トップに戻る

「文学と超自然的恐怖」/『文学における超自然の恐怖』表記一覧

原書:Supernatural Horror in Literature /H.P.Lovecraft

K(国書):「文学と超自然的恐怖」<『定本ラヴクラフト全集 7-I 評論篇』H・P・ラヴクラフト/監訳・矢野浩三郎(国書刊行会)昭和60年(1985年)10月7日第一刷発行

G(学研):『文学における超自然の恐怖』H・P・ラヴクラフト/大瀧啓裕・訳(学習研究社)2009年9月18日第一刷発行

[参考]T:『恐怖小説史』エディス・バークヘッド(牧神社)1978年4月20日新装版第1刷発行
  Edith Birkhead The Tale of Terror a study of the gothic romance (1921)

10

※ルビ及び注釈は括弧内に記述.
※頁の数字は3桁表示に統一.

1.K:一、序説|G:一、序

K088 ブラウニング 「貴公子(チャイルド)ローランド」
G009 ブラウニング 『チャイルド・ロウランド』

K088 ヘンリー・ジェイムズ 『ねじの回転』
G009 ヘンリイ・ジェイムズ 『ねじの回転』
T278 ジェイムズ 『ねじの回転』

K088 ホームズ博士 『エルシー・ヴェナー』
G009 ホウムズ医師 『エルシイ・ヴェナー』
T292 オリヴァー・ウェンデル・ホームズ 『エルジー・ヴェナー』

K088 E・マリオン・クロフォード 「上段寝台」
G009 F・マリアン・クロウファード 『上段の寝床』

K088 シャーロット・パーキンズ・ギルマン夫人 「黄色い壁紙」
G009 シャーラット・パーキンズ・ギルマン夫人 『黄色の壁紙』

K088 W・W・ジェイコブズ 「猿の手」
G009 W・W・ジェイカブズ 『猿の手』
T275 W・W・ジェイコブズ 『猿の手』

2.K:二、恐怖小説の黎明|G:二、恐怖譚の夜明け

K090 「エノクの書」
G012 『エノク書』

K090 「ソロモンの鎖骨」
G012 『ソロモンの鍵』

K092 フレゴン編 『奇譚集』
G015 プレゴノス編 『驚くべき事件』

K092 「フィリニオンとマカテス」 上記所収
G015 『ピリッニオンとマカテス』 上記所収

K093 ゲーテ 「コリントの花嫁」
G015 ゲーテ 『コリントスの花嫁』

K093 ワシントン・アーヴィング 「ドイツ人学生」
G015 ワシントン・アーヴィング 『ドイツの学生』
T286 アーヴィング 『ドイツの学生の物語』

K093 マロリー 『アーサー王の死』
G015 マロリイ 『アーサーの死』
T016 マロリー 『アーサーの死』

K094 ダニエル・デフォー 「ヴィール夫人」
G016 ダニヤル・ディフォウ(ダニエル・デフォー) 『ヴィール夫人の幽霊』

K094 スモレット 『ファゾム伯爵フェルディナンデの冒険』
G016 スモリット 『ファザム伯フェルディナントの冒険』
T030 スモレット 『ファゾム卿、ファーディナンドの冒険』
T046 スモレット 『ファゾム卿、フェルディナンドの冒険』

3.K:三、初期ゴシック小説|G:三、初期のゴティック長編小説

K094 - 『オシアン』
G017 - 『オシアン』
T030 マクファーソン 『オシアン』

K094 バーンズ 「シャンターのタム」
G017 バーンズ 『シャンター村のタム』
T023 バーンズ 『シャンター村のタム』

K094 コールリッジ 「クリスタベル姫」
G017 コウルリッジ 『クリスタベル』
T025 コールリッジ 『クリスタベル』

K094 コールリッジ 「老水夫行」
G017 コウルリッジ 『老水夫行』
T024 コールリッジ 『老水夫行』

K094 ジェイムズ・ホッグ 「キルメニー」
K017 ジェイムズ・ホッグ 『キルメニイ』
T029 ホッグ 『キルムニイ』

K094 キーツ 「レイミア」
K017 キーツ 『ラミア』

K095 ビュルガー 「野性の狩人」
K017 ビュルガー 『幽霊猟師』

K095 ビュルガー 「レノーレ」
K017 ビュルガー 『レノーレ』
T029 ビュルガー 『レオノーレ』

K095 ホレス・ウォルポール 『オトラントの城』
G018 ホラス・ウォールポウル 『オトラントの城』
T030 ウォルポール 『オトラント城綺譚』

K097 バーボールド婦人(当時はエイキン嬢) 『バートランド卿』
K022 バーボウルド夫人(ミス・エイキンとして) 『バートランド卿』
T053 バーボールド夫人 『バートランド卿』

