戻る

M・D
 原題:The M.D. (1991年作品)
トマス・M・ディッシュ 著  松本剛史 訳
(文春文庫・1996年2月10日発行・上524円・下563円)
初出:「幻想文学」47号(1996年6月20日発行/アトリエOCTA)
「M・D」書評

【あとがき】
 私事ですが、この本を読んでいた時期、身体的に非常に不安な状況にありました。もしその時にマーキュリー神が現れて「ここ4、5年のうちにこういうことがまだ3、4回あるんだけど、これいる?」と予言されていたら、わたしは迷わずカデューシアスの杖を受け取っていたでしょうね。いや、いつ現れても受け取っていたかも。って結局破滅かいっ!!
 そんなわけで今は再読する気力がないのですが、本書は『隣の家の少女』と同じくホラーファンの脳髄をグワングワン揺さぶる問題作であることは確かです。
 「韻を踏む」って自分でもよくわかっていないんですけど、タイトルと本文でちょっとやってみました。


戻る