トップに戻る

The Pan Book of Horror Stories
Index Volumes 1-30+1

Volume 1-10Volume 11-20Volume 21-30+1



The Pan Book of Horror Stories (1959)
Selected by Herbert van Thal
Jugged Hare   Joan Aitken Submerged   A.L.Barker His Beautiful Hands   Oscar Cook オスカー・クック   「魔の配剤」(熱田遼子訳『魔の配剤』ソノラマ文庫) The Copper Bowl   George Fielding Eliot ジョージ・フィールディング・エリオット   「銅の器」(熱田遼子訳『魔の配剤』ソノラマ文庫) Contents of a Dead Man's Pocket   Jack Finney ジャック・フィニイ   「死人のポケットの中には」(福島正実訳『レベル3』早川書房/異色作家短編集(3)) The Kill   Peter Fleming ピーター・フレミング   「獲物」(邦枝輝夫訳『私が選んだもっとも怖い話』徳間書店) The Physiology of Fear   C.S.Forrester C・S・フォレスター   「戦慄の生理学」(熱田遼子訳『魔の配剤』ソノラマ文庫) W.S.   L.P.Hartley L・P・ハートリー   「W・S」(乾信一郎訳『ロアルド・ダールの幽霊物語』ハヤカワ文庫) The Horror in the Museum   Hazel Heald ヘイゼル・ヒールド   「蝋人形館の恐怖」(松宮三知子訳『魔の創造者』ソノラマ文庫)   「博物館の恐怖」(野村芳夫訳『ク・リトル・リトル神話集』国書刊行会) The Library   Hester Holland ヘスター・ホーランド   「開かずの間」(松宮三知子訳『魔の配剤』ソノラマ文庫) The Mistake   Fielden Hughes フィールデン・ヒューズ   「錯誤」(松宮三知子訳『魔の配剤』ソノラマ文庫) Oh, Mirror, Mirror   Nigel Kneale ナイジェル・ニール   「鏡よ鏡」(矢野浩三郎訳『怪奇と幻想 第3巻』角川文庫) Serenade for Baboons   Noel Langley The Lady Who Didn't Waste Words   Hamilton Macallister ハミルトン・マカリスター   「神の使徒」(松宮三知子訳『魔の配剤』ソノラマ文庫) The Fragment of Fact   Chris Massie The House of Horror   Seabury Quinn シーバリー・クイン   「恐怖の館」(熱田遼子訳『魔の配剤』ソノラマ文庫) Behind the Yellow Door   Flavia Richardson フレイヴィア・リチャードスン   「黄色いドアの向こうで」(熱田遼子訳『魔の配剤』ソノラマ文庫) The Portobello Road   Muriel Spark ミュリエル・スパーク   「ポートベロ通り」(松宮三知子訳『魔の配剤』ソノラマ文庫) The Squaw   Bram Stoker ブラム・ストーカー   「牝猫」(武富義夫訳『怪奇と幻想 第2巻』角川文庫)   「猫の復讐」(仁賀克雄訳『猫に関する恐怖小説』徳間文庫)   「牝猫」(桂千穂訳『ドラキュラの客』国書刊行会) Flies   Anthony Vercoe アンソニー・ヴァーコウ   「ペストの夢」(熱田遼子訳『魔の配剤』ソノラマ文庫) Raspberry Jam   Angus Wilson アンガス・ウィルスン   「ラズベリー・ジャム」(松宮三知子訳『魔の配剤』ソノラマ文庫) Nightmare   Alan Wykes アラン・ワイクス   「悪夢」(松宮三知子訳『魔の配剤』ソノラマ文庫)
The 2nd Pan Book of Horror Stories (1960) Selected by Herbert van Thal
Piece-meal   Oscar Cook オスカー・クック   「特別料理」(植木和美訳『ホラー&ファンタシイ傑作選3』青心社)   「特別料理」(植木和美訳『ウィアード(3)』青心社文庫)   「野蛮な処刑」(小島恭子訳『魔の生命体』ソノラマ文庫) The Fly   George Langelaan ジョルジュ・ランジュラン   「蠅」(稲葉明雄訳『蠅』ハヤカワ文庫) The Vertical Ladder   William Sansom ウィリアム・サンソム   「垂直な梯子」(前川祐一訳『イギリス短篇名作集』學生社/世界短篇名作全集) Pollock and the Porroh Man   H.G.Wells H・G・ウェルズ   「ポロ族の呪術師」(池央耿訳『クリスマス13の戦慄』新潮文庫)   「ポロックとポロの首」(小野寺健訳『イギリス幻想小説傑作集』白水社) The Inn   Guy Preston ガイ・プレストン   「霧の夜の宿」(熱田遼子訳『魔の創造者』ソノラマ文庫) The Judge's House   Bram Stoker ブラム・ストーカー   