K097 クレアラ・リーヴ 『イギリスの老男爵』
G022 クララ・リーヴ 『イギリスの老男爵』
T044 クレアラ・リーヴ 『イギリスの老男爵』

K098 ソフィア・リー夫人 『隠所』
G023 ソウファイア・リー夫人 『隠れ場』
T068 ソフィア・リー 『隠栖』

K099 ラドクリフ夫人 『アスリンとダンバインの城』
G024 ラドクリフ夫人 『アスリンの城とダンベインの城』
T068 ラドクリフ夫人 『アスリン城とダンベイン城』

K099 ラドクリフ夫人 『シシリアのロマンス』
G024 ラドクリフ夫人 『シチリアのロマンス』
T070 ラドクリフ夫人 『シシリアのロマンス』

K099 ラドクリフ夫人 『森のロマンス』
G024 ラドクリフ夫人 『森のロマンス』
T072 ラドクリフ夫人 『森のロマンス』

K099 ラドクリフ夫人 『ユドルフォーの秘密』
G024 ラドクリフ夫人 『ウードルフォの謎』
T031 ラドクリフ夫人 『ユドルフォの秘密』

K099 ラドクリフ夫人 『イタリアの惨劇』
G024 ラドクリフ夫人 『イタリア人』
T083 ラドクリフ夫人 『イタリア人』

K099 ラドクリフ夫人 『ガストン・ド・ブロンドヴィル』
G024 ラドクリフ夫人 『ガストン・ド・ブロンデヴィル』
T068 ラドクリフ夫人 『ガストン・ド・ブロンデヴィユ』

K100 チャールズ・ブロックデン・ブラウン 『エドガー・ハントリー』
G026 チャールズ・ブロックデン・ブラウン 『エドガー・ハントリイ』
T282 C・B・ブラウン 『エドガー・ハントリー』

K100 チャールズ・ブロックデン・ブラウン 『オーモンド』
G026 チャールズ・ブロックデン・ブラウン 『オーマンド』
T282 C・B・ブラウン 『オーモンド』

K100 チャールズ・ブロックデン・ブラウン 『アーサー・マーヴィン』
G026 チャールズ・ブロックデン・ブラウン 『アーサー・マーヴィン』
T283 C・B・ブラウン 『アーサー・マーヴィン』

K100 チャールズ・ブロックデン・ブラウン 『ウィーランド』
G026 チャールズ・ブロックデン・ブラウン 『ヴィーラントあるいは変容』
T199 チャールズ・ブロックデン・ブラウン 『ウィーランド』

4.K:四、ゴシック・ロマンス最盛期|G:四、ゴティック・ロマンスの極致

K100 マシュー・グレゴリー・ルイス 『マンク』
G027 マシュー・グレガリイ・ルーイス 『マンク』
T100 マシュー・グレゴリー・ルイス 『破戒僧(モンク)』

K101 マシュー・グレゴリー・ルイス 『古城の亡霊』
G028 マシュー・グレガリイ・ルーイス 『幽霊の城』
T102 マシュー・グレゴリー・ルイス 『城の幽霊』

K102 マシュー・グレゴリー・ルイス 『恐怖の物語』
G030 マシュー・グレガリイ・ルーイス 『恐怖譚』
T057 マシュー・グレゴリー・ルイス 『恐怖物語』

K102 マシュー・グレゴリー・ルイス 『驚異の物語』
G030 マシュー・グレガリイ・ルーイス 『驚異譚』
T105 マシュー・グレゴリー・ルイス 『驚異の物語』

K102 ジェーン・オースティン 『ノーザンガー邸(アビー)』
G030 ミス・オースティン 『ノーサンガー修道院』
T183 ジェイン・オースティン 『ノーザンガー・アベイ』

K102 チャールズ・ロバート・マチューリン 『運命の復讐』
G030 チャールズ・ロバート・マチューリン 『運命の復讐あるいはモントリオ一族』
T110 マチューリン 『宿命の復讐─モントリオ一族』

K102 チャールズ・ロバート・マチューリン 『放浪者メルモス』
G030 チャールズ・ロバート・マチューリン 『放浪者メルモス』
T121 マチューリン 『放浪者メルモス』

K103 バルザック 「戦をやめたメルモス」
G031 バルザック 『和睦したメルモス』
T127 バルザック 『聖別されたるメルモス』

5.K:五、ゴシック小説の余波|G:五、ゴティック小説の余波

K105 マルキス・フォン・グロッセ 『恐怖の秘儀』
G035 グロッセ伯爵 『恐ろしい謎』
T115 フォン・グロッセ男爵作/R・ウィル訳 『恐怖の秘密』

K105 ローシュ夫人 『古屋敷の子供たち』
G035 ロウシュ夫人 『修道院の子供たち』
T044 ローシュ夫人 『古屋敷の子供たち』

K106 ダクレ夫人(筆名はローザ・マチルダ) 『ゾフロヤ』
G035 ミス・デイカー 『ゾフロヤあるいは荒地』
T172 「ローザ・マチルダ」ことシャーロット・デイカー 『ムーア人ゾフローヤ』

