トップに戻る

『恐怖小説史』ノート

──著者名,書名の原文参照+翻訳データ

『恐怖小説史』エディス・バークヘッド 著
安藤泉,内田正子,鈴木英夫,高田康成,高橋和久,富山太佳夫,永山光子,橋本槇矩,盛田由紀子,横井和子 訳
(牧神社/1975年8月30日第1刷発行,1978年4月20日新装版第1刷発行)

Edith Birkhead The Tale of Terror a study of the gothic romance (1921)

第一章第二章第三章第四章第五章第六章第七章第八章第九章第十章第十一章第十二章

第一章 序

CHAPTER I - INTRODUCTORY.


[Tab]本文著者名 [Tab]本文訳題 [Tab]原文綴り+[追補] [Tab]※備考

※本項の頁の数字は新装版第1刷による.

14 マリアット 『幽霊船』 Frederick Marryat (1792-1848) Phantom Ship (1839) ※一部が『怪奇小説傑作集2』(創元推理文庫)所収の「人狼」及び『悪魔の骰子 米国ゴシック短篇集』(国書刊行会)所収の「狼人間」.
14 ペトローニウス 『トリマルキオの夕餉』 Petronius Supper of Trimalchio ※ペトロニウス『サテュリコン』(岩波文庫)の一部.
15 - 『リア王』 -[William Shakespeare (1564-1616)] King Lear (1604-1606ごろ) ※各社文庫他.
15 ベネディック 『盗賊の花婿』 Benedick Robber Bridegroom
16 マロリー 『アーサーの死』 Sir Thomas Malory (1399-1471) Morte d'Arthur ※『アーサー王の死』(ちくま文庫 中世文学集)
17 - 『アマディス卿』 - Sir Amadas
17 ウェブスター 『モルフィ公爵夫人』 John Webster (1580?-1634?) The Duchess of Malfi (1614ごろ) ※『白い悪魔・モルフィ公爵夫人』(白水社 エリザベス朝演劇集3)
17 ベン・ジョンソン 『女王の仮面劇』 Ben Jonson (1572-1637) Masque of Queens (1609)
17 バニヤン 『天路歴程』 John Bunyan (1628-1688) The Pilgrim's Progress ※新教出版社,岩波文庫(全2巻)他
18 デフォー 『幽霊の歴史と実在に関する試論』 (1727) Daniel Defoe (1660-1731) [An] Essay on the History and Reality of Apparitions (1727)
19 グランヴィル 『魔女と魔法に関する哲学的考察』 Joseph Glanvill (1636-1680) Sadducismus Triumphatus (1666) ※『魔女と魔法に関する哲学的考察』の原題はPhilosophical Considerations Touching the Being of Witches and Witchcraft (1666)で、Sadducismus Triumphatus は(1681)なので(Wikipedia情報)、原書の年代誤表記による訳書の題名誤表記である可能性あり.ネット上の原テキストの誤表記の可能性も.
20 - 『ぴかぴかすりこ木さむらい』 -[Francis Beaumont (1584-1616)] The Knight of the Burning Pestle (1613) ※フランシス・ボーモント『ぴかぴかすりこぎ団の騎士(エリザベス朝喜劇10選5)』(早稲田大学出版部)
20 マレット 『ウィリアムとマーガレット』 David Mallet (1705-1765) William and Margaret (1759) ※バラッド "Margaret's Ghost"(1724)の別名 (1759)の根拠は不明.
20 グレイ 『吟唱詩人』 Thomas Gray (1716-1771) The Bard (1757) ※詩 参考:『墓畔の哀歌』(岩波文庫)
21 - 『トム・ジョーンズ』 -[Henry Fielding (1707-1754)] [The History of] Tom Jones [, a Foundling] (1749) ※『トム・ジョウンズ』岩波文庫(全4巻)
21 コリンズ 『スコットランド高地の迷信に寄せる頌詩』 William Collins (1721-1759) Ode on the Popular Superstitions of the Scottish Highlands (written 1750, unpublished until later editions) ※原テキストでは Popular が抜けている.
21 ホーム 『ダグラス』 John Home (1722-1808) Douglas (first performance in Edinburgh in 1756)
22 バーンズ 『万聖節』 Robert Burns (1759-1796) Halloween (1785) ※詩
23 バーンズ 『シャンター村のタム』 Robert Burns Tam O'Shanter (1790) ※詩 参考:『バーンズ詩集』(岩波文庫),『ロバート・バーンズ詩集』(国文社)
24 パーシー 『古謡拾遺集』 (1765) Thomas Percy (1729-1811) Reliques of Ancient English Poetry (1765) ※『パーシイ古英詩拾遺』上下(開文社出版)※ネット上の原テキストに(1705)とあるのは誤り.
24 コールリッジ 『老水夫行』 Samuel Taylor Coleridge (1772-1834) The Rime of the Ancient Mariner (1798) ※ネット上の原テキストにAncient Mannerとあるのは誤り.※『対訳 コウルリッジ詩集―イギリス詩人選〈7〉』(岩波文庫),『コウルリヂ詩選』(岩波文庫)
25 コールリッジ 『クリスタベル』 Christabel (1816) ※『対訳 コウルリッジ詩集―イギリス詩人選〈7〉』(岩波文庫),「クリスタベル姫」『ゴシック名訳集成 吸血妖鬼譚』(学研M文庫),『コウルリヂ詩選』(岩波文庫)
25 コールリッジ 『クブラ・カーン』 Kubla Khan (1816) ※『対訳 コウルリッジ詩集―イギリス詩人選〈7〉』(岩波文庫),「忽必烈汗(Kubla Khan)」『コウルリヂ詩選』(岩波文庫)
26 キーツ 『聖アグネス祭前夜』 John Keats (1795-1821) The Eve of St.Agnes (1819) ※『聖アグネス祭前夜ほか』(研究社小英文叢書281)参考:『対訳 キーツ詩集―イギリス詩人選〈10〉』(岩波文庫),『新訳キーツ詩集 (世界の詩33)』(彌生書房)他.
26 キーツ 『イザベラ』 John Keats Isabella (1818)
27 キーツ 『憂欝の賦』 John Keats Ode on Melancholy
28 キーツ 『つれなきたおやめ』 John Keats La Belle Dame sans Merci
29 ビュルガー 『レオノーレ』 Gottfried August Burger (1747-1794) Lenore (1774) ※詩 「レノーレ」『怪奇文学大山脈1』(東京創元社)
29 スコット 『グレンフィンラス』 Walter Scott (1771-1832) Glenfinlas (1798) ※詩
29 ルイス 『勇士アロンゾと美女イモジーン』 Matthew Gregory Lewis (1775-1818) Alonzo the Brave and the Fair Imogene
29 サウジー 『バークレーの老婆』 Robert Southey (1774-1843) Old Woman of Berkeley (1798) ※詩
29 ホッグ 『横笛の魔女』 James Hogg (1770-1835) The Witch of Fire ※詩
29 ホッグ 『キルムニイ』 James Hogg Kilmeny ※詩.The Queen's Wake (1813)に含まれる.
29 イアンブリクス 『バビュロニカ』 Iamblichus (245-325) Babylonica
30 ガラン訳の 『千一夜物語』 Galland's translation of The Arabian Nights Antoine Galland (1640-1715) ※ボルヘス編『千夜一夜物語 ガラン版』(国書刊行会)
30 オーノア夫人の御伽話集 the Countess D'Aulnoy's collection of fairy tales Madame d'Aulnoy (1650-/51-1705)
30 ペロー 『マザーグースの童話』 Charles Perrault (1628-1703) Contes de ma mere l'Oye(がちょうおばさんの話) ※『完訳 ペロー童話集』(岩波書店),『ペローの昔ばなし』(白水社)他.
30 - 「さまよえるユダヤ人」「悪魔船」「ファウスト博士」等の中世の伝説を収録し(略)た廉価本 "The Wandering Jew","Demon Frigate","Dr Faustus" ※(註P322 1-8)
30 スモレット 『ファゾム卿、ファーディナンドの冒険』(1753) Tobias Smollett (1721-1771) Adventures of Ferdinand, Count Fathom (1753) ※参考:『ロデリック・ランダムの冒険』(荒竹出版)The Adventures of Roderick Random (1748)
30 ウォルポール 『オトラント城綺譚』 Horace Walpole (1717-1797) The Castle of Otranto (1764) ※牧神社、『オトラントの城』(国書刊行会),『オトラント城/崇高と美の起源』(研究社)他.
30 マクファーソン 『オシアン』 James Macpherson (1736-1796) Ossian (1761-1765) ※『オシアン詩集』(竜渓書舎)
31 ゴドウィン 『ケイレブ・ウィリアムズ』 William Godwin (1756-1836) [Things as They Are; or, The Adventures of] Caleb Williams (1794) ※国書刊行会,白水Uブックス(2016)
31 - 『青髭』 - Bluebeard ※シャルル・ペロー「青ひげ」(La Barbe Bleue),グリム童話初版にも収録.
31 ゴドウィン 『クラウズリー』 William Godwin Cloudesley (1830) ※Cloudesley: A Tale(Wikipedia情報)
31 - 『森の赤子』 - The Babes in the Wood ※traditional children's tale
31 ラドクリフ夫人 『ユドルフォの秘密』 Mrs. Radcliffe (Ann Radcliffe) (1764-1823) The Mysteries of Udolpho (1794)
31 ラドクリフ夫人 『シシリアのロマンス』 Mrs. Radcliffe The Sicillian Romance (1790)
31 アプレイウス 『黄金のロバ』 Lucius Apuleius (124-170) Golden Ass ※『黄金の驢馬』(岩波文庫)
31 シェリー 『ザストロッツィ』 Percy Bysshe Shelley (1792-1822) Zastrozzi (1810)
31 シェリー 『聖アーヴィン』 Percy Bysshe Shelley St. Irvyne [; or, The Rosicrucian] (1811)
32 - 『イーリアス』 - Iliad ※ホメロス『イリアス』(岩波文庫全2巻)
32 シンクレアー 『サタンの見えざる世界瞥見』 (1685) George Sinclair (-1696) Satan's Invisible World Discovered (1685)
32 ボブェット 『伏魔殿。或は悪魔の修道院暴露』 (1683) Richard Bovet (1641-?) Pandemonium or the Devil's Cloyster Opened (1683) ※Wikipediaでは Pandaemonium, or the Devil's Cloister (1684)
32 レジナルド・スコット 『暴露された魔術』 (1584) Reginald Scott (1538?-1599) Discovery of Witchcraft (1584) ※別の綴り The discoverie of witchcraft

第二章 ゴシック・ロマンスの曙

CHAPTER II - THE BEGINNINGS OF GOTHIC ROMANCE.

37 ホレス・ウォルポール 『オトラント城綺譚』 ※P30参照
38 ポープ 『シェイクスピア序文』 Alexander Pope (1688-1744) Preface to Shakespeare (1725)
38 ハード 『騎士道とロマンスに就ての書簡』 (1762) Richard Hard (1720-1808) Letters on Chivalry and Romance (1762) ※ネット上の原テキストにKardとあるのは誤り.
38 スペンサー 『神仙女王』 Edmund Spenser (1552/1553-1599) Faerie Queene (1590-1596) ※『妖精の女王』全4巻(ちくま文庫)
40 - 『アイヴァンホー』 -[Walter Scott] Ivanhoe (1820) ※ウォルター・スコット『アイヴァンホー』上下(岩波文庫),『アイヴァンホー 愛と冒険の騎士物語』上下(講談社青い鳥文庫)他
41 - 『ジャックと豆の木』 - Jack the Giantkiller ※British fairy tale and legend
41 ロバート・ジェフソン脚色 『ナーボンヌの伯爵』 dramatised by Robert Jephson (1736-1803) The Count of Narbonne ※The Count of Narbonne:A Tragedy, in Five Acts ※Based on Walpole's "The Castle of Otrant"
42 マクファーソン 『オシアン』 ※P30参照
42 パーシィ 『古謡拾遺集』 (1762) Percy's Reliques (1765) ※P24参照 ※人名不統一:パーシー,発表年誤記:正(1765)
44 クレアラ・リーヴ 『イギリスの老男爵』 (1777) Clara Reeve (1729-1807) The Old English Baron (1777) ※国書刊行会,クララ・リーヴ『英老男爵』(牧神社)
44 ラドクリフ夫人 『シシリアのロマンス』 (1790) ※P31参照
44 ローシュ夫人 『古屋敷の子供たち』 (1798) Mrs. Roche [Regina Maria Roche](1764-1845) [The] Children of the Abbey (1798) ※Wikipediaでは(1796)
45 ジェディダイア・クリーシュボザム 『墓守老人』 Jedediah Cleishbotham Old Mortality (1816) ※『墓守老人』はウォルター・スコットの作.クリーシュボザムはスコットによる架空の人物.
46 スモレット 『ファゾム卿、フェルディナンドの冒険』 ※P30参照 ※訳題不統一:ファーディナンド
49 クレアラ・リーヴ 『有徳の人』(後に『イギリスの老男爵』と改題) Clara Reeve The Champion of Virtue
50 - 『森のロマンス』 - The Romance of the Forest ※P72参照
52 - 『城の孤児・エドマンド』 (1799) -[John Broster] Edmond, Orphan of the Castle (1799) ※1800年にフランス語訳された『イギリスの老男爵』を基にした悲劇.
53 リーヴ 『コナー城──アイルランドの物語』※消失 Clara Reeve Castle Connor, an Irish Story (1787) ※lost
53 エイケン(?) 『バートランド卿』※未完 John Aikin (1747-1822) Sir Bertrand[, A Fragment (1773)] ※『悪魔の骰子 米国ゴシック短篇集』(国書刊行会)所収.バーボウルド夫人名義.
53 エイケン父娘 『散文雑集』 (1773) J. and A.L. Aikin Miscellaneous Pieces in Prose (1773) ※Anna Letitia (1743-1825)は姉.「エイケン父娘」は誤りとみられる.
53 - 『恐怖の対象に由来する喜悦について』 - On the Pleasure Derived from Objects of Terror ※『散文雑集』の中の一巻に収録された『バートランド卿』に付された序文(エッセイ)/「怖ろしいものから得られる愉しみについて──断章『バートランド卿』を添えて」(附解題)『LITTERA』2号(1985/3)横山茂雄 訳
53 リー・ハント 『炉辺の友』 (1849) James Henry Leigh Hunt (1784-1859) Book for a Corner (1849) ※2巻本
53 ルーシー・エイケン編 『アン・リティシア・バーボールド作品集』 (1825) Lucy Aikin (1781-1864) The Works of Anne Letitia Barbauld (1825) ※Lucy → John Aikinの娘
53 ※上記書に収録 『ロマンス論・翻案』 On Romances, an Imitation
53 ※同 『快感を喚起する悲嘆についての考察』 An Enquiry into those Kinds of Distress which Excite Agreeable
56 ブレイク 『小詩集』 (1783)「麗わしきエリナー」 William Blake (1757-1827) Poetical Sketches (1783) "Fair Elenor"
57 ルイス 『恐怖物語』 Matthew Gregory Lewis Tales of Terror (1808)
58 ネイサン・ドレイク博士 『読書の時』 (1798) Nathan Drake (1766-1836) Literary Hours [or Sketches Critical and Narrative] (1798)
58 ネイサン・ドレイク博士 『ヘンリー・フィツオーウェン、ゴシック物語』 Nathan Drake Henry Fitzowen, a Gothic Tale (1798)
60 ドレイク 『モンモランシ─断片』 Nathan Drake Montmorenci, a Fragment (1798) ※Montmorency表記もあり.
60 ウォルポール 『神秘の母』 Horace Walpole Mysterious Mother (1768) 「謎の母」『ゴシック演劇集 ゴシック叢書〈12〉』(国書刊行会)
60 - 『エドワード』※古いバラード - Edward
61 - 『イタリア人』 ※P83参照 Ann Radcliffe The Italian
61 コリンズ 『恐怖へのオード』 William Collins Ode to Fear (1746) ※詩
61 - 『ハーディニュート』※スコットランドのバラード [Elizabeth, Lady Wardlaw (1677-1727)の作とされる] Hardyknute
62 ドレイク 『クルーネデイル寺院』 Nathan Drake (1766-1836) The Abbey of Clunedale (1804) ※短篇
62 ドレイク 『エグバート卿』 Nathan Drake Sir Egbert [a Gothic Tale] ※『読書の時』に収録.

