《親指シフトの小部屋(2頁目)》
無名掲示板前頁次頁トップに戻る
FMV-5166の親指シフト化 (2007/8/22改)
キーボードを親指シフト化する(その1) (2006/12/30)
(その2) (その3) (その4) (その5) (その6)
親指シフトキーボード(パソコン編) (2007/1/16改)
親指シフトキーボード(ワープロ編) (2007/1/17)
キートップの文字消えの修復 (2007/1/28)
でか文字改造シール (2007/10/28)
親指シフトで片手入力 (2008/3/6)
親指シフト対応「ポメラ」発売 (2012/12/17改)
Japanist 2003 が Windows 7(64ビット)に対応 (2012/3/30)
「ポメラ」DM100 ソフトウェアアップデート (2012/10/18)
Japanist 2003 が Windows 8 に対応 (2013/7/1)
目印シールとキーボードカバー (2013/12/28)


2006/12/28,07/8/22改  FMV-5166の親指シフト化
 2006年の夏頃に800円で買ったジャンクノートFMV-5166 NU8/Wのキーボード配列を親指シフト(NICOLA)化してみた。
 バックライトが昇天寸前で起動時の画面が赤いが、完全に起動するころにはどうにかまともになる。キーの隙間には綿埃が詰まり放題だったが、丁寧に手入れをすれば普通の中古品と変わらなくなった。画面の左にはパステルグリーンのラインが縦に1本入っているが、壁紙やエディタの背景色を緑系統にすればほとんど気にならない。
 64MBのメモリを400円でゲットし、合計96MBで使用。Windows3.1/95時代の貰い物プリンタをつないで一応音楽も聴ける印刷マシンと化している。メインマシンも中古だがXPで使えるようなプリンタは持っていない。ソフトはオフィスも市販ワープロも入ってないが不自由はしていない。外付けのフロッピーディスクドライブも100円のジャンク品(写真のものとは別)。

※その後128MBの箱入り新品メモリを750円で発見、合計160MBになった。さらにハードディスクを2.0GBから6.4GBに換装した。Windows98なのでネットには繋いでいないが、CD起動でわずか約115MB程しかないPuppy Linuxからの接続には一応成功した。内蔵のハードディスクにもアクセスできたし、PCカード接続のハードディスクも認識できたのでいざというときのファイル救出には使えるだろう。しかし音が出ずAnthyでの日本語入力がまともな親指シフトにならなかった。設定が悪いのだと思うが、スペック的にギリギリなので試行錯誤にもかなり時間がかかり疲れる。親指シフトが標準で備わっているOSとしては最小だろう。改めてチャレンジしたい。(07/08/22追記)
※筐体劣化でさすがに今は使っていない。(14/12/3追記)

2006/12/30  キーボードを親指シフト化する(その1)
 JIS配列のキーボードを親指化するにはソフトウェアで配列を変え、キートップに親指シフト配列のシールを貼る。
 ソフトは「Japanist2003」を使用。日本語入力ユーティリティとのことだが、要は普通の日本語IMEである。快速親指シフトエミュレーションという機能で親指化する。親指シフトエミュレーションには「親指ひゅんQ」等のフリーソフトもあって、それを使えばWindowsのMS-IMEでも親指シフトを実現できる。
 キートップはタッチタイプのできる人なら変える必要は特にないのだが、親指歴は長いにもかかわらず私はできない。タイプのスピードは遅いしミスタッチも多い。実はそれでも問題ないのが親指シフトのいいところだ。タイプする回数が少なくて済むのでしゃかりきなってキーを叩かなくても文章が書ける。考えるのを別とすれば文章を書くのがとても楽なのである。また、後退キーと取り消しキーの位置により、入力中の修正が簡単だという点も大きい。

 親指化を完了した5166 NU8/W。


2006/12/31  キーボードを親指シフト化する(その2)

 実は「Japanist2003」にはこのようなキートップシールが2枚付属しているのだが、白地に黒の文字なので本体のキーの色と合わない気がして、貰い物の骨董品プリンタがどこまで使えるかという検証も兼ねて自作することにした。