「判事の家」(桂千穂訳『ドラキュラの客』国書刊行会)   「判事の家」(由良君美訳『イギリス怪談集』河出文庫)   「鬼判事の肖像」(小島恭子訳『神の遺書』ソノラマ文庫)他 The Speciality of the House   Stanley Ellin スタンリイ・エリン   「特別料理」(田中融二訳『特別料理』早川書房/異色作家短編集(2))   「特別料理」(東理夫訳『16品の殺人メニュー』新潮文庫)他 The Last Séance   Agatha Christie アガサ・クリスティ   「最後の降霊術」(厚木淳訳『クリスティ短編全集1/検察側の証人』創元推理文庫)   「最後の降霊会」(小倉多加志訳『死の猟犬/クリスティー短編集7』ハヤカワ文庫) The Black Creator   Vernon Routh ヴァーノン・ラウス   「魔の創造者」(熱田遼子訳『魔の創造者』ソノラマ文庫) By One, By Two, and By Three   Stephen Hall スティヴン・ホール   「第三の生贄」(熱田遼子訳『魔の創造者』ソノラマ文庫) Boomerang   Oscar Cook Our Feathered Friends   Philip Macdonald フィリップ・マクドナルド   「羽を持った友だち」(邦枝輝夫訳『私が選んだもっとも怖い話』徳間書店)   「羽根を持った友だち」(吉川晶一訳『一ダースの戦慄』徳間書店)   「羽の生えた友人たち」(宮脇孝雄訳「ミステリマガジン」1976・6) Taboo   Geoffrey Household ジェフリー・ハウスホールド   「タブー」(島田三蔵訳「ミステリマガジン」1981・8)   「タブー」(松宮三知子訳『魔の創造者』ソノラマ文庫) The Black Cat   Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー   「黒猫」(佐々木直次郎訳『黒猫・黄金虫』新潮文庫)他 Leiningen Versus the Ants   Carl Stephenson カール・スティヴンスン   「黒い絨毯」(松宮三知子訳『魔の創造者』ソノラマ文庫)
The 3rd Pan Book of Horror Stories (1962) Selected by Herbert van Thal
The Strange Adventures of a Private Secretary in New York  Algernon Blackwood アルジャナン・ブラックウッド   「秘書奇譚」(平井呈一訳『怪奇小説傑作集1』創元推理文庫) The Last Night   Charles Birkin チャールズ・バーキン   「最後の夜」(小島恭子訳『魔の生命体』ソノラマ文庫) Meshes of Doom   Neville Kilvington ネビル・キルビングトン   「妄想の種子」(小島恭子訳『魔の生命体』ソノラマ文庫) The Yellow Cat   Michael Joseph マイケル・ジョセフ   「黄色い猫」(小島恭子訳『魔の生命体』ソノラマ文庫) Special Diet   Charles Lloyd チャールズ・ロイド   「スペシャル・ダイエット」(小島恭子訳『魔の生命体』ソノラマ文庫) Unburied Bane   N.Dennett N・デネット   「魔女の髑髏」(小島恭子訳『魔の生命体』ソノラマ文庫) The Shifting Growth  Edgar Jepson and John Gawsworth エドガー・ジェプスン&ジョン・ゴースワース   「謎の腫瘍」(小島恭子訳『魔の生命体』ソノラマ文庫) The Two Bottles of Relish   Lord Dunsany ロード・ダンセイニ   「二壜のソース」(宇野利泰訳『世界短編傑作集(3)』創元推理文庫)   「二本の調味料壜」(東理夫訳『16品の殺人メニュー』新潮文庫)他 A Rose for Emily   William Faulkner ウィリアム・フォークナー   「エミリーに薔薇を」(高橋正雄訳『エミリーに薔薇を』福武文庫)他 A Poem and a Bunch of Roses   Charles Lloyd チャールズ・ロイド   「詩と薔薇の花束」(小島恭子訳『魔の生命体』ソノラマ文庫) The Execution of Damiens   H.H.Ewers H・H・エーベルス   「血を恋う女」(小島恭子訳『魔の生命体』ソノラマ文庫) The Ocean Leech   Frank Belknap Long フランク・ベルナップ・ロング   「海の大蛭」(小島恭子訳『魔の生命体』ソノラマ文庫) An Eye for an Eye   Charles Birkin チャールズ・バーキン   「目には目を」(小島恭子訳『魔の生命体』ソノラマ文庫) The Whistling Room   William Hope Hodgson ウィリアム・ホープ・ホジスン   「口笛の鳴り響く部屋」(小島恭子訳『神の遺書』ソノラマ文庫)   「悲響の部屋」(野村芳夫訳『幽霊狩人カーナッキ』角川ホラー文庫) A Note for the Milkman   Sidney Carroll