第三章 「サスペンス小説」ラドクリフ夫人

CHAPTER III - "THE NOVEL OF SUSPENSE." MRS. RADCLIFFE.

67 - 『ノーザンガー・アベイ』 - Northanger Abbey ※P183参照
67-68 >「一八三三年のこと、ラドクリフ夫人の崇拝者の一人クリスティーナ・ロセッティは、資料不足のために、伝記を書く計画を断念せざるを得なかった。」 ※原文では1883.クリスティーナ・ロセッティ(1830-1894)なので1883年が正しいと思われる.
68 ラドクリフ夫人 『ガストン・ド・ブロンデヴィユ』 (1826) ※詩を含む作品集 Mrs. Radcliffe[Ann Radcliffe] (1764-1823) Gaston de Blondeville (1826) ※死後の出版
68 ソフィア・リー 『隠栖』 (1785) Sophia Lee (1750-1824) The Recess (1785)
68 ラドクリフ夫人 『アスリン城とダンベイン城』 (1789) ※処女作 Mrs. Radcliffe The Castles of Athlin and Dunbayne (1789)
69 ラドクリフ夫人 『ガストン』 ※最後の小説 → 『ガストン・ド・ブロンデヴィユ』
70 ラドクリフ夫人 『シシリアのロマンス』 (1790) ※P31参照 Mrs. Radcliffe The Sicillian Romance (1790)
70 - 『誘拐されて』 -[Robert Louis Stevenson (1850-1894)] Kidnapped (1886) ※角川文庫(1953年),『スティーヴンソン作品集 4』(文泉堂出版),『さらわれたデービッド』(福音館書店)他.
72 ラドクリフ夫人 『森のロマンス』 (1792) ※三番目の小説 Mrs. Radcliffe The Romance of the Forest (1792) ※Wikipedia等では(1791)
75 リチャードソン 『クラリッサ・ハーロー』 Samuel Richardson (1689-1761) Clarissa Harlowe [or the History of a Young Lady] (1748) ※ネット上に翻訳あり(PDF)渡辺洋 訳
77 - 『悪夢の館』 -[Thomas Love Peacock (1785-1866)] Nightmare Abbey (1818)
82 シャーロット・ブロンテ 『ヴィレット』 Charlotte Bronte (1816-1855) Villette (1853) ※みすず書房(上下[ブロンテ全集5,6])
83 シラー 『見霊者』 Friedrich von Schiller (1759-1805) Der Geisterseher (1789) ※『招霊妖術師』[世界幻想文学大系17](国書刊行会)
83 ラドクリフ夫人 『イタリア人』 Mrs. Radcliffe The Italian (1797) ※『イタリアの惨劇』上下[ゴシック叢書1,2](国書刊行会)
85 ジョン・ムーア博士 『ゼルコー』 Dr. John Moore (1729-1802) Zeluco (1789)
88 シラー 『群盗』 (1781) Friedrich von Schiller Die Rauber (1781) ※岩波文庫
88 - 『異端者』 -[Lord Byron (1788-1824)] The Giaour (1813)
90 ラドクリフ夫人 『ガストン・ド・ブロンデヴィユ』※P68参照
90 リーランド 『原典要略集』 John Leland (1503-1552,1506?-1552もあり) Collectanea (1770) [Joannis Lelandi Antiquarii de Rebus Britannicis Collectanea]
90 マダー 『大蔵省史』 Mador [Thomas Madox (1666-1727)] ※原文の誤りか? History of the Exchequer (1711)
91 リーランド 『ロングソード』 (1752) Thomas Leland (1722-1785) Longsword (1752) [Longsword , Earl of Salisbury (1762)] ※Wiki等では1762年.※著者名はJohn Leland併記もあり.Thomas Lelandとの関係は不明.
91 ストラット 『クイーンフー・ホール』(スコット補筆) Jpseph Strutt (1749-1785) Queenhoo Hall [: a romance; and Ancient times, a drama] (1808)
91 ジェイムズ・ホッグ 『アンブローズ亭の夕べ』 James Hogg (1770-1835) Noctes Ambrosianae (1822-1835;Blackwood's Magazine) ※Noctes Ambrosianaもあり.aeは合字.
92 - 『オシアン』※P30参照 James Macpherson Ossian
92 ウォルポール 『秘密の母』※P60参照,訳題不統一:『神秘の母』
93 - 『ウェイヴァリー』 -[Walter Scott (1771-1832)] Waverley (1814) ※『ウェイヴァリー あるいは60年前の物語』(万葉新書・上中下/万葉舎)
94 ラドクリフ夫人 『日記』 ※註記3章(4)によると『ラドクリフ夫人旅行記』第二版(1795年)第二巻 Mrs. Radcliffe Journeys [Journeys of Mrs. Radcliffe_, 2nd ed., 1795, vol. ii]

第四章 恐怖小説 ルイスとマチューリン

CHAPTER IV - THE NOVEL OF TERROR. LEWIS AND MATURIN.

