戻る

隣の家の少女
 原題:The Girl Next Door (1989年作品)
ジャック・ケッチャム 著  金子浩 訳
(扶桑社ミステリー・1998年7月30日第1刷・686円)
初出:「ホラーウェイヴ02」(1999年3月20日発行/ぶんか社)
「隣の家の少女」書評 「隣の家の少女」書評
「隣の家の少女」書評

【あとがき】
 この書評文のタイトルは「知るべき現実、担うべき苦痛」と付けました。
 この号の特集が鬼畜だというので、ただ絶賛したのでは特集と同じ傾向になってしまうからむしろ水を差してやろうと思いました。もし特集が「明るく楽しいホラー」なんてものだったらまた別な書き方をしていたかもしれません。とはいえ、自分でも正直なところ、この作品を誉めたいのか貶したいのか、好きなのか嫌いなのか未だに分かりません。
 字数が足りなくて説明できなかったのでレイモンのたとえは分かりづらかったと思います。リチャード・レイモンが「良心抜きのキング」と評されていたことを知っている人なんてごく限られているでしょうし。
 それにしてもこの号の中で私の書評だけ異常に浮いていて今でも冷や汗が出ます。


戻る