K106 シェリー 『ザストロッツィ』
G035 シェリイ 『ザストロッツィ』
T031 シェリー 『ザストロッツィ』

K106 シェリー 『聖アーヴィン』
G035 シェリイ 『聖アーヴィン』
T031 シェリー 『聖アーヴィン』

K106 ウィリアム・ベックフォード 『ヴァセック』
G035 ウィリアム・ベックフォード 『教主ヴァテックの物語』
T139 ベックフォード 『教王ヴァテック一代記』

K106 ガラン訳 『千夜一夜物語』
G035 ガラン訳 『アラビアン・ナイツ』
T030 ガラン訳 『千一夜物語』

K107 ウィリアム・ベックフォード 『ヴァセック挿話集』
G037 ウィリアム・ベックフォード 『ヴァテック挿話集』
T142 ベックフォード 『ヴァテック拾遺』

K107 ルイス・メルヴィル 『ウィリアム・ベックフォードの伝記と書翰』
G038 ルーイス・メルヴィル 『ウィリアム・ベックフォードの生涯と書簡』

K107 ウィリアム・ゴドウィン 『ケイレブ・ウィリアムズ』
G038 ウィリアム・ゴドウィン 『ケイレブ・ウィリアムズ』
T031 ゴドウィン 『ケイレブ・ウィリアムズ』

K107 ウィリアム・ゴドウィン 『聖レオン』
G038 ウィリアム・ゴドウィン 『サン・レオン』
T132 ゴドウィン 『サン・レオン』

K107 フランシス・バレット 『魔術師』
G038 フラーンシス・バレット 『メイガス』

K107 ジョージ・W・M・レイノルド 『ファウストと悪魔』
G038 ジョージ・W・M・レナルズ 『ファウストとデーモン』

K107 ジョージ・W・M・レイノルド 『狼男ワグナー』
G038 ジョージ・W・M・レナルズ 『狼男ヴァーグナー』

K108 『剛鉄の胸』※『ケイレブ・ウィリアムズ』戯曲化
G039 『鉄の櫃』※『ケイレブ・ウィリアムズ』戯曲化

K108 シェリー夫人 『フランケンシュタイン』
G039 シェリイ夫人 『フランケンシュタイン』
T228 メアリ・シェリー 『フランケンシュタイン』

K109 ポリドリ博士 『吸血鬼』
G040 ポリドリ博士 『吸血鬼』
T231 ポリドリ博士 『吸血鬼』

K109 ウォルター・スコット 『綴れ織りの部屋』
G040 ウォルター・スコット 『綴織りの掛かった部屋』※『レッドゴーントリット』に収録
T216 スコット 『綴れ織の部屋、袋の中の婦人』

K109 ウォルター・スコット 「気違いウィリーの物語」※『赤い籠手(こて)』所収
G040 ウォルター・スコット 『さまよえるウィリーの話』※『レッドゴーントリット』に収録
T215 スコット 『漂泊者ウィリーの物語』

K109 ウォルター・スコット 『悪魔学と魔女術について』
G040 ウォルター・スコット 『悪魔学と妖術に関する書簡集』
T215 スコット 『悪魔学と魔術に関する書簡』

K109 ワシントン・アーヴィング 「ドイツ人学生」※『ある旅人の物語』所収
G042 ワシントン・アーヴィング 『ドイツの学生』※『旅人の物語』収録
T286 アーヴィング 『ドイツの学生の物語』※『旅人の物語』収録

K109 ワシントン・アーヴィング 「我利我利亡者」※『ある旅人の物語』所収
G042 ワシントン・アーヴィング 『金を掘る者』※『旅人の物語』収録

K109 トマス・ムーア 「アルシフロン」
G042 トマス・ムーア 『アルキプロン』
T166 トマス・ムーア 『アルキフロン』断章

K109 トマス・ムーア 『享楽主義者』
G042 トマス・ムーア 『エキプロスの学徒』
T166 トマス・ムーア 『エピキュリアン』

K110 キャプテン・マリアット 「人狼」
G042 マリアット海軍大佐 『人狼』

K110 キャプテン・マリアット 『幽霊船』
G042 マリアット海軍大佐 『幽霊船』
T014 マリアット 『幽霊船』

K110 ディケンズ 「信号手」
G042 ディケンズ 『信号手』

K110 エトワード・ブルワー=リットン 「幽霊屋敷と幽霊」
G044 エトワード・ブルワー=リトゥン卿 『取り憑くものと取り憑かれるもの──家と頭脳』
T254 リットン 『つきまとわれる者とつきまとう者』

