戻る

渦まく谺
 原題:A Stir of Echoes (1958年作品)
リチャード・マティスン 著  高橋豊 訳
(早川書房/ハヤカワ・ファンタジイ3013・昭和34年6月15日発行)
 翻訳されたリチャード・マシスン(マティスン)のSF/ホラー系の作品の中では、なぜか文庫化もされず絶版になったままの本である。

 トム・ウォレイスは近所の家のパーティーで、妻アンの弟の催眠術の被験者になる。最初は冗談を言ったりして抵抗していたトムだが、意に反してあっさりと術にかかってしまう。周囲には大いにウケたトムだったが、異変はその夜に起きた。眠れずに床を出て居間へ行くと奇妙な感覚に襲われ、そこで黒い服を着た女の姿を目撃する。さらに隣家の女房の邪念を感じたことに始まり、他人の思考を感じ取るようになったばかりか、列車事故までも予知してしまうのだった。トムは霊媒となったのか? そして毎夜のごとく現れる黒衣の女は幽霊なのかそれとも生きている人間の思念なのか……。

 読む前は邦題からしてとり憑かれた家から発せられた想念のようなものを描いた、『地獄の家』に先行する作品かと誤解していたのだが、そうではなく、催眠術をきっかけにして超常的な知覚(というか霊能力のようなもの)を身につけた男の話だった。本書もマシスンの初期の作品『地球最後の男』や『縮みゆく人間』と同じように、特異な状況とともに苦境に陥る男を描いている。

 単に似ているというだけの指摘に止まるが、毎夜現れる女を事故死した子供に変えて、「ぼくは死んでない」というメッセージを付ければクーンツの『闇の眼』に、霊能力を得た男が積極的にそれを使った活動をすればジェイムズ・ハーバート『月下の恋』に繋がるし、さらに望まぬ力を与えられた主人公がその能力ゆえに家族や社会との齟齬を深め、追い込まれていけば(この『渦まく谺』もそうなのだが)F・P・ウィルスンの『触手(タッチ)』やキングの諸作品へも繋がってくるだろう。特にキングの『骨の袋』には本書の影響が色濃く現れている。

 この作品、数年前に映画化されたので、(すでに時機を逸してしまった感があるが)ビデオなどの形で日本に入ってくれば文庫で復活ということもあるかもしれない。

戻る