戻る

トミーノッカーズ
 原題:The Tommyknockers (1987年作品)
スティーヴン・キング 著  吉野美恵子 訳
(文藝春秋・1993年8月1日第1刷・上下各2621円)
初出:「幻想文学」40号(1994年1月27日発行/幻想文学出版局)
トミーノッカーズの書評

トミーノッカーズの書評

【あとがき】
 書評にかこつけて結構言いたいことを言ってますが、内容からかけ離れたつもりはありません。実は自分が書いているものはあまり「書評」だとも思っていないのでこういうのもありかな、と。でも学校のウサギ云々はちょっと余計だったかもか知れません。ちょうどこの書評(他に何と言ったらいいのか今はまだわからないので)を書く少し前に、どこかの小学校で飼育していたウサギが管理しきれないという理由で校長によって花壇かどこかに生きたまま埋められてしまうという事件があって、腹が立っていたので書いてしまいました。
 あとこれも蛇足ですが、傍点打ったりカタカナにしたりして駄洒落を強調するのが嫌いなので「夢うつつ状態」とか「変圧器」はわざと日本語にしてあります。本当は英語では3つともつづりが違うからなんですけど(笑)。

戻る