リストに戻る

クライング <CRYING>

間都しゅん/著

ケイブンシャ文庫コスモティーンズ

 多摩地区にある都営中久田団地。今年小学校入学のゆみちゃんは、階段を上がってきた初老の男の背中に胎児が張り付いているのを見てしまう。その男は多摩医科大学の生殖生理学教授の天谷久だった。深夜になって再び現れた天谷は、団地の水道タンクに薬ビンの中の液体を流し込む。それは“あれ”の命令だった。やがて団地に住む高校3年の麻紀の周囲では異常な出来事が続発する。壁に描かれた極彩色の落書き、突然大音量のベートーヴェンで指揮を始めたかと思うとベランダから転落した隣の奥さん、そして麻紀自身に聞こえてくる動物のような鳴き声。生理学研究室の研究員の弘子が天谷教授から聞いたのは、戦時中から行われてきた想像を絶する悪魔の研究実験の告白だった。弘子の友人で麻紀から相談を受けた家庭教師の伊野は、二人を救うことができるか……。

 コスモティーンズは1年半弱の短命に終わった勁文社のティーンズ文庫レーベルです。最初はホラー中心だったものが後に普通の恋愛物なども入るようになりました。市場では価値はともかく希少な部類に入る方です。
 著者の間都しゅんは、巻末のプロフィールによると「マンガ原作、音楽評論の仕事をこなしつつ、作家としても活躍中。」とあるのですが、今のところ間都しゅん名義での著作は本書だけのようです。ジュブナイル作家が比較的よく載っている『日本幻想作家名鑑』(別冊幻想文学6)にも載っていません。もしかすると別名義で活躍中の作家なのかもしれませんが、あとがきもなく他に情報もないので今のところわかっていません。

 ジャンル内のテーマとしては一応バイオテクノロジーの範疇に入ります。同種のテーマとしてはジョン・ソール『闇に抱かれた子供たち』がありますが、ある意味、F・P・ウィルスンの『黒い風』におけるいにしえの秘法とも一脈通ずるものがあります。また、天谷の師である高原教授が始めた進化と特殊能力に関する研究のきっかけになった超心理学研究の実験に、明治末から昭和にかけて透視や念写の研究をしていた福来友吉博士をモデルとしているなど、1991年発表の『リング』における伊熊平八郎と山村志津子の超能力実験を先取りしているような部分もあります。

 生殖生理学教授の天谷が語る実験の内容は相当残酷かつ非道なものであり、さらにブライアン・デ・パルマ監督の「キャリー」や「フューリー」を彷彿とさせる場面もあって、少女向けとは思えないほどです。ホラー度はかなり高い作品ですが、それはどちらかといえば生理的嫌悪に由来するものであり、その意味ではまさしくホラーに違いないのですが、反面、超自然的な驚異度は相対的に低く感じられてしまいます。とはいえ終盤に出てくる怪物は、怪奇漫画家の日野日出志が描きそうな不気味さで、スプラッタな場面ともども、ヴィジュアルに訴えるインパクトは強烈です。ラストが駆け足になってしまうのが残念ですが、『リング』の貞子に匹敵する凄まじい執念と哀しいまでの母への思慕がこもる異形の怪物の心の叫びは印象に残ります。
 ひとつ惜しい点は、伊野がほとんど何も知らない状態で奔走するところで、教授の告白の内容をストーリーに組み込んで交互に進行させ、伊野と弘子が真相を追究するという形だったらよりドラマティックで登場人物の心理も深く描けたのではないでしょうか。もっともそうなると倍近い分量が必要となってくるのでジュブナイルのレーベルでは出せなかったかもしれませんが。ともあれ、分量的には小粒の感を免れませんが、本書は人知れず埋もれたままにしておくには惜しい作品です。


【書籍メモ】
『闇に抱かれた子供たち』(ジョン・ソール/扶桑社ミステリー)
『黒い風』(F・P・ウィルスン/扶桑社ミステリー)
『リング』(鈴木光司/角川ホラー文庫)
リストに戻る