 フリーのフォトレタッチソフト「JTrim(ジェイトリム)」の文字入れという機能で配列を仮作製した。機種ごとの配列の違いにより、記号などが実際に出力されるものと違ってくる可能性があるから、色や濃度を調整しながらとりあえず普通紙に印刷し、切ってペーパーセメントなどでキートップに仮貼りする。まあここでもシール用紙を使っておけば面倒は少ないが。方向を変えて2回、最後に印刷位置を真ん中に調整すれば1枚の用紙に3回試し刷りできる。


2007/1/1,8/31,9/14,9/16,2009/2/27  キーボードを親指シフト化する(その3)

 アルファベットのキー配列はJISキーボードも親指シフトキーボードも同じなので、かな部分だけ適当に切り取って仮貼りし、各モードで一つずつキーを押してシールに印刷した文字が合っているか確認する。貼ってみて分かったが地の色が少し薄かった。



 決定した文字レイアウト。
 クリックで原寸大。

 「ぱぴぷぺぽ」をカット&ペーストしたり文字間を微調整して保存したら少し劣化した。ビットマップで作成すべきだったが後の祭り。

 これをシール用紙に印刷してキートップの大きさに合わせてカッターで切る。


※上記のJapanist配列をビットマップで作り直してみた。つぶれた文字を見やすくするなどドット単位で微調整を重ね、上のものよりずっとよくできたが、プリンタの問題もあるしいまさら張り替えるのも面倒なのでそれはしない。
(ファイルを少し下に置いておきます。)
(07/9/16追記)


※「親指ひゅんQ」を使用した場合のキートップシールをディスプレイ上で作製してみた。「Japanist2003」を使用した場合とは少し記号の配置が違う。
 適用した機種はFMV-BIBLO NU15。ディスプレイからキーボードまでこれでもかというほど満遍なくヤニにまみれた汚いジャンクだった。パソコンではなく煙草の煙吹きつけ器だったと思われる。しかし故障はなく、綿棒、メラミンスポンジ、アルコール、チューブ入りクリーナー等、手近のあらゆるものを駆使してクリーニングすると普通のジャンクになった。
 CPUがMMX150MHzなので親指ひゅんQが推奨するスペック(Celeron 1GHz程度)には程遠いがちゃんと動作して親指シフトになった。ただなぜか変換動作が最初の一回だけ遅い。後は普通になるが、高速入力時の弊害があるかどうかは当方のスピードがそれほど速くないので不明。
 配列のレイアウトは今回はビットマップで作成。ひらがなはボールドにせず英字も半角にし、文字間を広げ、幅の狭くなったW、@、#等をドット単位で修正した。「ぱぴぷぺぽ」の○(マル)も1ドット横に引き延ばして見やすくしている。前回よりうまくいったと思うが、ディスプレイ上ではキレイなのに、文字が細いうえプリンタがボロなので、普通紙を使ったテスト印刷ではクッキリした印刷結果が得られなかった。
※※後日、上質紙に近いシール用紙に印刷したが、やはりプリンタがネックで満足のいくものではなかった。ここ7、8年くらいのプリンタならおそらく大丈夫なのではないかと思う。

*****************************

下のファイルは参考にするなり修正するなりしてご自由にお使いください。
 上記のテスト印刷時より文字間、文字幅、背景色を再調整しました。
 テキストファイルも付けます。キーボードが白系で白地に黒文字の場合はテキストをお好きなフォントでそのまま印刷した方がいいかもしれません。その場合、「ぱぴぷぺぽ」はワープロソフトなどで割り付けするなり、小さく印刷してキーの前向きの側面(つまり前面)に貼り付けるなりしてください。
 下の例はあくまでも上記機種の場合です。重要なのは、ソフトのマニュアルをよく読み、使用する機種において設定を完了し、動作および出力文字を確認してから最後にシールを作製することです。
親指ひゅんQ版レイアウト
q_keytop5.bmp(557KB)
q_keytop.txt(497B)
Japanist2003版レイアウト
keytop9.bmp(666KB)
keytop.txt(684B)
(07/8/31追記,9/14画像差し替え,9/16画像追加,09/2/27ひゅんQ版修正)