シドニー・キャロル   「楽しい毒殺魔」(小島恭子訳『魔の生命体』ソノラマ文庫) The Facts in the Case of M.Valdemar   Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー   「ヴァルドマアル氏の病症の真相」(小泉一郎訳『ポオ小説全集(4)』創元推理文庫)他 The Mystery of the Locked Room   Elliott O'Donnell エリオット・オドネル   「開かずの間の秘密」(小島恭子訳『魔の生命体』ソノラマ文庫) Dr Fawcett's Experiment   Raymond Ferrers Broad レイモンド・フェラス・ブロード   「魔の生命体」(小島恭子訳『魔の生命体』ソノラマ文庫) The Caretaker's Story   Edith Oliver エディス・オリビア   「カモメに呪われた男」(小島恭子訳『魔の生命体』ソノラマ文庫) Lovers' Meeting   John Ratho The Cone   H.G.Wells H・G・ウェルズ   「溶鉱炉」(浜野輝訳『ザ・ベスト・オブ・H・G・ウエルズ』サンリオSF文庫)   「コーン」(小倉多加志訳『恐怖と幻想(3)』月刊ペン社)
The 4th Pan Book of Horror Stories (1963) Selected by Herbert van Thal
Various Temptations   William Sansom ウィリアム・サンソム   「さまざまな疑惑」(村社伸訳「ミステリマガジン」1968・7)   「魔の誕生日」(小島恭子訳『魔の誕生日』ソノラマ文庫) The Pale Boy   M.S.Waddell The Emissary   Ray Bradbury レイ・ブラッドベリ   「使者」(宇野利泰訳『10月はたそがれの国』創元推理文庫) Lucy Comes to Stay   Robert Bloch ロバート・ブロック   「ルーシーがいるから」(各務三郎訳『幻想と怪奇(2)』ハヤカワ文庫)   「ルーシーがいてくれると」(仁賀克雄訳『殺しのグルメ』徳間文庫)他 Guy Fawkes Night   Richard Davis リチャード・デイヴィス   「ガイ・フォークス・ナイト」(小島恭子訳『魔の誕生日』ソノラマ文庫) The Two Old Women   Vivian Meik ビビアン・メーク   「地下の呪術」(小島恭子訳『魔の誕生日』ソノラマ文庫) Moonlight Sonata   Alexander Woollcott アレクサンダー・ウールコット   「ムーンライト・ソナタ」(小島恭子訳『魔の誕生日』ソノラマ文庫) The Little Girl Eater   Septimus Dale セプチマス・デール   「少女を食う男」(小島恭子訳『魔の誕生日』ソノラマ文庫) Harry   Rosemary Timperley ローズマリー・ティンパリー   「ハリー」(小菅正夫訳『幻想と怪奇(2)』ハヤカワ文庫)   「ハリー」(乾信一郎訳『ロアルド・ダールの幽霊物語』ハヤカワ文庫) Sardonicus   Ray Russell レイ・ラッセル   「サルドニクス」(永井淳訳『嘲笑う男』早川書房/異色作家短編集(15))   「サルドニクス」(永井淳訳『マッド・サイエンティスト』創元推理文庫) Ringing the Changes   Robert Aickman ロバート・エイクマン   「鳴りひびく鐘の町」(乾信一郎訳「ミステリマガジン」1985・8)   「鳴りひびく鐘の町」(乾信一郎訳『ロアルド・ダールの幽霊物語』ハヤカワ文庫)   「死者を呼ぶ鐘」(小島恭子訳『魔の誕生日』ソノラマ文庫) Dulcie   Hugh Reid ヒュー・リード   「ロンドンの首狩人」(小島恭子訳『魔の誕生日』ソノラマ文庫) The Importance of Remaining Ernest   M.S.Waddell M・S・ウォデル   「正気の果て」(小島恭子訳『魔の誕生日』ソノラマ文庫) Slime   Joseph Payne Brennan ジョセフ・ペイン・ブレナン   「スライム」(小島恭子訳『魔の誕生日』ソノラマ文庫) The Ohio Love Sculpture   Adobe James アドービ・ジェームス   「エロスの彫像」(小島恭子訳『魔の誕生日』ソノラマ文庫) The Horsehair Trunk   Davis Grubb デイヴィス・グラッブ   「離魂術」(柿沼瑛子訳『月を盗んだ少年』ソノラマ文庫) The Attic Express   Alex Hamilton アレックス・ハミルトン   「屋根裏の急行列車」(島田三蔵訳「ミステリマガジン」1982・9)   「屋根裏の暴走」(小島恭子訳『魔の誕生日』ソノラマ文庫) The Haunted Telephone   Elliot O'Donnell エリオット・オドネル   「過去からの電話」(小島恭子訳『魔の誕生日』ソノラマ文庫) The Elephant Man   Sir Frederick Treves サー・フレデリック・トリーヴズ   「エレファント・マン」(小島恭子訳『魔の誕生日』ソノラマ文庫)
