戻る

ミザリー
 原題:Misery (1987年作品)
スティーヴン・キング 著  矢野浩三郎 訳
(文藝春秋・1990年3月20日第1刷・2000円)
初出:「ブックガイド・マガジンBGM」創刊号(1990年8月1日発行/幻想文学出版局)

ミザリーの書評

ミザリーの書評

【あとがき】
 11年前に書いた文章ですが、今書いても大して変わらないでしょう。我ながら進歩がないのには嫌気がさしますが、それは置くとして、一体何が『ミザリー』をホラー小説たらしめているのかといったら、それは残酷な暴力シーンにあるのではなく、上に書いたように、アニーの“スイッチ”が切れたほんのわずかな時間、これこそがアニーの「サイコ度」を示すものであり、我々(と主人公のポール)が垣間見てしまう暗黒の深淵なのである、と思います。「サイコ度」というのは、どれほど精神が異常でどういう酷いことをしたか、という現象論的な見方よりむしろ、それをどう表現したかということの方に重点が置かれます。その両方を巧みに物語に盛り込むことで、そしてそれら要素のバランス加減で、現実世界を揺さぶったり、あるいは現実世界にゆらぎを与えたりすることができるのです。そこにホラーと単なるサイコ・スリラーの違いが生じてくるのだと思います。もちろん、「単なる」というのはホラー者から見た区別の仕方であってジャンルに優劣があるわけではありません。どちらにも出来のいい小説とわるい小説があるだけです。

 上の文章では、主人公が執筆を強制されている作中作の『ミザリーの生還』と本書『ミザリー』自身のメタフィクショナルな関係や、ポールが使っているタイプライターの文字が欠損していたり、ついには手書きの文章が現れるなどの視覚的にもトリッキーな仕掛けなどには、限られた字数の中とはいえ未熟なせいで触れられなかったのですが、そういったことも上記の“表現”のうちに含まれてきます。キングの場合、個性的な独自の文体を持っているのでそれが効果的に生きてくるのです。あるいは逆に、特徴的な表現が個性ともなっているのでそれを文体と呼べるのかもしれません。

 ちなみに文字の欠けたタイプライターは、『スティーヴン・キング〈恐怖の愉しみ〉』(風間賢二著・筑摩書房)によると、キングの兄デイヴィッドが従兄弟と発行していた非公式な町内新聞〈デイヴの三流紙〉を作るのに実際に使用されていたそうです。そして欠けた文字を手書きで埋めていたのは、年下のスティーヴンの役目だったということです。しかも打てないアルファベットは『ミザリー』同様次第に増えていったとか。その〈デイヴの三流紙〉のコピーが載っている書物まであるのには驚きますが、確かにNの文字が大文字も小文字も手書きになっており、スティーヴン君が入れ忘れた個所もあるのが微笑ましいです。

 もう一つ、「交通事故」について。上に例を挙げた他にも、『スタンド・バイ・ミー』では主人公ゴーディの兄が事故で死んでいますし、最後には主要な人物が自動車事故で死んでしまったことも明らかにされています。また、最近の作品では作家である主人公の妻が事故を目撃する『骨の袋』。この中でもほかにある人物の交通事故死が言及されています。これらの物語はすべて交通事故がきっかけで物事が悪い方へと転がっていきます。交通事故は明らかにキングのオブセッションの一つであると言えるでしょう。『クリスティーン』を書いたのは一種の悪魔祓いの意味もあったのではないかという気さえします(それは成功しなかったようですが。なにしろ本当に事故に遭ってしまったのだから)。
 さらに想像を逞しくすれば、幼児期に友達が汽車にはねられてそれを目撃した可能性があることも関係がありそうですし、同じく幼児期に車にはねられて重傷を負った経験のあるピーター・ストラウブとウマが合うのもそのためなのかもしれません。
 今後発売される新作にも交通事故が描かれるというようなことも伝わっていますが、今度こそそれで厄祓いができるようにと願わずにはいられません。

戻る