※上の二種類のレイアウトをOpenOffice.org 2.4 Writerで作製してみました。
白地に黒文字です。作製にあたり、親指ひゅんQ版レイアウトの再検証の結果、一部右の方の記号を差し替えました。行間を詰めてあるので、OpenOffice.org 2.4 Writerではディスプレイ上で一部の文字が欠けて見えるかもしれません。Wordなどで読み込んだり変換した場合は全体がどうなるか分かりません。pdf形式に変換したものも置いておきます。注意事項は上と同じです。カバーシールとして透明つや消しのメンディングテープを使うとよいかもしれません。作製に使用した機種−FMV-5233 NU/W (Windows98)

OpenOffice.org 2.4 Writer版ファイル
Keytop2.odt(12KB)

pdf形式ファイル
Keytop2.pdf(33KB)
(09/2/27追記)

2007/1/2  キーボードを親指シフト化する(その4)

 シールを貼ったら上から透明のカバーシールを貼って完成
 クリックで拡大。

 キートップに合わせてシールを切り取るのは面倒だったが、鋏で角を丸めるのはもっと面倒だった。角を丸めた方が見栄えがよくてはがれ防止になるかと思ったのだが、カバーシールを貼ったので果して必要があったかどうか。



 親指シフトキーボードでは左右の親指シフトキーが他のキーより少し高くなっているので、それに近づけるには少し工夫がいる。予算があれば合成樹脂などの素材できれいに成型して盛り上げたいところだが、予算も知識もないのでここではクッション付きの両面テープを使った。
 もちろん高くしなくても入力はできるが、高くした方がおそらく指への負担が少ないのだろう。


2007/1/3  キーボードを親指シフト化する(その5)

 親指化に使用した100円グッズ。
 はんこシールというのは、はんこを押して名前シールとするもので、そのカバーフィルムだけ使用する。
 カバーフィルムつきラベルはサイズの大きい親指キー用のカバーに使用。
 真ん中の両面テープが親指キーの盛り上げ用。厚さは1.2oで、クッション性もあるのでディスプレイを閉じても大丈夫。黒いタイプもあり、そちらの方がわずかに薄いので、薄型ノートやキートップが低い場合に適しているかもしれない。

2007/1/5,2008/8/23  キーボードを親指シフト化する(その6)
 本来の親指シフト配列は、JIS配列を親指化したものと違い、左右のシフトキーが〈B〉の下で並び、変換・無変換キーも独立している。真ん中に空白キーが割り込んだJISの親指化は、根っからの親指シフターにはちょっと違和感ありで、慣れないとミスタッチしやすいが、Japanistやエミュレーションソフトには変換・空白・無変換の割り当てを変更する機能があり、キーの長さのバランスの悪さを気にしなければ空白キーを左シフトにして間に空白キー割り込ませないようにすることもできる。
 親指シフト化に一番適したJISキーボードは、変換・無変換に当てる空白・変換のキーがBの下で均等な幅で並んでいるものだが、デスクトップ用のキーボードではいくつかあるものの、ノートパソコンではほとんど存在しない。

 クリックで拡大。

 Bのキーの下段のひらがなが「ひ」になっているがこれは間違い。正しくは「へ」である。なぜこんな間違いをしたのか疑問である。改善を求めたい。
この問題は Japanist 2003 アップデートパック (V3.0 L10 rel.11) にて修正された。(アップデートパック修正情報より) ※このアップデートパックは、USB親指シフトキーボードFMV-KB232 に対応させるためのもの。 (2008/08/23追記)








2007/1/7 1/16改  親指シフトキーボード(パソコン編)

FMR-50NBX2
 モノクロ画面のMS-DOSノート。DOSのバージョンは3.1。使用パソコンとしては2代目で9800円で入手。初代は別売オプションでMS-DOSが走るワープロ専用機のOASYSだった。本機でパソコン通信の使い勝手は格段に良くなった。
 これが本来の親指シフト配列。左右のシフトキーが〈B〉の下で並び、最下段に独立した変換・無変換キーがある。
※その後バックライト切れ、FDドライブ故障で引退(2013/12/28追記)