100 マシュー・グレゴリー・ルイス 『破戒僧(モンク)』 Matthew Gregory Lewis (1775-1818) The Monk (1796) ※『マンク』(国書刊行会)
100 ディック・ターピンズ(本名リチャード・ターピンズ、1706-39年)※大泥棒 Dick Turpins [Richard "Dick" Turpin (1705-1739)]※英国の大盗賊."s"は付かない.生年は1705年,1706年あり.
101 ゲーテ 『若きウェルテルの悩み』 Johann Wolfgang von Goethe (1749-1832) The Sorrows of Werther ※岩波文庫,新潮文庫 他
101 ハインゼ 『アルディンゲロ』 (1787) Wilhelm Heinse (1746-1803) Ardinghello [und die gluckseligen Inseln] (1787)※「アルディンジェロと至福の島々」『ユートピア旅行記叢書 11 哲学者たちのユートピア』(岩波書店)
101 ティーク 『アブダラー』 (1792-1793) Ludwig Tieck (1773-1853) Abdallah (1792-1793) ※Wikipediaでは(1795),同日本語版では(1796).
101 ティーク 『ウィリアム・ロヴェル』 (1794-1796) Ludwig Tieck William Lovell (1794-1796) ※Wikipediaでは(1795-1796)
101 コッツェブー(の無数の芝居) Augst von Kotzebue (1761-1919)
101 ヴァイトヴェーバー(のロマン) Weit Weber [Veit Weber ※レオンハルト・ヴェヒター Leonhard Wachter(1762-1837)の筆名.] 「many of the innumerable dramas of Kotzebue, the romances of Weit Weber」
101 ルイス 『ロマンティックな物語』 Matthew Gregory Lewis Romantic Tales (1808)
101 ルイス 『レガット伯父の窓』 Matthew Gregory Lewis My Uncle's Garret Window ※短篇
102 ルイス 『城の幽霊』※芝居(初期の習作のひとつのロマンスを改作) Matthew Gregory Lewis The Castle Spectre (1798上演) ※Wikipediaでは(1796).執筆時か?
102 セアラ・ウィルキンソン※P111,112参照
102 シェリー 『ザストロッツィ』※P31参照
102 シェリー 『聖アーヴィン』※P31参照
105 『ガーディアン誌』のサントン・バリッサ〔またはバルシャ〕 Santon Barissa [Barsia] in the Guardian
105 カンゾット〔またはカゾット〕 『悪魔の恋』 Canzotte [Jacques Cazotte (1719-1792)] The Devil in Love (1772) ※[世界幻想文学大系 第1巻],[バベルの図書館](国書刊行会)
105 ルイス 『驚異の物語』 (1801) Matthew Gregory Lewis Tales of Wondder (1801)
105 ミクレー 『魔術師』※上記に収録 William Julius Mickle (1734-1788) Sorcerer [The Sorceress; or Wolfwold and Ulla (1801)]
107 ホフマン 『悪魔の美酒』 (1816) E.T.A.Hoffmann (1776-1822) Elixir des Teufels (1816) [Die Elixiere des Teufels (1815)] ※『ホフマン全集6 悪魔の霊液』(創土社),『悪魔の霊酒』上下(ちくま文庫)
107 - 『恐怖の物語』 (1799) ※アンソロジー.P57では『恐怖物語』(1808),訳題不統一,年代不一致. Matthew Gregory Lewis Tales of Terror (1799)
107 - 『驚異の物語』 (1801) ※アンソロジー.P105参照
107 メレディス 『ファリーナ』 George Meredith (1828-1909) Farina (1857)
107 ルイス 『ヴェニスの悪漢』 (1805) ※ズショケの『大盗賊アベリーノ』の翻訳 Matthew Gregory Lewis The Bravo of Venice [:A Romance] (1805)
107 ズショケ 『大盗賊アベリーノ』 Heinrich Zschokke (1771-1848) Abellino, der Grosse Bandit [Aballino der grose Bandit (1793)] ※Heinrich Zschokke はハインリヒ・チョッケ(と読むらしい).
108 ルイス 『尼僧院の伝説』 ※四巻本ロマンス.『ヴェニスの悪漢』の第二版にある予告. Matthew Gregory Lewis Legends of the Nunnery ※バークヘッドの誤解らしい.Legends of the Nunnery: A Romance (1807) は Edward Montague (Edward Mortimerの名も持つ)作.
108 ルイス 『封建潜主』 (1806) ※ドイツ語から翻訳した長編ロマンス Matthew Gregory Lewis Feudal Tyrants [: Or, the Counts of Carlsheim and Sargans. a Romance] (1806)
108 ルイス 『ブランキとオズブライト─不信』 (1808) Matthew Gregory Lewis Blanche and Osbright, or Mistrust (1808) ※正しくは Mistrust, or Blanche and Osbright .
109 ルイス 『盗賊ケーニヒスマルク─ボヘミアの戦慄』 (1818) Matthew Gregory Lewis Koenigsmark the Robber, or The Terror of Bohemia (1818) ※短篇.ルイス作とされる? あるいは翻訳か?
109 バイロン 『オスカルとアルヴァ』(『怠惰の時』1807) George Gordon Byron (1788-1824) Oscar and Alva (Hours of Idleness ,1807) ※詩
110 マチューリン 『宿命の復讐─モントリオ一族』 (1810) Charles Robert Maturin (1782-1824) The Fatal Revenge; or, The Family of Montorio (1810) ※Wikipediaでは(1807)
110 - 『クォータリー・レヴュー』※雑誌 Quarterly Review ※イギリスの季刊雑誌.(1809-1967)
111 セアラ・ウィルキンソン Miss Sarah Wilkinson [Sarah Scudgell Wilkinson (1779-1831)]
111 エリザ・パーソンズ Mrs. Eliza Parsons (1739-1811)
111 - 『アニュアル・レヴュー』※雑誌 Annual Review [and History of Literature (1803-1809)]
111 - 『迷信と騎士道の物語』 -[Anne Bannerman (1765-1829)] Tales of Superstition and Chivalry (1802)
112 ベネット夫人 『乞食の少女と恩人』※七巻本 Mrs. Bennett [Anna Maria Bennett (1750-1808)] [The] Beggar Girl and her Benefactors (1797)
112 ウィルキンソン 『聖クレアの修道院─殺された尼の亡霊』 Miss [Sarah] Wilkinson (1779-1831) The Priory of St. Clair, or The Spectre of the Murdered Nun [Priory of St. Clair; or, Spectre of the Murdered Nun (1811)]
112 ウィルキンソン 『灰色の懺悔者の僧院─背教の尼』 Miss [Sarah] Wilkinson The Convent of the Grey Penitents, or The Apostate Nun [Convent of grey penitents or, The apostate nun : a romance (1810)]
112 アンリエッタ・ルヴィエール 『祖先探訪』 (1807) Mrs. Henrietta Rouviere [Henrietta Rouviere Mosse (1770?-1835?)] A Peep at our Ancestors (1807)
113 グレー 『墓地の哀歌』 Thomas Gray (1716-1771) Elegy [Written in a Country Churchyard] (1745-1750,1751出版) ※『墓畔の哀歌』(岩波文庫)
113 - 『現代作家』 (1817) - Living Authors (1817) ※A Biographical Dictionary of the Living Authors of Great Britain and Ireland (Published by Henry Colburn, London, 1816) と思われる.
113 ワット編 『ビブリオテーカ・ブリタニカ』 (1824)※四巻本 Robert Watt (1774-1819) Bibliotheca Britannica [, or, A general index to British and foreign literature] (1824)
113 ヘンリー・ティルニー Henry Tilney ※『ノーザンガー・アベイ』(P183参照)の登場人物.
113 - 『真夜中の恐怖─盗賊の娘』 -[anonymous] Midnight Horrors, or The Bandit's Daughter (1823)※(1810)とする情報も.
114 R・S 『新破戒僧』 R.S. The New Monk (1798) ※R.S.については不明.
114 ジョージ・ムーア 『マドリードの修道士』 (1802) George Moore (fl.1793-1811)※fl.は活動期間? [Theodosius de Zulvin, ] The Monk of Madrid (1802)
114 T・J・ホースリー・カーティーズ 『ユドルフォの血の修道士』 T.J. Horsley Curties [Thomas Isaac Horsley Curteis (ca.1777-1859)※ca.はおよそ?] The Bloody Monk of Udolpho ※実際の書名は The Monk of Udolpho: A Romance (1807) か.
114 J・J 『マンフローニ・片腕の修道士』 J.J. Manfroni, the One-handed Monk [Manfroni, or the One-Handed Monk] ※しばしばラドクリフ作とされていたようだが,J.J.は不明.
114 シオドア・メルヴィル 『情の修道士』 (1807) Theodore Melville The Benevolent Monk [; or The Castle of Ollala] (1807)
114 「ローザ・マチルダ」 『聖オマールの尼僧』 "Rosa Matilda's" [Confessions of the] Nun of St. Omer's (1805) ※Rosa Matilda は,Charlotte Dacre (1771or1772-1825)こと Charlotte King の筆名.
114 ソフィア・フランシス 『ミゼリコーディアの尼僧』 Sophia Francis [The] Nun of Misericordia [or the Eve of All Saints] (1807)
114 ウィルキンソン 『背教の尼』=『灰色の懺悔者の僧院─背教の尼』※P112参照 Sarah Wilkinson Apostate Nun
114 - 『不思議な悪漢』 -[J. Bailey] The Mysterious Bravo [; or,] ※↓
114 - 『聖オルティスの社』 -[J. Bailey] The Shrine of St. Alstice[. :] ※↓
114 - 『カレドニアの伝説』 -[J. Bailey] A Caledonian Legend [(ca. 1823)] ※三つのタイトルに分けられているが,一つの作品.短篇26ページ.
114 - 『ボヘミアの悪漢─黒森』 -[Anonymous] The Bravo of Bohemia or The Black Forest [, by the Author of Jessy] (1806) ※著者名はA Lady表記も.
114 - 『カレドニアの盗賊』 -[Catherine Smith (or Catherina Smith)] The Caledonian Banditti[, or Heir of Duncaethal; a Romance] (1811)
114 - 『森の盗賊』 -[Catherine Smith (or Catherina Smith)] [The Castle of Arragon: or,] The Banditti of the Forest (1813)
114 - 『フロレンスの盗賊』 -[Sarah Wilkinson] The Bandit of Florence (1819) ※のちにNew tales: The bandit of Florence; and the fugitive nun と改題.
115 ジョージ・ウォーカー 『洞窟のロマンス』 (1792) George Walker (1772-1847) Romance of the Cavern (1792)
115 エレノア・スリース 『森の秘密』 Eleanor Sleath (1770-1856) [Who's the Murderer? Or, the] Mysteries of the Forest (1802)
115 パーソンズ 『秘密の警告』 Mrs.[Eliza] Parsons (1739-1811) Mysterious Warnings (1796) ※Mysterious Warning とするデータの方が多い.
115 パーソンズ 『秘密の訪問』 Mrs.[Eliza] Parsons (1739-1811) Mysterious Visits (1802)
115 フォン・グロッセ男爵作 『恐怖の秘密』 (1796)※R・ウィル訳 Marquis von Grosse [Carl Friedrich August Grosse (1768-1847)] (tr. R. Will [Peter Will]) Horrid Mysteries (1796) ※Marquis は侯爵.グローセ侯爵とするのが妥当か? ※訳者はR. Will ではなく Peter Will.
115 ジョン・パーマー 『黒い塔の秘密』 John Palmer (1776-1809) The Mystery of the Black Tower [,a Romance] (1796)
115 ジョン・パーマー 『秘密の霊廟』 John Palmer The Mystic Sepulchre [; or, Such Tings Have Been. A Spanish Romance] (1806)
115 ソフィア・リーヴ 『不思議な放浪者』 (1807) Sophia Reeve [The] Mysterious Wanderer (1807)
115 A・J・ランドルフ 『不思議な手─地下の恐怖』 (1811) A.J. Randolph [Augustus Jacob Crandolph] [The] Mysterious Hand or Subterranean Horrors (1811)
115 フランシス・レイソム 『不思議な盗賊』 (1805) Francis Lathom (1774-1832) The Mysterious Freebooter [; or, The Days of Queen Bess] (1805) ※Wikipedia等では(1806)
115 レイチェル・ハンター夫人 『レティティア、亡霊の出ない城』 Mrs. Rachel Hunter (ca. 1754-1813) Letitia: A Castle Without a Spectre [Letitia: or, The Castle Without a Spectre] (1801)
115 シャーロット・スミス 『古き領主の屋敷』 (1793) Charlotte [Turner] Smith (1749-1806) Old Manor House (1793)
115 フェリックス・ファントム(という偽名) 『幽霊』 Felix Phantom ※Robert Heron (1764-1807)であるとみられる. The Ghost (1796)
115 フェリックス・ファントム(という偽名) 『続幽霊』 Felix Phantom More Ghosts
116 ミーク夫人 『真夜中の婚礼』 Mrs. Meeke [Mary Meeke (?-1816)] Midnight Weddings [:a Novel] (1802)
116 ジョージ・ウォーカー 『真夜中の鐘』 George Walker (1772-1847) Midnight Bell [, a German story, founded on incidents in real life.] ※作者はFrancis Lathomとするもの,George Walkerと併記するもの,しばしば間違ってGeorge Walker作とされるとする,の三種の情報あり.発表年は1798年,1824年と異なる情報がある.
116 スリース 『夜の詩人』 (1809) Miss Sleath [Eleanor Sleath] The Nocturnal Minstrel (1809) ※発表年は1810年とするもの多し.
116 ウィルキンソン 『モンヴィユの館』 (1803) Sarah Wilkinson The Chateau de Montville [; or the Golden Cross] (1803)
117 ウィルキンソン 『聖クレアの修道院』(1811) ※P112参照 Sarah Wilkinson The Priory of St. Clair (1811)
117 ウィルキンソン 『逃げた伯爵夫人─聖アウスラの僧院』(1807) Sarah Wilkinson The Fugitive Countess or Convent of St. Ursula [: a romance] (1807)
117 ウィルキンソン 『ロペスとアランテ』 Sarah Wilkinson Lopez and Aranthe ※Monkcliffe Abbey, a tale of the fifteenth century. To which is added, Lopez and Aranthe; or, The suicide.(1803)に収録.
118 バイロン 『イングランドの吟遊詩人とスコットランドの書評子』 George Gordon Byron English Bards and Scotch Reviewers (1809) ※詩
118 スコット 『最後の詩人の話』 Walter Scott [The] Lay of the Last Minstrel (1805) ※『ウォルター・スコット 最後の吟遊詩人の歌 作品研究』(佐藤猛郎/評論社)
118 バレット 『ヒロイン』 [Eaton Stannard] Barrett (1786-1820) [The] Heroine[, or: Adventures of a fair romance reader] (1813)
118 ウィルキンソン 『ランミア修道院の亡霊』 Sarah Wilkinson The Spectre of Lanmere Abbey[, or the Mystery of the Blue and Silver Bag; a Romance.] (1820)
119 チャールズ・ロバート・マチューリン 『宿命の復讐─モントリオ一族』 Charles Robert Maturin The Fatal Revenge or The Family of Montorio ※P110参照
121 マチューリン 『宿命の復讐─モントリオ一族』 (1807) ※P110,119参照 ※P110(1810)と年代不一致.※Wikipedia(1807)と一致.
121 マチューリン 『アイルランドの野生児』 (1808) Charles Robert Maturin The Wild Irish Boy (1808)
121 マチューリン 『アイルランドの首領』 (1812) Charles Robert Maturin The Milesian Chief (1812)
121 モーガン夫人 『アイルランドの野性の少女』 Lady Morgan [=Sydney Owenson (1781?-1859)] Wild Irish Girl (1806)
121 スコット 『ラマムーアの花嫁』 Walter Scott Bride of Lammermoor (1819)
121 マチューリン 『バートラム』 (1816) ※最初の悲劇 Charles Robert Maturin Bertram (1816)
121 コールリッジ 『オソリオ』 Samuel Taylor Coleridge Osorio (1797) ※戯曲
121 マチューリン 『マニュエル』 (1817) Charles Robert Maturin Manuel (1817) ※戯曲
121 マチューリン 『フレドルフォ』 (1819) Charles Robert Maturin Fredolfo (1819) ※戯曲
121 マチューリン 『女、その敵と味方』 (1818) Charles Robert Maturin Women, or Pouret Contre [Women; or, Pour Et Contre; a Tale] (1818)
121 マチューリン 『放浪者メルモス』 (1820) Charles Robert Maturin Melmoth the Wanderer (1820) ※国書刊行会[世界幻想文学大系(上・下)],[新装版全一巻]
121 マチューリン 『アルビヨン人』 (1824) ※最後の作品.歴史ロマンス. Charles Robert Maturin The Albigenses (1824) ※(1825)に Leixlip Castle という作品あり.
126 シェイクスピア 『マクベス』 William Shakespeare Macbeth (1606ごろ) ※各社文庫他.
126 シェイクスピア 『ハムレット』 William Shakespeare Hamlet (1600-1602ごろ) ※各社文庫他.
127 ロセッティ Rossetti ※註記4章(21)『書簡と回想』1895年、第1巻、101頁. Dante Gabriel Rossetti (1828-1882) Letters and Memoir [Dante Gabriel Rossetti. His Family-Letters with a Memoir (Volume One)]
127 サッカレー Thackeray ※註記4章(22)『伝記』(メルヴィル)1909年、第1巻、79頁. William Makepeace Thackeray (1811-1863)
127 ミットフォード Miss [Mary Russell] Mitford (1787-1855) ※註記4章(23)『書簡』第2集、1872年、第1巻、101頁.
127 バルザック 『聖別されたるメルモス』 (1835) Honore de Balzac (1799-1850) Melmoth Reconcilie a L'Eglise [Melmoth reconcilie] (1835) ※「神と和解したメルモス」『バルザック幻想・怪奇小説選集3 呪われた子 他』(水声社)
127 - 『エディンバラ・レヴュー』 ※雑誌 Edinburgh Reviewer
129 - 『インドの娘の物語』 ※『放浪者メルモス』に挿入された章のタイトル. C.R. Maturin "Tale of the Indian" [Tale of the Indians] ※「印度魔島奇譚」
129 - 『グズマンの物語』 ※『放浪者メルモス』に挿入された章のタイトル. C.R. Maturin "The Tale of Guzman" [The Tale of Guzman's Family] ※「グスマン一族の物語」
129 - 『恋人の物語』 ※『放浪者メルモス』に挿入された章のタイトル. C.R. Maturin "Lover's Tale" [The Lovers' Tale] ※「恋人の物語」
132 ゴドウィン 『サン・レオン』 William Godwin (1756-1836) St.Leon (1799)
133 マーロウ 『ファウスト博士』 Christopher Marlowe (1564-1593) Dr.Faustus (1604) ※戯曲「フォースタス博士」『エリザベス朝演劇集1 マルタ島のユダヤ人 フォースタス博士』(白水社)
133 ゲーテ 『ファウスト』 Johann Wolfgang von Goethe (1749-1832) Faust (第1部1806,第2部1831) ※岩波文庫他.
134 - 『モントリオ』=『宿命の復讐─モントリオ一族』 ※P110参照

第五章 恐怖の東洋譚──ベックフォード

CHAPTER V - THE ORIENTAL TALE OF TERROR. BECKFORD.

139 ベックフォード 『教王ヴァテック一代記』 William Thomas Beckford (1760-1844) History of the Caliph Vathek [Vathek (alternatively titled Vathek, an Arabian Tale or The History of the Caliph Vathek)] (1786) ※『ヴァテック (バベルの図書館 23)』(国書刊行会),『ヴァセック・泉のニンフ (ゴシック叢書)』(国書刊行会),「ヴァテック」『ゴシック名訳集成[暴夜(アラビア)幻想譚]伝奇ノ匣8』(学研M文庫),『呪の王─バテク王物語』(角川文庫)
139 ガラン訳 『千夜一夜物語』 (1704-1717) ※P30参照『千一夜物語』,訳題不統一.
139 ガラン訳 『トルコ物語』 (1708) Antoine Galland (1640-1715) The Turkish Tales (1708)
139 ガラン訳 『ペルシャ物語』 (1714) Antoine Galland The Persian Tales (1714)
139 ギュレット編 『中国物語』 Thomas-Simon Gueulette (1683-1766) The Chinese Tales
139 ギュレット編 『蒙古物語』 Thomas-Simon Gueulette Mogul Tales
139 ギュレット編 『韃靼物語』 Thomas-Simon Gueulette Tartarian Tales
139 ギュレット編 『ペルー物語』 Thomas-Simon Gueulette Peruvian Tales
139 ジャン=ポール・ビニヨン 『アブダラーの冒険』 Jean-Paul Bignon (1662-1743) The Adventures of Abdallah [, Son of Hanif]
140 アディソン 『ミルザの幻』 (1711) Joseph Addison (1672-1719) [The] Vision of Mirza (1711)
140 ジョンソン 『ラセラス』 (1759) Samuel Johnson (1709-1784) Rasselas [The History of Rasselas, Prince of Abissinia, originally titled The Prince of Abissinia: A Tale] (1759) ※『幸福の探求 アビシニアの王子ラセラスの物語』(岩波文庫)
140 - 『ランブラー誌』 - The Rambler
140 ホークスワース博士 『アルモランとハメット』 (1761) Dr. Hawkesworth [John Hawkesworth (1715頃-1773)] Almoran and Hamet (1761)
140 ラングホーン 『ソリマンとアルメナ』 (1762) John Langhorne (1735-1779) Solyman and Almena [. an Oriental Tale.] (1762)
140 リドリー 『魔神物語』 (1764) James Kenneth Ridley (1736-1765) Tales of the Genii (1764)
140 シェリダン夫人 『ヌルジャハドの物語』 (1767) Mrs. Sheridan [Frances Sheridan (1724-1766)] [The] History of Nourjahad (1767)
141 - 『ハニフの子、アブダラーの冒険』 ※P139参照 -[Jean-Paul Bignon] The Adventure of Abdallah, Son of Hanif
142 ベックフォード 『ヴァテック拾遺』 William Beckford (1760-1844) [The] Episodes [of Vathek] (1912)
143 ベックフォード 『数奇な画家の伝記的回想』※ジャクゥエッタ・アグネータ・マリアーナ・ジェンクス名義 Beckford [Miss Jacquetta Agneta Mariana Jenks] Biographical Memoirs of Extraordinary Painters (1780)
143 - 『現代作家』 (1817) ※P113参照
143 ムーア 『日記』 ※註記5章(6)『トマス・ムーアの回想・日記・書簡』(1853) Thomas Moore (1779-1852) Journal [Memoirs, journal, and correspondence of Thomas Moore. (1853)]
143 ベックフォード 『アゼミア』 -[William Beckford] Azemia [, a descriptive and sentimental novel] (1797)
143 ベックフォード 『優雅なる情熱家』 -[William Beckford] [Modern Novel Writing, or] The Elegant Enthusiast (1796)
144 - 『教王ヴァテック一代記』 ※P139参照 -[William Beckford] The History of the Caliph Vathek
144 ディズレーリ 『オルロイ』 (1833) Benjamin Disraeli (1804-1881) Alvoy (1833) [The Wondrous Tale of Alroy (1833)] ※rとvの誤植か.
144 メレディス 『シャグパットの床屋』 (1856) George Meredith (1828-1909) Shaving of Shagpal (1856) [The Shaving of Shagpat (1856)] ※註記ではThe Shaving of Shagpatなので単なる誤植と思われる.※「シャグパットの毛剃」『ゴシック名訳集成2 暴夜幻想譚』(学研M文庫)

第六章 ゴドウィンと薔薇十字会小説

CHAPTER VI - GODWIN AND THE ROSICRUCIAN NOVEL.

