戻る

シャドウランド
 原題:Shadowland (1980年作品)
ピーター・ストラウブ 著  大瀧啓裕訳 訳
(創元推理文庫・2002年12月13日発行・本体 上下840円)
初出:「幻想文学」66号(2003年3月10日発行/アトリエOCTA)
「シャドウランド」書評

【あとがき】
 上の「童話の女性像の特徴を備えた」の部分を少し補足すると、運命に逆らわず受身で抑圧された存在であるということです。もちろん現代のフェミニズムの視点で書かれた童話の場合においてはその限りではありません。書評のタイトルはシオドア・スタージョン『影よ、影よ、影の国』(ソノラマ文庫)より借りました。

戻る