K110 エトワード・ブルワー=リットン 『ザノーニ』
G044 エトワード・ブルワー=リトゥン卿 『ザノニ』
T164 ブルワー・リットン 『ザノーニ』

K110 ブルワー=リットン 『不思議な物語』
G044 ブルワー=リトゥン 『不思議な物語』
T164 ブルワー・リットン 『奇妙な物語』

K112 -(抜け?)
G046 トマス・プレスケット・プレスト 『吸血鬼ヴァーニイ』

K112 H・ライダー・ハガード卿 『洞窟の女王』
G046 H・ライダー・ハガード卿 『洞窟の女王』
T317 ライダー・ハガード 『彼女』

K112 ロバート・ルイス・スティーヴンスン 「マーカイム」「死骸盗人」「ジキル博士とハイド氏」
G046 ロバート・ルーイス・スティーヴンスン 『マーカイム』『死体盗人』『ドクター・ジーキルとミスター・ハイド』
T304 スティヴンソン 『ジキル博士とハイド氏』

K112 エミリー・ブロンテ 『嵐が丘』
G048 エマリイ・ブロンティ(エミリー・ブロンテ) 『嵐が丘』
T315 ブロンテ姉妹 『嵐が丘』

6.K:六、ヨーロッパ大陸の怪奇文学|G:六、大陸における幽霊小説

K113 フリードリヒ・ハインリヒ・カールことド・ラ・モット・フケー男爵 『ウンディーネ』
G050 モット・フーケ男爵の称号をもつフリードリヒ・ハインリヒ・カール 『ウンディーネ』

K113 パラケルスス 『四元素精霊論』
G050 パラケルスス 『四元の霊に関する論文』

K114 ヴィルヘルム・マインホルト 『琥珀の魔女』
G052 ヴィルヘルム・マインホルト 『琥珀の魔女』

K115 ハンス・ハインツ・エーヴェルス 『魔術師の弟子』『アルラウネ』「蜘蛛」
G054 ハンス・ハインツ・エーヴェルス 『魔術師の弟子』『アルラウネ』『蜘蛛』

K115 ヴィクトル・ユゴー 『氷島奇談』
G054 ヴィクトール・ユゴー 『アイスランドのハンス』

K115 バルザック 『あら皮』『セラフィタ』『ルイ・ランベール』
G054 バルザック 『麤皮』『セラフィータ』『ルイ・ラムベール』

K115 テオフィール・ゴーチエ 『アヴァタール』「ミイラの足」「死女の恋」
G056 テオフィル・ゴーティエ 『化身』『木乃伊の足』『クラリモンド』

K115 テオフィール・ゴーチエ 「ある夜のクレオパトラ」
G056 テオフィル・ゴーティエ 『クレオパトラの一夜』

K116 ギュスターヴ・フローベール 『聖アントワーヌの誘惑』
G056 ギュスターヴ・フロベール 『聖アントニオスの誘惑』

K116 プロスペル・メリメ 「イールのヴィーナス」
G056 プロスペル・メリメ 『イルのウェヌス』

K116 トマス・ムーア 「指環」
G056 トマス・ムーア 『指輪』

K116 ギー・ド・モーパッサン 「オルラ」
G056 ギイ・ド・モーパッサン 『オルラ』

K117 モーパッサン 「誰も知らない」「亡霊」「あいつ」「狂人日記」「白狼」「船上にて」「戦慄」
G057 モーパッサン 『誰が知るか』『幽霊』『あの男か』『狂人の日記』『白い狼』『川辺にて』『恐怖』

K117 モーパッサン 「戦慄」(詩)
G057 モーパッサン 『恐怖』(詩)

K117 エルクマン=シャトリアン 「人狼」「見えざる眼」「梟の耳」「死の水」
G057 エルクマン=シャトリアン 『人狼』『見えない目』『梟の耳』『死の水』

K117 ヴィリエ・ド・リラダン 「希望という名の拷問」
G058 ヴィリエ・ド・リラダン 『希望という拷問』

K118 グスタフ・マイリンク 『ゴーレム』
G059 グスタフ・マイリンク 『ゴーレム』

K118 「アンスキー」※筆名 『死霊』(劇)
G059 「アンスキイ」※筆名 『悪霊』(戯曲)