147 ゴドウィン 『政治的正義の考察』 William Godwin (1756-1836) [Enquiry Concerning] Political Justice [and its Influence on Morals and Happiness] (1793) ※『政治的正義(財産論)』(陽樹社)(1973)
148 ゴドウィン 『マンデヴィル』 William Godwin Mandeville (1817)
148 プラトン 『饗宴』 Plato Symposium ※岩波文庫,新潮文庫,光文社古典新訳文庫他.
148 シェリー 『マブ女王』 Percy Bysshe Shelley (1792-1822) Queen Mab (1813) ※詩『クイーン・マッブ―革命の哲学詩』(文化評論出版社)(1972)
148 シェリー 『イスラムの反逆』 Percy Bysshe Shelley Revolt of Islam (1817英Wiki,1818日Wiki) ※詩
148 シェリー 『プロメテウスの解縛』 Percy Bysshe Shelley Prometheus Unbound (1820) ※詩『鎖を解かれたプロメテウス』(岩波文庫)
149 ゴドウィン 『ケイレブ・ウィリアムズ』 (1794) ※P31参照
149 ゴドウィン 『サン・レオン』 (1799) ※P132参照
150 コナン・ドイル [Sir Arthur Ignatius] Conan Doyle (1859-1930)
157 ラドクリフ夫人 『森のロマンス』 ※P72参照
157 スコット 『修道院』 Walter Scott The Monastery [: a Romance] (1820)
158 ブルワー・リットン(の同名の小説〔ゴドウィンの〕) ※註記6章(8),題名不明 Bulwer Lytton (1803-1873)
158 - 『ポール・クリフォード』 -[Bulwer Lytton] Paul Clifford (1830) ※上記小説のことか?
159 - 『リヤ王』 ※P15参照,訳題不統一:『リア王』
160 ゴドウィン 『サン・レオン─十六世紀の物語』 ※P132,149参照 William Godwin St. Leon: A Tale of the Sixteenth Century (1799)
161 ジョン・キャンベル 『老年と墓に打ち勝てる賢者』 Dr. John Campbell (1708-1775) Hermippus Redivivus [; or, the Sage's Triumph over Old Age and the Grave] (1771)
162 ルイス 『破戒僧』 (1794) ※P100参照 Matthew Gregory Lewis Monk (1794)
163 ラドクリフ夫人 『イタリア人』 (1798) ※P83参照,P83(1797)と不一致. Mrs. Radcliffe Italian (1798)
164 ゴドウィン 『妖術師列伝』 (1834) ※P329註記6章(16) William Godwin The Lives of the Necromancers (1834) [Lives of the Necromancers : or, An Account of the Most Eminent Persons in Successive Ages, who have Claimed for themselves, or to whom has been imputed by others, the Exercise of Magical Power.]
164 ブルワー・リットン 『ツィッチ』 Bulwer Lytton Zicci [: A Tale] (1838)
164 ブルワー・リットン 『ザノーニ』 Bulwer Lytton Zanoni (1842) ※国書刊行会I,II(ゴシック叢書〈33〉〈34〉)
164 ブルワー・リットン 『奇妙な物語』 Bulwer Lytton A Strange Story (1862) ※国書刊行会上下(世界幻想文学大系32A,B)
165 「サン・レオンのレジナルド伯」 『サン・ゴドウィン──十六・十七・十八世紀の物語』 Count Reginald de St. Leon [=Edward Dubois (1774-1850)] St. Godwin: A Tale of the 16th,17th and 18th Century [, by Count Reginald de St. Leon.] (1800)
165 ゴドウィン 『クラウズリー』 ※P31参照
165 - 『不思議の国のアリス』 -[Lewis Carroll (1832-1898)] Alice in Wonderland [Alice's Adventures in Wonderland (1865)] ※各社文庫他.
166 トマス・ムーア 『エピキュリアン』 (1827) Thomas Moore (1779-1852) The Epicurean [, a Tale] (1827)
166 トマス・ムーア 『アルキフロン』断章 Thomas Moore Alciphron [, a Poem] (1839)
168 クロウリー 『サラシエル』 (1829) George Croly (1780-1860) Salathiel [,a novel] (1829)
168 ウジェニ・シュー 『さまよえるユダヤ人』 Eugene Sue [Joseph Marie Eugene Sue] (1804-1857) Le Juif Errant (tr. "The Wandering Jew") (1844-1845) ※ウージェーヌ・シュー『さまよえるユダヤ人』角川文庫(上下)
169 - 『深夜の呻き』 -[T. & R. Hughes] The Midnight Groan [; or The Spectre of the Chapel] (1808)
169 - 『怪しい海賊』 ※P115参照,訳題不統一:『不思議な盗賊』 -[Francis Lathom] The Mysterious Freebooter; or, The Days of Queen Bess
169 - 『地下の恐怖』 ※P115参照,訳題省略:『不思議な手─地下の恐怖』 -[Augustus Jacob Crandolph] The Mysterious Hand or Subterranean Horrors (1811)
170 シェリー,メドウィン 『悪夢』 Percy Bysshe Shelley,Thomas Medwin (1788-1869) Nightmare (1809-) ※消失
170 シューベルト 『永遠のユダヤ人』 Schubert Der Ewige Jude ※Christian Friedrich Daniel Schubart (1739-1791) の Der ewige Jude. Eine Lyrische Rhapsodie. (1783 oder 1787) である可能性有り.
170 シェリー 『マブ女王』 ※P148参照
170 シェリー 『プロメテウスの解縛』 ※P148参照
170 シェリー 『ヘラス』 Percy Bysshe Shelley Hellas [, A Lyrical Drama] (1822) ※詩『シェリー詩集―ジュリアンとマッダロー、ヘラス、他』(渓水社)
170 ルイス 『戦慄の物語』 (1899) ※P107参照※訳題不統一:P57『恐怖物語』(1808),P107『恐怖の物語』(1799),年代不一致.(1899)は誤植. Matthew Gregory Lewis Tales of Terror (1799)
170 ルイス 『驚異の物語』 (1801) Matthew Gregory Lewis Tales of Wonder (1801) ※詩集
170 シェリー 『復讐』 Percy Bysshe Shelley Revenge (1809) ※詩
170 シェリー 『復讐鬼ガスタ』 Percy Bysshe Shelley Ghasta, or the Avenging Demon[!!!] (1810) ※詩
170 シェリー 『聖エドモンドの前夜』 Percy Bysshe Shelley St. Edmund's Eve (1810) ※詩
170 シェリー 『ヴィクターとカザイヤ』 (1810) Percy Bysshe Shelley Victor and Cazire (1810) ※詩.詩集 Original Poetry by Victor and Cazire (1810)は"Revenge", "Ghasta, Or, The Avenging Demon!!!"等を含む.
170 シェリー 『良心の勝利』 Percy Bysshe Shelley [Fragment, Or] The Triumph of Conscience ※詩.上記所収.
170 シェリー 『マーガレット・ニコルソンの遺作詩集』 Percy Bysshe Shelley The Posthumous Poems of Margaret Nicholson (1810) [Posthumous Fragments of Margaret Nicholson (1810) by Percy Bysshe Shelley and Thomas Jefferson Hogg]
170 シェリー 『幽霊騎手』 Percy Bysshe Shelley The Spectral Horseman ※詩.上記所収.
170 シェリー 『聖アーヴィン』 (1811) ※P31参照
171 シェリー 『ザストロッツィ』 (1810) ※P31参照
172 - 『ロマンス及び小説叢書』 (1839) -[Ed.by W.Hazlitt] The Romancist and Novelist's Library (1839)
172 「ローザ・マチルダ」ことシャーロット・デイカー 『ムーア人ゾフローヤ』 (1806) ※P114「ローザ・マチルダ」参照. Charlotte Dacre or "Rosa Matilda" Zofloya or the Moor (1806)
172 - 『モダン・ランゲージ・レヴュウ』1912年1号 - Modern Language Review (Jan.1912)
172 A・M・D・ヒューズ A.M.D.Hughes ["Shelley's 'Zastrozzi' and 'St Irvyne'] ※上記に掲載.
174 シェリー 『薔薇十字会員・聖アーヴィン』 (1811) ※P31,102,170参照 Percy Bysshe Shelley St. Irvyne : or the Rosicrucian (1811)
176 ルイス 『ベニスの悪漢』 ※P107参照.訳題不統一:『ヴェニスの悪漢』
177 ピーコック 『悪夢の館』 ※P77参照 [Thomas Love] Peacock Nightmare Abbey
178 シェリー 『アラスター』 Percy Bysshe Shelley Alastor [, or The Spirit of Solitude] (1815) ※詩集.『アラスター、または孤独の霊 : イギリス・ロマン派詩魂の精髄』(創元社)
179 シェリー 『西風の賦』 Percy Bysshe Shelley Ode to the West Wind (1919) ※「西風へのオード」『対訳 シェリー詩集 イギリス詩人選(9)』(岩波文庫)
179 シェリー 『ジネブラ』 Percy Bysshe Shelley Ginevra ※詩
179 シェリー 『イスラムの反逆』 ※P148参照
179 シェリー 『鋭敏な植物』 Percy Bysshe Shelley The Sensitive Plant (1820)
179 シェリー 『チェンチ一族』 Percy Bysshe Shelley The Cenci [, A Tragedy, in Five Acts] (1819) ※『チェンチ家:詩劇』(一橋書房)(1855年)

第七章 恐怖小説に対する諷刺

CHAPTER VII - SATIRES ON THE NOVEL OF TERROR.

183 ジェイン・オースティン 『ノーザンガー・アベイ』 Jane Austen (1775-1817) Northanger Abbey (1817※タイトルページには1818,没後刊) ※『ノーサンガー・アベイ』(キネマ旬報社),『ノーサンガー・アビー』(ちくま文庫)
184 - 『黒森の妖術師』※ドイツ語からの翻訳 -[Ludwig Flammenberg (pseudonym of Carl Friedrich Kahlert,1765-1813)] The Necromancer of the Black Forest [The Necromancer; or, The Tale of the Black Forest (1794)]
184 エライザ・パーソンズ夫人 『不可思議なる警告』 ※P111参照.人名不統一:エリザ・パーソンズ※115参照.訳題不統一:『秘密の警告』 Mrs. Eliza Parsons Mysterious Warnings [The Mysterious Warning] (1796)
184 エライザ・パーソンズ夫人 『ヴォルヘンバッハの城』 Mrs. Eliza Parsons The Castle of Wolfenbach (1793)
184 - 『ロマンス及び小説叢書』 (1839-1841) - The Romancist and Novelist's Library (1839-1841) ※P172参照
184 レジーナ・マリア・ローシュ夫人 『クレアモント』 (1798) Mrs. Regina Maria Roche Clermont [: a Tale] (1798)
184 レジーナ・マリア・ローシュ夫人 『古屋敷の子供たち』 ※P44参照
184 ジョージ・ウォーカー 『真夜中の鐘』 ※P44参照
184 エリナ・スリス 『ライン川の孤児』 (1798) ※人名不統一:P115 エレノア・スリース Eleanor Sleath The Orphan of the Rhine (1798)
184 ウォット 『英国文学書誌』 ※P113参照,人名・訳題不統一:ワット編『ビブリオテーカ・ブリタニカ』 Watt Bibliotheca Britannica
185 フォン・グロッセ侯爵 『恐ろしい秘密』 ※P115参照,訳題不統一:『恐怖の秘密』
185 - 『トム・ジョーンズ』 ※P21参照 -[Henry Fielding (1707-1754)] [The History of] Tom Jones [, a Foundling] (1749) ※『トム・ジョウンズ』(岩波文庫)全4巻
185 スティール 『優しき良人』 (1705) [Sir Richard] Steel (1762-1729) Tender Husband (1705)
185 シェリダンのリディア・ラングイッシュ (1775) Sheridan's Lydia Languish (1775) ※Richard Brinsley Sheridan (1751-1816) の喜劇 The Rivals (1775) のヒロイン.※R・B・シェリダン『恋がたき』(日本教育センター)
185 コールマンのポリー・ハニーコウム (1777) Colman's Polly Honeycombe (1777) ※George Colman (the Elder) (1732-1794) の笑劇 Polly Honeycombe (1760) のヒロイン.(1777) は全4巻の戯曲全集の刊行年.
190 ジェイン・オースティン 『自負と偏見』 Jane Austen (1775-1817) Pride and Prejudice (1813) ※新潮文庫(上下),『高慢と偏見』(ちくま文庫,光文社古典新訳文庫,岩波文庫 各上下 他)
190 マライア・エッジワース 『アンジェリーナ、又は知られざる友』 (1801) Maria Edgeworth (1767-1849) Angelina or L'Amie Inconnue (1801)
190 セアラ・グリーン 『ロマンス読者とロマンス作家』 (1810) Sarah Green (1763-1825ごろ) Romance Readers and Romance Writers (1810)
191 イートン・スタナード・バレット 『ヒロイン、又はチェルビーナの冒険』 (1813) ※P118参照 Eaton Stannard Barrett (1786-1820) The Heroine or The Adventures of Cherubina (1813)
192 - 『ユドルフォの秘密』 ※P31参照
192 - 『森のロマンス』 ※P72参照
192 - 『古屋敷の子供たち』 ※P44参照
192 - 『チャールズ・グランディソン』 -[Samuel Richardson (1689-1761)] [The History of] Sir Charles Grandison (1753)
192 - 『パミラ』 -[Samuel Richardson] Pamela [; or, Virtue Rewarded] (1740)
192 - 『クラリッサ・ハーロー』 ※P75参照 - Clarissa Harlowe
192 - 『エヴェリーナ』 -[Frances Burney (1752-1840), also known as Fanny Burney] Evelina [: Or the History of a Young Lady's Entrance into the World] (1778)
192 - 『カーミラ』 -[Frances Burney] Camilla [, or a Picture of Youth] (1796)
192 バーニイ 『セシーリア』 Miss Burney [Frances Burney] Cecilia [, or Memoirs of an Heiress] (1782)
192 - 『新エロイーズ』 -[Jean-Jacques Rousseau (1712-1778)] [Julie, ou] La Nouvelle Heloise (1761) ※岩波文庫(全4巻)
192 - 『ラセラス』 ※P140参照 -[Samuel Johnson] Rasselas
192 - 『乙女の悩み』 -[Elizabeth Griffith (1727-1793)] The Delicate Distress (1757)
192 - 『リッチフィールドのキャロライン』 (1786) ※P330註記7章(1) -[Madame de Montolieu (1751-1832);tr. Thomas Holcroft] Caroline of Lichfield
192 - 『白鳥の騎士』 (1796) ※P330註記7章(2) -[Countess of Genlis (1746-1830)] The Nights of the Swan [, Or, the Court of Charlemagne: A Romance]
192 - 『乞食女』 ※P112参照.訳題不統一:『乞食の少女と恩人』 -[Mrs. Bennett] The Beggar Girl [and her Benefactors] (1797)
192 - 『ハイランドのロマンス』 (1810) ※P330註記7章(3) -[Peter Middleton Darling] The Romance of the Highlands (1810)
192 - 『トリストラム・シャンディ』 -[Laurence Sterne (1713-1768)] [The Life and Opinions of ] Tristram Shandy [, Gentleman] (1759-1767) ※岩波文庫(全3巻)
192 フィールディング 『アミーリア』 Henry Fielding (1707-1754) Amelia (1751) ※近代文藝社(2016)
193 チェリー・ウィルキンソン ※バレット『ヒロイン、又はチェルビーナの冒険』(1813)のヒロイン.
193 スミス 『人間嫌いの親、又は守られた秘密』 (1807) Miss Smith The Misanthropic Parent or The Guarded Secret (1807)
194 - 『グリムゴシコの城』 ※『ヒロイン、又はチェルビーナの冒険』中の回想録. - IlCastello di Grimgothico
196 ピーコック 『悪夢の館』 ※P77,177参照
198 デフォー 『幽霊の歴史と実在についての試論』 ※P18参照.訳題不統一:『幽霊の歴史と実在に関する試論』
199 ピーコック 『グリル・グランジ』 [Thomas Love] Peacock Gryll Grange (1861)
199 チャールズ・ブロックデン・ブラウン 『ウィーランド』 Charles Brockden Brown (1771-1810) Wieland [: or, The Transformation: An American Tale] (1798) ※国書刊行会
199 T・B・ジョンソン 『館の秘密』 (1819) T.B. Johnson (-1840) The Mystery of the Abbey (1919)
200 - 『クラリッサ』 ※P75参照 -[Samuel Richardson] Clarissa
200 - 『実生活の情景』 - Scenes from the Life
200 - 『多感』 - Sensibility
200 - 『バースの冬』 - Winters at Bath
200 - 『忠実なる恋人』 - The Constant Lover ※John Sucling (1609-1642)の詩か?
200 - 『捨てられた息子』 ※註記7章(4) -[Regina Maria Roche] The Discarded Son [; or, Haunt of the banditti. A tale] (1807)
200 - 『レイビイの薔薇』 ※註記7章(5) -[Agnes Musgrave] [Cicely ; or.] The Rose of Raby (1795)
200 - 『デルモア』 - Delmore ※Mrs.Roberts (Margaret Wade)[?-1813] の Delmore, or, Modern friendship : a novel (1806) か?
200 - 『修道女』 ※註記7章(6) -[Aphra Behn] The Nun ※Aphra Behn (1640?-1689) の短篇 The History of the Nun: or, the Fair Vow-Breaker (1688) か?
201 - 『堕落』 ※註記7章(8) - [The] Relapse [, a novel] (1780)
201 - 『良人は教師』 ※註記7章(9)『館の物語集』Tales of the Hall (1819) ※詩 -[George Crabbe (1754-1832)] The Preceptor Husband ※Tales of the Hall BOOK IX
202 - 『心の迷い』 ※註記7章(10)『心の迷い気の迷い』Les Egarements du Coeur et de l'Esprit (1736-1738) -[Claude Prosper Jolyot de Crebillon (1707-1777)] Wandering of the Heart
202 - 『修道女の告白』 - The Confessions of a Nun
203 クラブ 『年とった独身者』 George Crabbe (1754-1832) Old Bachelor ※Tales of the Hall BOOK X
206 クラブ 『村邑』 (1810) George Crabbe The Borough (1810) ※詩
208 - 『サー・ユースタス・グレイ』 -[George Crabbe] Sir Eustace Grey (1807) ※詩

