リストに戻る

悪霊がいっぱい!?

小野不由美/著

講談社X文庫ティーンズハート

 高校1年の谷山麻衣は、友人たちと放課後の視聴覚教室で百物語をやっていた。そこへふいに入ってきて彼女らを驚かせたのは、渋谷と名乗る今年で17歳の、美形だが尊大な態度の少年だった。麻衣によってナルシストのナルとあだ名をつけられた彼は、ゴースト・ハンターで「渋谷サイキック・リサーチ」の所長だと名乗り、校長の依頼で「たたり」があるという半壊状態の旧校舎の調査に来たのだという。麻衣は、ふとしたことから嫌々調査を手伝うことになるが、校長が呼び寄せたのはナルだけではなかった。次々と現れたのは、派手で横柄な巫女に長髪の坊さん、さらに関西弁の外国人神父に日本人形のような少女霊媒師。しかし、地盤沈下説を主張するナルらの機械計測、巫女らの除霊、神父の祈祷や聖水などいろいろやってはみたものの、ポルターガイスト現象は収まる気配もなく、ラップ音や震動は激しくなるばかりだった。自信過剰のナルもさすがに打つ手なしかと思われたが、彼は関係者を校長室に集めて全員にある暗示を掛けたのだった……。

 本書は小野不由美の4作目の作品で、「渋谷サイキック・リサーチ」の面々の活躍を描く「悪霊シリーズ」としては第1作目です。このシリーズはティーンズハートでは、『悪霊がホントにいっぱい!』『悪霊がいっぱいで眠れない』『悪霊はひとりぼっち』『悪霊になりたくない!』『悪霊とよばないで』と書き継がれ、7作目の『悪霊だってヘイキ!』で一応の完結を見ますが、後に発表の場をホワイトハートに移し、『悪夢の棲む家 ゴースト・ハント』でシリーズ続編としての体裁を保ちつつも読者対象年齢を引き上げて本格ホラーとして一層ハードな展開を見せています。
 作品はさらに全4巻でCDドラマ化され、漫画にもなって「なかよし」で連載が始まるなど、幅広い広がりを持つにいたりました。特にいなだ詩穂によって漫画化されたシリーズは、『ゴーストハント』のシリーズタイトルで2011年4月までに単行本で12巻(完結)まで、漫画文庫では7巻(完結)までが発売され、2006年から2007年にかけてアニメ化されて放送されています。

 さて、シリーズの第1巻目となる本書は、キャラクターの顔見せ的な紹介編としての役割もあるのですが、このシリーズが決して行き当たりばったりで始められたものではないことは、一読すれば明らかで、全体の構想や続編に関する伏線は抜かりなく随所に張られています。それを見つけるのも楽しみの一つと言えるかもしれません。
「悪霊シリーズ」と呼ばれてはいますが、本シリーズが他の心霊ものと一線を画しているのは、そこで起こる現象について初めから心霊ありきではなく、語り手の麻衣によってナルとあだ名をつけられたゴースト・ハンターの渋谷一也という少年の、科学的な手法による調査とあくまで冷静さを貫く態度を通して示される、霊的な現象を何でもむやみに信じてしまいがちな世代に対する一種の警鐘を含んでいると同時に、本格ホラーとしての表現力に優れている点にあります。もちろん人気の源にはキャラクター性の強いレギュラー登場人物の軽快な掛け合いと、いくつもの謎で読者を引きつける巧みなストーリー運びがあるのは言うまでもありません。

 本シリーズは、講談社X文庫ホワイトハートの『悪夢の棲む家 ゴースト・ハント』を除いて長らく絶版の状態にあり、復刊を望む声が絶えませんでしたが、リライトされた単行本が2010年11月からメディアファクトリーより刊行が開始され、2011年11月までに全7巻が予定されています。

(2010/2/14,2011/5/1編集)

【書籍メモ】
『ゴーストハント 1 悪霊がいっぱい!?/公園の怪談!?』(いなだ詩穂/講談社漫画文庫)
『ゴーストハント 2 人形の家/放課後の呪者』(いなだ詩穂/講談社漫画文庫)
『ゴーストハント 3 禁じられた遊び/サイレント・クリマスマス』(いなだ詩穂/講談社漫画文庫)
『ゴーストハント 4 血ぬられた迷宮』(いなだ詩穂/講談社漫画文庫)
『ゴーストハント 5 呪いの家』(いなだ詩穂/講談社漫画文庫)
『ゴーストハント 6 忘れられた子どもたち(前編)』(いなだ詩穂/講談社漫画文庫)
『ゴーストハント 7 忘れられた子どもたち(後編)』(いなだ詩穂/講談社漫画文庫)
リストに戻る