戻る

鼠(ねずみ)
 原題:The Rats (1974年)
ジェームズ・ハーバート 著  関口幸男 訳
(サンケイ新聞出版局・1975年10月3日第1刷・800円)
 ジェームズ・ハーバートがこの『鼠(ねずみ)』を引っ提げてイギリスの小説界にデビューしたのは1974年だった。
 これはアメリカでスティーヴン・キングが『キャリー』で長篇デビューしたのと同じ年だから、ハーバートは登場時においてキングの影響を受けていない、現役としては今では希有な作家であるといっていいだろう。
 キング以前の現役ホラー作家で、今でも継続的に作品を発表し続けているのは、思いつく限りでは、ジョン・ファリス、ディーン・クーンツ、ブライアン・ラムレイ、ラムジー・キャンベルぐらいだろうか。

『鼠』は動物パニック物としては、以前にデュ・モーリアの『鳥』やピーター・ベンチリーの『ジョーズ』、アーサー・ハーツォグの『スウォーム』といった作品もあるので、元祖というわけではないが、臆面もない無節操な残酷描写が反響を呼び、やがてマスコミに貼られた「ナスティ」(きたならしい、胸糞悪い)というレッテルが定着すると、影響を受けて血と暴力を売り物にしたホラー作家が続々と現れ、ハーバートはナスティ派の教祖的な存在に位置づけられた。


 本作では、伏線の張られたプロローグに続いて、人間の肉の味を覚えた大ネズミの襲撃が次第に只事でなくなってくる状況が、複数の短編小説風なエピソードを重ねて描かれている。
 同性愛とアルコールのため転落してゆく元セールスマン、信心深いのに自堕落な女、着実な人生ながら平凡でさえない男などが、それぞれの場面でネズミの集団に襲われて食い殺されたり辛ろうじて生き延びたりする様子は、どこか突き放したような描写で、視覚的に過激で残酷である一方、現実にはどんな小さな事件にもドラマがあるということを思い起こさせる。
 特に本書119ページの、
 「小さな悩みごと、ささやかな歓びを胸に、ふだんとかわらぬ月曜日だと思って勤めに出てき、まさか今日死ぬとは予期もしていなかった人びと。死ぬにしても、こんな無惨な死にかたをしようとは考えもつかなかったろう。」
 という一節には、誰も予想し得ないことで何の関わりもない人々が命を落とすという事件が多発する今日、複雑な思いを抱かざるを得ない。


『鼠』には、ハーバートの生まれ育った当時のロンドンのイーストエンドの様子が色濃く反映されている。
 昔は貧しい地区だったようで、住民たちにとってネズミはもっとも馴染みのある動物だった。ハーバート家ではネズミ退治のためにばかでかいネコを2匹飼っていたそうだ。
 最初の作品が『犬』や『猫』などではなく『鼠』だったのには必然性があったわけである。そして、英・仏では人工の約3分の1が死亡したといわれる黒死病(ペスト)を媒介した動物として、ネズミに対する恐怖と嫌悪感が強かったことも一つの理由だろう。
 それは人間の「種」としてのトラウマといってもいいかもしれない。この作品でもネズミは致死性の病原菌を持っている。

 さらにもう一つ、ハーバートの中でネズミと結びついたものがあった。
 それは「システム」=「組織」である。人や物で構成された秩序あるかたち。そしてまた、見えないかたちとしての制度。
 これらの「組織」と対峙する「個人」というのが初期の作品に共通のテーマであった。
 ハーバート自身が感じた組織への不信感と反感は、そのまま主人公の美術教師ハリスの物事の受け止め方に表れている。
 また、もっと単純に、観光地化した田舎に大挙して訪れる人の群れに対する嫌悪感が、組織的に行動する大ネズミたちに対するそれと重なる場面もある。

 ハリスは、自分の生徒がネズミに噛まれたことや、地元出身であり運河地帯の地理にも詳しいことから、保健・社会保障省の役人フォスキンズに請われて協力者としてこの事件に巻き込まれていく。
 しかしハリスは、このネズミ対策の中心人物に対しては、フォスキンズが自分を呼び出した理由を、ハリスを市民代表と見なして自分が指揮を取ることによって、ネズミ駆逐作戦に失敗し市民から非難を浴びている自分の面子を保つためと察知して、一層軽蔑することになる。

 この作品では、ハリスが蔑んだフォスキンズでさえ、組織の中では、仕事にのめり込み、より成功することでしか自分に価値を認められない人間として描かれている。
 ハリスにしても、組織を嫌いながらも、決してアウトローであるわけではなく、中学の美術教師として自らも組織の一員として社会生活を送っている。おそらくそのこと自体にも苛立ちを感じていたはずだ。

 主人公ハリスには善良ぶったところはなく、ヒーロー然とした男でもない。過去には悪い事もしたり、差別意識も持ちあわせている、いわば普通の人間として描かれている。
 彼は自分の生まれ育った貧しい町――大都市ロンドンにありながら、偽りの都市開発政策の犠牲になった町――がネズミの集団に蹂躪されてゆくのを黙って見ていられずに行動するわけだが、そのあたりも作者の故郷に対する愛憎半ばしながらもやはり捨て切れぬ深い思いが風景以上に作品に反映されている部分かもしれない。

 終盤ではプロローグの伏線も生きてきて、巨大ネズミを生み出した原因も明らかになるほか、ラストには壮絶なバトルと、ただ巨大なだけではない気色悪い怪物の出現というクライマックスもあり、単なるパニックホラーを越えた怪物ホラーの一面もある。


 本書は全体的にはスピード感があり、ネズミが人を襲うシーンのように即物的なえぐい見せ場もあり、読み物としては優れている。しかしその反面、事態の推移をたどるのが精一杯で、組織の融通の効かなさや非情さ、非常時に身動きの取れなくなる全体と個人、人間の組織とネズミの組織の対比といった点については充分に描けているとは言えない。また、犠牲になること以外に女性が何の役割も果たしていない(特にハリスの恋人のジュディ)といった点も気になるが、これは次作の『霧』でもその次の『ザ・サバイバル』でも実はほとんど変わっていない。

 とはいえ、本書は面白く読める小説であることは確かであり、何度も読み返すたぐいの作品ではないかもしれないが、このまま絶版にしておくのはもったいない作品である。


戻る