第八章 スコットと恐怖小説

CHAPTER VIII - SCOTT AND THE NOVEL OF TERROR.

211 スコット 『ウェイバリー』 ※P93参照.訳題不統一:『ウェイヴァリー』 Walter Scott Waverley
213 レジナルド・スコット 『暴露された魔術』 ※P32参照 Reginald Scot(or Scott) Discovery of Witchcraft
214 スティヴンソン 『悪魔に憑かれたジャネット』 Robert Louis Stevenson (1850-1894) Thrawn Janet (1881) ※「ねじれ首のジャネット」『マーカイム/壜の小鬼 -他五篇』(岩波文庫),「ねじけジャネット」『ねじけジャネット』(創土社),「異形のジャネット」『イギリス幻想小説傑作集』(白水uブックス/白水社),「ねじけジャネット」『スティーヴンソン怪奇短篇集』(福武文庫),「ねじれ首のジャネット」『声たちの島』(バベルの図書館17/国書刊行会)
214 スコット 『エナルデイル卿』 ※断片 Walter Scott The Lord of Ennerdale
214 ビュルガー 『レオノーレ』 ※P29参照 Burger Lenore
215 ゲーテ 『ゲッツ・フォン・ベリッヒンゲン』 Johann Wolfgang von Goethe (1749-1832) Getz von Berlichingen (1773) ※戯曲 ※「ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン」『ゲーテ全集 新装普及版 第4巻』(潮出版社)
215 ルイス 『城の亡霊』 ※P102参照.訳題不統一:『城の幽霊』 Lewis Castle Spectre
215 マチューリン 『バートラム』 Charles Robert Maturin Bertram [; or The Castle of St. Aldobrand] (1816) ※戯曲
215 ボヴェット 『伏魔殿、あるいは悪魔の修道院暴露』 ※P32参照.人名・訳題不統一:ボブェット『伏魔殿。或は悪魔の修道院暴露』 Bovet Pandemonium, or the Devil's Cloyster Opened
215 シンクレア 『見えざる世界瞥見』 ※P32参照.人名・訳題不統一:シンクレアー『サタンの見えざる世界瞥見』 Sinclair Satan's Invisible World Discovered
215 スコット 『漂泊者ウィリーの物語』 Walter Scott Wandering Willie's Tale (1907) ※「老吟遊詩人ウィリーの物語」『悪魔の骰子 米国ゴシック短篇集』(国書刊行会)所収.
215 ヘイウッド 『天使の位階』 Thomas Heywood (1570年代-1641) [The] Hierarchy of the Blessed Angels (1635) ※長編詩
215 ジョゼフ・テイラー 『幽霊の歴史』 Joseph Taylor (1861 or 2-1844) History of Apparitions
215 スコット 『ウッドストック』 Walter Scott Woodstock [, or The Cavalier. A Tale of the Year Sixteen Hundred and Fifty-one] (1826)
215 スコット 『悪魔学と魔術に関する書簡』 Walter Scott Letters on Demonology and Witchcraft (1830)
216 スコット 『綴れ織の部屋、袋の中の婦人』 Walter Scott The Tapestried Chamber, or the Lady in the Sacque (1828) ※短篇
216 スコット 『マーガレット伯母さんの鏡』 Walter Scott My Aunt Margaret's Mirror (1828) ※短篇
218 スコット 『マーミオン』 Walter Scott Marmion (1808) ※詩,成美堂 (1996)
219 スコット 『湖上の美人』 Walter Scott The Lady of the Lake (1810) ※詩,あるば書房 (2002)
219 スコット 『ロークビー』 Walter Scott Rokeby (1813) ※詩
219 - 『悪魔の船』 ※P30参照 - Demon Frigate
219 スコット 『最後の吟遊詩人の唄』 ※P118参照.訳題不統一:『最後の詩人の話』 Walter Scott The Lay of the Last Minstrel (1805)
219 スコット 『修道院』 (1830) ※P157参照 Walter Scott The Monastery [: a Romance] (1830) ※発表年は1820年で原書の誤り.
219 スコット 『修道院長』 ※続編 Walter Scott The Abbot (1820) ※『アボット』(国際版少年少女世界文学全集24/小学館/1978)※抄訳.
219 スコット 『ニジェルの宝』 Walter Scott The Fortunes of Nigel (1822)
220 スコット 『モントローズの伝説』 Walter Scott The Legend of Montrose (1819)『モントローズ綺譚』(松柏社/1979)
220 スコット 『ラマムアの花嫁』 ※P121参照.訳題不統一:『ラマムーアの花嫁』 Walter Scott The Bride of Lammermoor (1819)
220 スコット 『婚約者』 Walter Scott The Betrothed (1825) ※Tales of the Crusaders 第1作
220 スコット 『ウッド・ストック』 ※P215参照.訳題不統一:『ウッドストック』 Scott Woodstock
220 スコット 『小説家たちの生涯』 Walter Scott Lives of the Novelists (1821-1824) ※ノンフィクション
221 - 『ウッドストックの善魔の秘史』 - The Secret History of the Good Devil of Woodstock ※スコット『ウッドストック』の序文中に引用した論文.
221 スコット 『好事家』 Walter Scott The Antiquary (1816)
221 スコット 『墓守』 Walter Scott Old Mortality (1816) ※Tales of My Landlord第1シリーズ中の一作.
221 スコット 『ビークのペベリル』 Walter Scott Peveril of the Peak (1822)
221 スコット 『ロブ・ロイ』 Walter Scott Rob Roy (1817)

第九章 恐怖小説 その後半期

CHAPTER IX - LATER DEVELOPMENTS OF THE TALE OF TERROR.

228 マチューリン 『モントリオ一族』 ※P110,119,121参照 Maturin Family of Montorio
228 マチューリン 『放浪者メルモス』 ※P121参照 Maturin Melmoth the Wanderer
228 メアリ・シェリー 『フランケンシュタイン』 (1818) Mary Shelley (1797-1851) Frankenstein [: or, The Modern Prometheus] (1818) ※創元推理文庫,新潮文庫,角川文庫,光文社古典新訳文庫 他.
231 ポリドリ博士 『吸血鬼』 Dr. Polidori [John William Polidori] (1795-1821) Vampyre (1819) ※『怪奇幻想の文学 1 真紅の法悦』(新人物往来社),『ドラキュラ・ドラキュラ』(河出文庫)
231 ポリドリ博士 『エルネスタス・バーチトルド』 Dr. Polidori Ernestus Berchtold [; or, The Modern Oedipus: A Tale] (1819)
233 プルターク 『英雄伝』 ※『フランケンシュタイン』内 Plutarch (46から48年頃 - 127年頃) Lives ※『プルターク英雄伝』全12巻(岩波文庫),『プルタルコス英雄伝』全3巻(ちくま学芸文庫)他.
233 ヴォルニー 『帝国の廃墟』 ※『フランケンシュタイン』内 [C.F.] Volney (1757-1820) Ruins of Empire [Les Ruines, ou meditations sur les revolutions des empires (1791)]
233 - 『若きウェルテルの悩み』 ※P101参照 ※『フランケンシュタイン』内 The Sorrows of Werther
233 - 『失楽園』 ※『フランケンシュタイン』内 -[John Milton (1608-1674)] Paradise Lost ※岩波文庫(上下)
234 - 『アラスター──孤独の魂』 ※P178参照 -[Percy Bysshe Shelley] Alastor, the Spirit of Solitude
238 シェリー夫人 『バルパーガ、ルカの王子、カストルチオの生涯と冒険』 (1823) ※第二作 Mrs. Shelley Valperga, or the Life and Adventures of Castruccio, Prince of Lucca (1823)
239 シェリー夫人 『最後の人間』 (1825) Mrs. Shelley The Last Man (1825) ※Wikipediaでは1826年.※『最後のひとり』(英宝社/2007年)
241 シェリー夫人 『パーキン・ウォーベック』 (1830) Mrs. Shelley [The Fortunes of] Perkin Warbeck (1830)
241 シェリー夫人 『ロドア』 (1830) ※歴史小説 Mrs. Shelley Lodore (1835)
241 シェリー夫人 『フォークナー』 (1837) Mrs. Shelley Falkner (1837)
241 シェリー夫人 『情熱の物語、デスピナの死』 Mrs. Shelley A Tale of the Passions, or the Death of Despina (1822) ※短篇
242 シェリー夫人 『不死の人』 Mrs. Shelley The Mortal Immortal (1833) ※短篇
242 シェリー夫人 『変身』 Mrs. Shelley Transformation (1831) ※短篇.『フランケンシュタインの子供』(角川ホラー文庫)所収.
242 ポリドリ 『吸血鬼』 ※P231参照 Polidori The Vampyre
243 ポリドリ 『アーネスタス・バーチトルド、現代のオイディプス』 ※P231参照.訳題不統一:『エルネスタス・バーチトルド』 Polidori Ernestus Berchtold, or the Modern OEdipus
247 - 『ダブリン大学誌』 - Dublin University Magazine
247 ジョージ・マクドナルド 『アデラ・カスカート』 George Macdonald (1824-1905) Adela Cathcart (1864)
247 ブラム・ストーカー 『ドラキュラ』 Bram Stoker (1847-1912) Dracula (1897) 『吸血鬼ドラキュラ』(創元推理文庫,角川文庫 他),『ドラキュラ 完訳詳注版』(水声社)
247 ド・クィンシー 『芸術としての殺人』 Thomas De Quincey (1785-1859) [On] Murder, Considered as one of the Fine Arts ※「藝術の一分野として見た殺人」『トマス・ド・クインシー著作集1』(国書刊行会)所収.
247 ド・クィンシー 『クロイスターハイム』 (1832) De Quincey Klosterheim (1832) ※「クロースターハイム」『トマス・ド・クインシー著作集3』(国書刊行会)所収.
248 ド・クィンシー 『家庭の悲劇』 (1838) ※『ブラックウッズ・マガジン』掲載 De Quincey The Household Wreck (1838)
248 ド・クィンシー 『復讐者』 (1838) De Quincey The Avenger (1838) ※『トマス・ド・クインシー著作集3』(国書刊行会)所収.
248 ド・クィンシー訳 『宿命の名手』 ※『北国伝奇物語集』(1823)所収J・A・アペル『魔弾の射手』の英訳. tr. by De Quincey The Fatal Marksman ※Johann August Apel (1771-1816) Der Freischuetz
248 ド・クィンシー訳 『サイコロ』 De Quincey The Dice ※「『サイコロ』というドイツ語から英訳された短篇では、」とある記述については詳細不明.※「悪魔の骰子」『トマス・ド・クインシー著作集3』,『悪魔の骰子 ゴシック短篇集』ゴシック叢書〈12〉(国書刊行会)所収.
249 ハリソン・エインズワース 『愛の試練』 ※1822年『ヨーロピアン・マガジン』掲載 William Harrison Ainsworth (1805-1882) The Test of Affection ※December Tales (1823)所収.
249 ハリソン・エインズワース 『花嫁の亡霊』 ※1822年『アーリスズ・ポケット・マガジン』掲載 Harrison Ainsworth The Spectre Bride (1822)
249 ハリソン・エインズワース 『ハーフ・ハンギット』 ※1823年『ヨーロピアン・マガジン』掲載 Harrison Ainsworth The Half Hangit
249 ハリソン・エインズワース 『ポエオチア人』 (1824) ※「不思議な話」を収録 Harrison Ainsworth The Boeotian (1824)
249 ハリソン・エインズワース 『リテラリ・スーベニル』 (1825) ※「サガンタンの要塞」を収録 Harrison Ainsworth Literary Souvenir (1825)
250 エインズワース 『ルックウッド』 (1834) ※「エインズワース最初の小説」=長篇を指しているものと思われる. Harrison Ainsworth Rookwood (1834)
251 エインズワース 『クリッチトン』 Harrison Ainsworth Crichton (1837)
251 エインズワース 『ロンドン塔』 Harrison Ainsworth Tower of London (1840) ※旺文社文庫(1967年),『少年少女世界の名作 ロンドン塔(改訂新版)』偕成社(1967年)
251 エインズワース 『サン・ポール寺院』 Harrison Ainsworth Old St. Paul's (1841)
251 エインズワース 『ウィンザー城』 Harrison Ainsworth Windsor Castle (1843)
251 エインズワース 『ランカシャの魔女』 Harrison Ainsworth The Lancashire Witches (1849)
251 エインズワース 『ロンドンの天啓』 ※『エインズワース・マガジン』(1844-1845) Harrison Ainsworth Revelations of London
252 エインズワース 『オーリオル』 ※1845年に『ニューマンスリ』に発表された上記の補遺. Harrison Ainsworth Auriol (1850)
252 マリアット船長 『幽霊船』 (1839) ※P14参照 Captain Marryat The Phantom Ship (1839)
253 リットン卿 『来るべき人類』 Edward Bulwer-Lytton (1803-1873) The Coming Race (1871) ※原文になし.ヴリリア Vrilya(The Coming Raceに登場する地底民族)を補ったものと思われる. ※『来るべき人類』個人出版/小澤正人訳(2007),マイサマーラボラトリー/向井正美訳(2015)
254 リットン 『つきまとわれる者とつきまとう者』 Bulwer-Lytton The Haunted and the Haunters [or The House and the Brain] (1859) ※「幽霊屋敷」『怪奇小説傑作集1』(創元推理文庫),『世界幻想文学大全 怪奇小説精華』(ちくま文庫)他所収.
254 リットン 『グレナラン』 Bulwer-Lytton Glenallan (1826) ※初期に書かれた短篇.
255 リットン 『ゴドルフィン』 (1833) Bulwer-Lytton Godolphin (1833)
255 リットン 『ザノーニ』 (1842) ※P164参照 Zanoni (1842)
255 リットン 『ズイフィ』 (1838) ※P164参照.訳題不統一:『ツィッチ』 Zicci (1838)
258 リットン 『つきまとわれる者とつきまとう者、ブレイン家とその一族』 ※P254参照.訳題不統一 The Haunted and the Haunters, or The House and the Brain (1859)
260 リットン 『奇妙な物語』 ※『オール・ザ・イヤー・ラウンド』(1861-2)所収 A Strange Story All the Year Round (1861-2) ※P164参照

