リストに戻る

ささやいて!! ホラーナイト

神崎あおい/著

講談社X文庫ティーンズハート

「魔法の鏡」
 ○クドナルドでバーガーにかぶりついていたあたしの前に突然現れた、ムク犬を連れてズダ袋をしょったジーサマが食べ物と引き換えにくれた鏡には、あこがれの早瀬クンの部屋の様子が……ってアレ、写ってるのは早瀬クンじゃないじゃーんっ!!

「レクイエムを君に……」
 ドジなあたしをかばって交通事故で死んでしまった剣道部の青山先輩。事故の後あたしに次々と信じられないようなピンチが襲いかかるのはまさか、先輩が!? 転校生の岬くんは「これからきみのことは、僕が守る!」と言ってくれたのだけど……。

「バラ色の迷宮」
 観光地で宿にありつけなかったわたしと義彦、そして無理やりついて来た姉の三人は、丘の上のバラ屋敷にたどり着きました。そこに住んでいたのは真っ赤なバラのイヤリングを着けた美少女がただ一人。わたしは始めから嫌な予感がしていたのです……。

「暗闇に誰かいる」
 ミステリー作家として早くも壁にぶつかったわたしがやって来たのは、四年前に内緒で恋人のKと過ごした別荘。しかし着いた早々、管理のおじさんから幽霊話を聞かされ、その夜、本当に人魂や妖婆の姿を見てしまう。さらにラップ音に天井から血が……。そしてあわてて逃げだそうとしたわたしが廊下で出くわしたのは、アメリカにいるはずのKだった……。

「肝だめし」
 肝だめしの途中で転んだあたし。あ、あんまり遅いんで後発の子に追いつかれちゃったみたい。でもこんな子いたっけか? そしてその子はあたしにゾッとするようなことをささやいた。「ここの道ねえ、ホントに出るんですってよ」

 アイドルが主演するオムニバスドラマの原作にちょうどいい感じの軽い短編集です。一番ホラーっぽいのは、ろくな人間が出てこなくてSF的味付け(?)の「バラ色の迷宮」ですが、出来がいいのはひねりも効いて、いくらか自分と重ね合わせて書いたらしい「暗闇に誰かいる」でしょうか。ここではあくまでラブロマンスが主体であり、ホラーの要素は、「あなたは好きな人のことを本当に理解していますか」という警告にも似た問いかけを伝えるための小道具か舞台装置として用いられているのみですが、ティーン向けの短編としては手堅くまとまっています。

リストに戻る