The 5th Pan Book of Horror Stories (1964) Selected by Herbert van Thal
The Man with the Moon in Him   William Sansom I'll Love You - Always   Adobe James Command Performance   C.A.Cooper The Treat   M.S.Waddell Clair De Lune   Seabury Quinn シーベリイ・クイン   「月の光」(村社伸訳「ミステリマガジン」1974・7) The Sins of the Fathers   Christianna Brand クリスチアナ・ブランド   「父の罪」(山本俊子訳「ミステリマガジン」1979・6) Message for Margie   Christine Campbell Thomson The Other Passenger   John Keir Cross The Spider   Basil Copper Lukundoo   Edward Lucas White エドワード・ルカス・ホワイト   「ルクンド」(塩田武訳『幻想と怪奇/2』早川書房HPB)   「こびとの呪」(中村能三訳『怪奇小説傑作集2』創元推理文庫) The Words of the Dumb   Alex Hamilton The Revenge   Adobe James The Confession of Charles Linkworth   E.F.Benson E・F・ベンスン   「チャールズ・リンクワースの懺悔」(平井呈一訳『恐怖の愉しみ(上)』創元推理文庫) Kali   John D.Keefauver Men Without Bones   Gerald Kersh ジェラルド・カーシュ   「骨のない人間」(武富義夫訳『怪奇と幻想 第2巻』角川文庫) The Small World of Lewis Stillman   William F.Nolan ウィリアム・F・ノーラン   「ルイス・スティルマンの小さな世界」(久保田幸子訳「奇想天外」1974・2) The Living Shadow   Rene Morris Bonfire   C.A.Cooper Hand in Hand   M.S.Waddell
The 6th Pan Book of Horror Stories (1965) Selected by Herbert van Thal
The Oldest Story Ever Told   Romain Gary ロマン・ガリ   「終わらない悪夢」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) Man Skin   M.S.Waddell M・S・ウォデル   「皮コレクター」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) Camera Obscura   Basil Copper ベイジル・コパー   「レンズの中の迷宮」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) Party Games   John Burke ジョン・バーク   「誕生パーティー」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) The Unforgiven   Septimus Dale セプチマス・デール   「許されざる者」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) Puppetmaster   Adobe James アドービ・ジェイムズ   「人形使い」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) No Flies on Frank   John Lennon ジョン・レノン   「蠅のいない日」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) A Heart for a Heart   Ron Holmes ロン・ホームズ   「心臓移植」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) A Real Need   William Sansom ウイリアム・サンソム   「美しい色」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) Green Thoughts   John Collier ジョン・コリア   「みどりの想い」(宇野利泰訳『怪奇小説傑作集2』創元推理文庫)   「緑の想い」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) Give Me Your Cold Hand   John D.Keefauver ジョン・D・キーフォーバー   「冷たい手を重ねて」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) My Little