と怪奇1』(ハヤカワ文庫)に「あたしを信じて」という短編が収録されているほか、まとまった短編集として『月を盗んだ少年』(ソノラマ文庫)がありますが、こちらは入手困難で、わたしも持っていません。

追記:本作は2002年12月に創元推理文庫より再刊されました。2003/1/31

戻る