リストに戻る

紅い魔書は心のままに

十々樹りえ/著

パンプキン文庫(朝日ソノラマ)

 高校三年生の宮城洋文は、昼休みに職員室へ呼び出され、ガールフレンドの芙美が焼身自殺したことを担任から告げられて愕然とする。葬儀の後、洋文は芙美の部屋にあった紅い表紙の本を彼女の母親から形見として譲り受けた。題名は「As You Wish」、著者はAndrew Knightley、しかし中身は日本語で書かれた勧善懲悪の怪奇小説のようなものだった。そして本を読み終えた洋文の身に異常な現象が次々に起きる。自分の部屋だけが大きく揺れ、公園で出会った見知らぬ少女の首を無意識に締めようとする。洋文から電話を受けた友人の栗田元貴は異変に気づき担任に相談するが、同行したカウンセリングルームで、洋文の頭上に次々と変化する人の顔が浮かんでいるのを見てしまう。元貴は霊能者の駄菓子屋のかよ婆さんに助けを求めるが、敵は手強かった……。

 本書は作者のデビュー作で、十々樹りえ名義での作品は次作の『悪魔たちの学園祭』の他はないようです。筆名を変えて作品を書き続けたかどうかは今のところ不明です。
 イラスト担当のまつざきあけみは、ホラー、耽美系美青年漫画など多数の作品を持つ、キャリア30年にも及ぶベテラン漫画家です。

 カバーや扉のタイトルの「魔書」の部分には「ホラー」というルビがついていて、ちょっとイヤな予感がしたのですが、そのルビは本文には出てこないし全く関係ありませんでした。それなら余計なものを付けなければいいのにという感じです。まあどの段階で付けられたルビかはわからないので、目くじらを立てても仕方ないですが。

 内容の方は、読む者によって内容が違うという魔書に関するアイディアが斬新で、魔書の著者に関する伝説や、因縁がロンドンから日本の城下町に持ち込まれる背景もユニークなのですが、心霊に関する知識(あるいは法則のようなもの)がときに珍妙で、霊波動だの霊格だのという言葉もインチキくさい霊能者が使う用語みたいなので、それらがどうも作者の信仰のように感じられてしまい、読み手としては一歩引いてしまいます。また、かよ婆さんと悪霊との因縁は未消化で、両者の最後の対決となる中盤の悪魔祓いのような除霊の場面も急に陳腐になるのでガックリきます。ただその前の章までは、芙美を失った洋文の喪失感や、彼が公園で少女を絞め殺そうとする場面の描写などはなかなか優れていると感じました。

 本書に限らずこの手のジュニア文庫を読んでいるとしばしば感じることでもありますが、書き手が霊の存在や超常現象を信じているのは別にいいとしても、それを物語に直接に反映させる(たとえば登場人物にもたいした疑問を持たせることなくそのまま受け入れさせて話を進めてしまう)と、恐怖は置き去りにされ、ホラーとは別のものになってしまいます。
 魔書を書いたというアンドリュー・ナイトリィについては、オカルトの知識もないので実在したかどうか知りませんが、おそらく二十世紀の魔術師アレイスター・クロウリーをモデルとした作者の創作でしょう。
 タイトル中の「魔書は心のままに」が意味するものは、ホラーの題材として非常に面白いと思うので、それをもっと早く明らかにして、願い通りの内容が読める本とそれを読んだことの代償を巡るサスペンスを中心に据えれば、魔書ホラーとしていい線いっていたのではないかという気がします。


リストに戻る