リストに戻る

鏡の中の私

橘薫/著

ケイブンシャ文庫コスモティーンズ

 高校二年生の松浦夏生(なつみ)は、幼い頃に祖母から譲り受けた三面鏡に向かい、日々磨いては話しかけていた。自分の思いを正直に話せるのは鏡に映る自分だけ。堅い両親の元で良い子を演じている抑圧や、日常の中で怒りを覚える人々に対する不満を鏡にぶつける毎日。それは幼なじみで同級生ながら姉のような存在の葉子ですら知らないことだった。
 そんなある日、一人の部屋で夏生は異様な声を聞く。以来、奇妙な出来事が次々と彼女に降りかかった。ディスコで夜遊びしている夏生を見たという級友、「この前は、楽しかったよ」と気安く話しかける先輩。すべて身に覚えのないことだった。そして一度は信じてくれた葉子をも激怒させ、信用は失墜、事態はついに連続殺傷事件にまで発展するのだった。被害者はかつて自分が怒りを感じた者ばかりだった。自分の知らぬ間に放逸な振る舞いをしているのは、一体誰なのか? 追い詰められた夏生に手を差し伸べたさえない同級生の小柳津(おやいづ)保は彼女を救えるのか……。

 著者の橘薫は、ティーンズホラーでは『修学旅行は終わらない』(1990)や『カーネーションの午後』(1990)を書いた秋月達郎の初期のペンネームで、映画プロデューサーを経て本書でデビューの後、続編の『うしろのしょうめんだあれ―鏡の中の私PART2』(1989)を書いています。

 本書は六道慧の『妖霊の門』(1990)や相原真理子の『鏡の中のあたしへ…』(1991)と同じく、主人公がもうひとりの自分の存在によって苦しめられる分身テーマに鏡が関係している作品です。両作品とも鏡そのものは怪異の根本的原因ではなく、魔物が憑依するための道具、あるいは怪異が映り込むだけの物体に過ぎないのですが、本作では三面鏡に使われた古木とともに呪物性を帯び、怪異が起こる複合的素因の一つとなっており、分身譚であるとともに一種の樹木怪談の性質も併せ持っています。
 プロローグに相当する冒頭の夏生の夢──幼い頃の影踏み遊びの記憶──から、肺炎を起こし発熱している小柳津保とともに、自らも傷を負いながら岐阜の飛騨高山へと向かう新幹線の車中の現在、そして一連の出来事の発端となった一月前の過去へフラッシュバックするという導入部は、なかなかに巧みで、主人公たちが最後には恐怖の源泉を追い求めて無謀な旅(探索)に赴くという物語の構成は、ティーンズホラーではあまり見かけないものの、モダンホラー小説ではしばしば用いられる手法です(ルーツをたどればゴシック・ロマンスにまで至りますが)。クライマックスでも少し駆け足気味ながらそれなりの派手な見せ場があり、全体的にモダンホラーをよく研究しているという印象があります。
 また、各章のタイトルが反転した鏡文字になっており、書き出しの言葉をそれと一致させたり、悪夢の場面が一文字から始まり、一行ごとに一文字増える描写で増大してゆく恐怖を表現するなど、タイポグラフィー的工夫が施されている点も、スティーヴン・キング登場後のモダンホラーにおける一つの特徴です(日本文学にも夢枕貘や筒井康隆など、タイポグラフィーの系譜があります)。
 本作はモダンホラーの手法を駆使して書かれたティーンズホラーの佳作でありますが、単に形式をなぞっただけではなく、分身(他者)の犯した行為が自分にもする可能性があったことに気づく恐怖、集団生活(学校)の中で突然あることが自分のせいにされるかもしれないという思春期特有の恐怖が描かれている点も付け加えておきます。惜しかったのは夏生が受けた苦痛と悲しみはかなり深刻な痛手ではあるものの、終始受け身で主体性に欠け、ヒロインとしてはいささか魅力が薄く感じられる点です。続編の『うしろのしょうめんだあれ―鏡の中の私PART2』(1989)では、ホラーから伝奇寄りになっているようですが、本書の登場人物が再登場するようなので、あるいは夏生の成長というテーマは後の作品に引き継がれているのかもしれません(未読です)。また、後に別の版元から同じ登場人物名で『うしろのしょうめんだあれ―一角獣(ユニコーン)奇譚』(1997)として少し内容を変えて発表していることから、本書『鏡の中の私』の夏生、保、葉子という登場人物には愛着があるようです。

 分身にまつわる怪異の物語は、代表的なものではエドガー・アラン・ポーの「ウィリアム・ウィルスン」、R・L・スティーヴンスン『ジキル博士とハイド氏』、ヘンリー・ジェイムズ「にぎやかな街角」から、モダンホラーのスティーヴン・キング『ダーク・ハーフ』、ピーター・ストラウブ『ミスターX』にいたるまで多岐にわたりますが、文学作品から漫画やアニメ、ドラマなどに目を向ければ、単にそっくりさんが登場するだけのものを除いたとしても枚挙にいとまがないほどの分身テーマを含む作品があります。
 つまりそれだけ子供から大人までの人生全般にわたって人が対峙する問題を託し表現するにふさわしい主題であるといえましょう。たとえばジュブナイル作品においては、思春期の未発達で不安定な心と身体がもたらす自己同一性の危機(アイデンティティー・クライシス)の問題があります。自分がどこにもいられないという所属感の喪失や、自己の存在理由への疑問が生み出したアンチテーゼとして分身が現れることが多いのが特徴です。
 ではそういった思春期の問題を通り過ぎてきたはずの大人が主人公である作品でも描かれる分身とは何か、という問題については、先に挙げた古典からモダンホラーまでにも答えはあると思いますが、よりバラエティに富んだ現代日本作家のアンソロジーとして『ドッペルゲンガー奇譚集─死を招く影─』が比較的手に入れやすく読みやすいのでおすすめです。どうやら大人になっても分身から逃れる術はないようで、成長して過去を背負えば背負うほど現在は強固で動かしがたいものとなり、それに対する不満や強い欲望、過去への郷愁、別の人生の夢想などが引き金となって生じた現実の裂け目の向こうから分身は現れて人を翻弄します。

 ちなみにテーマ別の文学全集で、さらに幅広く古今東西の珠玉の分身幻想譚を集めた『書物の王国11 分身』では、エドガー・アラン・ポーの「ウィリアム・ウィルスン」を江戸川乱歩の翻訳で読むことができます。


【書籍メモ】
『うしろのしょうめんだあれ―鏡の中の私PART2』(橘薫/ケイブンシャ文庫コスモティーンズ)
『うしろのしょうめんだあれ―一角獣(ユニコーン)奇譚』(秋月達郎/小学館キャンバス文庫)
「ウィリアム・ウィルスン」(エドガー・アラン・ポー/『黒猫・黄金虫』新潮文庫
,『書物の王国11 分身』国書刊行会 他)
『ジキル博士とハイド氏』(R・L・スティーヴンスン/新潮文庫,創元推理文庫,扶桑社ミステリー,光文社古典新訳文庫 他)
「にぎやかな街角」(ヘンリー・ジェイムズ/『ヘンリー・ジェイムズ短篇集』岩波文庫)
『ダーク・ハーフ』(スティーヴン・キング/文春文庫)
『ミスターX』(ピーター・ストラウブ/創元推理文庫)
『ドッペルゲンガー奇譚集─死を招く影─』(角川書店編/角川ホラー文庫)
『書物の王国11 分身』(泉鏡花ほか/国書刊行会)

(2010/7/18)
リストに戻る