《親指シフトの小部屋(3頁目)》
無名掲示板前頁トップに戻る
幻の親指シフトワープロ (2008/3/7)
DboardとDword (2008/3/19)
ASkeybaord (2008/3/20)
親指98 (2008/3/21)
ある意味惜しかったワープロ(2008/3/24)


2008/3/7,17,2009/8/11  幻の親指シフトワープロ
「富士通ハイテクウィンターフェア」のチラシ。期間は'87/11/21〜'88/1/20。

 このOASYS Lite Quirin〈キラン〉はプレゼントのみの非売品で、当時ワープロを買った友人たちを羨望の眼差しで見ていた私も応募したが、当然のようにはずれた。
 試作品を除けばおそらく最も珍しい親指シフトワープロだろう。



 ついでに一シーズン前のNECの宣伝チラシ。
 イメージキャラクターは、富士通の南野陽子が「はいからさんが通る」、NECの斉藤由貴が「恋する女たち」より。三代目スケバン刑事の浅香唯はワープロ/パソコンの広告に出ていたかどうか思い出せない。
 NECのワープロは文豪。空白キーの位置が自社のパソコンPC9801シリーズとは逆になぜか左の方についていた。(文豪mini5G/1986)

(2008/3/17追記)

 その後、動画投稿サイトで見つけたのだが、浅香唯は沖電気のパソコンのCMに出ていた。最初に画面、最後に本体がちょっと映るだけで、あとは「O、K、I、沖のパソコン」と言って踊るだけのアイドルのPVだった。このころは勿論三人とも良かったけど、今でもみんなあまり老けないなあ。

(2009/8/11追記)
2008/3/19  DboardとDword
 現在のようにPC/AT互換機(DOS/V)が普及する以前、パソコンといえばNECのPC-9800シリーズを指していた。もちろん他にもアップル社のマッキントッシュやシャープのX68000、富士通FMタウンズなどがあり、官公庁や企業などでは富士通のFMRシリーズが採用される場合もあったが、個人ユースとなるとPC-98のシェアは圧倒的だった。
 デジタルウェイブのDboard(1992)は、そのPC-98で使用可能な親指シフトキーボード。しかし親指シフト専用というわけではなく、Dboard SEは98JISおよびASCII配列のキートップを同梱し、Dboard sono1は一台でJISかな、ローマ字、親指シフトの三方式に対応していた。
 また、Dword(1993)は、PC-98上でOASYSの操作性を実現し、文書の相互コンバートも可能にしたワープロソフトである。

2008/3/20  ASkeybaord

 ASkeybaordは最初の発売が1990年で、92年に最後に発売されたASkeybaord de SEは、Dboardとほぼ同じ内容で、Dboard SEでは2種類のキートップが同梱されて3通りに使えたものがASkeybaord de SE1〜3として発売されていた。おそらくそれがアスキーからデジタルウェイブに引き継がれたものと思われる。なお、ASkeybaordにもOAShift98という前身があり、OASYS風のワープロソフトとセットで「親指君」として1988年にアスキーより発売されていた。ASkeybaordはコンパクトタイプだが、そちらはテンキー付きのフルサイズキーボードだった。

2008/3/21  親指98
 インターフェイスから1989年に発売されたPC-98用キーボードの親指98(おやゆびきゅうはち)。これは「日本語入力コンソーシアム基準配列(ニコラ配列)」が決まる直前だったので、キートップに「ぱぴぷぺぽ」は刻印されていない。半濁音はその当時のOASYSと同様に両端の(小指で押す)シフトキーを押しながら「はひふへほ」を押して入力する。ちなみにニコラ配列採用後は、半濁音は「ぱぴぷぺぽ」が刻印された「YPN,L」をクロスシフトで打鍵して入力するが、前述の入力方法もちゃんと残されている。値段はASkeybaord de SE、Dboard SEと同じ39,800円。単純に比較できないが、高いと言われる現行のFMV-KB613でも31,500円だ。

2008/3/24  ある意味惜しかったワープロ
 ある時期、セイコーとエプソンから出ていたワープロは、再下段に2つのキーが飛び出していて、一見して親指シフトと見紛うキーボードデザインだった。しかしあくまで配列はJISまたは五十音で、一番下のキーは親指シフトでは「無変換|変換」だが、この場合は「カタカナ|ひらがな」だった。そしてその上の、親指シフトでは「親指左|親指右」のキーが「無変換|変換」となっていた。このキーボードの金型を使えばおそらく親指シフト版も作れたはずだが、残念ながらそうはならなかった。
 この後、セイコーではソフトスイッチによる新JISと五十音への切り換え対応のための変更で、エプソンでは3台くらい続いたあとノート化やCRTとの一体化に伴うキーボードのコンパクト化で、下の出っ張りはなくなってしまった(断定的に書いたが実は推測)。
左からSEIKO Com-media SX-7000(1986年3月)、SEIKO Com-media SX-8000(1986年7月)、EPSON WORD BANK-L(1987年1月)


このページの先頭に戻る
前頁トップに戻る