リストに戻る

悪魔たちの学園祭

十々樹りえ/著

パンプキン文庫(朝日ソノラマ)

 二年前の春休み、15歳の樫尾夏姫は、パリの祖父母の元からの帰りに航空機が砂漠に墜落し、ただ一人の生存者となる。そして灼熱と渇きで死に瀕していたところを白髪で人種不明の少女に助けられ、その際いつかある人に渡してほしいと、自分では分からない「砂漠の力」と少女が呼ぶものを託され、印として肩に星型のあざを付けられる。
 一年間の休学を経て平穏な学生生活を取り戻しつつあった夏姫だが、夏休みのある日、ここ十年毎年出ている学校近くの湖での水死者が今年もあったことを元同級生の竜一から聞く。しかし今年の死者は明らかな他殺だった。心臓や内臓が取り出されていたというのだ。その夜、夏姫は窓の外に複数の人影を目撃し、翌日は学内の教会に数人と共に閉じ込められてしまう。聞えてくる恨みと苦悶の声。その時それを呪文を唱えて静めたのは、前年の文化祭実行委員長の伊達だった。事件はさらに続いた。寮のルームメイト恵の失踪、教会の裏に描かれた六芒星。一体何が起きているのか。そしての文化祭の日、ついに惨劇の幕が上がった。

 前作『紅い魔書は心のままに』から4ヶ月後に出版された2作目の作品です。デビュー作よりは短いのですが、内容的には前作を上回っています。前作で気になった陳腐さもある程度抑えられ、キャラクター的にもサイコ系悪魔主義者と純正サイコ、そして本物の悪魔(破壊の天使)を揃えて安易な勧善懲悪の構図を回避しています。
 航空機事故のたった一人の生存者を描いた小説や映画というのは、実際に何度も事故が起きているだけにそれだけで難しい(又はきわどい)面があるのですが、それでも時々現れます。代表的なものにはジェームズ・ハーバートの『ザ・サバイバル』があり、この作品でもオカルティストが関わってきます。
 本書に出てくるオカルトの知識がどこまで創作かは判りませんが、体に爪で印をつけるというのは魔王の印とか魔女の印とか呼ばれており、その部分は痛覚を感じないとも言われているので、その辺りは作品の内容とも一致してます。本書で悪魔主義者が呼び出そうとするのはベルゼビュートと呼ばれていますが、これが「蠅の王」として有名な悪魔ベルゼブブやベルゼバブの別称なのか創作なのかは不明です。ただ、物の本にはベルゼブートと記してあるものもあるので、どちらにしろ根拠なしとは決め付けられず、前作で受けたいい加減な印象も、本作では一応軽減されました。原語でもベルゼブブの綴りには何種類もあるそうです。

 主人公の夏姫の、長身でショートヘア、ぶっきらぼうな言葉遣いの眼鏡っ娘というキャラクター造形は、好き嫌いはともかく、個性的で印象に残ります。また、前作でもそうだったのですが、おそらく知っている町を舞台にしたためか、町の描写はあっさりとしていても、不自然さは特に感じません。
 終盤のクライマックスにおける未曾有の大殺戮は、『皆殺しの天使たち』を凌駕するほどで、永井豪の漫画を彷彿とさせる凄惨なシーンが展開されます。ホラー度においても『クライング <CRYING> 』と比肩し得るほどといっていいでしょう。それだけにラストが少々あっけないのが惜しまれる点で、どうせならもう一歩突き抜けてルチオ・フルチの「ビヨンド」的世界に『漂流教室』してしまうという黙示録的世紀末テイストで締め括ってもよかったのでは……などと思わずジュブナイルであることを忘れて無責任なことを言ってしまいましたが、さすがにそこまでスケールを広げるとこの文庫の枠には収まらなくなるでしょうね。

 本書の難点は、悪魔主義者の目的とその背景、そしてなぜ夏姫が生き残ったのかという理由が薄弱なことです。別になくてもいいのですが、それならそれで不条理さを強調するというのも一つの手でしょう。また、夏姫が託された物を渡すべき相手が、墜落事故のことは知っていたはずなのに夏姫のことがわからなかったことや、タイトルは学園祭なのに文中では文化祭となっていることが疑問点として残りますが、良くなっていることが実感できるだけに、これが著者の最後の作品だとしたら残念なことです。


【書籍メモ】
『ザ・サバイバル』(ジェームズ・ハーバート/サンケイ新聞出版局)
『皆殺しの天使たち』(林瞳/講談社X文庫ホワイトハート)
『クライング <CRYING> 』(間都しゅん/ケイブンシャ文庫コスモティーンズ)
『漂流教室』(楳図かずお/小学館)

リストに戻る