リストに戻る

いとしのボディガードさま

新津きよみ/著

ケイブンシャ文庫コスモティーンズ

 調理実習の授業で指に怪我をした志織は、病院で三つの光景に出会う。今夜がヤマと医者に告げられた病室の少年、テレビのニュースで見た強盗犯に刺された警察官、身重の妻に付き添われ担架で運ばれてきた男。志織はみんな助かってほしいと祈る。それが失われた長い一日の始まりだった。志織は生死の狭間をさまよう三人の男性の霊から、思いも寄らぬことを告げられる。それぞれ死ぬ訳にはいかない三人のうち、彼女の心をつかんだ者だけが今夜のヤマを越して助かると言うのだ。志織は残りの9時間を3度繰り返して一人ずつ付き合い、一人を選ばなければならないのだった。

 竹河聖の『ラビリンス・シティ』と同じく、HORROR SERIESと銘打っていますが、本書もホラーからは掛け離れています(しかし言うまでもなく作品の善し悪しとは関係ありません)。
 オッチョコチョイな女の子が、成仏できない霊に付き合わされるという基本線では速水あこの『幽霊は淋しがりや』と似ていますが、破天荒さではかなわない(主人公のおとぼけぶりは互角か?)ものの、著者は本書で6冊目ということもあり、作品としては一日の長があります。三つの異なるシチュエーションを用意するなど、読ませる工夫もあり、三人のために走り回る志織の健闘ぶりにも拍手を送りたいところですが、このようなゲーム的な運命の決定方法を告げた白装束のカミサマのような存在の説明不足や、予想通りの結末部分に弱さも感じます。全体的にはコメディとして面白く読めました。

 著者の新津きよみは、1988年角川スニーカー文庫よりデビュー。ミステリーを中心に著作は多く、ドラマ化された作品も多数あるようです。ミステリーやホラーのアンソロジーにも多数参加し、近年は角川ホラー文庫やハルキ・ホラー文庫で文庫書き下ろしのホラー(サイコサスペンス?)をコンスタントに発表しています。ティーンズ系では他に本書以前に『留学生は吸血鬼』(1988年)、本書以後に『誘われてアクトレス』(1989年)があります。


【書籍メモ】
『ラビリンス・シティ』(竹河聖/ケイブンシャ文庫コスモティーンズ)
『幽霊は淋しがりや』(速水あこ/ケイブンシャ文庫コスモティーンズ)
『留学生は吸血鬼』(新津きよみ/ケイブンシャ文庫コスモティーンズ)
『誘われてアクトレス』(新津きよみ/角川スニーカー文庫)

リストに戻る