リストに戻る

鏡の中のあたしへ…

相原真理子/著

講談社X文庫ホワイトハート

 私立M学園高等部に入学した小野寺祐絵は、小学校時代からの友人のミサコの付き添いで一緒に受けた演劇部の入部オーディションに合格してしまう。祐絵には向坂という好きな同級生がいたが、同期入部の2年生、篠崎緑が彼に接近する。祐絵は中一の夏に事故で死んだ双子の姉、佐絵に問いかける。
「お姉ちゃん。どう思う? 向坂くんには、もうつきあってる人がいると思う?」
 彼女にはもう一つ気になることがあった。それは最近ときどき見るこわい夢。鏡の中の自分と同じ顔をした女の子。しかしそれは夢だけではなかった。向坂に関する噂に傷ついていたとき、鏡を見ると自分は泣いているのに鏡の中の女の子は笑っていたのである……。

 本書はたぶんホワイトハートレーベルの第一弾の作品のうちの一つで、著者のデビュー作です。同じ講談社文庫のミステリー作家パトリシア・コーンウェルの翻訳者とは、同姓同名ですが別人です(5作目の『坂の家の秘密』のあとがきで「最近よく間違われるのですが、英語の厚い本を訳すこともできません。」と遠回しに否定しています)。

 あらすじは三人称で書きましたが、本文は一人称です。改行は多いですが、下半分真っ白というほどではありません。文体は特徴的で、「だから」「でも」「けっきょく」「そのあと」「あの夏」等の接続詞や接続語のあとで、普通はそのまま繋げるか読点(、)を打つところに句点(。)を随所に打っています。ティーンズ向けの小説にはありがちな手法だと思いますが、一瞬の停滞と余韻、その繰り返しがリズムとなり、間を取ることによってとまどいや意識のゆらめきを表現することには成功しています(良く言えば、ですが)。しかし、それがやや多いために、終始内向的な印象をぬぐえず、元来は姉とは対照的に明るく外交的な性格というのが、本人の叙述と友人の言動からしか見えてこないのが残念なところです。もう少し姉妹の違いを明確にしておくことで、最近祐絵は佐絵に似てきているのではないかというミサコの指摘も生きてくると思うのですが。
 実は本書はホラーとするにはちょっと微妙なところで、この話のこわい(と本人が感じる)場面および超自然現象(かもしれないもの)は、一応現実を揺るがす決定的な一瞬があるにもかかわらず、それが生かされていないというか、あまり必然性を感じないものになってしまっています。それについては作者の意図がホラーを書くことになく、あとがきで「これから先、なにが自分を待ちうけているのかがわからなくて、毎日を不安に過ごしてしまっている女の子たちへのエールです。」と言っているところにある以上、欠点とするには躊躇しますが、主人公がその不思議な出来事をどうとらえ(誤解し)、どう折り合いをつけた(理解した)かを描けていれば、ホラーとしても、あるいは赤川次郎の『ふたり』のようなピュアで切ない物語としても傑作となり得ただけに惜しいという気がします。たわいもない成長物語と言ってしまえばそれまでですが、本文やあとがきの文章から窺えるように、とても真面目に書いているというのが伝わるので、未熟ながら好感が持てる作品です。

 著者はこのあと、『魚たちの夏』『長い長い夜の魔法』『失われた恋の物語』『坂の家の秘密』と一冊ごとに異なる作風の作品を出しています。全部読んでみましたが、ホラーな話はなく、『魚たちの夏』を除いてどれもファンタジー風味を利かせた物語という感じです。
 二作目の『魚たちの夏』は、自分の想いに気づいていなかった女の子が、周囲を傷つけた挙句やっと本当の恋愛の入り口に立つという話。『長い長い夜の魔法』は、大型台風が上陸した一夜の三人姉妹のそれぞれの思いと出来事を描いた作品。『失われた恋の物語』は、カバー袖には「兄妹の絆の強さが生んだサイコ・サスペンス!!」とあるけど実はジェントル・ゴースト・ストーリー。『坂の家の秘密』は、姉の息子と訪れた不思議な家の書庫で読んだ本にまつわる話。全体的には一つは気になる所があるのが惜しまれる点で、たとえば高校生が夜遊びをして朝帰りしたり、制服でバーに出入りしビールを飲むなんていうのは、少女の背伸びの仕方として、どうなのかなあと(善悪を問題にするのではなく)。どの子も純粋ないい子だけにその無防備さが危うくて、別に保護者づらするわけじゃないけど気が気じゃない。もっとも、危険だらけの現在の世の中で考えるからそうなのかもしれませんが。しかし、十年くらい前ということを考慮しても、それはアリなのか(つまりリアリティがあってしかもカッコイイのか)どうか、いちど女の子に聞いてみたい気もします。
 とはいうものの、どの作品も真摯な作風で、次作が期待できる作家だと思いました。が、今のところ相原真理子名義では他に作品はないようです。ちなみにカバーの袖に書いてある紹介文は、どの本もちぐはぐでトンチンカンです。

 本文でイラストを手がけている垣野内成美は、コミックス及びアニメーションのクリーエーターとして活躍中。アニメーターとして「うる星やつら」、「超時空要塞マクロス」など数多くの作品の原画、作画監督を務め、1988年、平野俊貴監督のOVA「吸血姫 美夕」のキャラクターデザインと絵コンテで脚光を浴びました。またマンガ家としても、「吸血姫 美夕」や「吸血姫 夕維」シリーズを描いています。


【書籍メモ】
『ふたり』(赤川次郎/新潮文庫)
『魚たちの夏』(相原真理子/講談社X文庫ホワイトハート)
『長い長い夜の魔法』(相原真理子/講談社X文庫ホワイトハート)
『失われた恋の物語』(相原真理子/講談社X文庫ホワイトハート)
『坂の家の秘密』(相原真理子/講談社X文庫ホワイトハート)
リストに戻る