FMR-50NE
 同じくモノクロのMS-DOSノート。NBX2のCPUが386SXの20MHzだったのに対し、486SX25MHzになったが値段は5千円。NBX2では14,400bpsのモデムでパソ通をすると速さについていけなかった(CPU的には充分だったがBIOSが対応してなかったらしい)が、取りこぼしも本機で解消。DOSは6.2を入手したが、OAKの所作に不満があり3.1に戻した。
※その後バックライト切れ、FDドライブ故障で引退(2013/12/28追記)



FMV-5133NU/DC
 秋葉原で奇跡的に遭遇した、自分にとって初めてのWindows機。
 98をインストールし、メモリは32MB−48MB−80MB、HDDは1.0G−2.0G−6.0Gへと増量、CD-ROMドライブは6倍速から平均14倍速へと換装。6年間頑張ってくれた。IMEはOAK-V7を使用。
 親指シフト仕様のノートパソコンでは、このようにシフトキーと変換・無変換キーが共用になっている。



FMV-KB211
 現在使用中のデスクトップ用親指シフトキーボード。10年くらい前に2千円で買ったが長い出番待ちの末ようやく日の目を見た。これはもう最高。難点はフルサイズなのでマウスが遠いこと。
※その後デスクトップ処分に伴い、再びお蔵入り(2014/12/3追記)


2007/1/17  親指シフトキーボード(ワープロ編)

OASYS Lite K
 最後に買ったワープロ。昔、高嶺の花だったが高円寺の古道具屋で発見。後にごついFDドライブと接続アダプタも手に入れたが、実用には程遠いレベル。
 キーボードは見かけはチャチだが、良く見るとホームポジションのキーが他のキーよりも若干深くくぼんでいて、丁寧な設計になっている。実際打ってみると意外にも打ちやすい。ただし表示は20字2行、第二水準漢字もない。



OASYS Pocket
 初代のオアシスポケット。530グラム、単3二本で10時間使用できる携帯ワープロで、どこでもペチペチ打てるのだが、あまり活用したとは言えない。外付けFDドライブが壊れたが、メモリーカードをFMRのFM-OASYSで読み書きできるので問題なし。製品としては最小の親指シフト。
 三代目で表示が明るく、MS-DOSマシンでもあるポケット3は憧れの的だったが、とうとう手に入れられなかった。



OASYS30AFIII
 初めて買ったワープロで、電化製品でラインナップの最上位を買ったのはこのときだけ。オプションのMS-DOSでパソコン通信を始めた。メニューやエディタなどをフリーソフトで揃え、フロッピー起動に2400bpsという遅さを我慢すればそれなりに使えた。ワープロとしては1文書30ページと当時としては大容量で、他文書参照・編集ができるなど高機能だった。今でも使っている。キータッチは多少カチャつく感じはあるが楽に打てる。

2007/1/28  キートップの文字消えの修復
 以前、親指シフトキーボード搭載のFMV-5133NU/DCのキートップの文字消えを修復した時に使用した100円ショップのグッズがまだあったので紹介。
 極細の筆を使い、似た色の水性アクリルペイント(「乾けば耐水性になる」と書いてある)で修正、乾いたら上から爪に塗る透明のトップコートを塗って保護した。最初は何年か前にアクリルペイントだけで済ませていたのだが、使っているうちにやはり取れてきてしまうのでやり直した。修復してから半年は使ったと思うが、それくらいでははげ落ちたりしなかった。色によっては極細油性ペンかマニキュアでもいいかもしれない。もちろん金をかければ東急ハンズなどで店員に相談するなりしてもっと適当なものが見つかるだろう。かなり細かい作業で失敗すると汚くなるので紙の上で練習してからやった方がいい。材質の組み合わせによっては滲んだり元の印刷が溶けたりすることもあるかもしれないので要注意。
 以下はちょっと脱線。
 私が見てきた範囲では、親指シフトキーボードにおけるキートップの文字消えやかすれは非常に少ない。理由は絶対数の少なさと、FMRやOASYSのキーボード(すべてではないと思うが)に、二色成型のキートップ(これならいくらこすっても消えない)が採用されていたことであろうが、第三の理由として挙げられるのは、親指シフトという入力方式の特性としてキータッチが比較的ソフトになり、タッチ数も少なくて済むから磨耗しにくいということもあるのではないかと思う。私が修復したのも実は文字キーではなく[Enter]キーの[t]と[e]で、正確にいうと〈消え〉でも〈かすれ〉でもなく〈欠け〉だった。これも推測だが、以前の使用者が女性で、Enterキーを叩くたびに伸ばした小指の爪が当たっていたのではなかろうか。買ったときに同じ機種が他に2、3台あったことや、天板のシール跡(おそらく部署を示すもの)からして、企業で使われていたのは間違いないが、カーソルキーとEnterキーしか叩かないような仕事をしているおっさんに使われていたと考えるよりもずっとましである。