7.K:七、エドガー・アラン・ポオ|G:七、エドガー・アラン・ポウ

K122 ポオ 「壜の中の手記」
G064 ポウ 『壜のなかに見出された手記』
T301 ポー 『壜の中の手紙』

K122 ポオ 『アーサー・ゴードン・ピムの物語』
G064 ポウ 『アーサー・ゴードン・ピムの物語』

K122 ポオ 「メッツェンガーシュタイン」
G066 ポウ 『メッツェンガーシュタイン』

K122 ポオ 「群集の人」
G066 ポウ 『群集の人』

K123 ポオ 「赤死病の仮面」「沈黙」「影」
G067 ポウ 『赤死病の仮面』『沈黙──寓話』『影──比喩』
T300 ポー 『赤死病の仮面』

K123 ポオ 「リジイア」
G067 ポウ 『リジーア』
T301 ポー 『リジーア』

K123 ポオ 「アッシャー家の崩壊」
G067 ポウ 『アシャーの館の崩壊』
T302 ポー 『アッシャー家の崩壊』

8.K:八、怪奇小説の伝統とアメリカ文学|G:八、アメリカにおける怪異の伝統

K126 ナサニエル・ホーソーン 『ワンダー・ブック』『タングルウッド物語』
G072 ナサニヤル・ホーソーン 『ワンダー・ブック』『タングルウッド物語』

K127 ホーソーン 『グリムショー博士の秘密』
G072 ホーソーン 『グリムショー博士の秘密』

K127 ホーソーン 『大理石の牧神』
G072 ホーソーン 『大理石のファウヌス』
T289 ホーソン 『大理石の牧羊神』

K127 ホーソーン 『セプティミウス・フェルトン』
G072 ホーソーン 『セプタミアス・フェルトゥン』
T298 ホーソン 『セプティミアス・フェルトン』

K127 ホーソーン 『ドリヴァー・ロマンス』
G072 ホーソーン 『ドリヴァーの物語』
T298 ホーソン 『ドリヴァー博士のロマンス』

K127 ホーソーン 『先祖の足跡』※未執筆
G073 ホーソーン 『祖先の足跡』※未執筆

K127 ホーソーン 『田舎屋敷の伝説』
G073 ホーソーン 『田舎の家の伝説』
T289 ホーソン 『田舎屋敷の伝説』

K127 ホーソーン 「エドワード・ランドルフの肖像」
G073 ホーソーン 『エドワード・ランドルフの肖像』

K127 ホーソーン 「牧師の黒ベール」
G073 ホーソーン 『牧師の黒い肩衣』

K127 ホーソーン 「野心ある客人」
G073 ホーソーン 『大望をもつ客』

K127 ホーソーン 『イーサン・グランド』※未完
G073 ホーソーン 『イーサン・ブランド』※未完
T290 ホーソン 『イーサン・ブランド』

K128 ホーソーン 『七つの破風の屋敷』
G073 ホーソーン 『七破風の家』
T296 ホーソン 『七破風の家』

K130 モーパッサン 「オルラ」
G076 モーパッサン 『オルラ』

K130 フィッツ=ジェイムズ・オブライエン 「あれは何だったか」
G076 フィッツ=ジェイムズ・オブライエン 『あれは何だったのか』

K130 フィッツ=ジェイムズ・オブライエン 「金剛石のレンズ」
G078 フィッツ=ジェイムズ・オブライエン 『金剛石のレンズ』

K131 アンブローズ・ビアス 「ハルピン・フレイザーの死」
G079 アムブロウズ・ビアース 『ハルピン・フレイザーの死』

K132 ビアス 「怪物」
G080 ビアース 『忌わしいもの』

K132 ビアス 「おあつらえ向きの環境」
G080 ビアース 『ふさわしい環境』

K132 ビアス 「右足の中指」
G080 ビアース 『右足の中指』

K133 ビアス 「幽霊屋敷」
G081 ビアース 『おばけ屋敷』

K133 ビアス 『怪奇な物語』『いのちの半ばに』※短篇集
G081 ビアース 『そんなことがありえようか』『生のさなかに』※著作集

K133 オリヴァー・ウェンデル・ホームズ 『エルシー・ヴェナー』
G082 オリヴァー・ウェンドゥル・ホウムズ 『エルシイ・ヴェナー』
T292 オリヴァー・ウェンデル・ホームズ 『エルジー・ヴェナー』

