戻る

ザ・サバイバル
 原題:The Survivor (1976年)
ジェームズ・ハーバート 著  関口幸男 訳
(サンケイ新聞出版局・1978年4月3日第1刷・880円)
 本書は長篇第三作目。前の二作でベストセラー作家の地位を不動のものとしたハーバートは、えげつないまでの残酷・暴力描写から「ナスティ」というレッテルも張られ、ナスティ・ホラーの追従者も続々と現れた。「ナスティ」=「動物もの」ではないのだが、折からの動物パニック映画のブームとあいまって、犬・猫は言うに及ばず、殺人蠅だの蟹だのナメクジだのといった生き物の増殖は、ホラー界を席巻した。ハーバートはそうしたナスティ・ホラーのブームについて、実のところ他の作品は読んでいないがそういう状況は愉しんでいたというようなことを述べている。ただ、他の作家の出来の悪い作品によって自分の作品が同レベルと見られることは危惧していたようであるから、パイオニアとしての自負は相当のものがあったはずである。

 さて、本書では冒頭でいきなり航空機墜落の大惨事が描かれる。散歩で夜空を仰いでいた老人の祈りの叫びもむなしく、裂けた機体から炎を噴き出した飛行機は、彼の頭上を過ぎ、ついに墜落する。しかし、想像を絶する無残な事故現場にたどり着いた老人の目の前で燃える残骸からただ一人、歩いて生還した奇跡の生存者がいた。その男こそ事故機の副操縦士デビッド・ケラーだった。彼は事故直前の記憶を失っていたが、何かにつき動かされるように事故の真相をつきとめようとする。その一方、事故現場の周辺では、住民が錯乱したり惨死する事件が続発する。ケラーを訪ねてきた霊能者のホッブスは、復讐を求める犠牲者たちの霊が邪悪なものに支配されはじめていると言うが……。

 ハーバートの初期の作品では、一作ごとに事件における主人公の被害者度が増しているが、それと同時に事件に対して、より本質的にかかわってくるようになるので、主人公自身の事件に対する責任も増してきている。
 たとえば『鼠』では主人公はネズミの専門家ではなく教師であり、はじめは単なる目撃者に過ぎず、ネズミ退治に参加する義務はまったくなかったし、『霧』の主人公は最初の被害者で、霧に対する免疫があるという理由があるものの、やはり生命の危険を冒してまで霧に立ち向かわなければならない義務はなかった(もちろんそれぞれに個人的な理由や義務感はある)。だが、本書の場合、ケラーは事故機の副操縦士という立場にある。この重大な責任感が、同時に被害者でもあるケラーを駆り立てるひとつの理由であり、主人公として事件に関与してゆく説得力ともなるはずなのだが、肝心の事故の真相というべきものが本書では唐突の感を免れず、後半が粗雑になり、全体の完成度では明らかに前作『霧』よりは質が落ちている。
 しかし、ラストに感じる一抹の清々しさのような感覚は、前作から次作の『仔犬になった男』へも繋がっていて、脱ナスティへの発展を十分に予感させるものがあるのは指摘しておかねばならない。また逆に、本領発揮の恐怖シーンでは、車中のカップルや早朝の釣り人らを、悪意を募らせた死者たちが襲うくだりで、たたみかけるような恐怖が生々しく描かれている。特に、学校をサボったおちこぼれの少年が墓地で遭遇する「孤独な少年」という章はかなり怖く描けていてオチも悲惨なので、ブラックな恐怖ファンにも納得がいくだろう。

 邦題についてはちょっと異論ありで、「サバイバル」だと雪山とか無人島で生き残る話のように思ってしまう。この本では事故の生存者だから、カタカナにするのならここはやはり原題の通り『ザ・サバイバー』としたほうが誤解がすくないのではないかと思う。本書も絶版だがぜひ復刊して欲しいし、その際にはタイトルも考慮して頂きたいと思う。


戻る