戻る

鋼の神
 原題:Steel Gods (1990年作品)
スコット・グリュンマルク 著  松本みどり 訳
(創元ノヴェルズ(東京創元社)・1992年4月24日初版・本体680円)
 ファンタジーイラストで有名な高田美苗による、少女と襟巻きドラゴンが描かれたカバーイラストはとてもいいのだが、この作品にはもったいないような気がする、と言ったらいきなり貶し過ぎか。だが少なくとも絶版になって人目に触れなくなるのはやはりもったいない。ほとんど話題にはならなかったが存在は知っていたし、超能力が扱われていることも知りながら個人的に作っているモダンホラー・リストにもずっと入れていなかった。なんとなく読む前から何かホラーとは違うような感じがして数年前までずっと保留していたのである。

 TVレポーターのデヴィッド・コーリーの14歳の娘アナは強力な精神支配能力の持ち主だった。そのためにデヴィッドは、同様の超能力を駆使して権力の地位を登りつつあったかつての親友ジェームズ・ロードと大企業家の〈ドラゴンマン〉ことリチャード・スピアーの権力闘争に巻き込まれてしまう。ジェームズはデヴィッドにアナを利用しようとしている者がいると忠告するが、スピアーはデヴィッドの元同僚でスピアーを調査していたジャーナリストの愛人(男なんだよなこれが)を惨殺し、アナの学校の優秀生徒の表彰式に現れるなど、徐々にアナに向けた魔の手を狭めつつあった……。
 少年時代、デヴィッドの恐怖の的だった凶悪な二人組が今はスピアーの用心棒になっているなどの工夫もあり、非常に読みやすいし別につまらなくもないのだが、秀逸なカバーイラストにつられて『ファイアスターター』レベルの傑作を期待して読むと肩すかしを食うかもしれない。ラストには超能力者同士の対決も用意されているが、いま一つ迫力に欠けている。
 娘と妻を奪われ、完膚なきまでに痛めつけられてフラフラの父親デヴィッドの奮闘はよく書けているのだが、娘のアナの描きかたがまずい――端的に言って表紙のイメージほどかわいくないのである――ので感情移入がしづらい。超能力少女だからといってヒロイン然として描かれなければならないということはないが、かと言ってホラー的な後味悪さを狙うタイプの話でもないだろう。そしてここがもっとも重要な点なのだが、超能力を扱っていながらそれが政治的な人心支配のパワーの延長のようにしか感じられないので、超自然に対する驚異(ホラー・マインドとでも言うようなもの)を感じさせず、結局はせっかくの設定を生かしきれない冒険小説風の政治スリラーになってしまっている。当然、SFとも呼び難い。超自然的なセンスを明確に定義するのはとても難しいのだが、それが欠けているがゆえにホラーになり損ねている作品は割と多いと思う。もっともそれがホラーであることを売りにしていないなら別に問題はないのだが……。

 超能力物の傑作は80年代までに結構出そろってしまっているので、ホラー者の期待に応えられるだけの作品を新たに送り出すのは難しい。確かに本書は出来がいいとは言えないが、明らかに超能力が描かれていることを読んで一応確認したので、結局自分のホラーリストには入れることにした。
 ちなみに表紙の方は、好みにもよるがレコードやCDで言うところのいわゆる“ジャケ買い”の対象になると思う(自分はしたことがないけど)。

戻る