第十章 恐怖の短篇小説

CHAPTER X - SHORT TALES OF TERROR.

266 アン・ルモイン 『野ばら』 ※選集,年代未詳. Anne Lemoine [born Ann Swires, fl. 1786-1820] An anthology called "Wild Roses" (published by Anne Lemoine, Coleman Street, n.d.) (1808)
266 ※『野ばら』に収録 『丑三つ時あるいは三人の盗人』 [Walter Scott] Twelve O'Clock or the Three Robbers
266 ※『野ばら』に収録 『クラニイの修道士あるいはエイカー城の修道院』 [Walter Scott] The Monks of Cluny, or Castle Acre Monastery
266 ※『野ばら』に収録 『オーロラの墓あるいは不思議な呼出』 [Walter Scott] The Tomb of Aurora, or The Mysterious Summons
266 ※『野ばら』に収録 『不思議なスペイン人あるいは聖ルカ修道院の廃墟』 [Miss Edgeworth] The Mysterious Spaniard, or The Ruins of St. Luke's Abbey
266 ※『野ばら』に収録 『バーバスタルあるいは血染めのとねりこの森の魔術師』 [Miss Edgeworth] Barbastal, or The Magician of the Forest of the Bloody Ash
266 ダンテ・ガブリエル・ロセッティ Dante Gabriel Rossetti (1828-1882) ※19世紀のイギリスの画家・詩人.
266 - 『山賊物語』 ※ロセッティ愛読 - Brigand Tales ※ (1835) Two Volumes
266 - 『騎士道物語』 ※ロセッティ愛読 - Tales of Chivalry
266 - 『驚異の物語』 ※ロセッティ愛読 ※P112参照 -[Matthew Gregory Lewis] Tales of Wonder (1801)
266 - 『恐怖の物語』 ※ロセッティ愛読 - Legends of Terror [! And Tales of the Wonderful and the Wild (1840)]
267 ルイス 『流血の尼』 Lewis's bleeding nun ※作品のタイトルではなく,"ルイスが書く類の話"の意と思われる.
267 リー・ハント 『炉辺の友』 ※『インディケーター』誌に掲載.短篇.P53参照.『炉辺の友』は2巻本. Leigh Hunt (1784-1859) A Tale for a Chimney Corner ※「炉辺の夜噺」『悪魔の骰子 米国ゴシック短篇集』(国書刊行会)所収.
267 - 『物語作家』 (1833) ※選集 The Story-Teller (1833)
267 - 『ロマンス及び小説叢書』(1839-42) ※選集 The Romancist and Novelist's Library (1839-42)
268 ※『物語作家』に収録されたドイツの伝説 『ゲッチンゲンの三人の学生』 The Three Students of Goettingen
268 ※『物語作家』に収録されたドイツの伝説 『森の悪魔』 The Wood Demon
268 ※『物語作家』に収録されたドイツの伝説 『狼人間』 The Wehr-Wolf
268 ※『物語作家』に収録されたドイツの伝説 『コロニューの寺男あるいは悪魔』 The Sexton of Cologne, or Lucifer
268 ※『物語作家』に収録されたドイツの伝説 『呪われた物語』 The Story-Haunted
269 ※『物語作家』に収録されたドイツの伝説 『今は亡き医者の日記抜粋』 Passages from the Diary of a Late Physician
269 『幽霊に憑かれて』 ※上記作中の作(或いは作品名) The Spectre-Smitten
269 - 『ロマンス及び小説叢書』 ※P267参照.十巻から成る The Romancist and Novelist's Library (1839-42)
269 - ※『ロマンス及び小説叢書』収録 『幽霊床屋』 - The Spectre Barber ※ドイツ
269 - ※『ロマンス及び小説叢書』収録 『幽霊花嫁』 ※P249参照.訳題不統一:『花嫁の亡霊』 -[William Harrison Ainsworth] The Spectre Bride (1822)
269 - ※『ロマンス及び小説叢書』収録 『幽霊の正体』 - The Spectre Unmasked ※ドイツ
269 D・F・ヘイン ※『ロマンス及び小説叢書』収録 『城のロマンス』 D.F. Hayne[s] Romance of the Castle (1841) ※著者名は正しくはHaynes.
269 W・ジャーダン ※『ロマンス及び小説叢書』収録 『眠らない女』 W. Jerdan [William Jerdan (1872-1869)] The Sleepless Woman (1831)
271 - 『ダブリン大学雑誌』 ※P247参照.訳題不統一:『ダブリン大学誌』
271 - 『オール・ザ・イヤー・ラウンド』 ※P260参照 All the Year Round
271 - 『ハウスホウルド・ワーズ』 Household Words ※Household Words was an English weekly magazine edited by Charles Dickens in the 1850s.(英Wiki)
271 ウィルキー・コリンズ 『月長石』 ※1868年に『オール・ザ・イヤー・ラウンド』に連載. [William] Wilkie Collins (1824-1889) The Moonstone (1868) ※創元推理文庫
271 ウィルキー・コリンズ 『白衣の女』 ※1860年に『ブラックウッズ・マガジン』誌に発表. Wilkie Collins The Woman in White (1860) ※岩波文庫(上中下)
272 レ・ファニュ 『緑茶』 ※[「All the Year Round」掲載] [Joseph Sheridan] Le Fanu (1814-1873) Green Tea (1869) ※『怪奇小説傑作集 1』(創元推理文庫),『イギリス幻想小説傑作集』(白水Uブックス)
272 ウィルキー・コリンズ 『夜が来て』 ※連作 Wilkie Collins After Dark (1856)
272 ウィルキー・コリンズ 『黄色の仮面』 ※上記中の一編.[「Household Words」掲載] Wilkie Collins [The Professor's Story of the] The Yellow Mask (1855)
272 - 『ダブリン大学雑誌』(1862) ※P271参照 Dublin University Magazine (1862)
272 - 『呪われた鐘』 ※上記に掲載 - Die Geistertodtenglocke ※詳細不明 die geister totenglocke か?
273 アラン・カニンガム 『イギリスおよびスコットランドの百姓の伝説・説話集』 Allan Cunningham (1784-1842) Traditional Tales of the English and Scottish Peasantry (1822)
273 - 『ロンドン・マガジン』(1821-23) ※上記を収録 London Magazine (1821-23)
273 アラン・カニンガム 『サー・マイクル・スコット』 (1828) Cunningham Sir Michael Scott (1828)
273 アラン・カニンガム 『幽霊船』 ※『イギリスおよびスコットランドの百姓の伝説・説話集』に収録. Cunningham The Haunted Ships
274 ジェイムズ・ホッグ 『物語と素描』 James Hogg Tales and Sketches [of the Ettrick Shepherd] (1837)
274 ジェイムズ・ホッグ 『謎の花嫁』 ※上記に収録 James Hogg The Mysterious Bride (1830)
274 ジェイムズ・ホッグ 『メアリ・バーネット』 James Hogg Mary Burnet (1828)
274 ジェイムズ・ホッグ 『女王の宴』 James Hogg -[The Queen's Wake (1813) ※詩] ※原文になし.「She returns to earth, like Kilmeny,(略)」のKilmenyを補ったもの.「彼女はホッグの『女王の宴』に登場するキルメニイのように蘇って、」 ※キルメニイ:P29参照.表記不統一:『キルムニイ』
274 ジェイムズ・ホッグ 『狂信者の告白』 (1824) James Hogg Confessions of a Fanatic (1824) ※The Private Memoirs and Confessions of a Justified Sinner (1824) のことか.
274 ジェイムズ・ホッグ 『アンブローズ亭の夕べ』 ※P91参照 James Hogg Noctes [Ambrosianae]
275 ギャスケル夫人 『乳母の物語』 (1852) ※『ハウスホウルド・ワーズ』クリスマス特集号掲載. Mrs. Gaskell [Elizabeth Cleghorn Gaskell] (1810-1865) The [Old] Nurse's Story (1852) ※「乳母物語」『呪われた人々の物語 E・ギャスケル短篇集』(近代文芸社),「婆やの話」『ギャスケル短篇集』(岩波文庫),「老いたる子守の回想」『クリスマス13の戦慄』(新潮文庫),「老いた子守り女の話」『ゴースト・ストーリー傑作選』(みすず書房),「ばあやの物語」『ギャスケル全集 別巻01 短編・ノンフィクション』(大阪教育図書)
275 チャールズ・ラム 『エリア随筆』 Charles Lamb (1775-1834) [Essays of Elia (1823)] ※原文になし.下記を補ったもの.『完訳 エリア随筆1-3』(国書刊行会),『エリア随筆抄』(みすず書房),『エリアのエッセイ』(平凡社)他.
275 チャールズ・ラム 『夢の子供たち』 ※上記収録 Lamb Dream Children (1823) ※「夢の子供達」『完訳 エリア随筆2』(国書刊行会)
275 ディケンズ 『しもた屋旅行記』 (1861) Charles Dickens (1812-1870) An Uncommercial Traveller (All the Year Round, 1860) ※『無商旅人』(篠崎書林/1982)
275 ディケンズ 『ピクウィック』 Dickens [The] Pickwick [Papers] (1836-37) ※『ピクウィック・クラブ』(三笠書房/1974)
275 W・W・ジェイコブズ 『猿の手』 W.W. Jacobs [William Wymark Jacobs] (1863-1943) The Monkey's Paw (1902) ※『怪奇小説傑作集1』(創元推理文庫),『乱歩の選んだベスト・ホラー』(ちくま文庫),『贈る物語 Terror』(光文社文庫),『世界幻想文学大全 怪奇小説精華』(ちくま文庫)他.
275 バリィ・ペイン 『ぞっとする話』 ※怪奇物語集 Barry Pain (1864-1928) Told in the Dark ※情報なし.Stories in the Dark (1901) のことか.
275 ディケンズ 『クリスマス・キャロル』 Dickens [A Christmas Carol (1843)] ※原文になし."Marley's ghost"を補ったもの. ※新潮文庫,光文社古典新訳文庫 他.
275 ディケンズ 『クリスマス物語』 Dickens [Christmas Stories (1859-67)] ※原文になし.下記を補ったもの. ※(共和出版社/1948),『クリスマス・ストーリーズ』(溪水社/2011)
275 ディケンズ 『ドクター・マリゴールド』 ※上記収録 Dickens Dr. Marigold's Prescriptions (1865) ※『ディケンズ朗読短篇選集』(北星堂書店),『ディケンズ公開朗読台本』(英光社),「ドクター・マリーゴールドの処方箋」『クリスマス・ストーリーズ』(溪水社),「ドクター・マリーゴールドの診断」(「ミステリマガジン」1995/12)
276 ディケンズ 『マグビイ連絡駅』(の第一支線の信号夫の話=「信号手」) Dickens Mugby Junction (1866) ※Charles Collins, Amelia B. Edwards, Andrew Halliday, Hesba Stretton 共著の短篇集.
276 - 『鐘の中の男』 (1821) ※『ブラックウッズ・マガジン』掲載 -[William Maginn (1794-1842)] The Man in the Bell (1821)
276 ポー 『陥穽と振子』 -[Edgar Allan Poe (1809-1849)] The Pit and the Pendulum (1842) ※『黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇』(岩波文庫),「落とし穴と振り子」『黒猫・アッシャー家の崩壊』(新潮文庫)他.
277 W・マッドフォード 『鉄の屍衣』 (1830) William Mudford (1782-1848) Iron Shroud (1830)
277 ウィルキー・コリンズ 『恐ろしく奇妙な寝床』 Wilkie Collins A Terribly Strange Bed (1852) ※「恐怖のベッド」『夢の女・恐怖のベッド 他六篇』(岩波文庫),「恐怖の寝台」『悪夢の化身《恐怖の一世紀2》』(朝日ソノラマ文庫),「恐るべき奇怪な寝台」(「ミステリマガジン」1988/12) 他.
277 ジョゼフ・コンラッド 『二人の魔女の宿』 Joseph Conrad The Inn of the Two Witches (1913) ※『夜光死体 イギリス怪奇小説集』(旺文社文庫),『猫は跳ぶ イギリス怪奇傑作集』(福武文庫)所収.
277 スティヴンソン 『新アラビヤ夜話』 (1882) [Robert Louis] Stevenson (1850-1894) New Arabian Nights (1882) ※岩波文庫,光文社古典新訳文庫
277 スティヴンソン 『陽気な連中』 Stevenson [The] Merry Men (1882) ※「メリー・メン」『スティーヴンソン作品集 5』(文泉堂出版),『世界大衆小説全集 10』(小山書店/1955)
277 スティヴンソン 『宝島』 Stevenson Treasure Island (1883) ※光文社古典新訳文庫,新潮文庫,岩波文庫,中公文庫 他.
278 スティヴンソン 『バラントレイの世嗣』 Stevenson The Master of Ballantrae (1889) ※『バラントレーの若殿』(岩波文庫)
278 スティヴンソン 『誘拐されて』 (1886) ※P70参照 Stevenson Kidnapped
278 キップリング 『獣の徴』 [Joseph Rudyard] Kipling (1865-1936) The Mark of the Beast (1890) ※「獣の印」『世界幻想文学大全 怪奇小説精華』(ちくま文庫),『イギリス幻想小説傑作集』(白水uブックス) 他.
278 キップリング 『イムレイの帰還』 Kipling The Return of Imray ※別題 The Recrudescense of Imray (1891) ※『怪奇小説傑作集3』(創元推理文庫),「インレイの帰還」『犯罪は詩人の楽しみ -詩人ミステリ集成』(創元推理文庫)
278 ジェイムズ 『ねじの回転』 [Henry] James (1843-1916) Turn of the Screw (1898) ※新潮文庫,光文社古典新訳文庫,創元推理文庫,『ねじの回転/デイジー・ミラー』(岩波文庫) 他.
278 ウェルズ 『透明人間』 [Herbert George] Wells (1866-1946) Invisible Man (1897) ※岩波文庫,創元推理文庫,ハヤカワ文庫,偕成社文庫,フォア文庫 他.

