リストに戻る

学校ホラー 五日目の月

小林めぐみ/著

角川スニーカー文庫

 トイレのドアをしつこくノックされる夢で目が覚めた尾形けいは、自転車で高校に向かう途中、交差点で学校付属の幼稚園の制服を着た男児を見かける。その様子に違和感を覚えたけいだったが、直後に背後で交通事故が起き、その隙に男児は姿を消す。登校すると友人のちづるは休みで、教室に顔を出した馴染みの園児の星太が言うには、友達の毅も幼稚園には来ていないという。そしてけいは教室で「象に気をつけろ」という奇妙な殴り書きのメモ用紙を拾う。こうして第一日目が過ぎた。翌朝、同じ夢を見たけいは再び昨日の園児を見かけ、またしても直後に交通事故を目撃する。しかし昨日と違っていたのは、その園児の足の爪先が顔とは逆の方向を向いていたことだった……。

 著者は大学在学中の1990年に富士見ファンタジア文庫でデビューし、同文庫や角川スニーカー文庫を中心に多数のファンタジー小説を書いている作家です。

 タイトルの頭には小さく「学校ホラー」と付いていますが、学校が舞台になっているからで、いわゆる「学校の怪談」とは違います。ファンタジーを中心に発表してきただけに誤解を避けるために付けたのだと思いますが、必要があったかどうかはやや疑問です。
 終盤に主人公の現実認識に関わる大転換(といってもどちらとも取れる)があり、それまでの「あまりに安易な……」と思っていた印象は一応修正されますが、事実として取り消せない安易な(というか不都合な)部分が残ってしまうのが残念です。
 たとえば、園児が幼稚園に来ていないというだけで安否も所在も分からないうちから死んで霊になったと決めつけ、いつのまにか周りもその前提で話が進んでいくので、仮に実際そうだったとしても、あるいは逆にすべてが幻覚だったとしても、読んでいる方としては「おいおいちょっと待ってよ」となってしまいます。
 もう一つ、これは『帰還者―レブナン―』ともよく似ているのですが、怪異現象の原因の核であるはずの幼児の惨殺事件が本筋から乖離しています。残虐な事件を描けばそれがそのまま恐怖を喚起するわけではないし、また無残な殺され方をしたからといって必ずしもその被害者が悪霊や怨霊になるわけでもない。それだけの理由が示されれば話は別ですが。犯人像についても取って付けた風で、犯行の動機とトラウマも浅薄の感を免れません。
 とはいうものの、終盤に主人公の迷妄を打ち破る同級生の少女が再登場してからの展開は予想外で面白いので、それともう一つの本筋である、けいの幼なじみの兄弟に関する記憶や誘拐殺人とがうまくリンクしていれば、もっとまとまりもよくなっていたのではと思います。

リストに戻る