戻る

ココ
 原題:KOKO (1988年作品)
ピーター・ストラウブ 著  山本光伸 訳
(角川ホラー文庫・1993年4月24日第1刷・上777円・下699円)
初出:「幻想文学」39号(1993年9月25日発行/幻想文学出版局)
ココの書評

ココの書評

【あとがき】
 上の文では触れていませんが、「ココ」という曲にはチャーリー・パーカー演奏のものとデューク・エリントンのオーケストラが演奏したものとがあって、小説の『ココ』でもベトナムのキャンプ地で両方を続けて聞くという場面があります。ここの描写だけでもストラウブが並々ならぬ音楽通であると同時に文章家でもあることがわかります。後に、書店で売り始めた「読んで聴くCDマガジン」(同朋舎出版)というシリーズでデューク・エリントン(4巻)とチャーリー・パーカー(7巻)の両者に「ココ」が収録されていたので、わたしも聞き比べてみたのですが、音楽的センスが皆無のわたしにはやはり二つの曲の共通点がまったく見出せませんでした。「読んで聴く――」に収められたチャーリー・パーカーの「ココ」は、『ココ』で言及されるそれと録音時期が違うのでそれはまた違うのかもしれませんが……。
『ココ』に出てくるものでもう一つ後から知ったものが「ぞうのババール」です。この絵本シリーズは世界中で読まれているらしいのですが、幼い頃ほとんど絵本に触れてこなかったわたしは、この絵本が実在することを知りませんでした。そして確かに『ココ』で言及されている通りに3巻目の『おうさまババール』(評論社)には、「ピエロのココ」が出てきます。うーむ、ストラウブの世界は奥が深い……。
 上の文で最後にキング・クリムゾンの「21世紀の精神異常者」を引合いに出したのは、『クリムゾン・キングの宮殿』対訳の歌詞がベトナム戦争を思わせるものだったのでそうしただけだったのですが、ストラウブの奥深さに比べるとちょっとベタすぎましたね。

戻る