2007/10/28  でか文字改造シール

 100円ショップのダイソーに行ったらこんなものがあったので紹介。
 キーボードに貼る「でか文字改造シール」のローマ字入力用とかな入力用。下半分がローマ字変換対応一覧とショートカットキー一覧のシールになっている。残念ながら親指シフト用はない。
 しかし、JIS配列のかな入力用のシールが売れる見込みがあると踏んだのなら、親指シフト用だって一定の使用者がいるし、最近新たに始める人も増えているからあと一歩という気もする。特に目的がキートップの文字を大きくして見やすくするということなら、ワープロを懐かしむ世代や復活を望む世代の潜在的なニーズとも合致するはずだ。新聞の投稿欄でいまだにワープロの修理ができないと嘆く声や、復活してほしいという要望をときどき目にするが、それは証拠の一つではないだろうか。まあ親指シフトのワープロというと富士通のOASYSに限られてしまうのだけれど、それにしたってそれなりのシェアを占めていたわけだし、コストもリスクも少なくて済むと思うのだが。
 問題は親指シフトの場合、専用キーボードにそのシールを貼るというのはあまり意味がないような気がするのでやはり親指シフトシミュレーション利用者が対象となることで、そっちの方へのガイドが必要になることと、パソコン初心者にはハードルが高くなってしまうことだろう。また、親指シフトシミュレーションには色々種類があるので、統一した窓口があればダイソーに限らずあちこちに話を持っていきやすいと思うのだが、日本語入力コンソーシアムがその役割も担うというのは無理なのだろうか。

2008/3/6  親指シフトで片手入力
 親指シフトは両手でしか入力できないと思われているかもしれないが、片手で入力することも可能だ。ただ、普段反対の手で打つ側の端の上段の文字を打つときは人指し指と親指が離れて打ちにくいし、クロスシフトをするときも打ち間違えやすい。長文を入力するのには向かないけど、メモを片手に検索語を入力したり、考えながらキーワードを羅列したり、メールのタイトルを書いたりするぶんには問題はない。私もときどきやっている。飲物片手に小説を書いているという人にも会ったことがある。
 もちろん一般的ではないし、お勧めできることでもないのだが、無理ではないことは書いておきたい。この文章も片手で書いた。特に疲れることもなかったけど、これぐらいが限度かもしれない。

2011/11/8,12/3/30更新 親指シフト対応「ポメラ」発売
 ラベルライターのテプラで知られる文具メーカーのキングジムから、親指シフトにも対応した新型「ポメラ」DM100が発売される(2011年11月25日予定)。ポメラは、2008年から発売されていたデジタルメモというコンセプトの文章入力端末であったが、今回の新型機では、キーボードの折り畳み式をやめて横長タイプになった代わりに画面を大きく(5.7インチ、800×600ドットのバックライト付きTFTモノクロLCD)し、画面の左右にBluetooth、QRコード、カレンダー、国語・英和・和英の辞書のボタンを備え、往年のOASYSポケットの進化形のようなスタイルに仕上がっている。
 肝心の親指シフト対応だが、再下段のシフトキーの並びが、「無変換|変 換」である正式な親指シフトではなく、「無変換|空 白|変 換」となっており、いわゆるB下割れでない一般のJISキーボードをエミュレーションソフトを使用して親指シフト化した場合と同じである(「親指シフト」キートップシールが付属する)。かつて富士通も、ノートパソコンのFMV-BIBLO LOOXシリーズの一つで同様の配列のお茶を濁したような機種を出してユーザーの顰蹙を買ったことがあったが、今回の新型ポメラの場合はむしろ「親指シフトを出してくれたら」という多くのユーザーの要望を聞き入れて富士通以外のメーカーが出してくれたことへの称賛を惜しまぬ親指シフトユーザーの方が多いのではないだろうか。また、日本語入力システムに愛好者の多い「ATOK」を搭載していることもポイントの一つだ。
 とにかくこれは今後の可能性が期待できる新たなる一歩であり、いつでもどこでも楽に文章を「語りたい」と願う人々にとっての大いなる光明となりうるイベントである。