Man   Abraham Ridley エイブラハム・リドリー   「私の小さなぼうや」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) Crack O'Whips   H.A.Manhood H・A・マンフッド   「うなる鞭」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) The Inmate   Richard Davis リチャード・デイヴィス   「入院患者」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) Return to Devil's Tongues   Walter Winward ウォルター・ウィンウォード   「悪魔の舌への帰還」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) Putz Dies   Septimus Dale セプチマス・デール   「パッツの死」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) The Road to Mictlantecutli   Adobe James アドービ・ジェイムズ   「暗闇に続く道」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) The Doll of Death   Vivian Meik ヴィヴィアン・メイク   「死の人形」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) Love Me, Love Me, Love Me   M.S.Waddell M・S・ウォデル   「私を愛して」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社) The Shed   Richard Stapley リチャード・スタップリイ   「基地」(金井美子訳『終わらない悪夢』論創社)
The 7th Pan Book of Horror Stories (1966) Selected by Herbert van Thal
The Man Who Hated Flies   Charles J.Benfleet The Thing   R.Chetwynd-Hayes The Return   G.M.Glaskin The Bats   David Grant The Fur Brooch   Dulcie Gray Dream House   Dulcie Gray The Streets of Ashkelon   Harry Harrison ハリイ・ハリスン   「異星の十字架」(浅倉久志訳「SFマガジン」1974・9) The Snail Watcher   Patricia Highsmith パトリシア・ハイスミス   「かたつむり観察者」(小倉多加志訳『11の物語』ハヤカワ文庫ミステリアス・プレス)   「かたつむり観察者」(小倉多加志訳『ニュー・ミステリ』早川書房) The Monkey's Paw   W.W.Jacobs W・W・ジェイコブズ   「猿の手」(平井呈一訳『怪奇小説傑作集1』創元推理文庫)   「猿の手」(田村隆一訳『幻想と怪奇/2』早川書房HPB)   「猿の手」(倉阪鬼一郎訳『乱歩の選んだベスト・ホラー』ちくま文庫)他 The Last Experiment   John D.Keefauver Mareta   John D.Keefauver I'll Never Leave You - Ever   Rene Morris The Smell of Fear   William Sansom The Little Room   William Sansom Street of the Blind Donkey   Rosemary Timperley Cannibals   Martin Waddell The Old Adam   Martin Waddell The Island of Regrets   Elizabeth Walter Never Talk to Strangers   Alex White
The 8th Pan Book of Horror Stories (1967) Selected by Herbert van Thal
The Assassin   Raymond Williams The Most Precious   John D.Keefauver The Children   W.Baker-Evans The Illustrated Man   Ray Bradbury レイ・ブラッドベリ   「刺青の男」(伊藤典夫訳「ミステリマガジン」1966・7)   「刺青の男」(小笠原豊樹訳『刺青の男』ハヤカワ文庫) Playtime   A.G.J.Rough The Tsantsa   Maurice Sandoz The ‘Bean-Nighe'   Dorothy K.Haynes The Tunnel   Raymond Harvey The Growth   Bruce Lowery Lover's Leap   Frank