第十一章 アメリカの恐怖小説

CHAPTER XI - AMERICAN TALES OF TERROR.

281 - 『瘋癲院、アロンゾとメリッサ』 (1811) -[Isaac Mitchell (1759-1812)] The Asylum, or Alonzo and Melissa (1811)
281 - 『シシリアの海賊─秘密の柱、恐怖ロマンス』 - The Sicilian Pirate or the Pillar of Mystery: a Terrific Romance [, forming the singular life and adventures of Adelmorn.] (1815)
281 ゴドウィン 『政治的正義』 ※P147参照.訳題不統一:『政治的正義の考察』 Godwin Political Justice
282 シラー 『群盗』 ※P88参照 Schiller Robbers
282 ゲーテ 『ファウスト』 ※P133参照 Goethe Faust
282 C・B・ブラウン 『ウィーランド』 ※P199参照 C.B.Brown Wieland
282 C・B・ブラウン 『オーモンド』 C.B.Brown Ormond [; or, the Secret Witness] (1799)
282 C・B・ブラウン 『エドガー・ハントリー』 C.B.Brown Edgar Huntly [; or, Memoirs of a Sleep-Walker] (1799) ※国書刊行会(ゴシック叢書10)
282 C・B・ブラウン 『マーヴィン』 C.B.Brown [Arthur] Mervyn [; or, Memoirs of the Year 1793] (第1部1799,第2部1800)
283 ブラウン 『アーサー・マーヴィン』 ※前頁『マーヴィン』参照 Brown Arthur Mervyn
283 - 『恐ろしい秘密』 (1796) ※P115参照.訳題不統一:『恐怖の秘密』 -[Carl Friedrich August Grosse] Horrid Mysteries (1796)
283 ゴドウィン 『ケイレブ・ウィリアムズ』 ※P149参照 Godwin Caleb Williams
284 「ジョフリー・クレイヨン」 "Geoffrey Crayon" ※ワシントン・アーヴィングの『スケッチ・ブック』(The Sketch Book of Geoffrey Crayon, Gent.)のこと.
285 ワシントン・アーヴィング 『スケッチ・ブック』 Washington Irving (1783-1859) The Sketch Book [of Geoffrey Crayon, Gent.] (1820) ※新潮文庫,岩波文庫(上下)
285 ワシントン・アーヴィング 『幽霊の花婿』 ※上記収録.邦題「幽霊花婿」 Washington Irving The Spectre Bridegroom
285 ワシントン・アーヴィング 『旅人の物語』 (1824) Washington Irving Tales of a Traveller (1824)
285 ワシントン・アーヴィング 『神経質な紳士による不思議な話』 ※上記収録 Washington Irving "Strange Stories by a Nervous Gentleman"
285 ルイス・キャロル 『ファンタスマゴリア』 Lewis Carroll (1832-1898) Phantasmagoria (1869) ※詩.Rhyme? And Reason? としても出版.
286 アーヴィング 『勇敢な竜騎兵』 ※『旅人の物語』収録 Irving The Bold Dragoon
286 アーヴィング 『ドイツの学生の物語』 ※『旅人の物語』収録 Irving The Story of the German Student ※原文の誤り.正しくはThe Adventure of the German Student
286 - 『ユドルフォ』 ※P31参照
287 アーヴィング 『旅人の物語』 ※P285参照
287 バルザック 『赤い宿屋』 [Honore de] Balzac L'Elixir de la Longue Vie (1831) ※『ツールの司祭/赤い宿屋』(岩波文庫/1945),『世界文学全集 第一期・十九世紀03 バルザック篇』(河出書房/1950),『バルザック芸術/狂気小説選集4 科学と狂気篇 絶対の探求他』(水声社/2010)他.
287 バルザック 『長寿の秘薬』 Balzac L'Elixir de la Longue Vie (1830) ※「不老長寿の霊薬」『フランス幻想文学傑作選1』(白水社),『フランス幻想小説傑作集』(白水uブックス),『悪夢のような異常な話/幻想文学館4』(くもん出版)
288 ナサニエル・ホーソン 『トワイス・トールド・テールズ』 Nathaniel Hawthorne (1804-1864) Twice-Told Tales (1837) ※角川文庫/1958,桐原書店(上下)/1981 他.短篇集.
288 ナサニエル・ホーソン 『ノートブック』 (1840) Notebook (1840) ※[Passages from the] American notebooks は,1835年から1853年にかけての日記.The Tale of Terror で引用されている American notebooks の文は,"thinnest substance of a dream" という部分が "thinnest shadow of a dream" になっている.詳細は不明.該当箇所は[1840]の Salem, Oct. 4th. Union Street [Family Mansion].
289 ホーソン 『田舎屋敷の伝説』 Hawthorne The Legends of the Province House (1937) ※「知事官邸物語」『優しき少年 ホーソン短篇集』(岩波文庫/1952),「総督官邸に伝わる物語」『ナサニエル・ホーソーン短編全集 2』(南雲堂/1999)
289 ホーソン 『大理石の牧羊神』 Hawthorne The Marble Faun: Or, The Romance of Monte Beni (1860) ※『大理石の牧神 ゴシック叢書』全2巻(国書刊行会/1984)
290 ホーソン 『骨董屋のコレクション』 Hawthorne [A] Virtuoso's Collection (1842) ※「骨董通の収集品」『ナサニエル・ホーソーン短編全集 2』(南雲堂)
290 ホーソン 『七人の放浪者』 ※『トワイス──』所収 Hawthorne The Seven Vagabonds (1833) ※「七人の風来坊」『七人の風来坊 他四編』(岩波文庫/1952),『ナサニエル・ホーソーン短編全集 1』(南雲堂/1994)
290 ホーソン 『アニーの漫遊記』 ※『トワイス──』所収 Hawthorne Little Annie's Rambles ※「アニーちゃんのお散歩」『ナサニエル・ホーソーン短編全集 1』(南雲堂)
290 ホーソン 『日曜は家庭で』 ※『トワイス──』所収 Hawthorne Sunday at Home ※「日曜日に家にいて」『ナサニエル・ホーソーン短編全集 2』(南雲堂)
290 ホーソン 『町のポンプの雫』 ※『トワイス──』所収 Hawthorne The Rill from the Town Pump ※「町のお喋りポンプ」『ナサニエル・ホーソーン短編全集 1』(南雲堂)
290 ホーソン 『イーサン・ブランド』 ※『トワイス──』所収 Hawthorne Ethan Brand ※ 「イーサン・ブランド」『ナサニエル・ホーソーン短編全集 3』(南雲堂/2015)
290 ホーソン 『エドワード・フェインのバラの蕾』 ※『トワイス──』所収 Hawthorne Edward Fane's Rosebud ※「エドワード・フェインの蕾のローズ」『ナサニエル・ホーソーン短編全集 2』(南雲堂)
290 ホーソン 『白婆』 ※『トワイス──』所収 Hawthorne White Old Maid ※「白衣の老嬢」『ナサニエル・ホーソーン短編全集 1』(南雲堂),『ホーソーン短篇小説集』(岩波文庫)
290 ホーソン 『三つの丘の空洞』 Hawthorne The Hollow of the Three Hills ※「三つの丘の盆地」『優しき少年 ホーソン短篇集』(岩波文庫),「三つの丘の谷間」『アメリカ短篇小説集 ロマン主義からリアリズムへ』(東洋出版),「三つの丘に囲まれて」『ナサニエル・ホーソーン短編全集 1』(南雲堂)
292 ホーソン 『旧牧師館の苔』 ※短篇集 Hawthorne Mosses from an Old Manse (1846)
292 ホーソン 『牛蛙夫人』 ※上記所収 Hawthorne Mrs. Bullfrog ※「ブルフロッグの奥方」『笑いの新大陸 アメリカ・ユーモア文学傑作選』(白水uブックス),「ミセス・ブルフロッグ」『ナサニエル・ホーソーン短編全集 2』(南雲堂)
292 ホーソン 『痣』 ※上記所収 Hawthorne The Birthmark ※「痣」『ヴィクトリア朝空想科学小説』(ちくま文庫),『ナサニエル・ホーソーン短編全集 3』(南雲堂)
292 ホーソン 『胸の蛇』 ※上記所収 Hawthorne [Egotism; or ,] The Bosom-Serpent ※「胸の蛇」『安らかに眠りたまえ 英米文学短編集』(海苑社/1998),「利己主義、もしくは胸中の蛇」『ナサニエル・ホーソーン短編全集 3』(南雲堂)
292 ホーソン 『グッドマン・ブラウン』 ※上記所収 Hawthorne [Young] Goodman Brown (1835) ※「ヤング・グッドマン・ブラウン」『ホーソーン短篇小説集』(岩波文庫),「若いグッドマン・ブラウン」『アメリカ幻想小説傑作集』(白水uブックス),『ナサニエル・ホーソーン短編全集 1』(南雲堂),「魔女集会」『魔女・魔道士・魔狼 《Rod Serling's Triple W》』(ソノラマ文庫)他.
292 オリヴァー・ウェンデル・ホームズ 『エルジー・ヴェナー』 (1861) Oliver Wendell Holmes [Sr.] (1809-1894) Elsie Venner [: A Romance of Destiny] (1861)
292 ホーソン 『ラパチニの娘』 Hawthorne Dr. Rappacini's Daughter (1844) ※Wikipediaをはじめ"Dr."が付いていない場合の方が多い. ※「ラパチーニの娘」『怪奇小説傑作集3』(創元推理文庫),「ラッパチーニの娘」『世界怪談名作集』(河出文庫)他.
292 ホーソン 『ハイデガー博士の実験』 Hawthorne Dr. Heidegger's Experiment (1837) ※『ナサニエル・ホーソーン短編全集 2』(南雲堂),「ハイデガア博士の実験」『七人の風来坊 他四編』(岩波文庫)
292 ホーソン 『緋文字』 (1850) Hawthorne The Scarlet Letter (1850) ※岩波文庫,新潮文庫,光文社古典新訳文庫,『完訳緋文字』(岩波文庫)他.
293 ロックハート 『アダム・ブレア』 [John Gibson] Lockhart (1794-1854) Adam Blair (1822)
296 ホーソン 『七破風の家』 (1851) Hawthorne The House of the Seven Gables (1851) ※『呪いの館』(角川文庫/1971),『七破風の屋敷』(泰文堂/1964),(筑摩書房/『世界文学大系81』1966,『世界文学全集25』1968,『筑摩世界文学大系35』1973,『近代世界文学12』1975)
297 ホーソン 『物語とスケッチ集』 Hawthorne Tales and Sketches ※後に編まれた選集,もしくは作品群の総称か?
298 ホーソン 『ブライズデイル・ロマンス』 Hawthorne The Blithedale Romance (1852)
298 ホーソン 『変身─大理石の牧羊神』 ※P289参照.訳題不統一:『大理石の牧羊神』 Hawthorne Transformation, or The Marble Faun (1860) ※正しくはThe Marble Faun: Or, The Romance of Monte Beni 又は Transformation: Or, The Romance of Monte Beni ※『大理石の牧神』全2巻(国書刊行会/ゴシック叢書29,32)
298 ホーソン 『グリムショー博士の秘密』 ※(断片のみが残存) Hawthorne Dr. Grimshawe's Secret [: A Romance] (unfinished, with preface and notes by Julian Hawthorne, 1882)
298 ホーソン 『セプティミアス・フェルトン』 ※(未完のテキストがふたつ存在) Hawthorne Septimius Felton [; or, the Elixir of Life] (unfinished, published in the Atlantic Monthly, 1872)
298 ホーソン 『ドリヴァー博士のロマンス』 Hawthorne Dr. Dolliver's Romance ※正しくは The Dolliver Romance ※ホーソーンの絶筆作.
300 エドガー・アラン・ポー 『赤死病の仮面』 Edgar Allan Poe (1809-1849) The Masque of the Red Death (1842) ※『黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇』(岩波文庫),『ポオ小説全集3』(創元推理文庫),「赤き死の仮面」『黒猫・アッシャー家の崩壊 ポー短編集1 ゴシック編』(新潮文庫),『エドガー・アラン・ポー短篇集』(ちくま文庫)他.
301 ポー 『壜の中の手紙』 Poe A Manuscript Found in a Bottle [MS. Found in a Bottle] (1833) ※「壜のなかの手記」『ポオ小説全集1』(創元推理文庫),『新編バベルの図書館01』(国書刊行会)他.
301 『バルティモア・サタディ・ヴィジター』 Baltimore Saturday Visitor ※1833年、ポーが同誌の懸賞短編小説に応募した MS. Found in a Bottle が一等入選して50ドルの賞金を得た.
301 ポー 『メエルストロームの渦への降下』 (1841) Poe A Descent into the Maelstrom(1841) ※「大渦巻への落下」『大渦巻への落下・灯台 ポー短編集3 SF&ファンタジー編』(新潮文庫),「メエルシュトレエムに呑まれて」『ポオ小説全集3』(創元推理文庫),「メールシュトレームの大渦」『エドガー・アラン・ポー短篇集』(ちくま文庫)他.
301 ポー 『リジーア』 (1837) Poe Ligeia (1837) ※正しくは(1838) ※『黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇』(岩波文庫),「ライジーア」『黒猫・アッシャー家の崩壊 ポー短編集1 ゴシック編』(新潮文庫),「リジイア」『ポオ小説全集1』(創元推理文庫)他.
302 ポー 『モレラ』 Poe Morella (1835) ※『ポオ小説全集1』(創元推理文庫),『ポオ小説全集4 探美小説』(春秋社)他.
302 ポー 『エレオノーラ』 Poe Eleonora (1842) ※『ポオ小説全集3』(創元推理文庫),『ポオ全集2』(東京創元社)他.
302 ポー 『ベレニス』 Poe Berenice (1835) ※『ポオ小説全集1』(創元推理文庫),『ポオ小説全集4 探美小説』(春秋社),『書物の王国12 吸血鬼』(国書刊行会)他.
302 ベックフォード 『ヴァテック拾遺』 ※P142参照
302 ポー 『アッシャー家の崩壊』 Poe The Fall of the House of Usher (1839) ※『黒猫・アッシャー家の崩壊 ポー短編集1 ゴシック編』(新潮文庫),『黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇』(岩波文庫),『ポオ小説全集1』(創元推理文庫),『エドガー・アラン・ポー短篇集』(ちくま文庫)他.
302 ポー 『早すぎた埋葬』 Poe Premature Burial (1844) ※『黒猫/モルグ街の殺人』(光文社古典新訳文庫),『ポオ小説全集1 推理小説』(春秋社),「早まった埋葬」『ポオ小説全集3』(創元推理文庫)他.
304 ポー 『アモンティラードの樽』 Poe The Cask of Amontillado (1846) ※「アモンティリャードの樽」『黒猫/モルグ街の殺人』(光文社古典新訳文庫),「アモンティラードの酒樽」『黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇』(岩波文庫),「アモンティリヤアドの酒樽」『ポオ小説全集4』(創元推理文庫)他.
304 ポー 『黒猫』 Poe The Black Cat (1843) ※『黒猫・アッシャー家の崩壊 ポー短編集1 ゴシック編』(新潮文庫),『ポオ小説全集4』(創元推理文庫),『黒猫/モルグ街の殺人』(光文社古典新訳文庫)他.
304 ポー 『告げ口心臓』 Poe The Tell-Tale Heart (1843) ※『ポオ小説全集3』(創元推理文庫),『黒猫/モルグ街の殺人』(光文社古典新訳文庫),『エドガー・アラン・ポー短篇集』(ちくま文庫),『ポオ小説全集1 推理小説』(春秋社)他.
304 ポー 『ウィリアム・ウィルソン』 Poe William Wilson (1839) ※『黒猫・アッシャー家の崩壊 ポー短編集1 ゴシック編』(新潮文庫),『黒猫/モルグ街の殺人』(光文社古典新訳文庫),「ウイリアム・ウィルソン」『ポオ小説全集1』(創元推理文庫)他.
304 ブルワー・リットン 『学生』 ※物語集 Bulwer Lytton (1803-1873) The Student [: A Seies pf Papers] (1835)
304 ブルワー・リットン 『モノスとダイモノス』 ※上記所収 Bulwer Lytton Monos and Daimonos
304 スティヴンソン 『ジキル博士とハイド氏』 [Robert Louis] Stevenson (1850-1894) [Strange Case of] Dr. Jekyll and Mr. Hyde (1886) ※ロバート・ルイス スティーヴンスン『ジキル博士とハイド氏』(創元推理文庫),『ジーキル博士とハイド氏』(岩波文庫,新潮文庫)他.
305 ポー 『陥穽と振子』 ※P276参照 Poe The Pit and the Pendulum
305 ポー 『マリイ・ロージェの秘密』 Poe The Mystery of M. Roget [The Mystery of Marie Roget] (1842) ※「マリー・ロジェの謎」『ポオ小説全集3』(創元推理文庫),『ポー名作集』(中公文庫),「マリ・ロジェエの迷宮事件」『黒猫・モルグ街の殺人事件』(岩波文庫/1978)他.
305 ポー 『モルグ街の殺人』 Poe The Murders of the Rue Morgue (1841) ※正しくは The Murders in the Rue Morgue ※『モルグ街の殺人・黄金虫 ポー短編集2 ミステリ編』(新潮文庫),『黒猫・モルグ街の殺人事件』(岩波文庫),『ポオ小説全集3』(創元推理文庫),『黒猫/モルグ街の殺人』(光文社古典新訳文庫)他.
305 ポー 『黄金虫』 Poe The Gold Bug [The Gold-Bug] (1843) ※『モルグ街の殺人・黄金虫 ポー短編集2 ミステリ編』(新潮文庫),『黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇』(岩波文庫),『ポオ小説全集4』(創元推理文庫),『エドガー・アラン・ポー短篇集』(ちくま文庫)他.
305 スティヴンソン 『宝島』 ※P277参照 Stevenson Treasure Island (1883) ※新潮文庫,光文社古典新訳文庫,岩波少年文庫 他.
305 ポー 『楕円形の肖像』 Poe The Oval Portrait (1842) ※『ポオ小説全集4 探美小説』(春秋社),『ポオ小説全集3』(創元推理文庫),『ヴィジュアル・ストーリー ポー怪奇幻想集1 赤の怪奇』(原書房)他.
305 ポー 『大鴉』 ※詩 Poe The Raven (1845) ※『ヴィジュアル・ストーリー ポー怪奇幻想集2 黒の怪奇』(原書房),『ゴシック名訳集成 西洋伝奇物語』(学研M文庫)他.
305 ポー 『ヴァルデマー氏症の真相』 Poe The Facts in the Case of M. Valdemar (1984) ※「ヴァルデマア氏病症の真相」『ポオ小説全集2 幻怪小説』(春秋社),「ヴァルドマアル氏の病症の真相」『ポオ小説全集4』(創元推理文庫),「ヴァルドマール氏の死の真相」『エドガー・アラン・ポー短篇集』(ちくま文庫)他.
305 ポー 『細長い箱』 Poe The Oblong Box (1844) ※『ポオ小説全集1 推理小説』(春秋社)『ポー怪奇・探偵小説集(1)』(偕成社文庫),「長方形の箱」『ポオ小説全集4』(創元推理文庫)他.

