リストに戻る

蒼いレクイエム

六道慧/著

角川スニーカー文庫

 藤枝果林は電車で隣りの席の中年男に〈うつぼ舟〉を見たことがあるかと話し掛けられ、小さな棺のような長方形の箱を見せられる。男は「おれはおれを見た」などと繰り返しつぶやいていたが直後、電車は脱線事故を起こし、果林は軽傷を負いつつも助かる。乗客の中で死亡したのは隣の男だけだった。一週間ぶりに登校した果林は、危険を予知する言葉が頭の中で聞こえる体験をし、さらにボーイフレンドの時彦の〈声〉までが聞こえ始める。そんな時、クラスで村八分にされている松井守に、自分が階段から落ちたことの責任を押し付けた生徒が、見えない尾行者に追い詰められた工事現場で鉄骨が落下して死亡する。彼の机の上には、果林が見た例の箱が置かれていた。この箱は何を意味するのか……。

 本書は超能力を扱った作品で、『妖霊の門』に続く著者の角川スニーカー第二弾です。前作でもそうだったのですが、超能力の範囲が物語のスケールと比較してしばしば逸脱しており、それがリアリティを損ねてしまっています。本書の場合は距離的範囲というよりも種類的、能力的な範囲ですが。複数の超能力を描く場合は、たとえそれなりにでも(例えば漫画の『エスパー魔美』のように)それぞれの能力の限界を示すか段階を踏まないと、超能力が万能の魔法のようになってしまいます。なかには超能力が限界を越えて暴走する様を描いた作品(漫画なら「Fire-ball」、小説なら『キャリー』など)もあるのですが、その場合も突出する力はたいてい一方向のみです。
 本書の場合、せっかく用語や説明などで伝奇的な方向付けがされているのだから、超能力とするよりも呪術的な力とした方がよかったのではないかと思います。

 本書のもうひとつのテーマは「いじめ」です。著者はあとがきで「実はこの物語は、本当に起きた事件をもとにして書かれています。」と書いています。それは二人の同級生が自分たちをいじめた相手を共謀の上殺害してしまったというもので、二人が受けたいじめもひどいものだったらしいのですが、殺害方法がまた残忍極まりなく、それだけ怨恨の強さをうかがわせるどうにもやりきれない悲惨な事件です。その事件が起きた年(1984年)には、警察庁の実態調査によると、いじめが原因で自殺した小・中学生が7人、仕返しによる殺人や殺人未遂も4件起きています。もちろん自殺の影にも未遂事件があり、氷山の一角に過ぎません。いじめ問題はこのころクローズアップされ始め、「葬式ごっこ」事件のあった86年ごろに最初のピークを迎え、94年にはいじめを受けた挙句恐喝された中学生が自殺する事件が起きますが、それは既にその年7人目の犠牲者でした。いま、世間では青少年の問題は、いじめから不登校、引きこもりへとシフトしているように見えますが、いじめによる自殺事件はやむことなく、悲劇は毎年のように繰り返されています。
 はっきり言って本書はこうした重いテーマを消化し切っているとは言えませんが、それを超自然の物語に仕立て上げようというさらに困難な試みに果敢に挑んだことは評価すべきでしょう。

 ところで超能力といじめが主題の本書に、古典か民俗学的なモチーフである〈うつぼ舟〉が結びつけられたのは、あくまでも推測ですが前述のいじめ復讐殺人の一連の舞台の中に「うつぼ」が付く実際の地名(場所)があったからなのではないかと思います。
 さてそれでは本書で脅迫状めいた箱として描かれた〈うつぼ舟〉とはなにか。以下はやや蛇足ながら本書のモチーフに関係したことなのでにわか仕込みのガイドを試みたいと思います。
 この〈うつぼ舟〉の「うつぼ」とは魚のウツボではなく、「うつろ」つまり中身が空(から)なことです。だから「うつぼ舟」は普通の意味では木をくりぬいた丸木舟のことで、「うつろ舟」、「うつほ舟」、「うつお舟」とも呼ばれます。
 伝説や説話などでは、うつぼ舟はどこか遠いところ(この世界とは限らない)からやって来るもの、あるいはこちらから送り出すものであり、『新編 漂着物事典』という書物によると、柳田国男が記した話では、宝暦七(1757)年八月、加賀国の浜に漂着した箱の中には三人の男の死体があったといいます。同書では「これらの『うつぼ舟』は、外国船などの死者を水葬した木棺であろう。」(P.231)と推測しています。
 同書に紹介されているもう一つのうつぼ舟の話は、享和三(1803)年二月、常陸の国の浜に引き上げられた空飛ぶ円盤状の舟の中に、ニ尺四方の筥(はこ)を持った異国の女性がいて微笑んでいたというもので、これは『日本古典文学幻想コレクションT 奇談』所収の「兎園小説」(江戸時代の同人誌のようなもの)の中の「うつろ舟の女」で読むことができます。また、同じ話がいつしか現代にまたがる時空を超えた一種の幻聴譚に転じてゆく幻想小説に仕立て上げられているのが澁澤龍彦の「うつろ舟」です。
 うつぼ舟は漫画でも描かれており、傑作なのが諸星大二郎「妖怪ハンターシリーズ」の一冊『黄泉からの声』所収の「うつぼ舟の女」です。落書した人面のような顔の得体の知れぬ生き物を描かせたら天下一品の作者の、裏「リング」とも言える海洋綺譚になっており、例によって異端の考古学者、稗田礼二郎が傍観者として活躍(?)しています。


【書籍メモ】
『エスパー魔美(全6巻)』(藤子・F・不二雄/小学館コロコロ文庫)
「Fire-ball」(大友克洋/『彼女の想いで…』講談社)
『キャリー』(スティーヴン・キング/新潮文庫)
『新編 漂着物事典』(石井忠/海鳥社)
「うつろ舟の女」(須永朝彦編訳『日本古典文学幻想コレクションT 奇談』/国書刊行会)
「うつろ舟」(澁澤龍彦/『うつろ舟』河出文庫,『澁澤龍彦綺譚集U』日本文芸社)
「うつぼ舟の女」(諸星大二郎/『黄泉からの声』集英社)

リストに戻る