Quinton The Janissaries of Emilion   Basil Copper The Coffin Makers   Raymond Williams Sad Road to the Sea   Gerald Kersh ジェラルド・カーシュ   「海への悲しい道」(三田村裕訳「ミステリマガジン」1968・8)   「海への悲しい道」(三田村裕訳『幻想と怪奇(3)』ハヤカワ文庫) The Brindle Bull Terrier   Dulcie Gray Suger and Spice   A.G.J.Rough The Computer   Rene Morris Suddenly - After a Good Supper   Martin Waddell The Benefactor   Walter Winward Suitable Applicant   Charles Braunstone My Dear How Dead You Look and Yet You Sweetly Sing   Priscilla Marron
The 9th Pan Book of Horror Stories (1968) Selected by Herbert van Thal
Man-Hunt   Raymond Williams The Fly   Dulcie Gray Thou Shalt Not Suffer a Witch...   Dorothy K.Haynes Strictly for the Birds   Lindsay Stewart Bloodthirsty   Martin Waddell An Apparition at Noon   Adobe James The Baby Machine   Rene Morris The Best Teacher   Colin Graham Stick With Me Kid, and You'll Wear Diamonds   Walter Winward The Happy Return   Dulcie Gray Father Forgive Me   Raymond Harvey A Comedy of Terrors   John Burke The Boy Who Neglected His Grass Snake   Tim Stout Jolly Uncle   Lindsay Stewart Mrs Anstey's Scarecrow   W.H.Carr Not Enough Poison   Alex Hamilton Old Feet   Martin Waddell Don't Avoid the Rush Hour   Peter Richey The Whispering Horror   Eddy C.Bertin Smile Please   Raymond Williams Compulsion   A.G.J.Rough Crocodile Way   Mary R.Sullivan The Green Umbilical Cord   Jamie McArdwell Eustace   Tanith Lee
The 10th Pan Book of Horror Stories (1969) Selected by Herbert van Thal
The Acid Test   Chris Murray Something in the Cellar   A.G.J.Rough Ringing Tone   John Christpher The Necklace   Dulcie Gray Self-Employed   Walter Winward Supper with Martha   Rosemary Timperley Punishment by Proxy   James Connelly The End of the Line   Frances Stephens The Fat Thing   Martin Waddell The Flatmate   B.Lynn Barber The Ski-Lift   Diana Buttenshaw Magical Mystery Trip   C.A.Cooper Pussy Cat, Pussy Cat   Frances Stephens Long Silence, Old Man   David Lewis Terror of Two Hundred Below   William Sinclair The Cure   Dorothy.K.Haynes The Image of the Damned   Alex Hamilton A Sharp Loss of Weight   Norman P.Kaufman An Experiment in Choice   Desmond Stewart The Evil One   Robert Duncan Marmalade Wine   Joan Aiken ジョーン・エイキン   「ママレード・ワイン」(栗山康子訳「ミステリマガジン」1982・6) Monkey Business   John Arthur

Volume 1-10Volume 11-20Volume 21-30

トップに戻る