第十二章 結び

CHAPTER XII - CONCLUSION.

311 - 『オトラント城綺譚』 ※P30参照 - The Castle of Otranto
312 - 『ヒロイン』 ※P118,P191参照 - The Heroine
312 セルバンテス 『ドン・キホーテ』 [Miguel de] Cervantes [Saavedra] (1547-1616) Don Quixote (1605前編,1615後編) ※岩波文庫(全6冊),新潮社(全4巻),ちくま文庫(前篇1,2/後篇1,2),『新訳 ドン・キホーテ』〈前編・後編〉(彩流社)他.
312 シャーロット・レノックス夫人 『女ドン・キホーテ』 (1752) Mrs. Charlotte Lennox (1730-1804) [The] Female Quixote (1752)
312 ピープス夫人 Mrs. Pepys [Elisabeth Pepys] (1640-1669)
312 - 『アルタメーヌ、偉大なるシルス』 -[Madeleine de Scudery (1607-1701) and/or Georges de Scudery (1601-1667)] Artamene oule Grand Cyrus [(English: Artamene, or Cyrus the Great)] (1649-1653)
312 - 『スペクテイター』 ※アディソンが──で紹介している - Spectator (1711-1712) ※イギリスの日刊紙.ジョセフ・アディソン[Joseph Addison],リチャード・スティール[Richard Stele]によって創設.
312 アフラ・ベーン 『オルノコ』 Mrs. Aphra Behn (1640?-1689) Oroonoko [: or, the Royal Slave] (1688) ※アフラ・ベイン『オルノーコ 美しい浮気女』(岩波文庫)
312 アフラ・ベーン 『男たらし』 Mrs. Aphra Behn The Fair Jilt [: or, the Amours of Prince Tarquin and Miranda]
312 - 『ポリー・ハニーコウム』 ※P185参照 - Polly Honeycombe
314 作者不詳 『親方』 (1819) ※スコットに献げられた anonymous Forman [: A Tale ; in Three Volumes] (1819)
315 エインズワース 『ルックウッド』 (1834) ※P250参照 Ainsworth Rookwood (1834)
315 ブロンテ姉妹 『ヴィレット』 ※P82参照 [Charlotte Bronte (1816-1855)] Villette (1853)
315 ブロンテ姉妹 『ジェイン・エア』 [Charlotte Bronte (1816-1855)] Jane Eyre (1847) ※シャーロット・ブロンテ/岩波文庫(上下),C・ブロンテ/光文社古典新訳文庫(上下),シャーロット・ブロンテ/集英社文庫,シャーロット・ブロンテ/『ジェーン・エア』(新潮文庫/上下)他.
315 ブロンテ姉妹 『嵐が丘』 [Emily Bronte (1818-1848)] Wuthering Heights (1847) ※エミリー・ブロンテ/岩波文庫(上下),E・ブロンテ/光文社古典新訳文庫(上下),エミリー・ブロンテ/新潮文庫 他.
315 ウィルキー・コリンズ 『月長石』 ※P271参照 Wilkie Collins The Moonstone
315 ウィルキー・コリンズ 『白衣の女』 ※P271参照 Wilkie Collins The Woman in White
316 リチャード・マーシュ Richard Marsh [Richard Bernard Heldmann] (1857-1915) ※イギリスの作家.The Beetle [or The Beetle: A Mystery] (1897)『黄金虫』(創元推理文庫)等.
316 ブラム・ストーカー 『ドラキュラ』 ※P316参照 Bram Stoker (1847-1912) Dracula (1897) ※『吸血鬼ドラキュラ』(創元推理文庫,角川文庫),『ドラキュラ 完訳詳注版』(水声社)他.
316 サックス・ローマー Sax Rohmer (1883-1959) ※イギリスの作家.The Mystery of Dr. Fu-Manchu (1913)『怪人フー・マンチュー』(早川書房)等.
316 コナン・ドイル 『四つの署名』 Conan Doyle (1859-1930) The Sign of Four (1890) ※新潮文庫,角川文庫,光文社文庫,『四人の署名』(創元推理文庫) 他.
316 コナン・ドイル 『パスカーヴィル家の犬』 Conan Doyle The Hound of the Baskervilles (1902) ※『バスカヴィル家の犬』(新潮文庫,角川文庫,光文社文庫,創元推理文庫) 他.
317 フィリップ・オッペンハイム Phillips Oppenheim (1866-1946) ※E・フィリップス・オッペンハイム:英国の作家.主にサスペンス小説.
317 ウィリアム・ル・キュー William Le Queux (1864-1927) ※ウィリアム・ル=キュー:英国の作家.スパイ・スリラー小説.
317 - 『ゼンダの捕虜』 -[Anthony Hope (1863-1933)] The Prisoner of Zenda (1894) ※アンソニー・ホープ『ゼンダ城の虜』(創元推理文庫)
317 - 『ヘンツーのルパート』 -[Anthony Hope (1863-1933)] Rupert of Hentzau (1898) ※アンソニー・ホープ『ヘンツオ伯爵』上記『ゼンダ城の虜』(創元推理文庫)に併録.
317 ジュール・ヴェルヌ Jules Verne (1828-1905) ※フランスの作家.『海底二万里』『八十日間世界一周』『十五少年漂流記』等.
317 ライダー・ハガード 『彼女』 [Sir Henry] Rider Haggard (1856-1925) She [: A History of Adventure] (1887) ※H・R・ハガード『洞窟の女王』(創元推理文庫)
317 ライダー・ハガード 『ソロモン王の洞窟』 Rider Haggard King Solomon's Mines (1885) ※創元推理文庫 他.
317 ロバート・ヒッチェンズ 『炎』 Robert [Smythe] Hichens (1864-1950) The Flames [: a London phantasy] (1897) ※書影を見る限り書名に"The"は付いてない.
317 E・F・ベンソン 『砂の中の像』 E.F.Benson [Edward Frederic Benson] (1867-1940) The Image in the Sand (1905)
317 オルジャーノン・ブラックウッド 『ジョン・サイレンス博士』 Algernon [Henry] Blackwood (1869-1951) Dr. Jhon Silence [, Physician Extraordinary] (1908) ※アルジャナン・ブラックウッド『心霊博士ジョン・サイレンスの事件簿』(創元推理文庫),アルジャノン・ブラックウッド『妖怪博士ジョン・サイレンス』(角川文庫)
317 オスカー・ワイルド 『ドリアン・グレイの肖像』 Oscar Wilde (1854-1900) [The] Picture of Dorian Gray (1890) ※新潮文庫,岩波文庫,光文社古典新訳文庫 他.
318 アーノルド・ベネット 『ユゴー』 ※中編 [Enoch] Arnold Bennett (1867-1931) Hugo (1906)
318 H・G・ウェルズ 『月面一番乗り』 H.G.Wells (1866-1946) First Men in the Moon (1901) ※『月世界旅行』(角川文庫/1967),『月世界最初の人間』(ハヤカワSFシリーズ/1962) 他.
318 ジョセフ・コンラッド 『ナーシサス号の黒ん坊』 Joseph Conrad (1857-1924) The Nigger of the 'Narcissus' (1897) ※『ナーシサス号の黒人』(筑摩書房/『世界文学大系50』1975)
318 ジョセフ・コンラッド 『台風』 Joseph Conrad Typhoon (1902) ※『台風・ナーシッサス号の黒人』(研究社),『青春・台風』(新潮文庫/1967),「颱風」『颱風』(新潮文庫/1951),「颱風」『コンラッド中短篇小説集 2』(人文書院) 他.
318 ジョセフ・コンラッド 『影の線』 Joseph Conrad The Shadow-Line (1917) ※「シャドウ・ライン」『シャドウ・ライン/秘密の共有者』(八月舎),「陰影線」『世界の文学 新集24』(中央公論社/1971)
318 コールリッジ 『老水夫行』 ※P24参照 - The Ancient Mariner

トップに戻る