K133 ヘンリー・ジェイムズ 『ねじの回転』
G082 ヘンリイ・ジェイムズ 『ねじの回転』
T278 ジェイムズ 『ねじの回転』

K134 F・マリオン・クロフォード 『さまよえる幽霊』※作品集
G083 F・マリアン・クロウファード 『さまよう幽霊』※短編集

K134 クロフォード 「死骨の咲顔」
G083 クロウファード 『死者の微笑み』

K134 クロフォード 「上段寝台」
G083 クロウファード 『上段の寝台』

K134 ロバート・W・チェンバーズ 『黄衣の列王』
G083 ロバート・W・チェイムバーズ 『黄衣の王』

K134 デュ・モーリア 『トリルビー』
G083 デュ・モーリエイ 『トリルビイ』

K134 ロバート・W・チェンバーズ 「黄の印」
G083 ロバート・W・チェイムバーズ 『黄の印』

K135 チェンバーズ 『月の創造者』『未知なるものを求めて』
G083 チェイムバーズ 『月を創るもの』『未知なるものを求めて』

K136 メアリ・E・ウィルキンズ 『薔薇の茂みに吹く風』※短篇集
G086 メアリイ・E・ウィルキンズ 『薔薇の茂みに吹く風』※短編集

K136 メアリ・E・ウィルキンズ 「壁に映る人影」
G086 メアリイ・E・ウィルキンズ 『壁の影』

K136 シャーロット・パーキンズ・ギルマン 「黄色い壁紙」※P88
G086 シャーラット・パーキンズ・ギルマン 『黄色の壁紙』※P9

K136 ラルフ・アダムズ・クラム 「死の谷」
G086 ラルフ・アダムズ・クラム 『死の谷』

K136 アーヴィン・S・コッブ 「魚頭」
G086 アーヴィン・S・カブ 『フィッシュヘッド』

K136 レナード・クライン 『闇の部屋』
G087 レナード・クライン 『暗い部屋』

K137 ハーバート・S・ゴーマン 『デイゴンという名の土地』
G088 ハーバート・S・ゴーマン 『ダゴンと呼ばれる場所』

K137 リーランド・ホール 『無気味な館』
G088 リーランド・ホール 『不気味な館』

K137 エドワード・ルーカス・ホワイト 「セイレンの歌」
G088 エドワード・ルーカス・ホワイト 『セイレーンの歌』

K137 エドワード・ルーカス・ホワイト 「ルクンドー」
G088 エドワード・ルーカス・ホワイト 『ルクンドゥー』

K137 エドワード・ルーカス・ホワイト 「鼻」
G088 エドワード・ルーカス・ホワイト 『鼻面』

K137 クラーク・アシュトン・スミス 「大麻中毒者」
G088 クラーク・アシュトン・スミス 『大麻吸引者』

K138 クラーク・アシュトン・スミス 『二重の影』※短篇集
G090 クラーク・アシュトン・スミス 『二重の影およびその他の幻想』

9.K:九、イギリス怪奇文学の伝統|G:九、イギリス諸島における怪異の伝統

K138 ラドヤード・キプリング 「幽霊人力車」「最良の物語」「イムレイの帰還」「獣の印」
G090 ラドヤード・キプリング 『幽霊人力車』『世界一の物語』『イムレイの帰還』『獣の印』

K138 ラフカディオ・ハーン 『奇想天外』
G092 ラフカーディオウ・ハーン『ファンタスティック』

K138 ラフカディオ・ハーン 『怪談』
G092 ラフカーディオウ・ハーン『怪談』

K139 フローベール 『聖アントワーヌの誘惑』※ハーン訳
G092 フロベール 『聖アントニオスの誘惑』※同上

K139 オスカー・ワイルド 『ドリアン・グレイの肖像』
G092 オスカー・ワイルド 『ドーリアン・グレイの肖像』
T317 オスカー・ワイルド 『ドリアン・グレイの肖像』

