リストに戻る

《ナイト・ボーイズ》幽霊屋敷の魔火(イヴィル・ファイア)

樋口明雄/著

ソノラマ文庫(朝日ソノラマ)

 秋の気配に包まれた信州の小さな地方都市、霧生市。ある朝、街に黒色の細長い紙片がばら撒かれ、高校の同級生の直樹、友美、翔平はそれぞれ紙片を拾う。それは、10年前に閉館した市内の映画館〈オリオン座〉の復興とハロウィンの夜の無料上映会の開催を告知していた。翔平は、ホラー作家の父にその日上映される映画の監督について訊ねるが、ポール・ゴズウィックは異端児扱いされている監督で、一本だけ映画を撮ったあと主演女優とともに自殺、そしてその作品「黒き死の天使」は呪われたフィルムと呼ばれていた。
 翌日、翔平と直樹は、幽霊屋敷と噂される古い洋館の二階の窓にともる暗いオレンジ色の明かりを目撃する。そこに越してきたのは、週明けに彼らのクラスに現れた転校生、黒須紀夫だった。オリオン座の新しい支配人の息子だという黒須の吸いこまれそうな瞳に翔平は悪寒を覚え、もう一人その視線に不吉なものを感じていた女生徒、詩織は、黒須が意識に侵入してこう言うのを聞く。「おまえは、あいつの娘だな」
 やがて霧生の街に異変が起きる。紀夫に暴力を振るった不良が死に、上映会の日が近づくにつれ市会議員や会社社長など街の有力者の自殺が相次ぐのだった。そして怪異は翔平たちにも襲いかかる。一連の事件の繋がりは何か、そして黒須の目的は……。

 あとがきでも公表していますが、作者は牧村優の筆名で1988年に『霧の学園』を発表しています。デビューはゲームブックで、ジュヴナイルや実話系を経て現在は大人向きの冒険小説を中心に執筆しているようです。本書は、内容は吸血鬼とは異なるものの、レイ・ブラッドベリの『何かが道をやってくる』をベース(「何か邪悪なものがこっちにやって来る……」という台詞まである)に、邪教に傾倒し復讐のために一つの街ごと崩壊させようとする者と、それを阻止せんとする高校生たちとの闘いを描いており、『霧の学園』の正邪を逆転させた9年越しのリメイクといってもいいかもしれません。その間、ジュヴナイルのアクション小説や、「超怖い話」シリーズの編著を通じて培われた実力は、本書でも遺憾なく発揮されています。
 プロローグでは、霧生というノスタルジックな雰囲気の街で展開される本編とは180度違う意外な舞台で意表を突き、緊迫感を漂わせています。また、アーカムという言葉を忍ばせたり、〈古きものども〉に言及するなど遊び心も見せていますが、安易にクトゥルー神話に寄りかかることもなく、制約が多かったと思われる『霧の学園』よりもホラー度はぐっと増しています。事件の発端となる出来事の真相や、クライマックスで上映されている映画「黒き死の天使」と現実が融合する場面などは、ピーター・ストラウブの珠玉の大作『ゴースト・ストーリー』を連想させますが、込み入ったところはなく、物語はスピーディーに展開し無駄なく引き締まった作品となっています。
 惜しむらくは、敵の弱点や決着のつけ方が予定調和的であることで、そのため前述の好印象が逆に「こじんまりとした作品」で終わるきらいがあることです。もうひとつ、登場人物の苗字が「内海」だったのが「内藤」に変わってしまうというミスがありましたが、これは読書の気勢を削ぐものなので編集者および校正者には注意を促したいと思います。

 さて、『霧の学園』でもそうだったのですが、本書でも強いわけでもない父親が子供のために奔走しています。そのあたりも『何かが道をやってくる』と似ているのですが、同書においてウィルの父チャールズ・ハロウェイが、物語の終盤に至ってようやく過去の夢(まるで『たんぽぽのお酒』において封じ込められたダグラス少年のひと夏のような)からさめて現実に向かったのに対し、本書の翔平の父親の優一は息子の危機に際してためらうことなく成熟した大人として行動し、逆に少年の心を秘めていることを証明しようとします。これはブラッドベリと較べればむしろまともな父親の感性だと思うのですが、こうした父性を描いた作品は、父親の存在感が薄い場合が多いジュブナイルでは珍しいことではないでしょうか。もっともそれは現実の社会で父親の存在感が果てしなく希薄になっていることの証拠でもあるのですが。

 イラストは『富江』『うずまき』などが映画化されるなどホラー漫画では有名な伊藤潤二。漫画ではグロテスクな描写が多いので一見ミスマッチのようですが、ストーリーの邪魔をすることなく不気味さに花ならぬ程よい毒を添えています。


【書籍メモ】
『霧の学園』(牧村優/講談社X文庫ティーンズハート)
『何かが道をやってくる』(レイ・ブラッドベリ/創元SF文庫)
『「超」怖い話』シリーズ(樋口明雄/ケイブンシャ文庫)
『ゴースト・ストーリー』(ピーター・ストラウブ/ハヤカワ文庫NV)
『たんぽぽのお酒』(レイ・ブラッドベリ/晶文社)
『富江〈全〉』(伊藤潤二/朝日ソノラマ)
『うずまき ビッグコミックス ワイド版』(伊藤潤二/小学館)
リストに戻る