リストに戻る

皆殺しの天使たち

林 瞳/著

講談社X文庫ホワイトハート

 私立S学園の合宿所の火事による生徒ら12人の行方不明を報じる新聞記事のプロローグの後、主人公の永沢真菜から親友のナツミへ宛てた手紙が続く。一年生の真菜は同じ学年の美帆、勇介、行人らとテニス部の強化合宿に参加していた。山梨県にあるその合宿所は、昨年までは無人の別荘であり、持ち主の一家は11年前に8歳の娘一人を残して失踪していた。異変が現れたのは、テニスコートに通じる林の入口に積まれた石の塔を美帆が崩した後だった。深夜に聞える廊下の足音、怒鳴り込んできた元管理人の老人、そして何かに取り憑かれたような言動の顧問教師の辻本。悪い予感に突き動かされ合宿に参加したOBの氷室は、11年前の一家失踪事件が関係していると悟るが、既に惨劇は始まってしまった……。

 作者はティーンズハートの方で秋野ひとみ名義で「〜でつかまえて」や「ESP戦記・イオ」などのシリーズものを多数書いていますが、本書は作者の林瞳としての一作目です。ホワイトハートレーベルとしては創刊第2弾にあたるようです。

 あとがきでキングを読みあさったと書いている通り、もろに『シャイニング』の影響を受けた作品で、新聞記事や手紙を挿入する手法なども『キャリー』風だったりしますが、キングを読みはじめたのが「去年の夏」ということで、キングのエッセンスを自家薬籠中のものとして描出するには少し付け焼き刃的です。もちろん期間が問題なのではないし、作者の意欲も大いに買えるのですが、タイトル通りの事態をもたらさんとする正体不明の残酷な悪意の天使(のようなもの)という素材は魅力的なのに未消化で、逆に真菜はヒロインとして今一つ魅力が薄く感情移入しづらいという惜しい結果になってしまっています。怪異の正体を明かさないのはいいとしても、現実(人の心)に侵入してくる描写が物足りないので恐怖ものとしての吸引力も今一つ。欲を言えばもっと雰囲気を盛り上げるか大風呂敷を広げるかして欲しいところです。もちろん両方できれば言うことはありませんが。とは言うものの、雪が降り始めたのを合図とするかのように雪崩れ込む後半の展開は、少女ホラー漫画の過激さほどではないにしろ、ティーンズ文庫としては結構衝撃的で、エピローグを除く結末も含めて、きわめてホラー的な指向性の強い作品です。その意欲的な面は評価すべきでしょう。

 小説に限った話ではなく、映画などでもそうなのですが、物語の結末がハッピーエンドであるかどうかという単純な要素を気にする女の子は意外と多いので、それもティーンズ・ホラーの売れ行きを左右する要素なのかもしれません。しかし実際に小説を読むと、物語の結末とは逆の感慨を抱くことは珍しくないし、それがまた読書の醍醐味でもあるということを伝えることが出来れば、土壌もまた広がってくると思います。
 本書は、このままホラーに本腰を入れていたなら傑作を生み出すのではないかという期待をもたせる作品でもありましたが、作者はこのあと『彼女がいた夏』という作品を書いたのみで、秋野ひとみとしてティーンズハートに戻ってしまいました。本書のあとがきでは続編がありそうなことを書いていたのですが……。
 ちなみに『彼女がいた夏』は、二つほど叙述にちょっとした仕掛けのある恋愛小説で、一つは途中で判るようになっていますが、もう一つは日記の文章で、そんな書き方するのか少し疑問でした。人が必ずしも見かけ通りでないことや、ゲーム感覚で人の心を弄ぶことの傲慢さを、綺麗ごとでなく描いていますが、個人的にはあまり共感できる内容ではありませんでした。


【書籍メモ】
『シャイニング』(スティーヴン・キング/文春文庫)
『キャリー』(スティーヴン・キング/新潮文庫)
『彼女がいた夏』(林瞳/講談社X文庫ホワイトハート)

リストに戻る