※まあ自分は買えないしちょっと大袈裟な言い回しになってしまったけど(苦笑)。
※その他の特徴的スペックは以下の通り。
1ファイル全角40,000文字/最大1,572ファイル登録可能・32GBのSDHCに対応
1行の文字数、行数設定可・縦書き表示・CSV形式の表作成・2画面編集モード
駆動時間:単3形アルカリ乾電池2本で約30時間。エネループ使用の場合は約25時間。
サイズ:約W263×D118.5×H24.6mm(突起部含まず)、約399g(電池含まず)
メーカー希望小売価格:税込¥37,800


※親指シフト入力は電子辞書の検索時、Bluetoothキーボードとしての使用時には機能しない。(2012/3/30 追記)
※上記はソフトウェアのアップデートにより、電子辞書の検索時のみ親指シフト入力可能となった。(2012/10/17 追記)

2012/3/30 Japanist 2003 が Windows 7(64ビット)に対応
 富士通は3月30日、Windows 7 64ビットに対応した Japanist 2003 のアップデートを公開した。Japanist 2003は、2003年から発売されていた日本語入力ソフトウェア。
 同アップデートの適用により、Japanist 2003の版数表示は [V3.0 L10 rel.316] となり、64ビット版のWindows 7 と Windows Server 2008 R2 にも対応可能となる。
 このアップデートパックには従来の32ビットOS向けアップデータも含まれている。アップデート対応OSは Windows XP SP3、Windows Server 2003 SP2、Windows Vista SP2、Windows 7、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 。

※Windows 98, Windows Me, Windows 2000, Windows NT4.0 は適用からはずれている(現行バージョンでは使用可能)。

 2012年2月20日にMicrosoftが発表したWindowsのサポートライフサイクルの変更によると、Windows VistaとWindows 7のサポート期限は5年延長され、延長サポートの終了期限は全エディションのWindows Vistaが2017年4月11日、全エディションのWindows 7が2020年1月14日となった。Japanist 2003 の64ビット対応と併せ、親指シフト入力の使用者にはこの上ない朗報だろう。次期OSのWindows 8 についての対応はまだ何も明らかにされていないが、それに対応したJapanistの完全新バージョンが望まれるところである。

2012/10/18 「ポメラ」DM100 ソフトウェアアップデート
 親指シフト入力にも対応したキングジムの「ポメラ」DM100が、ソフトウェアアップデート(Ver.1.2.10.0)により従来は不可だった辞書画面(国語・和英)での検索語句入力が、かな入力、親指シフト入力でも可能になった。
 また、親指シフトキーの設定が3種類に増え、スペースキーを親指左・親指右キーに割り当てられるようになった。
 その他の改良点についてはキングジムのサイト 「ポメラ」DM100 ソフトウェアアップデートのご案内を参照されたい。

 親指シフトキーの設定が3種類に増えたことにより、最下段の配列は

(1)[親指左/無変換][スペース][親指右/変換]
(2)[親指左/無変換][親指右/変換][スペース]
(3)[スペース][親指左/無変換][親指右/変換]

というように変更ができる。これらの改良が新製品でなく、ソフトウェアのアップデートによってなされているのは非常に良心的であり、現状を鑑みればそもそも親指シフトが可能になったこと自体が画期的なことであるが、初心者が最初に向き合う親指シフトキーボードとしてはまだ完全とは言えないということは指摘しておかなければならない。
 この中で配列が純正の親指シフトキーボードと同じなのは(2)であるが、実際の「ポメラ」DM100のキートップの幅とは異なっていることに注意が必要だ。親指シフトキーボードでは[B]のキーの直下に並んでいる左右の親指シフトキーの長さは同じであるが、「ポメラ」DM100のキーの幅を考慮に入れたイメージとしてはおおよそ次のようになる。

