戻る

闇の教室
 原題:Shadows (1992年作品)
ジョン・ソール 著  脇田馨 訳
(扶桑社ミステリー・1995年5月30日第1刷・本体699円)
 二度目の飛び級をした10歳の天才児ジョシュ・マッカラムにとって、先生や周りの年上のクラスメイトの態度は耐えがたいものだった。ジョシュが巻き込まれたトラブルのために学校に呼び出された母親のブレンダは、校長に「特別な才能を持った子供のために作られた」というバリントン・アカデミーを紹介される。
 フェアじゃない。誰も僕のことを理解してはくれない。けんかをしたのは僕のせいじゃない。勉強が出来過ぎることだって……。ジョシュは赤ん坊の頃に母親と別れた父親がくれたハンティングナイフを手に取り、自分の手首に向けた。
 自殺未遂事件後、試験を受けてバリントン・アカデミーに入学したジョシュ。当初心配していたが仲間には迎えられ、ジェフとアダム双子の兄弟やジョシュより少し早く入学したエイミーという友達もできた。ここでは誰も特別視されることはない。ジョシュはこれでなにもかもうまくいくかに思えたが、それも長くは続かなかった。人工知能の研究をしていたアダムが列車に轢かれて死んだのだ。アダムの死は自殺として処理されるが、それは初めての出来事ではなく、子供たちを残酷な運命に突き落とす冷酷で恐ろしい計画の一部に過ぎなかった。

 本書は前々作『呼ぶ声』、前作『闇に抱かれた子供たち』に続くハイテクホラー路線だが、むしろSFに近い(ラストなど「攻殻機動隊」を彷彿とさせる)。10年前の作品だけに、生徒のコンピュータのハードディスクが80メガバイトだったりと脱力する部分もあるのだが、そこに目をつぶればAIやバーチャルリアリティーを扱ったホラーとして結構面白く読める。
 ジョン・ソールといえば相も変らぬ児童虐待ホラーと思われているが、日本で問題となっている親による子供への虐待のような、特定の人物が継続的に直接的暴力を振るうというタイプの虐待ではない。子供たちは作品を通じて、過去の因縁や怨念と現在の狂気や悪意とが絡まりあった運命に虐げられるのである。その意味では本書も変わりはない。だが痛々しいほど怯え傷ついた幼い魂を描くと同時に、ある頃からラストにささやかな救いを感じさせるような作品も書くようになってきたり、だんだん悪人が悪人らしく描かれるようになってきているなど、多少の変化――それをどう受け取るかは意見が別れそうだが――も感じられる。ただしそれは子供たちが受けた身体と心の傷に較べるとあまりにもささやかだ。
〈感情を失った人間〉と〈肉体を失った人間〉という対比のしかたをすれば、本書は『ブレイン・チャイルド』と対になっている作品だといえる。そしてそれは必然的に人間とは何かという問いを生むだろう。『フランケンシュタイン』のテーマは今なおホラーの中に生きているのである。

戻る