K139 マシュー・フィップス・シール 「ゼリュチャ」
G094 マシュー・フィップス・シール 『ゼルーシャ』

K139 マシュー・フィップス・シール 「音のする家」
G094 マシュー・フィップス・シール 『音の家』

K139 マシュー・フィップス・シール 『紫の雲』
G094 マシュー・フィップス・シール 『紫の雲』

K140 ブラム・ストーカー 『白蛆の巣』
G096 ブラム・ストウカー 『白い大蛇の巣』

K140 ブラム・ストーカー 『七つの星の宝石』
G096 ブラム・ストウカー 『七つの星の宝石』

K140 ブラム・ストーカー 『ドラキュラ』
G096 ブラム・ストウカー 『ドラキュラ』
T247 ブラム・ストーカー 『ドラキュラ』

K140 リチャード・マーシュ 『カブト虫』
G096 リチャード・マーシュ 『甲虫』

K140 サックス・ローマー 『魔女の女王一族』
G096 サックス・ロウマー 『魔女女王の眷属』

K140 ジェラルド・ブリス 『幻想界の扉』
G096 ジェラルド・ビス 『非現実の扉』

K140 フランシス・ブレット・ヤング 『冷たい港』
G097 フラーンシス・ブレット・ヤング 『冷たい隠れ場』

K141 ジョン・バカン 『魔女の森』
G097 ジョン・バカン 『魔女の森』

K141 バカン 「緑色の野獣」
G097 バカン 『緑の野獣』

K141 バカン 「ポルチコに吹く風」
G097 バカン 『前廊の風』

K141 バカン 「スカル岩礁」
G097 バカン 『スクレ岩礁』

K141 クレメンス・ハウスマン 「狼男」
G097 クレマンス・ハウスマン 『人狼』

K141 アーサー・ランサム 『不老不死の秘薬』
G097 アーサー・ランサム 『生命の霊液』

K141 H・B・ドレイク 『影のようなもの』
G097 H・B・ドレイク 『影濃いもの』

K141 ジョージ・マクドナルド 『リリス』
G097 ジョージ・マクドナルド 『リリス』

K141 ウォルター・デ・ラ・メア 『死者の誘い』
G098 ウォルター・デ・ラ・メア 『帰還』

K141 ウォルター・デ・ラ・メア 「シートンのおばさん」
G098 ウォルター・デ・ラ・メア 『シートゥンのおばさん』

K141 ウォルター・デ・ラ・メア 「樹」
G098 ウォルター・デ・ラ・メア 『木』

K142 ウォルター・デ・ラ・メア 「深淵より」
G098 ウォルター・デ・ラ・メア 『深みから』

K142 ウォルター・デ・ラ・メア 「隠遁」
G098 ウォルター・デ・ラ・メア 『世捨て人』

K142 ウォルター・デ・ラ・メア 「ケンプ氏」
G098 ウォルター・デ・ラ・メア 『ケムプ氏』

K142 ウォルター・デ・ラ・メア 「オールハロウズ大聖堂」
G098 ウォルター・デ・ラ・メア 『万聖節』

K142 ウォルター・デ・ラ・メア 「聴き手たち」
G100 ウォルター・デ・ラ・メア 『聞き耳を立てる者たち』

K142 E・F・ベンスン 「遠くへ行きすぎた男」
G100 E・F・ベンスン 『遠くまで行きすぎた男』

K142 E・F・ベンスン 『見えるものと見えざるもの』※物語集
G100 E・F・ベンスン 『見えるものと見えざるもの』※短編集

K142 E・F・ベンスン 「神殿」※上記収録
G100 E・F・ベンスン 『ネゴーティウム・ペラムブラーンス(幽暗(くらき)には歩む疫病(えやみ)あり)』※上記収録

K142 E・F・ベンスン 「恐怖の峰」※上記収録
G100 E・F・ベンスン 『恐怖の角』※上記収録

K142 E・F・ベンスン 「顔」※別の作品集に収められた
G100 E・F・ベンスン 『顔』※別の短編集に収められた

K142 H・R・ウェイクフィールド 『夕方のお帰り』※短篇集
G100 H・R・ウェイクフィールド 『彼らは夜に戻る』※短編集

K142 H・R・ウェイクフィールド 『帰ってくる人々』※短篇集
G100 H・R・ウェイクフィールド 『他の者が戻る』※短編集

K142 H・R・ウェイクフィールド 「赤い家」
G100 H・R・ウェイクフィールド -(抜け?)

K142 H・R・ウェイクフィールド 「通り過ぎてゆく男」「あの男に歌わせよう」「石塚」「あそこを見よ」「目隠し遊び」
G100 H・R・ウェイクフィールド 『通りすぎるもの』『彼のものは歌うだろう』『ケルン』『そこを見ろ』『目隠し遊び』

K142 H・R・ウェイクフィールド 「ダンカスターの十七番ホール」
G100 H・R・ウェイクフィールド 『ダンカスターの十七番目の穴』

K143 H・G・ウェルズ 「恐怖の幽霊」
G101 H・G・ウェルズ 『恐怖の幽霊』

K143 H・G・ウェルズ 『三十の不思議な物語』
G101 H・G・ウェルズ 『三十の不思議な小説』

K143 A・コナン・ドイル 「北極星号船長」
G101 A・コナン・ドイル 『北極星号の船長』

K143 A・コナン・ドイル 「大学の怪異」
G101 A・コナン・ドイル 『競売番号二四九番』

K143 ヒュー・ウォルポール 「ラント夫人」
G101 ヒュー・ウォールポウル 『ラント夫人』

K143 ジョン・メトカーフ 『煙の出る足』※怪奇小説集
G101 ジョン・メトカーフ 『煙を出す足』※短編集

K143 ジョン・メトカーフ 「悪い土地」
G101 ジョン・メトカーフ 『悪い土地』

K143 E・M・フォースター 『天国行きの乗合馬車』
G101 E・M・フォースター 『天のオムニバス』

K143 H・D・エヴァレット夫人 『デス・マスク』※短篇集
G101 H・D・エヴリット夫人 -(抜け?)

