戻る

ミステリー
 原題:Mystery (1989年作品)
ピーター・ストラウブ 著  芹澤恵 訳
(扶桑社・1994年5月30日第1刷・上下各1748円)
初出:「幻想文学」42号(1994年10月31日発行/アトリエOCTA)
ミステリーの書評

【あとがき】
 ストラウブは七歳の時に交通事故で重傷を負うという体験をしています。詳しい状況はわかりませんが、「数年間は何もできず、読書に“すがる”しかなかった」といいます。そのときの読書体験が本書の主人公トム・パスモア同様、人間形成に大きく影響しているのでしょう。
 本書はタイトルが示す通り、ミステリーなのですが、かといって無視できないのがストラウブのややこしいところで、超自然的なものは描かれていないにもかかわらず、文体というか表現においては幻想的な雰囲気を残しているのが何か意図ありそうな気がして、もしかして「幽霊が最後まで出てこない、幽霊小説の傑作」を書こうとしているのかという深読みをしてしまいます。そのへんもまた「謎」なのですが。
 ところでわたしは本書のフォン・ハイリッツと、ジョン・ファウルズの『魔術師』(河出書房新社)のコンヒス氏に、どうしてもショーン・コネリーの顔を思い浮かべてしまいます。うーむ、なぜだろう。


戻る