(1)[左/無][  ス ペ ー ス  ][右/変]
(2)[左/無][親 指 右/変 換][スペース]
(3)[スペース][親 指 左/無変換][右/変]

(1)では左右の親指シフトキーは同じ長さでバランスがとれているが、いかんせん上の文字キーと同じ大きさなので文字を打ち分けるためのシフトキーとしては小さ過ぎ、逆に間に割り込むスペースキーは長過ぎる(JISキーボードとしては多数派だが)。したがって左右のシフトキーを打つ時にはかなり親指を内側に折り込む形になってしまう。これがスペースキーが長いキーボードが親指シフトエミュレーションに不向きな理由だ。
(2)、(3)では親指シフトキーの並びは親指シフトキーボードと同じだが、左右のシフトキーの長さの違いがあまりにもアンバランスである。以上の3種類のうち、どの配列が適しているかは、実際に使用して一定時間入力した場合にどうかという点では個人差があるのでやってみないとわからない。ただ、これはパソコンのJISキーボードを親指シフト化した場合と同じなのだが、親指シフトはかな文字の配列のみで成り立つものではないということは初心者の場合特に念頭に置いておいてほしいことである。
 以上、親指シフトユーザーの視点で書いた発売時の記事より幾分批判的な物言いになってしまったが、気鋭のメーカーによる英断と真摯な取り組みにはあらためて敬意を表したい。

2013/7/1 Japanist 2003 が Windows 8 に対応
 富士通は6月28日、Windows 8 / Windows Server 2012に対応した Japanist 2003 のアップデート(rel.317)を公開した。
 同アップデートの適用により、Japanist 2003の版数表示は [V3.0 L10 rel.317] となり、64ビット版及び32ビット版のWindows 8 と Windows Server 2012 にも対応可能となる。

 Japanist 2003は、その名の通り2003年に発売された日本語入力ソフトウェア。一概には比べられないが、2001年に発売されて2014年にサポートの終了が予定されているWindows XPに匹敵しそれを越えようともしている寿命とサポートの長さは、普及率やユーザー数のことを考えると驚異的なことだろう。個人的にはまだXP以降の予定が立っていないが、感謝して使わせてもらっている。

2013/12/28 目印シールとキーボードカバー
 エミュレーションという手段でJISキーボードを親指シフト化しても、キーボードの刻印は当然JISかな配列のまま変わらない。親指シフトに習熟して完璧にタッチタイプできる人ならば特に問題はないかもしれないが、初心者や(常にあるいは時々)キーボードを視野に入れて入力する人にとっては、JIS配列のかな文字が邪魔になり、なかなか覚えられなかったり、ミスタッチが絶えない等により親指シフトをあきらめてしまう要因にもなりかねない。
 かといってどのキーボードにも合う親指シフト配列のシールは市販していない。自作するにも手間がかかるし、それをチマチマ切ってずれないように貼り付けるのはなおさら面倒だ。個人的な経験ではJIS配列のキーボードで親指シフト入力をしていると、エンターキーの左隣の「後退」と「取消」をタイプミスして入力文字を消してしまうことが多かった。そこでふと思いついて「後退」と「取消」、ついでに左右の親指シフトキーだけシールを貼ってみると、目印ができたことでタイプミスが減り、漢字変換前の修正も非常にやりやすくなった。
 写真ではCeleron 550MHzのノートパソコンのキーボードに目印シールを貼り、その上に100円ショップのダイソーで買ったシリコン製のキーボードカバーをかぶせている。これなら粘着力の弱いシールでもはがれないし、かすれることもない。このカバーはキーボードに合わせた型ができているものではなく、ただの平板なシートである。なので一見タイプしづらいように思えるが、やってみるとそうでもなく、高速でタイプするのでなければ問題はなさそうだ。もちろん入力をマスターしたら取ってしまってもいい。
 ちなみにこのキーボードカバーの台紙には、黒地に白文字のアイソレーションタイプのキーボードの写真が印刷されており、スキャナーで読み込んで画像編集ソフトで配列を入れ換えればいい感じの親指シフトシールができそうである。



このページの先頭に戻る
前頁次頁トップに戻る