K143 L・P・ハートリー 「豪州から来たお客」
G101 L・P・ハートリイ 『地底から訪れたもの』

K143 メイ・シンクレア 『無気味な物語』
G101 メイ・シンクレア 『不気味な小説』※短編集

K144 ウィリアム・ホープ・ホジスン 『グレン・キャリグ号のボート』
G102 ウィリアム・ホウプ・ホジスン 『グレン・キャリグのボート』

K144 ウィリアム・ホープ・ホジスン 『異次元を覗く家』
G102 ウィリアム・ホウプ・ホジスン 『境界地の家』

K144 ウィリアム・ホープ・ホジスン 『幽霊海賊船』
G103 ウィリアム・ホウプ・ホジスン 『幽霊海賊』

K144 ウィリアム・ホープ・ホジスン 『ナイト・ランド』
G103 ウィリアム・ホウプ・ホジスン 『夜の国』

K145 ウィリアム・ホープ・ホジスン 『幽霊狩人カーナッキ』
G104 ウィリアム・ホウプ・ホジスン 『幽霊を見つける者、カーナキイ』

K146 ブラウニング 「貴公子ローランド、暗き塔へ来たり」
G106 ブラウニング 『暗い塔にやってきたチャイルド・ロウランド』

10.K:十、現代の巨匠たち|G:十、現代の巨匠

K148 アーサー・マッケン 『クレメンディ物語』
G109 アーサー・マッケン 『クレメンディの年代記』

K148 アーサー・マッケン 『夢の丘』
G109 アーサー・マッケン 『夢の丘』

K148 フランク・ベルナップ・ロング 「アーサー・マッケンを読みて」
G110 フランク・ベルナップ・ロング・ジュニア 『アーサー・マッケンを読んで』

K149 マッケン 「パンの大神」
G111 マッケン 『パーンの大神』

K150 マッケン 「白魔」
G112 マッケン 『白い人びと』

K151 マッケン 『三人の詐欺師』
G113 マッケン 『三人の詐欺師』

K151 マッケン 「黒い石印」
G114 マッケン 『黒い印の物語』

K152 マッケン 「白い粉薬のはなし」
G116 マッケン 『白い粉末の物語』

K154 マッケン 「赤い手」「輝く金字塔」
G118 マッケン 『赤い手』『輝くピラミッド』

K154 マッケン 『恐怖』
G118 マッケン 『恐怖』

K154 マッケン 「大いなる来復」
G118 マッケン 『大いなる来復』

K154 マッケン 『弓兵・戦争伝説』
G118 マッケン 『弓兵』

K155 アルジャナン・ブラックウッド 「柳」
G122 アルジャナン・ブラックウッド 『柳』

K155 ブラックウッド 「ウェンディゴー」
G122 ブラックウッド 『ウェンディゴウ』

K155 ブラックウッド 「とある下宿での物語」
G122 ブラックウッド 『下宿屋のエピソード』

K155 ブラックウッド 「聴いている者」
G122 ブラックウッド 『耳をすますもの』

K155 ブラックウッド 『信じ難き出来事』
G122 ブラックウッド 『信じがたい冒険』

K156 ブラックウッド 『妖怪博士ジョン・サイレンス』
G124 ブラックウッド 『ジョン・サイランス──驚嘆すべき医師』
T317 オルジャーノン・ブラックウッド 『ジョン・サイレンス博士』

K156 ブラックウッド 「霊魂の侵略者」
G124 ブラックウッド 『霊の侵入』

K156 ブラックウッド 「いにしえの魔術」
G124 ブラックウッド 『古代の妖術』

K156 ブラックウッド 「火の女神」
G124 ブラックウッド 『炎のネメシス』

K156 ブラックウッド 「秘密の崇拝」
G124 ブラックウッド 『秘められた信仰』

K156 ブラックウッド 「犬のキャンプ」
G124 ブラックウッド 『犬のキャンプ』

K156 ブラックウッド 『ジンボー』
G124 ブラックウッド 『ジムボウ』

K156 ブラックウッド 『ケンタウロス』
G124 ブラックウッド 『ケンタウロス』

K157 ダンセイニ 『驚異の書』
G126 ダンセイニ 『驚異の書』

K157 ダンセイニ 『夢物語』
G126 ダンセイニ 『夢想家の物語』

K158 ダンセイニ 「山の神々」
G126 ダンセイニ 『山の神々』

K158 ダンセイニ 「宿屋の一夜」
G128 ダンセイニ 『宿屋での一夜』

K158 ダンセイニ 「神々の哄笑」
G128 ダンセイニ 『神々の笑い』

K158 ダンセイニ 「女王の敵」
G128 ダンセイニ 『女王の敵たち』

K160 ジェイムズ博士 『好古家の怪談集』『続好古家の怪談集』『やせた幽霊』『穿鑿屋への警告』
G131 ジェイムズ博士 『古物研究家の幽霊小説』『続古物研究家の幽霊小説』『薄い幽霊その他』『好奇心への警告』

K160 ジェイムズ博士 『五つの壺』
G131 ジェイムズ博士 『五つの壺』

K160 ジェイムズ博士 「マグナス伯爵」
G131 ジェイムズ博士 『マグヌス伯爵』

K162 ジェイムズ博士 「トマス僧院長の宝」
G133 ジェイムズ博士 『トマス大修道院長の宝』

K163 ジェイムズ博士 「副司教の座」
G134 ジェイムズ博士 『バーチェスター大聖堂の聖歌隊席』

K163 ジェイムズ博士 「笛吹けば、現われん」
G134 ジェイムズ博士 『ああ、若者よ、笛を吹けば、我行かん』

K163 ジェイムズ博士 「寺院史夜話」
G134 ジェイムズ博士 『大聖堂の歴史の挿話』

トップに戻る