戻る

 原題:Lagoon (1990年作品)
T・J・マクレガー 著  古賀弥生 訳
(創元推理文庫・1999年2月19日発行・1000円)
初出:「幻想文学」55号(1999年5月31日発行/アトリエOCTA)
「繭」書評

【あとがき】
 本書を読んでいる時、私自身がリアルな恐怖に囚われていて、(だからというわけじゃないけど)印象批評に終始し、なんだか評価していないような文章になってしまいした。印象ばっかりなのはいつもそうですけど(だからだめなんですよねえ。って二度もだからって言うなー!!)。でもいまさらフォローするのもアレですが、本書は面白さで言うとかなりいい線いってます。
 今思うと、私にとって初めて読む作家だったので、ぶっ飛んだ荒唐無稽さを期待していたのが、「普通ならそれらの現象は――」以降に書いたように、超自然というより反・自然現象として「ありうる」と感じた点で、思わぬ方向から恐怖のツボを突かれて慌てふためいたという感じがしますね。
 作者のT・J・マクレガーは1985年デビューのアメリカのサスペンス作家。『闇に抱かれた女』を始めとするシリーズ物を中心に創元推理文庫で17冊も翻訳されています。(参考「東京創元社解説目録」)

戻る